わたしたち の しごと 4

 

 

 

 

 

 

 

総練習2 (115).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

お時間があれば

 

写真館をご覧になる時に

 

2回目と3回目のご自分のクラスの

 

画像を見比べてみて下さい。

 

どこが違うか

 

もしもわかったら

 

あなたは久良岐保育園の職員です!

 

 

 

 

 

 

 

A (115).JPG

 

 

 

 

 

 

わたしたちは

 

総練習のあとに反省会をします。

 

こどもが提示したものをできなければ

 

わたしたちが設定した歌や劇が

 

こどもの成長よりずうっと高いものか

 

練習の方法がこどもに合っていないか・・・

 

それとも・・・

 

と考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

A (105).JPG

 

 

 

 

 

 

大道具 小道具が大きすぎて

 

作り物の間にこどもがいるように見えないか

 

衣装に凝り過ぎて

 

こどもの存在を衣装で隠していないかも。

 

何より発表会はクラスにまかせた発表会ではなく

 

久良岐保育園の発表会だ という考え方が大事。

 

反省会では担任をしているクラスだけでなく

 

他年齢のクラスについても意見をだします。

 

たとえば・・・

 

「こどもの主体性を応援します」という私たちの宣言。

 

こどもが自らやろう!としているのに

 

その前に手を差し伸べていないか

 

「うまくやってほしい!」とおとなが願うと

 

無意識のうちに こどもの手を引いて誘導してしまう事。

 

担任の先生が

 

「大丈夫よ!」「どうぞゆっくりね」という気持ちで

 

態度と見守りでこどもたちを包めるよう

 

他のクラスの先生も手助けをします。

 

さらに ステージでおとながどの位置にいれば

 

そのこどもが本来持っているチカラをだせるのかも

 

検討したりします。

 

 

 

 

 

 

 

B (133).JPG

 

 

 

 

おや こちらは小さなサポーターさん。

 

こうやって0歳児クラスも練習に参加しますから

 

自分の目指すものが

 

知らず知らずに わかっちゃう!

 

 

 

 

 

 

 

A (129).JPG

 

 

 

 

 

 

いいなぁ 

 

保育園って。

 

こういうところが いい!

 

 

 

 

 

 

 

 

B (141).JPG

 

 

 

 

 

「one team」という表現はよくありますが

 

今年の発表会は

 

「one 発表会」。

 

自分のクラスを越えて作っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered