「わたし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0001.JPG

 

 

 

 

 

 

お祭りの 支度。

 

こどもに 法被(はっぴ)を着せる。

 

髪を結び

 

お祭りに こどもを 送り出す。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お祭りは 「社会」だ。

 

こどもが ひとりの「わたし」として

 

地域という社会に出ていく。

 

その支度を 親がしてやる。

 

こどもが ひとりの「わたし」として

 

出ていかれるように

 

あなたの手を使って

 

あなたの手が こどもに触れ

 

こどもを抱くように

 

法被の右と左を合わせて

 

紐を締め 紐を結んでやる。

 

 

 

 

 

DSC_0029.JPG

 

 

 

 

 

先生も 同じだ。

 

だれかが あなたの身体に触れ

 

与えられた仕事を果たすことができるように

 

帯を締め 帯を結ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0032.JPG

 

 

 

 

 

 

ひとりの「わたし」が 

 

今日は 太鼓の音に心を集め

 

大勢の「わたし」が

 

ひとつに音を重ねる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0035.JPG

 

 

 

 

 

よし!

 

 

 

 

 

 

DSC_0041.JPG

 

 

 

 

 

 

 

手を 高く あげよう!

 

その手の先には

 

「わたしの心」。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0060.JPG

 

 

 

 

 

 

よし!

 

まっすぐ 前を 見よう。

 

パパや ママを探さなくて いい。

 

「見ていてくれる」という確信が

 

「わたし」の中には あるんだ。

 

そうやって 親は「わたし」を育ててくれた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0066.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ

 

支度が できた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0079.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今夜 

 

「わたし」は

 

社会の中の「わたし」になります。

 

中里は わたしの ふるさとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


参道

 

 

 

 

 

 

 

「中里熊野神社」をご存知ですか?

 

久良岐母子福祉会の地元、中里四町会の氏神さまです。

 

久良岐保育園は特定の宗教はありませんが

 

この中里の地で69年にわたり

 

又 今日もこの土地で子どもたちが元気に生活をし

 

遊べることに 日々の感謝があります。

 

特に久良岐保育園は

 

季節ごとの自然の移り変わりを

 

空の高さ 木々の緑

 

砂に描かれた風の足あとなどから感じ

 

四季の生活の行事も大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日は 中里の氏神様

 

中里熊野神社のお掃除と幟(のぼり)をあげる日。

 

私もお手伝いに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0082.JPG

 

 

 

 

 

 

下の道から 神社に登る参道を

 

きれいに整えていきます。

 

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

 

 

 

 

 

とても暑い日ですが

 

枝を落し 下草を刈って

 

清々しい風が通りぬけました。

 

 

 

来週は いよいよお祭りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でんぷん と グルテン

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0990.JPG

 

 

 

 

1歳児クラス。

 

でんぷんグループ。

 

 

 

 

 

DSC_1000.JPG

 

 

 

 

 

 

片栗粉を水で溶いて

 

とろとろっ にして

 

感覚遊び。

 

 

 

 

 

 

DSC_0029.JPG

 

 

 

 

 

一方 こちらはグルテングループ。

 

小麦粉を練って 粘度にしました。

 

10本の指に 10個の指輪。

 

おそろいのブレスレット。

 

 

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

 

 

 

忘れてはいけません。

 

ネイリングもしっかりね。

 

これで elegance は完成 っと!

 

 

 

 

 

 

 


水の ように。

 

 

 

 

「OK! guruguru

 

わたしの代わりに 水遊びをして!」って言ったら

 

guruguru は わたしの生活を便利にしてくれるのだろうか。

 

 

たとえば AIは その人の生活の傾向は

 

学習するのかもしれないが

 

「無条件」っていう自由は わかる?

 

 

 

 

 

DSC_0054.JPG

 

 

 

 

 

 

熱い 暑い日の

 

水と泥の遊び。

 

この ヌタヌタ トロトロは

 

温度と泥と水の割合は きっと機械がデータ化する。

 

似たような泥水を再現することだろう。

 

それじゃ このヌタヌタ ドロドロが

 

どんなにこどもの心を自由にしているかは

 

どんなデータを参照して導きだすのかな

 

 

 

 

 

 

DSC_0048.JPG

 

 

 

 

 

 

心が いきいきして

 

心拍数があがるから 楽しいのだろうとか

 

そんな予測をするのかな。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0046.JPG

 

 

 

 

 

プールの遊びは ね。

 

顔を水につけられた とか

 

スクールでは 泳げた距離 とか

 

目に見えたり 計測できるデータがあって

 

おとなが褒めてくれたり 階級が上にいくから

 

ヤル気が でる。

 

でもね。

 

泥と水の 遊びはね。

 

計測できる根拠が  ない・・・

 

だから いいのよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

 

 

 

 

 

洋服を着ていますが

 

みんな びしょびしょです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0037.JPG

 

 

 

 

 

 

水のように 透明にね

 

自分のココロを 透明にね

 

・・・そうしていけたらいいな・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

 

OK! guruguru

 

 

この夏は 透明で いくよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


週1 農業

 

 

 

 

 

 

 

6月に植えた 里芋。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0725.JPG

 

 

 

 

 

長かった雨の毎日を

 

じっと耐え

 

いよいよ夏の光りに照らされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0966.JPG

 

 

 

 

 

 

こうなってくると 畑の仕事もがぜん忙しくなる。

 

雑草と共存する畑もあるらしいが

 

プライベートでも畑を持っているワタシにすると

 

ワタシの場合の「共存」とは

 

畑は畑として

 

常に食べる野菜を育て収穫する場であるから

 

雑草は 抜く。

 

木の枝は伐採して 畑への日当たりを確保する。

 

そうすると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

b1324a3d326cdbde54ddb09cc269c9dd.jpg

 

 

 

 

 

(ワタシのプライベートの畑は)

 

こんな感じになります。

 

右側が 家です。

 

 

 

 

 

 

585e0ea74fe68060315ffcaf85598e40.jpg

 

 

 

 

 

 

野菜が大きくなると

 

こんな感じ。

 

だから緑の井戸端の畑も

 

雑草とは共存できず

 

畑に隣接しているお家の迷惑にならないためにも

 

常に ある程度のレベルで手入れをする。

 

これが ここの「共存」。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0959.JPG

 

 

 

 

 

旧園舎から とっても苦労をして持ってきた

 

「ぶどう」

 

植替え直後は「あぶない状態」でしたが

 

今は 回復。 実っています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0956.JPG

 

 

 

 

 

みどり一色の中に

 

こういう花が咲くと気持ちがホッとします。

 

こぼれた種から育てた「百日紅(さるすべり)」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0951.JPG

 

 

 

 

 

 

白い花が 実になります。

 

ピーマン。

 

 

 

 

 

 

DSC_0969.JPG

 

 

 

 

 

 

 

週に 1回。

 

夕方1時間の 畑の お仕事。

 

果たして 週1 農業で

 

住宅地の畑が人と共存し

 

収穫の成果はあがるのか

 

実験ともいえる取組みです。

 

 

本日最後のお仕事は 水まき。

 

「たっぷり20分はかかるよ!」と

 

植物や野菜の根のはり方の特徴や

 

水やりで根を深くはらせる仕組みをお話しする。

 

 

「本当に 水まきだけで20分かかるんだ」と

 

言っています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0970.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも本日最後のお仕事。

 

中里第4公園の花壇に 水やり。

 

バケツを持っているおとながいたら

 

久良岐保育園の先生方ですよ〜

 

 

みなさん お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で水あそび 3

 

 

 

 

 

 

水あそびの道は

 

ふたつ  ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0843.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭の下流で 水と砂で 遊ぶ道。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0838.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもが「川」と呼ぶ 砂と水の遊び。

 

久良岐の園庭は ビミョウに勾配がある。

 

その勾配を感じて 上から下に川を作る。

 

試しに横に掘って水を流してみれば

 

勾配がなくて 水はうまく流れない。

 

やってみて「うまくいかない」ことがわかる。

 

試して やってみて そこから学ぶ。

 

 

川を掘る作業に あえて道具は使わない。

 

これで掘ってみれば とおとなの都合で

 

道具をあてがってみても

 

いつの間にか 素手で掘っている。

 

手から伝わる砂の情報が

 

流れのよい川を作る。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0841.JPG

 

 

 

 

 

 

川の流れを納める 土手を作る。

 

これってまさに 治水。

 

川の流れをきめ 堤防を作る。

 

これは武田信玄も力を注いだ公共事業だよ。

 

久良岐のこどもの遊びは 武田信玄だったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0901.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一方 こちらは飲料水の製造事業。

 

 

 

 

 

 

DSC_0900.JPG

 

 

 

 

 

プールの水を ペットボトルにいれてふたを閉め

 

よぉく 振る!

 

そうすると「カルピス」になるんだって!

 

これは「化学」かな。

 

ボトルの中の空気をシェイクして

 

細かい気泡にするからかな・・・

 

白く見える。

 

(どなたか 正解を。)

 

 

 

久良岐の園庭に 二つの道。

 

治水( =政治)の道。

 

飲料水製造 ( =化学)の道。

 

 

 

水あそびは 楽しいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で水あそび 2

 

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園

 

幼児のプールは屋上にあります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0815.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日は「園庭で水遊びの会」があったので

 

屋上を離れて 園庭へ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0819.JPG

 

 

 

 

 

 

乳児クラスから

 

ビニールプールを借りてきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0890.JPG

 

 

 

 

 

こういうのも・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0884.JPG

 

 

 

 

 

 

最高〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水車(みずぐるま) 1号

 

 

 

 

 

 

こどもの水遊びに

 

「水車」を作ってみた。

 

スイシャ と言わずに

 

あえて「水車(みずぐるま) 1号」と 呼んでもらいたい。

 

わけは ありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0772.JPG

 

 

 

 

 

 

蚊取り線香の 空き缶。

 

わたしは金鳥のものが 好き。

 

色柄が いいっ!

 

 

それから ペットボトル6本。

 

中のジュースは ばら組の皆さんのお腹の中へ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0827.JPG

 

 

 

 

 

 

金鳥の空き缶に

 

ペットボトルのふたをネジで止める。

 

空き缶の中心に 芯となる棒を通す。

 

簡単にいうとこういう構造。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0834.JPG

 

 

 

 

 

 

雨どいに水を流すと

 

ペットボトルに水が落ちて

 

くるくる回る仕組み。

 

 

1号には大満足。

 

改良して 2号の製作に挑むかは

 

・・・  どうしようかな ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で水あそび 1

 

 

 

 

 

7月26日 金曜日。

 

園庭で水あそび。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0836.JPG

 

 

 

 

 

 

空 青く

 

雲は 白く

 

風が 緑の木々を揺らす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0842.JPG

 

 

 

 

 

2階の踊り場から 1本伸びた「雨どい」。

 

そこから 落ちてくる 冷たい水。

 

 

 

 

 

DSC_0845.JPG

 

 

 

 

 

 

あたしも やりたい!

 

ぼくも やってみる!

 

 

 

 

 

 

DSC_0852.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こんなの初めて!

 

 

 

 

 

DSC_0856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

勇気をだして やってみてよかった!

 

 

 

 

 

 

DSC_0859.JPG

 

 

 

 

 

 

ただいま 忍者 修行中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Outdoor Dinner

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0464.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊り会の 夜。

 

雨もあがって 園庭で夕食です。

 

 

 

 

 

DSC_0467.JPG

 

 

 

 

 

 

メニューは ネバーランドカレー。

 

そして フルーツパンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0486.JPG

 

 

 

 

日が暮れたあとは・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0505.JPG

 

 

 

 

 

夏の夜の定番

 

花火。

 

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

 

 

見るほうはいいけれど

 

仕掛けて 火をつける方は

 

そりゃ大変。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

 

熱い夏!

 

久良岐の夏!

 

 

 

 

 

DSC_0550.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/116PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered