朝 の しごと

 

 

 

 

 

DSC_0586.JPG

 

 

 

 

 

春のはじまりの頃から

 

わたしには気になっていた草花がある。

 

園舎の中庭の上の斜面に

 

それは突然 現れた。

 

去年 日本の国に大きな被害をもたらした

 

ふたつの台風は

 

この斜面の木々の上にもやってきて

 

林の姿を変えていった。

 

今後の安全と

 

事業の継続も考えて

 

冬に専門業者の目と手によって

 

切り倒すことが必要な木や

 

枝を伐採した。

 

 

枝を落とせば日の光が注ぐ。

 

林や森に日が差せば

 

下草の植生が変わる。

 

この植物は

 

強い雨で流された土砂の下から

 

日の光によって目覚めさせられ

 

ここに姿を現した。

 

その名を「浦島草」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0372.JPG

 

 

 

 

上の写真は別の場所のものだが

 

ちょっと得体のしれない

 

あまり爽やかではない苞が ウラシマ太郎さん

 

そこから ピーっと伸びているのが

 

太郎さんの釣り糸だ。

 

中里にずうっと住んでいる人に聞くと

 

この近辺には昔、浦島草が群生していたそうだ。

 

ただしマムシグサと呼んで

 

ある人がコンニャク芋だろうと思って

 

根っこを掘って食べたらば

 

お腹が痛くなり救急車を呼んだのを

 

見た!という人まで現れた。

 

 

草木も自然なのであれば

 

台風もまた自然の現象なのであり

 

だれにもその発生を止めることは

 

できない。

 

浦島草は命を絶やさない使命を

 

何十年も土の下で守り

 

ある条件が整った時に

 

地上に戻って

 

遺伝子をつなぐ約束を実行した。

 

 

 

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

山から下りて

 

今度は緑の井戸端へ。

 

こどもふれあい広場「いきいき」の食材として

 

育てている野菜たちだ。

 

赤玉ねぎは すでに収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

 

じゃがいもは・・・

 

掘ってみなければわかりません!

 

出来 は 未だわからず

 

お楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0803.JPG

 

 

 

 

 

赤玉ねぎのあとには

 

先週の土曜日に

 

さといも 植えました!

 

まだ 何も見えないけれど

 

みなさん 踏まないで下さい。

 

掘っちゃだめ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0804.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらは昨年に続き

 

A先生にピーマンを植えてもらいました。

 

中里の土に育てた

 

「中里野菜」です。

 

 

 

 

 

DSC_0809.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げれば 「青梅」

 

ひとつだけ と思うでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

鈴なり です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0567.JPG

 

 

 

 

みかんや夏みかんも

 

この間 花が咲いたと思ったら

 

 

 

 

 

DSC_0815.JPG

 

 

 

 

 

もう冬に収穫する

 

みかんの実が見えている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0826.JPG

 

 

 

 

 

 

 

テントウムシもやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0799.JPG

 

 

 

 

 

 

 

葡萄だって この通り。

 

 

 

 

 

 

DSC_0828.JPG

 

 

 

 

 

 

これで今朝の見回り 終了。

 

園舎に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered