私の生まれた家には

 

大正時代の関東大震災の折り

 

家も何もかも崩壊し焼け出された「先祖」が

 

煮炊きをして命をつないだ「釜」が

 

過去を忘れないようにと昭和になっても

 

大切に保管されていた。

 

釜というものは とても便利なもので

 

水が湧いていれば貯めることができ

 

食べ物の配給があれば入れ物として使い

 

火があれば お湯をわかし 

 

食べものも煮ることができる

 

何なら 子どもの行水につかうこともできるし

 

「たらい」としてもOKだ。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (369).JPG

 

 

 

 

 

 

 

それを見て育ったせいかは わからないが

 

お釜が空っぽになると

 

とても不安な気持ちになってしまう。

 

お釜が空っぽになると

 

この先のジンセイも案じなければならないのだと

 

思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (350).JPG

 

 

 

 

 

今日の新春お楽しみ会の献立を聞いた時

 

「お腹 いっぱい!

 もう食べられません!というまで

 こどもに食べさせてみよう」と

 意見も言った。

 

 

そして給食室の大釜炊飯器2台で

 

炊きこみご飯を作ってみた。

 

 

 

ふだんの給食が足りないわけではありません!から

 

みなさん あしからず。

 

年齢に応じた栄養と 旬の食べもの

 

炭水化物 蛋白質に 脂質に ビタミン

 

鉄に亜鉛に カルシウム。

 

栄養士さんが毎月 旬の食材も使いながら

 

献立をたてる。

 

この時期 年長児のごはんは100g。

 

計算された ごはんにおかず そしてお汁で

 

成長に必要な決められた栄養量の

 

おやつと昼食を考える。

 

しかし この広い園庭で遊んだ身体は

 

よく 食べる。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (351).JPG

 

 

 

 

 

 

 

... もしかして

 

  おかわりのごはん  売り切れ?…

 

 

わたしとしては 

 

さすがに食べきれなかったぁ?と言いたかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (353).JPG

 

 

 

 

 

 

鰤の照り焼きに 高野豆腐の含め煮(花人参に絹さや)

 

すまし汁に うずらの煮豆

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (344).JPG

 

 

 

 

デザートは 果物。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (367).JPG

 

 

 

 

 

 

 

子どもの食欲に 圧倒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered