ピーマン

 

 

 

こどもは「ピーマン」が嫌いだなんて

 

決めつけないでほしいな。

 

嫌いな子どもは もちろんいるけれど

 

スイカが苦手な子どももいるし

 

ケーキはいや!な子どももいるかもしれない。

 

 

 

 

 

DSC_0152 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

こどもは けっこう薫り高い野菜も OK!

 

給食メニューのごぼうの柳川煮は

 

おかわり!の声も高い。

 

 

 

今日は年中クラスでピーマンクッキング。

 

 

 

 

 

DSC_0155 - コピー.JPG

 

 

 

 

切って 炒めて

 

しょうゆ味と ツナと炒め合わせたもの。

 

 

 

 

 

DSC_0156 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

まっとうに

 

素材に正直に

 

ていねいにお料理すれば

 

おいしいの!

 

 

 

 

DSC_0157 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

ほら!

 

 

 

 

 


食べる。

 

 

 

 

スイカ割りの あとは・・・

 

 

 

 

DSC_0651.JPG

 

 

 

 

食べるしか ないでしょ!

 

 

 

 

 

DSC_0656.JPG

 

 

 

 

 

甘いっ!

 

この前 わたしが買った尾花沢すいかより

 

甘い!

 

 

 

DSC_0674.JPG

 

 

 

 

こりゃ

 

うまいわ〜

 

 

 

 

DSC_0681.JPG

 

 

 

 

そうだった

 

スイカを食べると

 

おつゆが たれて

 

口のまわりや

 

胸のあたりが びしょびしょになっちゃうのね。

 

だから 少し首を前にだすと

 

うまく いく。

 

 

小さい頃 お母さんによく言われたな。

 

 

 

 

 

DSC_0682.JPG

 

 

 

 

 

思いっきり 食べたいから

 

外で 食べよう!

 

 

 

 

DSC_0683.JPG

 

 

 

 

 

おかわり 自由!

 

 

 

 

DSC_0693.JPG

 

 

 

夏は

 

みんなで競って食べるから

 

特に おいしい気がする。

 

 

 

 

 


夏の楽しみ

 

 

 

 

 

緑の井戸端で

 

じゃがいもを収穫していると

 

気になる「ツル」が伸びていました。

 

もしかして

 

もしかして

 

この葉っぱは

 

すいかぁ〜 ?

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

まさか

 

ワタシ  種も苗も植えていませんよ〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0252.JPG

 

 

 

 

 

 

と いうことは

 

土に種がマジっていたということ

 

例えば カラスがゴミの収集所でいたずらをして

 

ニンゲンの食べかすのスイカを食べて

 

畑で糞をした  とか?

 

 

 

 

こういうの

 

大歓迎。

 

でっかいスイカに期待して

 

ワラを敷いて 大事にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたちの たなばた

 

 

 

 

わたしたちの・・・

 

 

 

 

 

 

七夕 (82).JPG

 

 

 

 

 

たなばたは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

七夕 (87).JPG

 

 

 

 

 

 

ちょっと

 

忙しいのです。

 

 

 

 

 

七夕 (96).JPG

 

 

 

 

 

仮園舎の厨房は

 

狭く 

 

物の置き場所にも困ります。

 

 

 

 

でも 私たちの仕事は

 

どんな環境でも

 

変わりません。

 

 

 

 

 

七夕 (89).JPG

 

 

 

 

 

これは 今日の食材の切れ端。

 

野菜の皮や 野菜の芯。

 

「廃棄」をするものです。

 

それなのに こんなにきれい切られていて

 

こんなにきれいに捨てられている・・・

 

まるでこれから使われる食材のようです。

 

 

 

たまたま見かけた私が

 

なんだか感動してしまいました。

 

 

 

 

お空に お日さまとお月さまがあるように

 

地球に空と海があるように

 

モノゴトにも ふたつの世界があるようです。

 

七夕の日の 飾りの見えるお部屋の世界と

 

お部屋の隣で 子どもを支えるもうひとつの世界。

 

それが給食の世界です。

 

 

先生方 ありがとうございます。

 

今日もおいしくいただきます。

 

 

 

 

 

 

 


すいか

 

 

 

 

 

今日のデザートは すいか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0699.JPG

 

 

 

 

 

ずいぶん 昔のこと。

 

担任した3歳児のクラスで

 

給食にすいかが出た。

 

ある子どもが実においしそうに

 

サクサクすいかを食べ始め

 

赤いところがなくなって

 

名残惜しそうにしている。

 

まだ白い皮にも赤いところの甘さが

 

残っているらしく

 

白と緑の皮を持って下の前歯ですいかの皮をしごいて

 

うすく うすく削って食べている。

 

どうなるのかと見ていると

 

しごいて しごいて

 

ついに固いすいかの皮も

 

いよいよ緑の筋の層を残すだけになり

 

ペラペラの濡れた紙のようになってしまい

 

それでもあきらめきれず手にもっている・・・

 

その様子がかわいらしくって

 

30数年たっても すいかを見ると思い出すな。

 

 

 

 

 

DSC_0719.JPG

 

 

 

 

 

 

今は 赤い部分だけカットして売っているし

 

「白いところは食べない」ということにも

 

なっているかもしれないから

 

子どもが名残惜しそうに いつまでも

 

すいかを食べているなんて光景は

 

ないのかもしれない。

 


 

そんなことがあって

 

わたしは赤いところは全部食べますが。

 

みなさんはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お待ちかね はこちら!

 

 

 

 

 

先生方

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

ようやく夕食 午後9時半。

 

(交代で食べます)

 

 

 

 

 

DSC_0403.JPG

 

 

 

 

 

 

夕食は

 

 

長い夜の始まりです。

 

 

 

 

人気は「梅干し」

 

朝から始まったお泊り会で

 

汗で出た塩分を 梅干しパワーで補います。

 

 

 

いただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 


夕食は

 

 

 

 

夕食は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0305.JPG

 

 

 

 

 

たくさん食べてね。

 

 

 

 

 

DSC_0298.JPG

 

 

 

 

 

 

係りの先生 準備OK!

 

 

 

 

DSC_0308.JPG

 

 

 

 

 

食後は・・・

 

 

 

 

DSC_0323.JPG

 

 

 

 

 

 

スイカ割りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


俺の うどん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0289.JPG

 

 

 

 

俺の・・・

 

 

 

 

 

DSC_0291.JPG

 

 

 

 

うどん。

 

 

 

 

 

 

DSC_0316.JPG

 

 

 

 

かっぱ巻きも 忘れない。

 

 

 

 

 

 


土曜日のうどん

 

 

 

 

それは6月の10日

 

土曜日。

 

 

 

今日は休日のはずの先生方が

 

なぜか保育園に来ています・・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0520.JPG

 

 

 

 

なんの 相談?

 

 

 

 

DSC_0526.JPG

 

 

 

 

お泊り会の夕食「うどん」の試作

 

・・・なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

 

こねて のばして

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

足で 踏む。

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

ねかせて  切って・・・

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

 

ようやく

 

いただきます。

 

 

 

 

 

お泊り会の準備のワンシーンでした。

 

 

 

 

 

 

 


たのしい 梅シロップ作り

 

 

 

 

 

先日 金子ファームに梅をとりに行った年長クラス。

 

今日は梅シロップ作りをしました。

 

 

この赤いふたのガラス瓶を見ると

 

あ〜 夏が来るんだなぁと思います。

 

 

 

 

DSC_0352.JPG

 

 

 

 

 

早く作りたい そこに梅があるのに〜という気持ちを

 

抑えて 人の話しは聞かなければなりません。

 

ここ 大事!

 

保育園は 人とのかかわりの中で

 

子どもを育てていく場所ですから

 

人の話しは聞く!のです。

 

 

いやいや何も正座をして聞かなくても・・・

 

と思って事情を探ってみたところ

 

椅子に座りたくない とのことです。

 

いや きっと自分が椅子に座るより

 

正座をしたほうが 後ろのお友だちが

 

前の方を見やすいだろうと思ったのかもしれません。

 

 

 

 

 

DSC_0353.JPG

 

 

 

 

見て下さい。

 

この梅。

 

やりがいがありますね。

 

 

 

 

DSC_0359.JPG

 

 

 

 

梅と氷砂糖を交互に入れて っと。

 

 

 

 

DSC_0371.JPG

 

 

 

 

冷たそうなガラスの透明感。

 

氷を連想する砂糖のカタチ。

 

梅の実の 緑。

 

あ〜 日本の四季のシアワセを感じます。

 

 

 

 

DSC_0378.JPG

 

 

 

 

子どもがやる気をだすと

 

仕事は早い。

 

あっという間に 口までいっぱい。

 

 

 

 

 

DSC_0384.JPG

 

 

 

 

まるで 梅シロップ工房。

 

 

 

 

 

DSC_0389.JPG

 

 

 

 

 

こういうランダムな仕事は

 

人とのかかわりが でる!

 

だれが最初に手を伸ばすのか とか

 

早いもん勝ちなのか とか

 

争い回避で 右回りの順番の提案 とか

 

ちょっとドキドキ じゃんけんぽん とか

 

人知れず 先生の近くをゲットしちゃう とか

 

声の大きい人が 仕切る傾向にある とか

 

すごく いろいろ です。

 

子どもは子どものシャカイの中で

 

いろんな事を おとなの想像以上に考えています。

 

 

 

 

 

DSC_0420.JPG

 

 

 

 

ちょっと休憩。

 

氷砂糖 って食べた事

 

ある?

 

 

冷たいの かな・・・

 

 

 

 

 

DSC_0422.JPG

 

 

 

 

こちらは 口に含まず

 

ぺろぺろ派。

 

 

 

 

 

DSC_0426.JPG

 

 

 

 

最後は お酢をちょこっと注いで

 

はい できあがり。

 

保育室において 梅の変身を楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered