わたしたち の うんどうかい 2

 

 

 

 

 

 

総練習 (454).JPG

 

 

 

 

 

 

 

運動会 本部テントの中。

 

全体の進行表か 司会の原稿か・・・

 

… 原稿 必要なのかな…

 

だって

 

運動会は予定通りにはいかないことが多いし

 

目の前で起きていることが「現場」だから

 

用意した原稿文章と違うでしょ。

 

司会って そういうことを感じさせないくらい

 

全体をリードしているから すごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総練習 (453).JPG

 

 

 

 

 

 

 

そのお隣は「音響」さん

 

久良岐保育園は「子ども用」の音楽に頼らない。

 

美しい曲は、おとなにも こどもにもなくてはならない。

 

卒園式には尾崎豊さんの楽曲がいいなぁと

 

30年前に気がついてから

 

わたしは子ども用の曲やクラッシックに

 

頼らなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

総練習 (54).JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

何が始まるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

総練習 (11).JPG

 

 

 

 

 

 

音楽が流れて

 

カラダが動き始める。

 

 

 

 

 

 

総練習 (2).JPG

 

 

 

 

 

そう

 

「ここだ」というタイミングで

 

音楽が始まり

 

歌が聞こえることは

 

こどもの活動を応援することなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総練習 (29).JPG

 

 

 

 

 

 

せんせい〜

 

がんばれ〜

 

…という時には

 

どんな曲がいいんだろうな。

 

 

 

 

 

 

総練習 (26).JPG

 

 

 

 

 

 

えっ?

 

音楽どころじゃ ない?

 

 

 

 

 

 

総練習 (23).JPG

 

 

 

 

 

それならば

 

あとで 筋肉が安まるような調べを

 

考えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の うんどうかい 1

 

 

 

 

 

 

総練習 (95).JPG

 

 

 

 

 

 

 

だれでも  ない。

 

この うんどうかいは

 

わたしたちの うんどうかいだ。

 

 

 

 

 

 

 

総練習 (59).JPG

 

 

 

 

 

わたしたちの

 

運動会であるように

 

わたしたちは 考え

 

行動 する。

 

ディスカッションをするために

 

考えと行動を 言語にしてみる。

 

人にわかってもらうための

 

言葉を考える。

 

こういう「過程」が

 

この仕事には たくさん ある。

 

 

 

昨日の夜も

 

中秋のまるい月がのぼる頃

 

こどもと運動会の練習をする時の

 

自分の言葉 自分の態度

 

こどもとの関わり を

 

正直に言葉にして

 

ディスカッションをした。

 

そして 次の朝日がのぼってやってきた

 

うんどうかいの練習だ。

 

 

 

 

 

 

 

総練習 (66).JPG

 

 

 

 

 

太陽と

 

汗。

 

やっぱり わたしたちには

 

太陽と汗が似合う。

 

月の涙は だれかに譲ろう。

 

 

 

 

 

 

総練習 (82).JPG

 

 

 

 

 

こどもが指さすところを

 

おとなも一緒に見る。

 

それをこどもは望んでいる。

 

 

 

 

 

総練習 (77).JPG

 

 

 

 

 

こどもが見あげる空を

 

おとなも一緒に見上げる。

 

こどもがそれを望んでいる。

 

 

 

 

 

 

総練習 (101).JPG

 

 

 

 

 

 

 

もうじき

 

わたしたち の うんどうかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はじまる

 

 

 

 

 

DSC_0878.JPG

 

 

 

 

 

ライン引きと

 

右手に 棒

 

 

 

 

 

DSC_0880.JPG

 

 

 

 

 

 

この間

 

200圓離好檗璽張薀ぅ鵝弊亞ァ砲

 

積上げておいたというのに

 

昨日は 新たに 160圓鮑独注。

 

 

 

 

 

 

DSC_0891.JPG

 

 

 

 

 

 

もうじき  はじまる

 

 

 

 

 

DSC_0887.JPG

 

 

 

 

 

 

先生 見ていてね。

 

 

 

 

 

DSC_0902.JPG

 

 

 

 

 

音楽が 鳴る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0907.JPG

 

 

 

 

 

ココロが 動き出す。

 

 

 

 

 

 

DSC_0774.JPG

 

 

 

 

 

ココロが 声になる

 

 

 

 

 

DSC_0912.JPG

 

 

 

 

 

 

10月10日は 運動会

 

 

 

 

 

DSC_0779.JPG

 

 

 

 

 

おもいっきり いくよ!

 

 

 

 

 

DSC_0776.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ふくらむ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0653.JPG

 

 

 

 

 

ひろがる 自分の 気持ち

 

 

 

 

 

 

DSC_0733.JPG

 

 

 

 

 

 

見上げる

 

自分のココロの 空

 

 

 

 

 

 

DSC_0731.JPG

 

 

 

 

 

 

のびていく

 

わたしの からだ

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0654.JPG

 

 

 

 

 

土の上に 背中をのせて

 

地球の広さを 

 

からだで感じてみる

 

 

 

 

 

 

DSC_0743.JPG

 

 

 

 

 

ひろがる わたしの気持ち

 

のびていく わたし ココロ

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0745.JPG

 

 

 

 

 

 ひとり ひとりの

 

気持ちとココロを

 

バルーンで包む

 

 

 

 

DSC_0657.JPG

 

 

 

 

高く  高く

 

 

 

 

DSC_0660.JPG

 

 

 

 

 

ふくらむ  ふくらむ

 

わたしの ココロ

 

 

 

 

 

DSC_0755.JPG

 

 

 

 

 

 

もうすぐ

 

運動会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


願い

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0402.JPG

           曽根宥泉ご住職

 

 

 

 

9月22日  

 

保育園にも大変ご縁のある

 

高野山真言宗 西光寺で行われた

 

彼岸法会に伺いました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0385.JPG

 

 

 

 

護摩の炎も

 

許可をいただいて撮影。

 

 

 

 

 

 

DSC_0392.JPG

 

 

 

 

 

お地蔵様の供養も行われました。

 

西光寺のお地蔵様のお世話をして下さる方が

 

久良岐のお地蔵様の前掛けとお帽子も

 

作って下さったのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

蓮のお花も開いて

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この疫病の終息を

 

お祈りしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お彼岸

 

 

 

 

 

 

DSC_0627.JPG

 

 

 

 

お彼岸を前に

 

地域の方が久良岐地蔵の新しいお帽子と

 

前掛けを作ってきて下さいました。

 

そのお気持ちにお応えするべく

 

お地蔵様のお身体の夏の埃もきれいに拭い

 

お堂もきれいにしました。

 

いちばん最後に

 

お地蔵様のお手に触れさせていただき

 

この感染症の終息を祈りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


種のチカラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0577.JPG

 

 

 

 

間もなく 関東地方でも稲刈りの季節が

 

やってこようとしています。

 

稲に米が実る様を「一粒万倍」として

 

縁起のよいこととされています。

 

さて わたしも 畑のお仕事開始。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0579.JPG

 

 

 

 

 

 

少量多品種。

 

まず じゃがいもから。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0592.JPG

 

 

 

 

 

 

お楽しみは これ。

 

横浜植木さんからいただいた「人参の種」。

 

土に溶ける繊維で作られた紐の中に

 

等間隔で人参の種が仕込まれています。

 

この種の蒔く日を楽しみにしていたんだ。

 

しかし あれこれと忙しくて

 

予定より2週間遅れの種まきとなりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0581.JPG

 

 

 

 

 

 

そして畑というのは

 

種まきの前に育てていた作物を収穫しないことには

 

「場所」が空かない。

 

レタスの場所はまだ耕していないので

 

とりあえず「ポット」に種を蒔く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0587.JPG

 

 

 

 

 

 

 

スイカを育てた一角を耕して

 

堆肥をいれて また耕す。

 

紐状 人参の種を蒔きます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0593.JPG

 

 

 

 

 

 

こんな感じかな?

 

 

 

 

 

 

DSC_0598.JPG

 

 

 

 

 

 

何も芽をだしたり 茎や葉のない畑では

 

ついつい 人がそこを踏んでしまう。

 

ここはしばらく立ち入らないでと

 

目印をつけておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0601.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

花を育てていた場所も

 

ちょっと その球根を端に移動させて

 

同じように 人参の種を蒔く。

 

白い粒が種です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0602.JPG

 

 

 

 

 

 

 

きゅうり終了!の場所には 小葱。

 

 

 

 

 

 

DSC_0604.JPG

 

 

 

 

ぴーまんは 秋になっても元気です!

 

このくらいの作業でも

 

けっこう時間はかかる。

 

プランターと畑で育てた野菜では

 

絶対に違うことがある。

 

「土」だ。

 

緑の井戸端の「土」は

 

給食の野菜くずや残菜を堆肥化して使い

 

土作りから始まった。

 

種を蒔いては芽も出ず失敗し

 

今度はいいだろう!と期待していると

 

ほどほどに大きくなった実が

 

いとも簡単に落ちてしまった。

 

土の中の芋などは

 

200個の収穫を夢見て

 

土に這いつくばって掘ってみるが

 

一向に手にあたる芋が ない。

 

掘れども 掘れども

 

土があるだけ。

 

そんな時 ふと「土竜(もぐら)」の事を 思う。

 

日の光りを嫌い

 

一生をこの土の中で生きる土竜だ。

 

また ある時には

 

病にある人のことを 思う。

 

久良岐の前のこの道は

 

久良岐の畑のこの土は

 

いろいろな喜びや 希望。

 

だれにも言えない 不安な気持ち。

 

努力しても 力を尽くしても

 

なかなかよい方向に向かわない現実。

 

多くの人の喜びや

 

深い悲しみ  懊悩を

 

人の足跡に変え、受け止めてきた土だ。

 

緑の井戸端は 中里の土。

 

ここで育った野菜は

 

中里の土の味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


開店祝い

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0575.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園玄関ホールに

 

食育係りさんが弘明寺商店街を再現した

 

ディスプレイがあります。

 

今朝・・・

 

あら?

 

関寿司のお店がある・・・と思ったら

 

なんと!

 

保護者の方が手作りして下さって

 

さりげなく加えて下さっていた!

 

うれしいです!

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 


スイカ割り

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0410.JPG

 

 

 

 

 

すでに・・・

 

ここまで運ぶ途中に

 

ちょっと落として割れてしまったスイカではあるが…

 

 

 

 

 

 

DSC_0440.JPG

 

 

 

 

 

 

スイカ割り

 

始めます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0442.JPG

 

 

 

 

 

えっ?

 

 

スイカ  どこ?

 

 

こっち?

 

 

あっち?

 

 

 

 

 

DSC_0444.JPG

 

 

 

 

 

どこなのぉ〜

 

スイカ!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0539.JPG

 

 

 

 

 

 

先生にも 挑戦してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0549.JPG

 

 

 

 

 

 

こうして 年長の夏が去っていく・・・

 

 

※ 楽しいことは まだたくさんありますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


季節と ともに

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

 

夕方とりこんだタオルの バリバリ感 とか

 

突然ふりだした雨が溶かすアスファルトの匂い とか

 

Tシャツの襟ぐりから ふっと感じる自分の汗の匂い とか

 

昼さがりの道を歩いていて

 

どこかの家の換気扇から流れてくる

 

玉ねぎを炒める匂い とか

 

夏の季節を感じることは よくある。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0402.JPG

 

 

 

 

 

保育園の道むかい

 

緑の井戸端は

 

土の匂いのする場所。

 

季節の風の匂いを感じる場所だ。

 

そして いつも少量多品種の植物を育てている。

 

長く雨の続いた今年は

 

スイカのできも遅くて

 

今 ようやく収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0408.JPG

 

 

 

 

 

少量なので

 

スイカ割りはたいてい土曜日の

 

出席人数が少ない時に

 

こっそり遊んでいました。

 

でも 今日は水曜日。

 

でっかめのスイカひとつで

 

年長のスイカ割りをしようと思いました。

 

 

畑からお部屋に運ぶ最中に

 

割れちゃったんです!

 

でっかめのやつが!

 

仕方なく・・・・

 

まだ実っていない小さいヤツを

 

時期を待たずに収穫。

 

割るための目的に使うことにしました。

 

(小玉スイカではありません!)

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPG

 

 

 

 

 

畑で野菜を育てるというのは

 

プランターで育てています というのとでは

 

カラダの使い方とカラダを使う量が

 

全然 違う。

 

大変なんです 畑の仕事。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0280.JPG

 

 

 

 

 

 

9月の今頃  畑では

 

大根の種まきに忙しい。

 

そして寒い季節がやってくると

 

大量の大根で我が家はいっぱいになる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0288.JPG

 

 

 

 

 

 

種をまいて でっかく収穫できる野菜は

 

主婦の味方です!

 

ただし 収穫時期も同じになってしまうから

 

洗って 輪切りにして

 

さらに 蒸す。

 

そうしたら ひたすら干す!

 

 

 

 

 

DSC_0293.JPG

 

 

 

 

 

そうすると あんなにあった大根の山が

 

あ〜ら 不思議。

 

これだけのカサになってしまうというわけ。

 

そうやって保存しておいて

 

気が向いたら 水で戻して煮て食べる。

 

畑の仕事っていうのは

 

そういうことだ。

 

 

 

 

 

ここからは緑の井戸端のご紹介。

 

 

 

 

DSC_0103.JPG

 

 

 

 

 

きゅうりはそろそろ おしまい。

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

きゅうりの細さが

 

そろそろ 私もおしまいですって

 

言っています。

 

 

 

 

DSC_0098.JPG

 

 

 

 

 

いちご。

 

来年の春にむけて

 

暑さに耐える。

 

 

 

 

DSC_0106.JPG

 

 

 

 

 

桃。

 

旧園舎から移してきた果樹。

 

青いままで 実が落ちる。

 

 

 

 

DSC_0109.JPG

 

 

 

 

 

ぶどう。

 

旧園舎ではいちど盛大に実がついて

 

土曜保育のお友だちと

 

ぶどう狩りをして食べましたが

 

こちらに移植してからは

 

あまり実がなりません。

 

でも 私のたいせつな思い出の果樹。

 

 

 

 

 

DSC_0111.JPG

 

 

 

 

ピーマン。

 

ただいま おそらく最盛期!

 

毎朝 たっぷり収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPG

 

 

 

 

 

 

これらの野菜は「中里ブランド」として

 

こどもふれあい広場に提供したり

 

地域の方にお配りしています。

 

 

 

 

さぁ これから スイカ割りっと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/130PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered