母 と 私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

 

空き家となってはいますが

 

畑の作業と

 

庭の手入れは欠かさない夫の実家で

 

鳥の巣を見つけた。

 

椿の木の枝を伐採していたら

 

ふいに 現れた。

 

すでに雛の姿はなく

 

ここで 抱卵が行われていたのかは

 

わからない。

 

 

 

 

 

見上げれば また鳥の巣。

 

今度は 梅の古木に。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0545.JPG

 

 

 

 

 

こちらは 豪邸。

 

大きな巣。

 

stay homeのある日を

 

ここで過ごして作業して

 

わたしは もう クタクタだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

 

 

鳥が雛を育てるように

 

わたしは 母に育ててもらった。

 

それから 何十年。

 

母 87歳。

 

独居。

 

そして日曜日を わたしと過ごす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

 

春の始まりは 蕗。

 

夫の実家の畑から とってきては

 

茹でて 筋をとる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

季節は進み

 

次は スナップエンドウ。

 

今年は 豊作だ。

 

(わたしの)お母さん

 

毎週 大忙し。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0710.JPG

 

 

 

 

半袖の季節を迎えると

 

待ちにまった そら豆だ。

 

45リットル袋×5 

 

「れいこ…  お母さん…

 もう手が痛くなっちゃったよ…」

 

と 母が言う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0718.JPG

 

 

 

 

 

母の手がいたけりゃ

 

娘の私も腰がいたい・・・

 

だけど今夜は そら豆 食べ放題!

 

茹でて さらに皮をむいて

 

豆だけを冷凍する。

 

東京・京都独り暮らしの

 

今度は 私の娘に移動の自由がやってきたら

 

そら豆のスープにしてごちそうしよう。

 

 

先祖が残したあの土地で

 

作物を育て 

 

子孫の私たちがその恩恵を頂戴する。

 

土の仕事は 時間のつながり。

 

ゆっくりと  ゆっくりと。

 

 

※緊急事態宣言解除にあたり

 stay home中の

 プライベート画像を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered