こども

 

 

 

 

 

 

 

 

おとなは こどもの お世話をする。

 

 

 

 

 

DSC_0527.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもは おとなにお世話をされる・・・

 

とは 言えないな。

 

こどもは お手伝いが 大好きさ!

 

 

 

今日は 久良岐母子福祉会館の地域交流室で

 

こどもふれあい広場「いきいき」がありました。

 

そこで使う座布団を地域交流室まで運ばなければなりません。

 

 

保育園から地域交流室まで

 

最初の一往復目は 手で抱えて持っていきました。

 

こどもが大きな四角い座布団を持つと

 

お顔まで隠れてしまいそうなのですが

 

「大丈夫 ちゃんと見える!」と言っています。

 

しかし1回に持てる座布団は2枚です。

 

そうそう こどもはおとなが使う道具が大好きだ。

 

そこでピンクの軽量の台車を持ってきて

 

これで運ぶことにしたのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

台車に物を積むコツはね

 

下の方に 大きな荷物

 

上の方に 小さな荷物だよとだけ言いました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

エレベーターに乗って

 

3階の廊下。

 

どうです この姿。

 

頼もしい後ろ姿です。

 

積み方がいいから荷物が崩れたりしません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0539.JPG

 

 

 

 

 

運んだ座布団を台車からおろします。

 

ここで発揮されたのが先ほどの知識。

 

「大きな荷物が下 小さな荷物が上」の法則です。

 

おとなが1回だけ言った情報を

 

別の場面で活用するなんて

 

なかなかできることではありません。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0541.JPG

 

 

 

 

 

こどものお世話をするおとなは

 

こどもはひとりではできない…という立場にたっています。

 

そりゃ ひとりではできないこともたくさんあります。

 

 

でも こどもは だれかの役にたちたいと思っているし

 

ほめてもらいたい 認めてもらいたい。

 

遠足などに出かけて わたしが寒そうなそぶりをすると

 

お世話をしているつもりの相手「こども」から

 

「先生 大丈夫?」なんて言ってくれる。

 

こどもはおとなにお世話をしてもらうけれど

 

本当は おとなを守れる存在だと思っている

 

自律した人間なんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

DSC_0543.JPG

 

 

 

 

 

今日は ふれあい広場の準備をお手伝いしてくれましたね。

 

どうもありがとう。

 

とても助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぐるぐる ぐるぐる

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0431.JPG

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる  ぐるぐる・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0435.JPG

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる ぐるぐる・・・

 

 

 

 

 

DSC_0436.JPG

 

 

 

 

ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる・・・

 

 

DSC_0437.JPG

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

 

・・・ 目がまわってきそうな・・・

 

 

 

 

 

DSC_0439.JPG

 

 

 

 

 

 

かなりのハイスピードで回っているんです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0440.JPG

 

 

 

 

 

大縄跳びは 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こども

 

 

 

 

 

 

 

 

岸根公園までの地下鉄の中で

 

「今日のお弁当  なぁに?」と聞いてみた。

 

 

  屬靴蕕覆ぁ

 

◆ 屮Εンナーとピーマン」

 

 「ヒミツ」

 

ぁ 屮魯鵐弌璽亜

 

ァ 屮團チュウ」

          などなど

 

 

 

 

しかし「ハンバーグ」の人は

 

「ハンバーグ」という言葉にチカラがあり

 

親に「明日はハンバーグだよ」と

 

ただ言われたのではないくらいの気持ちが伝わってきた。

 

きっと ハンバーグに決まるまでに

 

たくさんのやりとりがあったのかもしれないし

 

こどもの大好物を入れてあげましょ!

 

という親心かもしれないと 思った。

 

 

 

 

  

 

お別れ遠足ばら組 (11).JPG

 

 

 

 

 

 

公園について ひと遊びして

 

わたしのそばに来たかと思うと

 

差し出した両の手に・・・

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (5).JPG

 

 

 

 

 

 

オオイヌノフグリ。

 

そろえられた手のひらと手のひらに

 

このお花を摘む時の気持ちや

 

ハンバーグのお弁当を背負って

 

お昼を楽しみにしているこの子の気持ちを感じて

 

あ〜 こどもって 本当にかわいい存在だなぁと

 

つくづく思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (29).JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどもは 遊ぶ。

 

のどが渇いて 水を飲む。

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (119).JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ お弁当よ。

 

この大切なお弁当が

 

消えてなくならないように

 

お顔を近づける。

 

お弁当の色も匂いも

 

なにもかも自分の身体に取り込んでいるかのよう。

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (179).JPG

 

 

 

 

 

 

「だいじなものは 最後までとっておく」と

 

言っています。

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (212).JPG

 

 

 

 

 

お弁当のチカラを

 

心に蓄えて

 

 

 

こどもは 遊ぶ。

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (50).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くのすべり台を眺めてみたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (336).JPG

 

 

 

 

 

 

 

最初におとなしか 見えなかったのね・・・

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (337).JPG

 

 

 

 

 

あれ〜  なんだろう・・・・

 

と 思ってみていたら

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (340).JPG

 

 

 

 

 

 

わかりました。

 

つながってきた。

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (341).JPG

 

 

 

 

 

 

おーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


卒業

 

 

 

 

 

 

3月11日

 

中学校の卒業式。

 

 

 

 

 

DSC_0677(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業証書を胸に 保育園を訪ねてくれました。

 

15歳。 うれしい春。

 

保育園を忘れず こうして訪ねてきて下さること。

 

本当にうれしいです。

 

 

ご卒業 おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0150.JPG

 

 

 

 

 

指さしているのは 「遠く」。

 

遠くを 見る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

 

いつのころからか

 

子どもが 遠くを見る姿を

 

見かけなくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

 

 

 

電車に 乗る。

 

自分の前の座席の人。

 

みんなスマホの小さなちいさな窓を

 

覗いている。

 

子どもがぐずれば これにもスマホを渡している。

 

電車に乗っている子どもが

 

窓の外を見る なんていうのは

 

今や 「過去」なんだ。

 

遠くからやってくる景色とか

 

遠ざかっていく景色を

 

人は見ることが なくなってしまった。

 

景色や 情景の

 

強弱とか 濃淡とか

 

そのことは人の気持ちの在り様に似てもいるのに。

 

 

 

・・・ 人が 変わって いく・・・

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

小さな窓から 世界につながるスマホ。

 

大きな窓から やってくる世界。

 

 

 

 

 

たまには 外に出て

 

遠くを見てみませんか。

 

 

 

 

 

 

 


未来 の わたしに

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0355.JPG

 

 

 

 

 

2019年 3月12日 の わたし。

 

このブログを書いていて 今この時にも

 

「わたしたち」は確実に成長していて

 

明日の朝には 背が伸び

 

足も大きくなって

 

朝の食物と栄養は

 

その「脳」をも成長させる。

 

きっと 朝の光りは

 

わたしたちの未来を輝かせ

 

道を示す。

 

 

 

 

 

DSC_0357.JPG

 

 

 

 

 

 

このくらいの水たまりなんて

 

ひとっ飛びだわ!

 

 

 

 

 

DSC_0358.JPG

 

 

 

 

歩くこと

 

走ること

 

飛ぶこと

 

歌うこと

 

風に吹かれること

 

なんでも 輝いて見える。

 

 

 

 

 

 

DSC_0359.JPG

 

 

 

 

 

ちょっとくらい転んだって

 

へっちゃらよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

そうだ。

 

転んだって いい。

 

転んだら 顔をあげる。

 

 

 

未来のわたしに

 

今の自分を贈る。

 

 

 

 

 

 

 

 


pocky と わたし

 

 

 

 

 

遠足のお供は pocky です。

 

 

 

MflYfAZxwzC8DZxXXjT_ni0mrkujCSw5728CmQ6jhAYYSmQ32JzmE7Ct56Mh3PzegT4O__wWlDkg5oSQCaCazfSHwU7Tb3vh2zqvKL31xRl7klgQjg9Dt0vtscNV4Nt6qMkUyIYA.jpg

 

 

 

 

 

 

食べきれずに残ったお菓子は

 

持帰っていいよ と先生は言うけれど・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0272.JPG

 

 

 

 

 

 

 

わたしは 断然 食べちゃう派!

 

遠足のお菓子は 遠足のお菓子。

 

今日できることは 今日にやる。

 

今 できることは 今しましょ っと。

 

 

 

 

 

DSC_0276.JPG

 

 

 

 

 

 

ポッキー 1本といわず

 

3本 4本を 食べてみる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0278.JPG

 

 

 

 

1本でも 2本でも

 

3本でも

 

何本でも pocky は おいしいよ。

 

 

 

 

 

DSC_0285.JPG

 

 

 

 

 

 

青い空と

 

わたしと

 

pocky

 

 

もう 最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


時の流れ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (12).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会は先週の土曜日だったんだ。

 

行事は準備に100年。(そのくらいの感覚です)

 

それなのに(行事が)始まると

 

もう 瞬き(まばたき)をする間に

 

おしまいになってしまう・・・

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (20).JPG

 

 

 

 

 

 

今年の発表会も

 

去年にも増してたくさんの方が来て下さいました。

 

新しい園舎 初めての発表会。

 

たくさん用意した椅子も足りないくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (92).JPG

 

 

 

 

 

 

 

たった1週間が経っただけなのに

 

なんだか 懐かしいような気さえしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (132).JPG

 

 

 

 

 

 

年長のクラス。

 

これが久良岐保育園を卒園する時の

 

こどもの姿。

 

 

 

 

 

舞台練習 (266).JPG

 

 

 

 

 

和太鼓の音を響かせて

 

いよいよ卒園。

 

 

 

 

 

舞台練習 (323).JPG

 

 

 

 

 

 

小さい時の大小ふたつの園庭で

 

砂や泥 水で遊び 

 

お散歩や 体育で走って転んで

 

毎日の 様々な遊びが

 

この体幹を作ってきたんだな。

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (327).JPG

 

 

 

 

 

 

そして 0歳児つくし組。

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (329).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会に0歳児がでて

 

何を発表するの?と思う方もいらっしゃることでしょう。

 

久良岐保育園では 年齢が何歳だろうと

 

ひとりとして立派な存在。

 

0歳児クラスのこどもたちが

 

たくさんのお客さんの前で 堂々たるこの存在感。

 

どうして 泣かないの?

 

どうして 先生が抱っこしなくても大丈夫なの?

 

どうして? どうして?

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (336).JPG

 

 

 

 

 

 

 

いえいえ 泣く子はいます。

 

だって ひとりは ひとりづつ。

 

ひとりは ひとりとして ひとりの姿をしていますから。

 

 

ここで言いたいのは

 

どうして0歳児が 舞台の上で

 

人に見られているのに大丈夫なの?ということ。

 

 

この舞台の上にあるのは

 

ここまでの1年の時間の中で結ばれた

 

子どもと先生の「信頼関係」なのではないかな。

 

 

先生がいれば大丈夫。

 

先生がいつも自分を見ていてくれて

 

少し離れていても 先生が自分のことを見ていてくれるはず。

 

ふりむけば先生のまなざしがあって

 

やっぱり先生が自分を見ていてくれた という安心感。

 

1年間の 人と人の信頼感が

 

0歳児を舞台に乗せていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (338).JPG

 

 

 

 

 

 

子どもが 泣く。

 

せっかくの日だと思っているのは おとななのであって

 

子どもにとっては 昨日も今日も

 

どれも大切な1日だ。

 

笑っている日も

 

泣いている日も

 

元気な日も

 

病気の日も

 

どれも大切な1日なんだ。

 

 

泣いている子がだめなんじゃない。

 

わたしたちは 泣いている子の1日を

 

大切に想う。

 

弱くて泣くわけじゃない。

 

その人(子ども)の気持ちを大切にしよう。

 

今度はね

 

先生がもっとそばにいるよ。

 

今度はね

 

パパやママと少し離れていたって

 

いつもすぐそこにパパやママがいて

 

「見ていてね」とこどもが思ってくれるよう

 

わたしたちががんばるよ!

 

 

 

 

舞台練習 (359).JPG

 

 

 

 

 

忍者で 忍(にん)!

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (354).JPG

 

 

 

 

 

 

おおきな かぶ。

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (402).JPG

 

 

 

 

 

うんとこしょ

 

どっこいしょ

 

 

 

 

 

舞台練習 (407).JPG

 

 

 

 

 

 

 

おおきなかぶが ぬけて

 

また ひとつプログラムが

 

前に進んで いく。

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (412).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会の画像は後日 スナップスナップにて見ることができます。

 

写真館に 舞台練習の画像を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


休憩中です

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0349.JPG

 

 

 

 

 

 

発表会の準備も ほぼ見通しがつき・・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0350.JPG

 

 

 

 

 

おむすびを食べながら

 

ちょっと ひといきです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0351.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おむすびのあとは・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0354.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

パン!

 

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちのチームワークも

 

舞台にのせる。

 

わたしのクラス とか

 

あなたのクラス とか

 

そういうのは 

 

もうどうでもよいことのようにさえ感じられる。

 

 

あしたは 発表会だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/110PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered