5月の風

 

 

5月の連休をみなさんはどのように過ごしているでしょうか。

 

保育園は3日から5日はお休みでした。

 

 

ところで5月5日は子どもの日。

 

私の家の窓からは こども医療センターの建物が見えます。

 

毎朝 医療センター入り口に続くトンネルの前を通ります。

 

ある朝は県内の離れたところから来たのでしょうか。

 

朝早くの診察を前にこの入り口を探しているかのような

 

車を追い抜きます。

 

 

夜遅く 今日の面会を終えたパパやママが

 

駐車場に向かう姿を見かけることもあります。

 

 

そして今夜も医療センターには灯りがともり

 

この建物の中で病気と向き合っている子どもたちが

 

私の生活のすぐそばにいて

 

私は その近くでこうして健康であることを思います。

 

 

そんなことを考えていたら

 

5月5日 子どもの日は

 

「土」の仕事をしよう!と思い立ちました。

 

保育園がお休みの日は電話もかかってこないし

 

自分が泥だらけで事務所に戻ることがないので

 

作業に調子が出るのです。

 

 

スナップエンドウ。

 

自宅の畑用に種を蒔き

 

余ったものを緑の井戸端に植えました。

 

イイカゲンに植えましたが

 

なかなかの収穫量!

 

 

 

 

DSC_0455.JPG

 

 

 

 

赤玉ねぎ。

 

昨年 放っておいても育つんだ!とわかって

 

今年もトライ。

 

苗を植える時にはよぉく耕し

 

玉ねぎ用の肥料をフンパツ。

 

追肥は1回。

 

あとは放置で この通り。

 

 

 

 

 

DSC_0463.JPG

 

 

 

 

これは毎年おなじみの

 

じゃがいも。

 

今年はテレビで育て方をちゃんと見て

 

1個のじゃがいもを半分に切ってから

 

植え付けをしました。

 

これまでは種イモが腐るのがイヤなので

 

1個植えにしていたので

 

半分にしても収穫量が同じなら

 

2倍儲けちゃった?と思う私は

 

計算間違えでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0469.JPG

 

 

 

 

さぁて

 

これはぶどうです。

 

みなさん もう忘れちゃいましたか。

 

旧園舎の駐輪場。

 

旧すみれ組の窓にぶどうがあったんですよ。

 

5月5日

 

もう夏を予感する実のカタチが。

 

ぶどうでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0471.JPG

 

 

 

 

 

これは夏ミカンの花。

 

たくさんの花を咲かせますが

 

結実せずにかなり落ちてしまいます。

 

この木も旧園舎から持ってきました。

 

・・・ 旧園舎から持ってくるって

 

 かなり大変だったな・・・

 

がんばりました・・・

 

同じ中里の土とはいえ

 

よく枯れずにいてくれました。

 

 

 

 

DSC_0476.JPG

 

 

 

 

 

しかしこの1本だけは

 

旧園舎から自力で植え替えたのではなく

 

業者さんに頼みました。

 

「紅梅」です。

 

 

今年も花を咲かせ実をつけました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0483.JPG

 

 

 

 

さぁて

 

これが5月5日

 

緑の井戸端です。

 

 

 

 

 

DSC_0481.JPG

 

 

 

つーん と立っているのが

 

先ほどの赤たまねぎ。

 

この葉が くしゅっと折れたら

 

収穫の目安です。

 

 

 

そして 今日1日の作業の証し。

 

草を刈ったあとの 山。

 

雑草や 春の草花を抜根して

 

できた山。

 

全部で3つ。

 

私の足腰も限界です。

 

 

 

 

 

DSC_0486.JPG

 

 

 

 

 

いつもは・・・

 

時計を見て 1日のスケジュールを管理するのですが

 

畑の1日は時計の言うなりには なりません。

 

自然は 人の言うなりにはならないのです。

 

ここに何かを植えたいからと

 

土も盛り上げたところで

 

雨が降り 風が吹けば

 

土は崩れて元に戻ろうとします。

 

 

ここに穴を掘って樹を植えようと

 

はりきったところで

 

大きな穴ほど さらさら ぐずぐずと

 

くずれて埋め戻されます。

 

おおよそ自然は人間が作ったカタチに

 

留まっていてはくれません。

 

 

だから畑の仕事をするときには

 

「ちょっと そこのあたりを借りますね」と

 

土にお願いをして まずは耕すこと。

 

土に文句を言わず 耕すこと。

 

そのくらいが 私にはちょうどよいと思っています。

 

 

時計の中の1日ではなく

 

お日さまが頭の上で東から西へ回っていく1日。

 

西の方で夕方の予感がします。

 

 

1日のおしまいに お花の写真を。

 

「アイリス」です。

 

自宅の庭から 緑の井戸端に少し移してみました。

 

 

 

 

 

DSC_0459.JPG

 

 

 

 

 

 

自宅のアイリスは

 

こんな風に花瓶にいけてみました。

 

 

この花の向こうにこども医療センターはあります。

 

5月5日 子どもの日。


どんな状況にある子どもも

 

見あげる空は一緒です。

 

顔をあげ 5月の風を感じてほしいと

 

願っています。

 

 

 

 

 

DSC_0500.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちゅうりっぷのうた

 

 

 

だれもが知っている【ちゅうりっぷ】の歌

 

 

ほら

 

 

 

 

 

4月20日 (18).JPG

 

 

 

 

 

ほらね。

 

 

 

 

DSC_0901.JPG

 

 

 

 

ちゅうりっぷのお花が

 

きれいに咲きました。

 

 

 

 

 

4月20日 (19).JPG

 

 

 

 

風にゆれて

 

気持ちよさそう。

 

 

 

 

 

DSC_0899.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

中里第三自治会公園愛護会の方々と

 

園児の種まき。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0550.JPG

 

 

 

 

今年は仮園舎で。

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

種まきを教えてくれるのは

 

南土木の方と 愛護会の方々。

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

種 って

 

すごい。

 

 

一粒の種に

 

どのくらいの「命」がつまっているのだろう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0499.JPG

 

 

 

 

息をとめて

 

そおっと土のベッドに

 

種を まく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0497.JPG

 

 

 

 

ふわっと 土のお布団をかけて

 

 

 

 

DSC_0493.JPG

 

 

 

 

 

水をやる。

 

種が流れてしまわないように

 

これもそっと やる。

 

 

 

 

種まきのお仕事が終わったら

 

これ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0676.JPG

 

 

 

ハイ ターッチ !

 

 

 

 

DSC_0671.JPG

 

 

 

 

愛護会の皆さま

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

DSC_0686.JPG

 

 

 

 

まいた種はこれから

 

園児が育てて 6月1日に

 

公園の花壇に植え替えます。

 

 

 

 

 

 

ll


Romanesco

 

 

 

カリフラワーの一種 ロマネスコ。

 

緑の井戸端で育てて

 

今日は みんなで収穫です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0002.JPG

 

 

 

 

カリフラワーは 葉が大きいのと

 

周りが葉でおおわれているので

 

でっかく見えますが

 

根っこは浅いので

 

子どもでも 引き抜くことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

根っこのはり方は

 

随分と野菜の種類でちがいます。

 

茄子などは浅いところで

 

横に大きく広がっているように思います

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

葉をとってみると

 

中はこんなとげとげ

 

不思議なもようの野菜です。

 

 

今度は 小房に分けていきますよ。

 

 

 

 

 

DSC_0050.JPG

 

 

 

 

 

今日は 土曜日。

 

職員も交代で出勤しています。

 

 

 

 

 

DSC_0039.JPG

 

 

 

せんせい・・・

 

  あのね・・・

 

 

・・・・と言っているような仕草。

 

かわいいですね。

 

 

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

 

 

 

よぉし

 

最後は みんなでお片付け。

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

収穫した ロマネスコは

 

茹でたてのほかほかを給食で

 

いただきました。

 

 

 

 

 

 

・・・


感謝と願い




5月15日 日曜日。

もともと「庭仕事」が好きな私なのですが

今日は園児さんの、特に小さいお友だちのお散歩コース、

西光寺さんの「君子蘭」を植替えさせていただくことにしました。

これが君子蘭の鉢植えです。



DSC_0979.JPG



・・・・ ちょっと・・・いっぱいかな。

根が鉢からあふれていますね。

でも 任せて下さい。

私 君子蘭の植替えはお手モノなんです。

先日も実家の君子蘭やシンビジウムの植替えをしましたよ。

(画像は 実家です)



DSC_0838.JPG




こちらは これから作業の鉢。

まず 鉢から出してみると

わぁ これはもう限界ですね。

できれば きれいに株を分けて

まっすぐに植え替えてあげたいです。



DSC_0980.JPG


分解します。



DSC_0983.JPG



使うのは これ。

この頃は 薔薇の土 とか

パンジーの土 とか

○○用の土が ちゃんと販売されているので

これを使っちゃいます。

(いくつか使っていますがメーカーごとでですっごく違います)



DSC_0985.JPG



はい 完了。

このくらい朝飯前ですよ。

君子蘭は 左右に放射状にきれいに葉が開いていきますので

できれば一鉢 一本で仕立てたいのですが

こんなにあると そうは言っていられません。



DSC_0003.JPG



今年は あまりお花も咲かなかったようですから

これで来年に期待しましょう。

君子蘭はこんなお花ですよ。

(これは私の家の君子蘭です)




DSC_0510.JPG




続いて緑の井戸端へ。

ノースポールはそろそろおしまいかな。



DSC_0995.JPG



ラベンダーもきれいに咲いています。



DSC_0998.JPG



今日もいました。

井戸端の主の カエル様。


DSC_0017.JPG


防草シートの下とか

ブロックの穴の中とか

探すと いるんですよ。



久良岐母子福祉会は45年ぶりの園舎改築に着手しました。

今は保育園の仮園舎の建築真最中で、

近隣の方々にはご迷惑をおかけしております。

平成30年3月まで続くこの工事が

どうぞ無事に終わりますように。








 

こぼれ種



緑の井戸端に咲いているのは・・・


あ (14).JPG


菜の花です。

今年は種を蒔かなかったのですが

畑のあちこちで芽をだし 花を咲かせました。


あ (4).JPG


何気なーく見える緑の井戸端なのですが


あ (11).JPG


園舎の花壇からノースポールの芽を見つけると

こまめに井戸端に移植したり


あ (13).JPG


ただの雑草のようにも見える「龍のヒゲ」は

土を盛ったあとの「土止め」に植え付けたりしいます。





 



ワタシには 朝のきまりが ある。

出勤する。

お地蔵様のお水を取りかえて お線香をあげる。

金魚に餌を やる。

ここまでは きまり。

そして お花があれば花瓶の水を取りかえる。

ここ数日は緑の井戸端で育てた「小菊」を

ざっくりバケツに入れて飾っておいたけれど

お花のお仕舞いは 子どもと一緒にね。



DSC_0394.JPG


ガラスの小瓶に 小菊を切って挿してみましょう。

お花の背が高いと瓶が倒れちゃうし

お水の中に葉が浸ると お水が汚れる。

もうひとつ。

お花が枯れたら ちゃんと片付けてあげてね。


DSC_0400.JPG


お部屋の好きな場所に 飾ってみてね。



年長のお部屋に 季節のお花。









 

「芝生の育て方講座」



『芝生の育て方講座』 −秋コースー  に行ってきました。


DSC_05420.jpg


ここは横浜市内の公立小学校の校庭です。

10年前に校庭全面を「野芝」で芝生化して今に至っています。


DSC_05430.jpg


この講座の講師は

日産スタジアムのグリーンキーパーさん。

「2002W杯ファイナルスタジアム Jリーグベストピッチ賞」を

受賞された方が先生でした。

芝生の種類や お手入れが何より大事である!

ということは すごくよくわかりました。


でもね。

緑の井戸端で思いっきり穴を掘っていたり

プライベートでも畑の作業をしてみると

わかるんです。

「自然」って 本当に強い。

穴が掘れた 土を耕した 作物がとれたと

ニンゲンは思いあがるのですが

そんなのは ほんの一瞬のこと。

ニンゲンが手をいれた土地は

ちょっと手をぬいていれば

あっという間に 元に戻る。

3日も放っておけば 元の草がはえ

土は崩れ 穴は埋まっていって

最初の土地のカタチに戻るのです。


その意味いおいて

「芝生」って 自然なんだろうか・・・

なぁんて 思ってしまいました。




 

ご無沙汰してしまいました



ブログの更新・・・・

ずいぶんとできずにいました。

年度末 新年度 そして子ども子育て支援新制度への対応と続き

写真を撮る時間もありませんでした。

DSC_0484.JPG



この「ヒト」を園内のどこかで見かけた方はいませんか?

DSC_0486.JPG


頭部に緑色の頭髪が伸びてきました。

給水性の素材をお顔に見立てて

草の種を植え付けて育てている物ですが

ワタシにとっては「物」ではなく「人」なので

「M君」となずけて日々育てています。


DSC_0491.JPG



かわいでしょ。




 

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered