朝のお仕事

 

 

 

 

 

お盆のこの時期

 

朝の保育園は 静かに始まります。

 

7時半を過ぎても 年長のお友だちが・・・

 

・・・ いない ・・・

 

 

そこへやってきたふたりのお友だちに

 

今日の 朝の お仕事をお願いしました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0388.JPG

 

 

 

 

 

 

昨日は午後に少し雨もふり

 

地面にも落着きがあります。

 

さて 今日の収穫はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0377.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先週末にトマトの収穫を体験していたお友だちが

 

トマトの取り方を教えていてくれます。

 

畑の「OJT」ですね。

 

 

 

 

 

DSC_0382.JPG

 

 

 

 

 

 

今朝もミニトマト160個!

 

 

 

 

 

DSC_0395.JPG

 

 

 

 

よし 

 

保育園に戻るよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭 とは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0229.JPG

 

 

 

 

 

 

「園庭」って・・・

 

 何なんだ? 

 

久良岐改築工事にあたり

 

園庭って何なのだろう とあらためて考える機会がありました。

 

さらに新しい園庭の使命や 

 

ここで育ってほしい子どもの姿について

 

十文字女子大学 潮谷恵美先生に講師をお願いし

 

園庭プロジェクトチームをたちあげて検討をしました。

 

潮谷先生には平成26年度から久良岐保育園 園内研修の講師を

 

お願いしていて「理念と保育」や「環境と保育」「記録」等々

 

その年の課題についてテーマを決め学びを積み上げてきたのです。

 

さて。

 

 

 

 

 

DSC_0232.JPG

 

 

 

 

 

8月10日 金曜日の夕方。

 

園長も園庭に出てみました。

 

園庭の砂の安全は十分な確認をしましたので

 

おとなもこどもの 裸足です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0251.JPG

 

 

 

 

 

夏の夕方の園庭は

 

ちょうどよい具合に日陰になります。

 

お待たせしました! 思いっきり遊んで下さい!って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0265.JPG

 

 

 

 

 

今も昔も変わらない

 

三輪車を横にしての「かき氷屋さん」

 

タイヤを回して飛び散る砂が

 

ちょうどかき氷機で氷をかく様に似ているのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

 

 

 

 

 

飛び散りますよ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0269.JPG

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は3歳児クラスですが

 

ますます志し高き5歳児クラスになると

 

 

 

 

 

 

DSC_0283.JPG

 

 

 

 

 

 

タイヤの幅の上に

 

砂を乗せようとするのですから

 

やっぱり年長は ちがう!

 

おそらく 自分でタイヤを回転させるのではなくて

 

あのペダルを回してもっと本格的に

 

かき氷屋さんに近づきたいのだと思う・・・

 

ペダルを回すと タイヤが回転するという

 

ふたつの部品の関係性が高度な感じです。

 

 

ほらね。

 

 

 

 

DSC_0285.JPG

 

 

 

 

 

 

 

園庭プロジェクトチーム考案の

 

「築山(つきやま)」の上。

 

 

 

 

 

 

DSC_0238.JPG

 

 

 

 

 

 

仲間 が 増えて いく。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0240.JPG

 

 

 

 

 

 

 

仮園舎にも園庭はありましたが

 

ここまで広くはなかった。

 

だから 夕方の園庭で子どもたちが

 

こんなふうに遊んでいるのは 何年ぶりなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0298.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先生方が 子どもと一緒に

 

園庭で遊んでいる姿も

 

何年ぶりにみるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0288.JPG

 

 

 

 

 

 

改築にむけたカタチにならない動きはずいぶんと前のことで

 

今 ようやく ここに たどり着いたんだ 

 

と 思ったら涙が出そうになってしまった・・・

 

50年 いえ これからはリノベーションを繰り返し

 

100年に一度の大改築。

 

中里の皆様 保護者の皆様のご理解があったからこそ

 

今 ここにたどり着くことができました。

 

ありがとうございます。

 

おかげ様で私は今、大きな役割を果たし終えたような気もします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0312.JPG

 

 

 

 

 

 

ぎゃー!

 

この砂場 どこまで掘れるの?

 

以前の園庭で やはり砂場を掘っていて

 

「このままずうっと掘っていくと地球の真ん中まで掘れて

 

さらに ずうっと掘ると地球の裏側のブラジルまで出られるよ!」と

 

こどもに言いましたら 本気モードが高まって

 

給食になるまで子どもと掘り続けた思い出があります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0315.JPG

 

 

 

 

 

 

ただ「一所懸命」に砂を掘る時

 

意外なほど あれやこれやと期待はふくらみ

 

考えているものです。

 

 

 

 

 

DSC_0321.JPG

 

 

 

 

 

 

穴を掘っては 自分が入って

 

その大きさを確かめる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0318.JPG

 

 

 

 

 

 

 

掘っている方向は「下」ですが

 

子どもが向かっている方向は「未来」です。

 

 

園庭 って いいっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こども の お仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0202.JPG

 

 

 

 

夏の

 

朝の

 

こどもの

 

お仕事。

 

 

 

 

 

DSC_0207.JPG

 

 

 

 

 

日が高くならないうちに

 

ミニトマトを収穫する。

 

 

 

 

 

 

DSC_0215.JPG

 

 

 

 

 

 

日曜の朝に

 

教育テレビの野菜の時間(・・・だったかな)

 

W.マリナさんの出ている番組で

 

ベランダのプランターで野菜を育てるための

 

番組なのだけれど

 

畑で野菜を作って食べているわたしは

 

この番組から たいそう学ぶことが ある。

 

プランターでの収穫と

 

まるで土を食べるような

 

土の要素を吸い上げてできる作物とは

 

違うような気がする ということだ。

 

「学ぶ」というのはこの先のことで

 

どちらも 立派な「栽培」であるということ。

 

どちらも栽培には 変わりがない。

 

そしてプランターにはプランターの価値観と達成感があり

 

土には 土のチカラがあるということ。

 

なんでも やってみることです!

 

失敗から学べば それで いい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0216.JPG

 

 

 

 

 

畑には 今 わたしの好きな

 

「高砂百合」が咲いていて

 

あ〜 夏だ。 

 

今年も夏を迎えることができた とつくづく 思う。

 

 

 

下の写真。

 

何をしているか

 

わかりにくいでしょうか。

 

奥の方にある赤いトマトに手を伸ばしているんです。

 

 

こういうことが 簡単にできるかというと

 

あら そんなことはなくて

 

 

目の前に赤いトマトが鈴なりなのに

 

「トマト どこ?」なんて

 

言われることも けっこうあるんです。

 

プランターのミニトマトのなり方と

 

畑にトマトのなり方は とても違うので

 

プランターのスウィッチで見ると

 

トマト・・・

 

見えないらしい。

 

お仕事を続けて

 

畑のトマトがわかってくると

 

取り切れないほどのトマトに

 

気持ちが向かいあってきます。

 

 

 

 

 

DSC_0212.JPG

 

 

 

 

ほらね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0213.JPG

 

 

 

 

 

そんなことより

 

トマト とるの!って感じですね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

 

ミニトマトが

 

見えませんが

 

 

今朝は160個の収穫です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0224.JPG

 

 

 

 

 

朝の畑のお仕事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もうすぐ お祭りだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0057.JPG

 

 

 

 

 

 

和太鼓の練習の前に

 

ヒミツの特訓中!

 

 

 

 

 

DSC_0065.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おとなのための

 

はっぴ着付け教室・・・かな・・・

 

帯を結ぶ が 難しい。

 

だいたい 紐を結ぶことだって

 

わたしたちの生活には ほとんどない。

 

まして 帯ですよ!

 

 

がんばれ〜  

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

そうして 今度はこどもにはっぴを着せる。

 

できるかな・・・

 

 

☆ お祭りの日 当日は保護者の方が

  はっぴを着せて保育園にくるのですが

  皆さんは いかがでしょうか。

 

「こどもが保育園で着たいって言っている」なんて時は

どうぞ 保護者の方が保育園で着せて下さいね。

親が 子どもの身体に手をぐるりとまわして衣類を着せたり

ぐるりと手をまわして帯を結ぶなんて 洋服にはありません。

子どもを感じるこの距離感を どうぞ感じてくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0075.JPG

 

 

 

 

 

 

こんどは 軽く打合せ。

 

会場のレイアウトや出演の順がわかったので

 

イメージを共有します。

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁ 沖縄の赤い太鼓 パーランクーの時には

 

ほかのクラスの先生方もお手伝い

 

久良岐保育園は年齢別クラスで保育をしていますが

 

「わたしたちは チームで 仕事をしています」

 

みなさんのお仕事ではどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPG

 

 

 

 

そしてそれは又 こんな風にも言い換えられます。

 

0歳 1歳 2歳・・・

 

乳児の先生方がいてくれたから

 

今の この姿がある  と。

 

もしも幼児も大きくなってなにか問題があるとしたら

(文章と画像に関係性はありません)

 

それは1歳の時に解決していないことなのかもしれないし

 

乳児の時に 保育園で育てることができなかったことを

 

わたしたちが見逃していて 今に至ったのではないか。

 

だからこそ 年長のこの姿は

 

乳児の先生方のおかげである。

 

・・・ そんなふうに思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0093.JPG

 

 

 

 

 

 

 

年長クラスの太鼓の音が聞こえると

 

ちいさなクラスのお友だちがやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0099.JPG

 

 

 

 

 

 

年長は 保育園みんなのあこがれのクラスです。

 

いくら 今太鼓をたたきたくても

 

こうして ずうっと見ていて

 

辛抱して 辛抱して

 

ようやく その「ケンリ」にたどり着く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

年長の太鼓は

 

みんなで同じリズムを叩きます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

 

 

 

 

隣りの人の気配

 

隣りの人の息遣い

 

・・・ こどもはこういうことによく気が付く。

 

和太鼓も そうだ。

 

隣りの音を聞いたのでは 音速に追いつかない。

 

息遣い つまり「間」を感じることだ。

 

和太鼓は 人と人を結ぶ楽器だなぁと

 

つくづく思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

 

 

 

 

 

おぉ

 

いい感じ!

 

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

 

 

 

 

 

もうすぐ

 

中里のお祭りだ!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園舎の思い出を刻んだレンガ 完成

 

 

 

「時間がつながる 人がつながる 自然がつながる」

 

これは2016年 園舎お別れ会のコンセプトでした。

 

そしてこのコンセプトを実現するために

 

中里にお住まいの彫刻家 舘山 拓人さんのご指導で

 

園舎の思い出を刻んだレンガを作りはじめました。

 

 

 

2018年 7月。

 

新園舎が完成して 園庭も出来上がり

 

久良岐全体の改築計画も完了して

 

満を持してレンガの設置となりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0265.JPG

 

 

 

 

 

 

もちろん

 

レンガを収めた額も舘山さんの製作。

 

そして 額の設置も 舘山さん。

 

思い出を刻み

 

思い出をつなげ

 

久良岐で人と人がつながるための

 

始めから最後まで

 

すべて舘山さんが関わっていて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

 

 

 

玄関上空に広がる 青い空。

 

19メートル70センチの長い廊下。

 

いったいこの会館のどこに「思い出」を置いたらいいのか

 

この事を考えるとき

 

コンセプトが生きてきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0278.JPG

 

 

 

 

 

 

ふと 額の裏をみましたら

 

舘山さんにより書かれた文字があります。

 

わたしなど わかったふりをしているだけで

 

何の知識もなく

 

「・・・こんな感じ」としかお話しできなかったのに

 

舘山さんがわたしの「こんな感じ」を整理整頓して下さり

 

カタチにして下さいました。

 

そして わたしの名前を書いて下さったこと。

 

大変にうれしいことでした。

 

だれかが 自分の名前を

 

特別に書いてくれることは

 

これほどまでにうれしいことなのですね。

 

 

 

 

 

DSC_0287.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「5/5」と言う表現は

 

アートな作品の右下あたりで目にすることがあります。

 

なんだか それも うれしい…

 

 

 

舘山さん ただいま「水平」について実測中。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0272.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

記録は 娘さん。

 

「ねぇねぇ お父さんが彫刻家ってどんな気分?」と

 

尋ねてみましたら

 

「うん いいっ!」とのお返事です。

 

 

お父さんが彫刻家って なかなかないです。

 

なにがうらやましいって!

 

自分が触れられる彫刻がそこにある!っていうことでしょうか。

 

絵を見るには視力がいりますが

 

彫刻を見るには触れる という方法があって

 

ユニバーサルな芸術だなといつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0299.JPG

 

 

 

 

 

 

どうぞ いつか久良岐に来ましたら

 

この廊下をゆっくり歩いてみて下さい。

 

こっち から あっちへ 歩き

 

又 あっち から こちらへ 歩く。

 

思い出というのは 一方通行ではなく

 

いったり来たり 途中下車ありの時間です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

無意識に歩く 廊下。

 

 

でも あなたの視力は

 

確実に時をとらえ

 

時を刻んで いる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0304.JPG

 

 

 

 

 

時は 立ちどまり

 

人に思慮を与える

 

思索の森に誘う。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0314.JPG

 

 

 

 

 

これは舘山さんが描いて説明をして下さったもの。

 

わたしには これも大切なものであり

 

大切な時間でした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0316.JPG

 

 

 

 

 

 

 

旧園舎の久良岐母子福祉会館の「母子」の文字。

 

 

 

 

 

 

DSC_0317.JPG

 

 

 

 

 

乳児院の「乳」と

 

保育園の「保」

 

 

 

 

この会館が人と人がつながる場所でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 ひまわり組

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0020.JPG

 

 

 

 

 

毎月一度の音楽(療法的)指導。

 

 

 

 

 

そのころ 給食室では・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0056.JPG

 

 

 

 

 

 

 

揚げワンタンの調理真っ最中!

 

こちらは乳児クラスの 揚げワンタン。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0177.JPG

 

 

 

 

 

 

ひまわり組は 自分でごはんもおかずもよそう。

 

まったく同じ大きさのワンタンの皮だったが

 

わずか数グラムはワンタンの具にも多い少ないがあり

 

なおかつ揚げた時のふくらみで

 

それぞれ微妙に違う三角形にできあがる。

 

だから子どもは 選ぶんです!

 

ワンタンを!

 

そりゃ 当然ですよ!

 

 

お目当てのワンタンがあるんでしょうな。

 

それぞれに。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あら さっきまで給食室のサポートで

 

ワンタンを作っていたK主任。

 

ひまわり組の給食準備を見ています。

 

この写真

 

ずいぶん遠くからズームで撮っているので

 

主任の意図までは わからない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0203.JPG

 

 

 

 

 

 

なんだか 座り込んじゃった・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0206.JPG

 

 

 

 

 

 

 

揚げワンタン  おいしかったです。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

※7月19日撮影の画像を後日写真館にアップしていきます。

 

    写真館に画像を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 もも組

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

 

 

 

 

もも組

 

小麦粉粘土のコーナー。

 

 

うれしいと片足 あがっちゃう!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0074.JPG

 

 

 

 

 

 

縁側にいるたんぽぽ組の

 

プール・・・

 

ちょっと うらやましい。

 

(明日は ももさん入ろうね)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0133.JPG

 

 

 

少しして・・・

 

ここは すずらんのお部屋。

 

おや 並び始めました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

 

 

 

 

先生が 

 

「ここに並ぶ?」って

 

聞いているのかな。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0133.JPG

 

 

 

 

 

・・・ だめ?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0137.JPG

 

 

 

 

 

 

それじゃ ここにしましょう。

 

 

さぁ みんなで出発進行だよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0140.JPG

 

 

 

 

 

さぁ  お昼ご飯

 

 

食べようね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0142.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごはん・・・が済んだ

 

こちらのお友だちは

 

使ったエプロンやタオルを

 

自分で片づけるところ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0125.JPG

 

 

 

 

 

 

 

引き出しからネットの袋をだしまして

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

 

 

 

 

 

 

袋の口は・・・

 

 

閉める  んだけど

 

 

これがなかなか閉まらない。

 

 

 

 

 

DSC_0129.JPG

 

 

 

 

 

ご飯を食べたら

 

お昼寝の時間。

 

お手洗いに行こうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0172.JPG

 

 

 

 

 

さぁて

 

お昼寝。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

 

担任の先生が

 

子どもたちを寝かしている間に

 

保育を助けてくれる先生が

 

お食事あとを片づけたり

 

これからお手洗いに行くお友だちの

 

お手伝いをして下さいます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0165.JPG

 

 

 

 

 

 

そろそろ お背中でも

 

眠い眠い気配。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

写真をブログにアップしているわたしにも

 

先生方の眠くなる技がやってきそう・・・

 

 

 

💤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 つくし組

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0072.JPG、、、

 

 

 

 

 

お食事中

 

失礼します。

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

わたしを見て

 

泣きませんように・・・・

 

 

わたし

 

ちょっとコワく見えるかもしれませんが

 

それほどコワくも ないと思いますから・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPG

 

 

 

 

 

 

眠っていても

 

どうして こどもって

 

かわいいわけ?

 

 

 

 

 

 

DSC_0107.JPG

 

 

 

 

 

お手ても大きくなりましたね。

 

 

 

 

 

DSC_0109.JPG

 

 

 

 

 

こちらは お布団間を移動中。

 

大陸は動く。

 

子どもも動いて おおきくなる!

 

夢を 見る。

 

夢を 叶える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 たんぽぽ組

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0910.JPG、、、

 

 

 

 

 

 

縁側で プール!

 

 

 

 

 

DSC_0922.JPG

 

 

 

 

 

 

すいすい〜

 

 

 

DSC_0930.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こちらにも プール。

 

 

 

 

DSC_0938.JPG

 

 

 

 

水着の女王さまが

 

ありこちに。

 

 

 

 

 

DSC_0052.JPG

 

 

 

 

splash

 

 

 

 

 

DSC_0931.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 すみれ組

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0883.JPG

 

 

 

 

 

 

 

鈴木泰子先生の音楽指導の日。

 

 

今日は 音楽療法的指導に関わる養成校の先生も

 

見学にいらしています。

 

 

 

 

 

DSC_0876.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生が持っていらっしゃった

 

あの「筒」には何が入っているの?

 

 

 

 

 

DSC_0889.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ひとりひとり

 

順番に回ってくるプログラムが

 

音楽療法的指導には意図的に散りばめられている。

 

 

あと 何人で・・・

 

・・・ボクの番 なのだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0895.JPG

 

 

 

 

 

〇〇君は もう少しだよ

 

待っててね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0896.JPG

 

 

 

 

 

本日ラストのプログラムは

 

「カバサ」です。

 

 

これも ひとりづつ順番にね。

 

 

 

 

 

DSC_0903.JPG

 

 

 

 

 

そのあとは 屋上へ!

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

きゃ〜

 

 

 

 

DSC_0095.JPG

 

 

 

 

 

 

夏は 水だよね〜

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/99PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered