のり

 

 

 

 

 

 

 

「のり」

 

みなさんのお家に「のり」はありますか?

 

「あります」とお答え下さった方も

 

その多くはスティックのりか テープ状ののり…

 

なのではないでしょうか。

 

チューブに入ったのりが ある!というお家は

 

ぜひ教えて下さい。

 

「のりはチューブかボトルだよねクラブ」を作りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0179.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園は

 

昔ながらの 入れ物に入ったのり です。

 

利き手のひとさし指で

 

ちょうどよい分量をとって

 

紙に塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

ところが

 

これが なかなかに  難関。

 

ちょうどよい分量というのは経験しないと

 

わからないし その時々で紙の大きさが違うから

 

指にとるのりの分量がちがう。

 

のりが紙からはみだすと

 

机の上がべとべとになって

 

折り紙もべとべとになっちゃう。

 

みんな 悪戦苦闘です。

 

そして

 

悪戦苦闘の経過にもいくつかパターンがあって

 

 

べとべとなら べとべとで 全部べとべとにして

 

あとは固めてしまえ とりあえず合体すればいい!

 

のグループ。

 

べとべとはやっぱり いやだな。

 

そうかといって べとべとの状態は解決できず

 

席から立って 手を洗いに行って

 

まずはリセットするグループ。

 

 

 

子どもを見ていると

 

物事がうまくいかない時には

 

おおよそこの二つのグループに分かれます。

 

もちろん うまく接着している人もいるのですが。

 

しかし うまくいかなくても困ったことではありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0137.JPG

 

 

 

 

 

 

そんなことより

 

わたしが言いたいのは

 

のりは利き手のひとさし指でつけるものだ!

 

と いうことです。

 

この頃 効率を求めて

 

あるいは 離席してたびたび手を洗いにいくのは

 

作業に集中できないんじゃないかという配慮

 

なのだとは思いますが

 

「のりは利き手のくすり指でつけましょう」と

 

指導していると聞きます。

 

なぜなら

 

くすり指がのりでべとついても

 

ひとさし指に のりはなく

 

乾燥したひとさし指で

 

作業目的の紙を自在に持ったり折ったり

 

途中でのり付けが必要なら

 

くすり指でできるから

 

が理由のようです。

 

 

でも 乳児からこどものお世話をしている久良岐保育園、

 

0歳からこどもの成長発達を

 

目の当たりにしている久良岐保育園にすると

 

ひとさし指には ひとさし指の役割があり

 

くすり指に代えることはできないんじゃないかと考えます。

 

 

 

人は 言葉でおしゃべりする前に

 

「指さし」をします。

 

自分のそばにいる信頼できる他者に

 

あっちへ行きたいと 行きたい方向を指さして

 

自分の意志を伝えます。

 

散歩の途中で 犬を見つけると

 

「あっ あっ!」と言って指さし

 

「犬を見つけたよ」と教えます。

 

指さしは大変便利な発達の仕草で

 

言葉を発しなくても 自分の気持ちを表現できます。

 

おとなが何もいわなくても

 

ひとさし指を使っていませんか?

 

くすり指じゃないんです。

 

指さしに「あっち」「こっち」「これ」「あれ」の

 

4つの単語が加われば

 

ほとんどの意志は伝わるんじゃないかしら。

 

その時 指さしに使う指が

 

親指だったら・・・

 

どうでしょうか。

 

指さしに使う指が 小指でも具合が悪い。

 

 

 

目的のある動作をするのは

 

ひとさし指なのだと発達が教えてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

 

 

 

 

 

 

がんばれ〜

 

ひとさし指!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0191.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered