玄関

 

 

 

 

 

 

久良岐母子福祉会館の建設前。

 

新会館の建設は決まっていて

 

建設期間の仮園舎住まいもわかっていた。

 

 

 

 

だけれど

 

新しい会館が建ったからと

 

新しい保育を始めるわけではなく

 

これまで久良岐が大切にしてきたものは

 

新しい会館になっても 変わらない。

 

そのために園舎の

 

たとえば「玄関」とは

 

いったいどういうところなのか

 

その役割について皆で意見を交換したり

 

新しい玄関でどんな光景が繰り広げられるのか

 

環境と保育について園内研修をして

 

考えてきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0352.JPG

 

 

 

 

人と人が出会う場所

 

久良岐の顔・・・・

 

たくさんの意見を交わしたものだ。

 

一期一会 なんて意見もありましたっけ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0354.JPG

 

 

 

 

 

保育園のお散歩は

 

この玄関から出て

 

この玄関に帰ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0358.JPG

 

 

 

 

 

 

 

まもなく 園庭や駐車場も完成して

 

長かった久良岐の改築計画も終了だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0428.JPG

 

 

 

年長がお散歩から

 

帰ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0430.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0431.JPG

 

 

 

 

 

そんなに急がなくても

 

玄関はそこにありますよ〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0432.JPG

 

 

 

 

 

今日も暑かった。

 

手を洗って

 

ひと休み。

 

 

 

 

 

 

DSC_0435.JPG

 

 

 

 

朝の「いってらっしゃい」と

 

お迎えの「お帰りなさい」の挨拶が

 

これから何十年も

 

この玄関でくりかえされる。

 

 

 

人の靴音と

 

人のあいさつが

 

玄関は聞いていて

 

玄関は生きた存在になる。

 

 

 

梅雨が明けた。

 

今週のお仕事もあと少し。

 

今日も「おかえりなさい」で待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3ヶ月

 

 

 

 

 

2018年6月29日

 

入園して・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0303.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど 3か月。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0305.JPG

 

 

 

 

 

 

 

つくし組を

 

縁側で見つける。

 

 

 

 

 

 

DSC_0309.JPG

 

 

 

 

 

 

エンチョウセンセイに

 

じいっと見つめられると

 

まだ… ちょっと緊張しちゃいます。

 

 

 

 

 

それではお部屋の中から撮影。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0317.JPG

 

 

 

 

 

 

カメラに全然 気づいて ない。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0318.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ガラスに貼られた

 

シリコン製のお星さまが気になるのね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0340.JPG

 

 

 

 

 

 

初めての保育園。

 

3か月 よくがんばりました。

 

 

 

 

 

DSC_0342.JPG

 

 

 

 

 

 

お部屋の中では

 

お昼寝のおおともだち。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0334.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0336.JPG

 

 

 

 

 

 

お目覚めしたら

 

また 遊びましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 


こういうのが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

保育士さんがねらいや配慮を考え

 

こどもの活動があるのですが

 

果たしてここも

 

「ねらい」だったのかは・・・

 

・・・どうかな・・・

 

 

 

縁側(中庭)での水・どろ遊びのあと

 

数名づつがシャワーをあびて

 

お部屋に入っていくのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0251.JPG

 

 

 

 

 

もしもし

 

 

そろそろ担任の先生から

 

お部屋にはいりましょうとご指名のある頃。

 

 

 

 

 

 

DSC_0263.JPG

 

 

 

 

 

 

そろそろ お部屋に入るココロの準備を

 

していてほしいな とおとなは思っている…

 

と 園長センセイは思うよ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0272.JPG

 

 

 

 

 

ところが

 

もうひとり  いたんだな

 

同じ志しの なかまが。

 

まだまだ遊びたりません。

 

いくつもの水たまりが 独り占めできる

 

今こそ! 活躍したい仲間がね!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0275.JPG

 

 

 

 

 

 

水たまりに積み木を投げ込んで

 

水が ピシャ!っとはねるのが楽しい。

 

 

次には 足!

 

足で ピシャッ  ピシャッ っとね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0277.JPG

 

 

 

 

 

 

水 どろ遊び

 

 

最高!

 

 

 

 

 

 

 

 


のり

 

 

 

 

 

 

 

「のり」

 

みなさんのお家に「のり」はありますか?

 

「あります」とお答え下さった方も

 

その多くはスティックのりか テープ状ののり…

 

なのではないでしょうか。

 

チューブに入ったのりが ある!というお家は

 

ぜひ教えて下さい。

 

「のりはチューブかボトルだよねクラブ」を作りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0179.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園は

 

昔ながらの 入れ物に入ったのり です。

 

利き手のひとさし指で

 

ちょうどよい分量をとって

 

紙に塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

ところが

 

これが なかなかに  難関。

 

ちょうどよい分量というのは経験しないと

 

わからないし その時々で紙の大きさが違うから

 

指にとるのりの分量がちがう。

 

のりが紙からはみだすと

 

机の上がべとべとになって

 

折り紙もべとべとになっちゃう。

 

みんな 悪戦苦闘です。

 

そして

 

悪戦苦闘の経過にもいくつかパターンがあって

 

 

べとべとなら べとべとで 全部べとべとにして

 

あとは固めてしまえ とりあえず合体すればいい!

 

のグループ。

 

べとべとはやっぱり いやだな。

 

そうかといって べとべとの状態は解決できず

 

席から立って 手を洗いに行って

 

まずはリセットするグループ。

 

 

 

子どもを見ていると

 

物事がうまくいかない時には

 

おおよそこの二つのグループに分かれます。

 

もちろん うまく接着している人もいるのですが。

 

しかし うまくいかなくても困ったことではありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0137.JPG

 

 

 

 

 

 

そんなことより

 

わたしが言いたいのは

 

のりは利き手のひとさし指でつけるものだ!

 

と いうことです。

 

この頃 効率を求めて

 

あるいは 離席してたびたび手を洗いにいくのは

 

作業に集中できないんじゃないかという配慮

 

なのだとは思いますが

 

「のりは利き手のくすり指でつけましょう」と

 

指導していると聞きます。

 

なぜなら

 

くすり指がのりでべとついても

 

ひとさし指に のりはなく

 

乾燥したひとさし指で

 

作業目的の紙を自在に持ったり折ったり

 

途中でのり付けが必要なら

 

くすり指でできるから

 

が理由のようです。

 

 

でも 乳児からこどものお世話をしている久良岐保育園、

 

0歳からこどもの成長発達を

 

目の当たりにしている久良岐保育園にすると

 

ひとさし指には ひとさし指の役割があり

 

くすり指に代えることはできないんじゃないかと考えます。

 

 

 

人は 言葉でおしゃべりする前に

 

「指さし」をします。

 

自分のそばにいる信頼できる他者に

 

あっちへ行きたいと 行きたい方向を指さして

 

自分の意志を伝えます。

 

散歩の途中で 犬を見つけると

 

「あっ あっ!」と言って指さし

 

「犬を見つけたよ」と教えます。

 

指さしは大変便利な発達の仕草で

 

言葉を発しなくても 自分の気持ちを表現できます。

 

おとなが何もいわなくても

 

ひとさし指を使っていませんか?

 

くすり指じゃないんです。

 

指さしに「あっち」「こっち」「これ」「あれ」の

 

4つの単語が加われば

 

ほとんどの意志は伝わるんじゃないかしら。

 

その時 指さしに使う指が

 

親指だったら・・・

 

どうでしょうか。

 

指さしに使う指が 小指でも具合が悪い。

 

 

 

目的のある動作をするのは

 

ひとさし指なのだと発達が教えてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

 

 

 

 

 

 

がんばれ〜

 

ひとさし指!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0191.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


library ことり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

 

library ことり にいるのは

 

1歳児クラスのみなさん。

 

 

 

 

 

 

DSC_0122.JPG

 

 

 

 

わたし…

 

シゴトもプライベートも

 

めちゃくちゃ忙しい時は

 

日々の食材の買い物にもせっぱつまってしまいます。

 

だから時々巡ってくる「本屋さんに行くことができる」偶然は

 

わたしにとっては とても贅沢な時間です。

 

本屋さんで並んでいる書架の間をゆっくり歩き

 

この本がおもしろいんじゃないかと

 

1冊の本を取り出す時の

 

あの感じ が 大好き!

 

 

 

 

 

 

DSC_0165.JPG、、、

 

 

 

 

 

 

 

1歳児のみなさんも

 

書架から本を取り出す時の

 

あの おとなの気持ちがわかるようです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0164.JPG

 

 

 

 

 

そして なかなかの読書好きだ!と

 

感じる人(こども)がいて

 

わたしが保育室に行くと

 

本を取り出し 差し出して紹介してくれるのです。

 

 

 

 

本はいいな。

 

今 わたしはここにいるのに

 

ページを開くと 

 

行ったこともない 別の世界に

 

つれていってくれる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0125.JPG

 

 

 

 

 

将来の女子学生のみなさんが

 

本の感想をお話ししているかのようです。

 

 

 

 

ようこそ

 

library ことり へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


6月18日

 

 

 

 

 

6月18日 月曜日 午後 を

 

 

記録  する。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0998.JPG

 

 

 

 

 

 

雨 の 午後。

 

 

 

 

 

DSC_0986.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 Library ことり で。

 

 

 

 

 

DSC_0985.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0980.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0978.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0014.JPG

 

 

 

 

すずらん で。

 

 

 

 

 

 

DSC_0976.JPG

 

 

 

 

 

 

 

職員室前。

 

ただいまプールマニュアル作成中。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0065.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0056.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0054.JPG

 

 

 

 

 

縁側で。

 

 

 

 

 

 

DSC_0003.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0042.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

 

 

 

 

 

あと10日もすれば

 

園舎と園庭を隔たる金属の仮囲いが

 

撤去されて

 

いよいよ 久良岐の全体が

 

はじめて目の前に現れる。

 

 

長かった久良岐の改築工事。

 

 

1年8カ月にわたる仮園舎での生活。

 

仮園舎ではあったけれど

 

基礎にも手を抜かない確かな建物と

 

仮園舎においても

 

保育の質を落とさないことを目標に

 

わたしたちは やってきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0050.JPG

 

 

 

 

 

新しい園舎にきて

 

わたしは 確信する。

 

 

 

わたしたちは

 

たしかに保育の質を落としていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0046.JPG

 

 

 

 

 

 

わたしたちは

 

50年に一度 巡ってきた

 

改築のすべてを

 

チームワークで乗り越えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0047.JPG

 

 

 

 

 

 

そのことを

 

わたしは今日

 

たしかに感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0035.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の夕方

 

おかあさんがお迎えにきてくれた。

 

カッパを着せてもらうときに感じる

 

おかあさんの温もり。

 

雨の冷たさにあっても

 

その温かさは覚えてる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0015.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日が おわり

 

また 新しい朝が くる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


6月15日

 

 

 

 

 

 

 

 

6月15日を 記録 する。

 

カメラに収められた順番に。

 

 

 

 

 

DSC_0742.JPG

 

 

 

 

外は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0749.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0756.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0768.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0772.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0781.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0793.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0795.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0800.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0812.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0823.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0829.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0835.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0841.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0846.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0853.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0862.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0868.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0876.JPG

 

 

 

 

 

DSC_0881.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0888.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0892.JPG

 

 

 

 

DSC_0899.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0908.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0909.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0911.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ようやくたどり着いた 金曜日。

 

今日の記事は文章 なし。

 

雨の午後に

 

ゆっくり見てもらえたらな

 

と 思います。

 

 

 

 

 


6月12日 とは

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 6月12日を

 

記録  する。

 

 

 

 

 

DSC_0614.JPG

 

 

 

 

 

 

朝の すずらん。

 

 

 

 

 

DSC_0615.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お米を 研ぐ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0619.JPG

 

 

 

 

 

 

Reborn vegetable のお水を替える。

 

 

 

 

 

DSC_0623.JPG

 

 

 

 

 

 

お花のお水を替える。

 

朝のお仕事は気持ちが いい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0630.JPG

 

 

 

 

お米は 水加減。

 

 

 

 

 

DSC_0631.JPG

 

 

 

 

 

 

 

すずらんとつながる

 

給食室。

 

 

 

 

 

 

DSC_0636.JPG

 

 

 

 

 

きゅうり トントン

 

人参 ザクザク

 

 

 

 

 

DSC_0637.JPG

 

 

 

 

 

つくし組は 朝のおやつ

 

 

 

 

 

DSC_0639.JPG

 

 

 

 

 

 

せんせいとご一緒に

 

いただきます。

 

 

 

 

DSC_0640.JPG

 

 

 

 

 

 

となりのお部屋は

 

読書中   かな

 

 

 

 

 

 

DSC_0643.JPG

 

 

 

 

 

 

前の晩

 

少し調子がよくなかったのね・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0645.JPG

 

 

 

 

 

お母さんと一緒がいい・・・のね・・・

 

でも ちょっと来てみない?

 

・・・・ だめかな・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0647.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

幼児のお手洗いに足りないの。

 

 

これが!

 

 

 

 

 

 

DSC_0652.JPG

 

 

 

 

お散歩 いきます。

 

すみれ組。

 

 

 

 

 

DSC_0658.JPG

 

 

 

 

 

 

ほら いそいで いそいで

 

みんな待ってるよ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0662.JPG

 

 

 

 

 

つぎのお散歩。

 

たんぽぽ組。

 

 

 

 

 

DSC_0671.JPG

 

 

 

 

 

 

お散歩クラスで

 

玄関は大にぎわい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0674.JPG

 

 

 

 

 

「ひまわりさ〜ん

 

  もう行くよ〜」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0679.JPG

 

 

 

 

「早く〜

 

  みんなまちくたびれてます!」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0682.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

緑の井戸端へ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0697.JPG

 

 

 

 

 

 

 

土曜日に竹を組んで

 

トマトの苗を畑に植え付けた。

 

今年の取組み「トマトコンテスト」に

 

事務所の部で出場中。

 

しかも「種から育てる」に挑戦中。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0698.JPG

 

 

 

 

 

 

竹を組み

 

植えたトマト1本1本に

 

細い支柱をたてて紐で結んでいく。

 

こういう作業が わたしは好きなんだ。

 

 

 

 

 

DSC_0693.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

園児の祖父の方が種をまいて育てたレタス。

 

苗でいただいて 大切に育てています!

 

 

 

 

 

 

ここまで撮影して午前10時過ぎ。

 

もうすぐプールがやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プール が 久良岐 に やってくる

 

 

 

 

 

 

 

もう待ちくたびれたよ

 

久良岐のプール。

 

鎌倉街道からどうやって入るのか とか

 

保育園の周りは道が細いから

 

ロングなトラックは

 

ダメだっていうのに

 

これだ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0704.JPG

 

 

 

 

 

 

こっちの曲がり角に頭を突っ込み

 

おしりから出て

 

バックして

 

また前と後ろを切り返して

 

ようやくここまでやってきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0702.JPG

 

 

 

 

 

近隣の皆様

 

通行中の車の方々

 

本日はご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

 

DSC_0705.JPG

 

 

 

 

 

 

 

トラックがここにたどりつくまでに

 

もう気持ちはハラハラ

 

心臓はバクバク。

 

しかしまだ安心はできません。

 

このプールを屋上に吊り上げます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0708.JPG

 

 

 

 

 

お世話になります。

 

大洋建設のみなさん。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0713.JPG

 

 

 

 

 

3階のさらに上

 

屋上のプール設置場所までは遠くて

 

「孫」と呼ばれる3つ目のアームを伸ばします。

 

ふだん この孫は車体の横についていて

 

こうして必要のある時には

 

孫の出番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0724.JPG

 

 

 

 

エンチョウせんせい

 

カメラを持って

 

いざ屋上へ。

 

すでに プールは空に向かって

 

宙ぶらりん。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0730.JPG

 

 

 

 

 

 

無事 着地のあとは

 

組み立てて…

 

 

 

 

 

 

DSC_0732.JPG

 

 

 

 

 

 

完了!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0711.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭は本日砂選び。

 

(真ん中の土はこれから運び出しです)

 

 

工事は着々と 終りにむかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


AED研修

 

 

 

 

 

 

 

毎月の職員会議の最後に

 

AEDを使った蘇生法の演習をしています。

 

集まった職員の目の前で

 

マニュアルに従って蘇生法を実演するのです。

 

だれかの前で実演するのは

 

大変に緊張しますが

 

この状況で実演できるから

 

本当に必要な時にAEDが使えるということになります。

 

 

 

しかし蘇生法のやり方も時々変わることがあるし

 

なぜ この事が大事なのか とか

 

なぜ この順番なのか がわからないと

 

場所や状況が変わるとその知識は使えなくなります。

 

 

 

 

今日は保育園はアルソックのAEDトレーナーの方に来てもらい

 

園内で研修を実施しました。

 

 

 

 

 

DSC_0597.JPG

 

 

 

 

 

AEDのインフォメーションが

 

1分間に胸骨を圧迫するリズムを教えてくれるのですが

 

そうやって実演してみると

 

自分が思っていたリズムが早かったり

 

逆に遅かったりすることもあります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0603.JPG

 

 

 

 

 

 

心臓って えらいな・・・

 

心臓の動力って何なんでしょ。

 

電力 水力… でもなく

 

心臓の持ち主が眠っている時にも

 

悲しくたって 嬉しくたって

 

どっきん どっきん と

 

拍を刻む。

 

 

子どもを抱っこしたり おんぶしたりすると

 

自分の胸や背中に 子どものどっきん どっきんを

 

感じて 

 

子どもは生きているという確実で幸せな実感と

 

たくさんの どっきん どっきんが

 

この保育園に存在しているのだとあらためて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0605.JPG

 

 

 

 

 

 

 

救急車が到着するまで約10分。

 

その間 胸骨圧迫とAEDを繰り返す時間の

 

なんと長く感じられること。

 

 

 

毎月の演習は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/64PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered