保育士さんのおしごと

 

 

 

 

 

保育士さんのお仕事はなんですか?

 

の お答えは

 

長くなるので ちょっとおあずけにしておいて

 

 

 

 

 

 

DSC_0257.JPG

 

 

 

 

 

 

この日は リスクマネジメント委員のS先生のマネジメントで

 

クラスリーダーの先生方が集まった。

 

 

前日には 避難訓練もあったし

 

散歩の時の安全管理

 

こどもの生活の場である保育園内の安全管理等々

 

ミーティングは続いていく。

 

 

(このミーティングは階層別グループに先生方が集まって

  実施されています)

 

 

 

 

DSC_0256.JPG

 

 

 

 

 

 

又 その日の夜には・・・

 

 

 

 

 

line_1559216091025.jpg

 

 

 

 

 

ホームセンターに夏の遊びと

 

遊びの環境を作る物品の買い出し。

 

 

 

保育士さんのお仕事は

 

自分たちがその場にいて

 

そこに来たこどもをみる のではなく

 

まず自分が主体的な存在であり

 

「強く 正しく 明るい」存在であるのか

 

自問することから始まると

 

私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


オレ の 仕事

 

 

 

 

 

土曜の 朝

 

玄関に入ると

 

エンチョウが 右手をあげていた。

 

 

 

 

 

DSC_0830.JPG

 

 

 

 

 

 

オレも 軽く手をあげて

 

それに 応える。

 

もう それで充分さ。

 

まかせておきなよ  今日の仕事。

 

 

 

 

オレの愛車

 

ピンクの台車1号さ。

 

今日もいい音させてるぜ。

 

調子がいい証拠だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0836.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は 月に一度の

 

中里こどもふれあい広場の 朝だ。

 

1階から3階まで みんなの座る座布団を

 

あげてやるよ! まかせておけって!

 

サイズがばらばらな座布団には

 

積み方のコツってものがある。

 

その時は面倒くさくったって

 

丁寧に積み上げりゃ

 

荷崩れなく 作業ばっちり 安全だってわけ。

 

 

そんなのは やっていくうちに わかる。

 

仕事って そういうもん!

 

聞いてるとか 聞いてないとか

 

そういうことじゃぁ ない。

 

なんでもやってみること。

 

失敗したって 失敗からわかりゃ いい。

 

なんでうまくいかないか って自分が思う事。

 

そういうもんだ。

 

だから 座布団が荷崩れしたって

 

オレは自分で積みなおす。

 

積みなおせば 理屈がわかる。

 

そういうもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0839.JPG

 

 

 

 

エレベーターだって

 

何度か やってみりゃ わかるよ。

 

バックで入ったほうが 到着階で出る時に 楽!

 

それに 仕事はさ

 

おとながやる事を こどもはよぉく見ているよ。

 

こどもをなめちゃ いけないよ。

 

こどもは 実によく おとなを見ているもんなんだよ。

 

だから エレベーターに乗る時は

 

バックで入って そのまま直進ででる!

 

カッコいいだろ?

 

後輩がどこでみているかわからなからね。

 

 

オット・・・

 

いちばん上に いちばん軽いゴザの座布団を積んだから

 

エレベータ―にひっかかっちゃた。

 

そういう時は さらっと 直せばいい。

 

 

 

 

 

DSC_0841.JPG

 

 

 

 

 

 

さて 3階到着。

 

目指すは 地域交流室。

 

 

いったり きたり

 

3回往復。

 

エンチョウセンセイ 忙しいらしく

 

オレの愛車、ピンクの台車1号を

 

片付けておいて! っていうんだよ。

 

おやすいご用だ。

 

がってんだ!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0843.JPG

 

 

 

 

 

愛車を片付けるっていうのは

 

こういうことだ。

 

部屋の隅に置いておけばいいってもんじゃ ない。

 

ぴったり壁に 幅寄せ。

 

消火栓から80僉

 

次に使うかもしれない人の立場になれば

 

片付けとは こういうもんだ。

 

 

別にエンチョウセンセイに言われたわけじゃ ない。

 

こういう考え方が 人と仕事をする時に大事だってこと!

 

やれやれ 

 

さ 園庭に行ってひと遊びするか。

 

今日のごはんも おいしいぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 


緑の井戸端

 

 

 

 

 

寒い冬にも ただ1本、

 

空に向かって茎をのばして耐えていた

 

「赤たまねぎ」。

 

 

春を迎え

 

5月ともなれば・・・・

 

 

 

 

DSC_0771.JPG

 

 

 

 

 

 

まさに 玉ねぎ。

 

大きいの 小さいの

 

いろいろあるけれど

 

すいすいと 抜く。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0773.JPG

 

 

 

 

玉の部分と 茎&葉を切り離す。

 

この緑の茎&葉の分量の多さ!

 

プロの人が作れば こんな事はないのかもしれないが

 

素人のわたしが作ると こういう割合に なる。

 

地下の玉ねぎを育てるためには

 

地上部で光合成の役割をしたり(多分… )

 

冬には地上の熱を地下に伝えたり(ホントかな…)

 

とにかく こういう姿が必要だった。

 

おおよそ何かをニンゲンが食べようとすると

 

廃棄する部分が 圧倒的に多い。

 

お魚だって そう。

 

「身」だけ泳いでいる魚など いない。

 

あなたが この間食べたお魚の分量の

 

何倍かの「部分」は廃棄されていると思う。

 

わたしのプライベートの畑で作ったものは

 

できるだけ廃棄をしないで食べつくす。

 

この玉ねぎと茎&葉の接合部分は

 

小口切りにして 天ぷらなどにする。

 

 

緑の井戸端にはいつも大きな穴が掘ってあり

 

廃棄する野菜の部分や 刈った雑草

 

玄関に飾ったあとの草花は

 

この穴の中で堆肥化している。

 

 

 

 

DSC_0861.JPG

 

 

 

 

 

今日は中里第三自治会有志で結成している

 

こどもふれあい広場「いきいき」の活動日だった。

 

会長さん 元気!

 

この赤玉ねぎを

 

「いきいき」で使って下さいね〜

 

中里ブランド。 「中里野菜」です!

 

 

 

 

 

DSC_0865.JPG

 

 

 

 

 

「いきいき」の会長さんも

 

元気! 元気!

 

 

 

そうそう

 

「いきいき」の食事を作る過程で出る野菜の皮も

 

緑の井戸端で堆肥化していますよ〜!

 

 

 

 

 

DSC_0870.JPG

 

 

 

さて。

 

土曜日の 午後4時。

 

玉ねぎを抜いたあとは

 

中里第三自治会 秋の防災訓練

 

炊き出しにむけて

 

八つ頭(やつがしら)を栽培します!

 

里芋もおいしいけれど

 

八つ頭の方が 食べるとおいしい!

 

それに 暑い暑い夏の畑で

 

里芋でも八つ頭でも 

 

あのトトロが頭にかざしている

 

芋の葉が わさわさ風に揺れている様は

 

農業の腕がすごく上がった気になるし

 

ヤル気が でる!

 

 

 

よぉ〜し

 

まずは 耕すよ!

 

土を!

 

 

芋類は土の中で育つからね。

 

土を よく耕す。

 

 

えっ?

 

耕すって・・・ 何?

 

混ぜる のだけど ちょっと違うか。

 

具体的に言えば 鍬という道具で

 

土を起きあがらせて 土の粒の中に空気を入れるのね。

 

その時 石が出てくれば 取り除く。

 

ミミズが出てくれば「こんにちわ!」って言って

 

これからも良き働きをしてくれるようお願いをする。

 

耕すって そんな事 (多分…)

 

 

 

 

 

DSC_0881.JPG

 

 

 

 

この鍬はね

 

先が3本に分かれているヤツ。

 

下敷きみたいには なっていない。

 

耕す時には 先が分かれている方が

 

鍬に土がくっついてこないで 調子がいいよ。

 

 

T先生

 

最初はね

 

振り下ろした鍬にT先生のカラダがくっついてきちゃって

 

どうなっちゃうんだ?と思ったけれど

 

だんだんサマになってきました。

 

重い鍬は 持ち上げて ただ振り下ろす。

 

鍬自身の重さで自然と土の中に入っていきます。

 

(おもちつきの杵と一緒  多分…)

 

 

 

 

 

DSC_0911.JPG

 

 

 

 

 

 

芋を植える時には 芽を植えにする。

 

もう赤い芽が 見えているでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0917.JPG

 

 

 

 

 

芽が 上。

 

芽が 上ね っと。

 

 

 

 

 

 

DSC_0923.JPG

 

 

 

 

 

土をかけて

 

仕上げh上々!

 

お疲れ様!

 

 

 

・・・明日 筋肉痛の 予感…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5月21日 朝

 

 

 

 

 

夜半からの雨も強くなり

 

さぁて

 

今朝の登園は大変なことでした。

 

 

 

 

 

DSC_0776.JPG

 

 

 

 

 

 

保育園では 今日はお誕生日会。

 

 

 

 

 

DSC_0780.JPG

 

 

 

 

 

 

クラスの先生方が作ってくれる「冠(かんむり)」

 

年長クラスのものは 特に大きくて王様のようです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0798.JPG

 

 

 

 

 

カードも もらって

 

これから・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0799.JPG

 

 

 

 

 

 

 

フルーツバスケットを始めます。

 

はじめますよ〜っ!

 

 

 

 

 

DSC_0801.JPG

 

 

 

 

 

・・・フルーツバスケットかと思ったけれど

 

フルーツじゃ なかった・・・・

 

なんていうんだろうか

 

 

 

 

 

 

DSC_0802.JPG

 

 

 

 

外は まだ 雨。

 

 

 

 

 

DSC_0806.JPG

 

 

 

 

 

こどもは 自分のお誕生日だけでなく

 

きょうだいのお誕生日や

 

おかあさんのお誕生日のことも

 

教えてくれます。

 

「夜はケーキを食べるの?」と聞くと

 

「それは日曜日」なのだとか

 

「そうだよ 白いクリームのやつ」と答えてくれるので

 

「園長先生も行こうかな」と言ってみるのです。

 

ここからは お答え いろいろ。

 

「いいよ!」と即答あり

 

・・・この人がやってくるのは・・・と思うのか

 

「(自分の家は)山の上だから・・・遠いよ」と

 

ちょっとけん制されることもあります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0816.JPG

 

 

 

 

 

お隣のクラスも お誕生会。

 

元気にお誕生日を迎えられるということの

 

幸せを 私たちも感じます。

 

 

 

 

 

DSC_0817.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外は 雨ですけれど

 

保育園は 5月の生活が

 

今日も続けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お昼ごはん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0358.JPG

 

 

 

 

 

 

12時 給食が始まります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

 

今日は パン。

 

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

 

 

年長クラスは お膳(又は座机)と座布団のお席。

 

 

 

 

 

DSC_0387.JPG

 

 

 

 

 

おかずは自分でよそってね。

 

 

 

 

 

DSC_0388.JPG

 

 

 

 

 

 

今日のおかずは 何でしょうね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0403.JPG

 

 

 

 

多少の順番を待つのも お味のうち。

 

 

 

 

DSC_0417.JPG

 

 

 

 

いただきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0439.JPG

 

 

 

5月15日に園内で撮った画像を

 

写真館に載せました。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


線路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設中です。

 

 

作っているのは 線路。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0120.JPG

 

 

 

 

 

 

建設された線路を

 

三輪車が 走る。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0123.JPG

 

 

 

 

 

カーブで減速は 運転の基本。

 

 

 

 

 

 

DSC_0124.JPG

 

 

 

 

 

三輪車は 走ります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0129.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

 

 

 

おーい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0032.JPG

 

 

 

 

 

 

おにいさん

 

 

おねえさん

 

 

わたしたちはここですよ〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

 

 

 

ぼくも います

 

わたしも ね。

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

 

これが 広い園庭なのね。

 

はやく 私たちもいきたいわ。

 

 

 

 

DSC_0042.JPG

 

 

 

 

 

 

おにいさん おねえさん

 

わたしたちは ここですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


後転

 

 

 

 

 

 

 

 

後転。

 

 

 

 

 

DSC_0164.JPG

 

 

 

 

 

最初のポイント。

 

両方の手の位置。

 

お耳の横に こんな形でね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0165.JPG

 

 

 

 

 

 

順番を待つ子どもも

 

後転のイメージと自分の身体のイメージを

 

重ね合わせようと よぉく見ています。

 

 

 

先生の説明のお話しを

 

自分の身体のイメージに重ねることも

 

すごく大事!

 

 

人は自分の身体のイメージがあるから

 

どこか低いところをくぐりぬける時にも

 

このくらい腰をかがめれば 頭をぶつけずに

 

通り抜けられると わかる。

 

ボディーイメージがないと

 

人とぶつかっちゃうし 

 

あちこちに頭もぶつけちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0166.JPG

 

 

 

 

 

 

 

それっ!

 

最後にマットについた両方の手に

 

ぐっ!と力をいれて身体を起こす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0168.JPG

 

 

 

 

よし

 

次の人 いくよ!

 

 

 

 

 

DSC_0169.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう!

 

 

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

 

 

おー

 

回れたよ。

 

 

 

 

 

DSC_0221.JPG

 

 

 

 

 

 

 

大切なのね。

 

「聞く」っていうこと。

 

先生のお話しを聞く っていうこと。

 

これ 基本!

 

今ね 七釜先生は後転のポイントをお話しして

 

実際にお手本をしてくださっています。

 

このお手本を

 

自分の身体に模倣するということを

 

学習してもらいたい。

 

先生のお話しとお手本に

 

自分の身体を反応させてみよう。

 

 

 

上の写真の先生のお手本はマネをしません。

 

後転はね。

 

頭をおなかにくっつけるように

 

おなかを見て 身体をまるめるよ。

 

こんなふうにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0228.JPG

 

 

 

 

さあ

 

やってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0241.JPG

 

 

 

 

 

 

Y先生も お隣でお手本になります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0243.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

お手本に自分の身体を反応させる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0245.JPG

 

 

 

 

 

 

自分の手や足の長さを

 

自分の身体の大きさを

 

身体を伸ばし

 

身体を縮めて

 

身体が自覚していく。

 

 

マット運動って

 

自分を知ることなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「聞く」

 

 

 

 

 

次々と・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0002.JPG

 

 

 

 

 

こどもが・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0004.JPG

 

 

 

 

 

 

跳び箱の上から 跳んでくる・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

 

 

 

 

飛んで くる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

1回目より 2回目。

 

 

 

 

 

DSC_0016.JPG

 

 

 

 

どんどん 大胆に

 

飛んで くる。

 

 

 

 

 

DSC_0017.JPG

 

 

 

 

 

 

ここで大切なのは

 

先生のお話しを「聞いているか」ということ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0022.JPG

 

 

 

 

 

写真ではわからないんだけれど

 

「両足 バン!」で跳び箱の上に乗る。

 

勢いにまかせて 跳び箱に乗るのはだめだよ。

 

踏み切り板を両足で蹴って

 

跳び箱の上に乗るんだよ。

 

 

 

 

 

そうして 今度は跳び箱の上から跳ぶ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

 

 

 

 

 

両足 バン! 

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

 

「人のお話しを聞くチカラ」

 

跳び箱の基本が 聞くチカラでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「そこに山があるから 人は登るのだ」と

 

昔の誰かが 言いました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0094.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

園庭に山があるから

 

ワタシも山に登ります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0095.JPG

 

 

 

 

 

今日の登山の記念は

 

おなかをポン!と前に出す。

 

 

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

 

 

 

 

山の上の新しい 挨拶。

 

仲間の しるし。

 

 

 

 

 

 

DSC_0100.JPG

 

 

 

 

 

おーっ!

 

 

 

 

 

DSC_0107.JPG

 

 

 

 

 

 

今度は みんなで

 

おーっ!

 

(・・・ほんとかな・・・)

 

 

 

 

 

 

DSC_0114.JPG

 

 

 

久良岐のお山は大賑わい。

 

 

そこに山があるから 人は 登る・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/112PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered