卒業

 

 

 

 

 

 

3月11日

 

中学校の卒業式。

 

 

 

 

 

DSC_0677(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業証書を胸に 保育園を訪ねてくれました。

 

15歳。 うれしい春。

 

保育園を忘れず こうして訪ねてきて下さること。

 

本当にうれしいです。

 

 

ご卒業 おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0150.JPG

 

 

 

 

 

指さしているのは 「遠く」。

 

遠くを 見る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

 

いつのころからか

 

子どもが 遠くを見る姿を

 

見かけなくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

 

 

 

電車に 乗る。

 

自分の前の座席の人。

 

みんなスマホの小さなちいさな窓を

 

覗いている。

 

子どもがぐずれば これにもスマホを渡している。

 

電車に乗っている子どもが

 

窓の外を見る なんていうのは

 

今や 「過去」なんだ。

 

遠くからやってくる景色とか

 

遠ざかっていく景色を

 

人は見ることが なくなってしまった。

 

景色や 情景の

 

強弱とか 濃淡とか

 

そのことは人の気持ちの在り様に似てもいるのに。

 

 

 

・・・ 人が 変わって いく・・・

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

小さな窓から 世界につながるスマホ。

 

大きな窓から やってくる世界。

 

 

 

 

 

たまには 外に出て

 

遠くを見てみませんか。

 

 

 

 

 

 

 


未来 の わたしに

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0355.JPG

 

 

 

 

 

2019年 3月12日 の わたし。

 

このブログを書いていて 今この時にも

 

「わたしたち」は確実に成長していて

 

明日の朝には 背が伸び

 

足も大きくなって

 

朝の食物と栄養は

 

その「脳」をも成長させる。

 

きっと 朝の光りは

 

わたしたちの未来を輝かせ

 

道を示す。

 

 

 

 

 

DSC_0357.JPG

 

 

 

 

 

 

このくらいの水たまりなんて

 

ひとっ飛びだわ!

 

 

 

 

 

DSC_0358.JPG

 

 

 

 

歩くこと

 

走ること

 

飛ぶこと

 

歌うこと

 

風に吹かれること

 

なんでも 輝いて見える。

 

 

 

 

 

 

DSC_0359.JPG

 

 

 

 

 

ちょっとくらい転んだって

 

へっちゃらよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

そうだ。

 

転んだって いい。

 

転んだら 顔をあげる。

 

 

 

未来のわたしに

 

今の自分を贈る。

 

 

 

 

 

 

 

 


集合写真making

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0386.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度2回目の集合写真撮影の日。

 

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

 

先日の全園児一緒の大集合写真撮影は

 

上の方から 園児さんを見下ろす角度で撮影する。

 

そうじゃないと うまくいかない。

 

「見下ろさないで」というのなら

 

園児さんを階段状に上にいくほど

 

高くしていかなければならない。

 

 

でも 今日はクラスごとの撮影。

 

しかもスナップスナップさんの撮影となれば

 

こちらのリクエストや相談にも

 

応えてもらえることも多いので

 

今回は「青い空と記念写真!」と

 

言うだけ 言ってみました。

 

相変わらずの園長のワガママなリクエストと言えます。

 

(本人が言っています)

 

さらに 青い空なら屋上だ!と思って

 

幼児は屋上が 本日の会場です!と

 

先生方にもお願いをしました。

 

 

 

 

DSC_0440.JPG

 

 

 

 

朝の屋上。

 

この方向で撮ると逆光できれいに撮れるんだよな〜

 

と 逆光大好きな私は思っていました。

 

順光は こどもが眩しくて目をつぶってしまうし

 

なんだか撮った写真がべた〜っとしていて

 

少しくらい顔が暗くなっても

 

きっちりきれいに映らなくても

 

子どもの髪がきらきら光っていたり

 

季節の感じが写っているほうが 私は好き!

 

プロカメラマンではない私には

 

「自由」がある・・・ と思っています。

 

そして 園児さんの撮影をさせて下さり

 

こうしてHPやブログにお子さんの画像の使用を

 

お許し下さる皆様に感謝をしています。

 

 

 

 

DSC_0445.JPG

 

 

 

 

 

 

たんぽぽ組も 屋上にやってきましたね。

 

来年度は このプールに入ろうね!

 

 

 

 

 

DSC_0446.JPG

 

 

 

 

さぁて

 

つくし組のみなさんは

 

地域交流室で撮影です。

 

 

 

 

 

DSC_0458.JPG

 

 

 

 

カメラマンさんは このお部屋の壁を真後ろに

 

撮影をするとのことでしたが

 

お部屋のど真ん中で撮って!と私はリクエスト。

 

せめてこどもの後ろに空間があって

 

「抜け」を感じられるようにお願いいたします・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0459.JPG

 

 

 

 

はじめてのお部屋 地域交流室だと思いますが

 

つくし組の皆さんは

 

堂々たる存在感!

 

 

 

 

DSC_0476.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さて 今度は階段をひとつあがって

 

再び 屋上。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0477.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は和太鼓指導も行われていて

 

撮影の順番は 状況しだいです。

 

この頃は高層マンションが住まいという方も

 

おられるのかもしれませんから

 

こどもも高いところに上り慣れているのかもしれませんが

 

やっぱり屋上は いいね!

 

空が 広い!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0489.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園がカメラマンさんにお願いをしているのは

 

「こどもを呼び止めないで」と

 

「こどもの和・こどもの輪の中に入らないで」ということです。

 

よい写真を撮ろうとすれば呼び止めてカメラを向かせて

 

最前列で絶好の位置で撮影するのですが

 

久良岐保育園ではそんなことは気にしなくていいですよ

 

とお話をしています。

 

 

 

 

 

DSC_0498.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園のこどもは

 

ひとりの存在として とても立派である!と

 

私は思っていますから

 

堂々と ありのままでいいのです!

 

ふと見せる ありのままの仕草に

 

かわいらしさ 愛しさを感じます。

 

その子だから 感じる その人らしさです。

 

それを写してみたいな と私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0507.JPG

 

 

 

 

 

おやおや

 

もも組も 1階から階段をのぼってやってきた。

 

階段の向こうに何があるかな・・・

 

こういうのが楽しいのよね。

 

こども心が広がります。

 

 

 

 

 

DSC_0515.JPG

 

 

 

 

 

もう わかる!

 

この気持ち!

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

 

ちょっとフォーマル感のあるこの表情。

 

なかなか立派なことですよ。

 

 

 

 

 

DSC_0545.JPG

 

 

 

 

 

今日の撮影おしまいのクラスは

 

年長 ばら組!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0563.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

このブログの画像は園長の撮影ですが

 

プロカメラマンの撮影した写真は

 

後日スナップスナップのサイトで販売されますよ。

 

カメラマンさんの目に

 

久良岐保育園のこどもたちはどう映ったのでしょうね。

 

 

 

making画像を写真館に載せました。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5年後

 

 

 

 

 

ちょうど1年前。

 

みなさんは久良岐保育園への入所のお知らせを受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0074.JPG

 

 

 

 

 

 

0歳児クラスのお友だちです。

 

保育園にこどもを預けるということ。

 

こどもを預けて仕事をするということ。

 

そのふたつを同時にしながら

 

食事の支度をして お洗濯をして

 

お風呂に入って 寝かせる・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

 

 

 

 

できれば育児休暇が 

 

もっと もっと続きますように。

 

と 願う気持ちは よく理解できます。

 

でも その日は確実にやってきて

 

保育園に通う日々が始まりました。

 

 

 

みなさん

 

この写真が あの日から

 

1年後の姿ですよ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0053.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

今日から5年後は どうでしょうか。

 

まだまだ先のことです。

 

5年後にたどりつくまでには

 

こどもは休日の夜に熱を出すことがあるかもしれないし

 

保育園いやだ!という日があるもかもしれない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

 

年長ばら組 和太鼓演奏。

 

発表会の日には

 

ぜひ大きなクラスの舞台も見て下さい。

 

一時(いっとき)の育児の悩みは

 

大きくて 深く

 

なかなか出口が見つからない。

 

でも 5年後は どんな人にも平等にやって くる。

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

空を見上げる

 

手をのばす

 

顔をあげて 前を 見る

 

大きく 息を 吸う。

 

ともだちと気持ちを合わせて

 

太鼓を たたく。

 

 

 

 

 

DSC_0051.JPG

 

 

 

 

 

 

ちょっと年下の後輩たちが

 

その演奏を 見る。

 

まっすぐ伸ばした腕に

 

前を見据える視線に

 

大きく息を吸う空気の動きに

 

ともだちと気持ちを通わせた太鼓の響きに

 

見ている方も 自然と背中がのびてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園とは

 

人 と 人の 関わりの中で

 

こどもが育っていく場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


発表会総練習 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0021.JPG

 

 

 

 

 

発表会の総練習 の 一回目。

 

新しい園舎での初めての 発表会。

 

「ステージ… どこにしよう」

 

とか

 

「正面はどこ?」

 

こどもの出入りの動線に

 

おとな(お客さん)の出入りの動線。

 

考えることは たくさん ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

 

 

 

 

総練習に至るまでだけでも

 

園という組織で

 

クラスという単位で

 

あるいはクラスリーダーさんのレベルでと

 

なんども 打合せが ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0011.JPG

 

 

 

 

 

そして 保育園の どのクラスのこどもも

 

おとなも集まって 総練習が始まるのだ。

 

 

 

 

 

DSC_0036.JPG

 

 

 

 

 

わたしたちの仕事は

 

直接こどもと関わるだけでなく

 

お世話をするということの他に

 

実に多種多様な仕事に包まれてもいる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0113.JPG

 

 

 

 

 

他のクラスの舞台を

 

こうして見て 感じているうちに

 

一緒に踊っちゃうんだ。

 

 

 

 

 

DSC_0114.JPG

 

 

 

 

 

あら 矢印の先のO先生。

 

すっごい!  飛び上がっている!!

 

 

 

 

 

DSC_0120.JPG

 

 

 

 

 

 

 

着地してポーズをとれば・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

 

見ている保育園のお友だちが

 

ほら 一緒にね。

 

踊っているでしょ。

 

 

 

 

先生方は 午後から 反省会。

 

お仕事は 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


踊れ  踊れ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0571.JPG

 

 

 

 

 

ところで みなさん

 

振り上げた「こぶし」はまっすぐ下してくださいよ!

 

 

ここが大事! 本当に頼みます。

 

 

さて、これから・・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0594.JPG

 

 

 

 

 

 

踊りますよ!

 

 

 

 

 

DSC_0600.JPG

 

 

 

 

おどれ 

 

 

おどれ〜

 

 

 

 

 

DSC_0612.JPG

 

 

 

 

 

もう 今日は踊っちゃうよ〜

 

 

 

 

 

DSC_0618.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外は 雨。

 

雨の神様

 

この踊りで どうぞ乾いた田畑が潤いますように。

 

この踊りで 病いにある人がひととき心が明るくなりますように。

 

この楽しさを 

 

このブログを見て下さる人に届けられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


踊る

 

 

 

 

 

 

今日は 水曜日。

 

いつもなら(株)ジャクパ 七釜正司先生による

 

体育指導の日なのだが

 

今日は「後期」の観劇。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

 

それなのに Mr.七釜は久良岐保育園に来て下さり

 

それは もう 大歓迎です!

 

観劇の終わった後に 

 

3階地域交流室で一緒に遊ぶことになりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0504.JPG

 

 

 

 

 

本日のテーマは「踊る」です。

 

いつものプログラムには「踊る」という表現活動は

 

少ないのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0509.JPG

 

 

 

 

 

このとおり!

 

 

 

 

DSC_0526.JPG

 

 

 

 

 

 

踊りって すごいんだ!

 

 

 

 

DSC_0535.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先生 ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はじまる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0471.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は 今年度2回目の「観劇」

 

 

 

 

 

 

DSC_0467.JPG

 

 

 

 

 

 

これから 始まります。

 

 

 

 

 

DSC_0458.JPG

 

 

 

 

 

ちょっと ドキドキもするのでしょうが・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0482.JPG

 

 

 

 

 

お友だちがいれば

 

大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


福の神

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼退治のあと・・・

 

 

 

 

 

 

節分 (310).JPG

 

 

 

 

 

 

風に乗って

 

聴こえてくる・・・

 

 

 

 

 

節分 (316).JPG

 

 

 

 

 

 

 

まだ

 

みんなは気がつかない

 

 

 

 

 

節分 (317).JPG

 

 

 

 

 

この

 

わずかな

 

音。

 

 

 

 

 

節分 (318).JPG

 

 

 

 

 

 

それは 「予感」。

 

 

春 の 予感だ。

 

 

 

 

 

 

節分 (341).JPG

 

 

 

 

 

春の予感は

 

花吹雪とともに やってきた。

 

 

 

 

 

 

節分 (349).JPG

 

 

 

 

 

ひろがる  ひろがる

 

うれしい 春の 予感。

 

 

 

 

 

 

節分 (353).JPG

 

 

 

 

 

 

そして

 

福の神(春の使者)から

 

祝福を 受ける。

 

 

 

 

 

 

節分 (361).JPG

 

 

 

 

 

どこからか 花の香りが する。

 

本当に 春だ。

 

 

 

 

 

 

節分 (368).JPG

 

 

 

 

 

 

遠く 山の方に目をやれば・・・

 

 

 

 

 

節分 (378).JPG

 

 

 

 

 

 

 

鬼も住処に 帰る。

 

 

 

 

 

 

節分 (390).JPG

 

 

 

 

 

 

 

これからも 鬼が鬼らしくあり

 

私たちも 強く 明るく 正々堂々

 

大きくなっていく。

 

 

 

また 来年。

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/73PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered