たまねぎ

 

 

 

 

 

DSC_0346.JPG

 

 

 

自分の 夕ご飯は

 

自分で 作る。

 

たまねぎの 皮を むく。

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

皮をむき終わったら

 

切る。

 

 

 

 

 

DSC_0408.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁ そろそろ・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

たまねぎが

 

目に

 

しみてきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0413.JPG

 

 

 

 

 

昭和・・・

 

たしか52年。

 

わたしが実習で久良岐に来た時

 

年長クラスの担任だった高橋先生が

 

こどもに絵本を読んでいた。

 

福音館 かがくのとも『たまねぎ』だ。

 

高橋先生は絵本を読み終わると

 

食いしん坊ぶりを発揮して

 

たまねぎ料理のおいしさに触れていらっしゃった。

 

オニオンスライスのおいしさについて

 

語り それはまるで

 

絵本に出てきたたまねぎが

 

お料理になってこどもたちの

 

おなかに収まっていくようだった。

 

 

 

 

 

DSC_0414.JPG

 

 

 

 

それから何年かして

 

わたしも(別の法人に勤務しましたが)

 

こどもたちに『たまねぎ』の絵本を読む機会があって

 

高橋先生の実践を真似てみたけれど

 

こどもたちは興味を持たなかった。

 

それで どこかで聞いたことがある

 

「たまねぎ」が目にしみない方法を

 

こどもたちに話した。

 

それは たまねぎを切る時には

 

楊枝(ようじ)を2本

 

口にくわえるというもの。

 

そうして翌日 ある保護者から

 

「昨夜、楊枝をくわえてたまねぎを切ったら

 

本当に目にしみませんでした」と言われて

 

大変に恐縮したことがある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

たまねぎは

 

時代がかわっても目にしみる。

 

こうしてこどもが涙の粒をがこぼすたび

 

わたしは高橋先生のことを思い出し

 

あたたかい気持ちに包まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered