音楽療法的指導について考える(2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0490.JPG

 

 

 

 

せっせせ〜のよいよいよい

 

から始まるなつかしい遊び。

 

久良岐の音楽療法的指導では

 

ボディーパカッションの活動の一環として

 

プログラムに取り入れている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

間奏部分では 自由にお部屋を歩いて

 

間奏が終りそうな時に出会った友だちと

 

向かい合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0498.JPG

 

 

 

 

 

 

こういうビミョウな「間合い」が

 

ニンゲン関係に つながっていく(と 思う)

 

お部屋の中で人が自由に歩く時も

 

自由か って問われれば

 

社会にいる他の人もまた

 

同じように自由に歩くことができるように

 

人と人との距離をその時の適度な幅で

 

とっていくのだから

 

「本当の自由って何?」みたいになってきちゃう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0514.JPG

 

 

 

 

らっぱ→パンダ→だるま→まくら の

 

しりとり玩具で 歌をうたい

 

今度は玩具がなくても

 

らっぱ パンダ だるま まくらの順を覚えて

 

クラスのメンバーのリーダーさんになって

 

歌ってもらいましょう。

 

この曲はリーダーさんが先に歌って

 

メンバーはリピートします。

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

右手に持っているのは「マイク」ですが

 

マイク不要の堂々たるリーダー。

 

 

 

 

 

DSC_0521.JPG

 

 

 

 

 

 

リーダーのお役目をみごとに果たして

 

泰子先生の笑顔にハイタッチ!

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

 

お席にもどって この笑顔。

 

だれに自慢するわけでもなく

 

自分ができた という自信を

 

自分の心の奥に 確かなものとしてしまう。

 

(おとなは ちょっと自慢したり…するかな…)

 

あ〜

 

こどもという人は

 

なんて堂々としていて 

 

立派な存在なのだろうと 思う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

次は これ。

 

『不思議の国の音楽』という曲に用いられる楽器。

 

椅子の上に そっと置いてあります。

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国を探しにいくのは

 

この人。

 

ひとりとして

 

ひとりのこどもとして

 

さがしに行くのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生のピアノの調べにのせて

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

なんて いい音。

 

まるで 小川にかけられた木の橋を

 

渡る時のような

 

心地の良い 音。

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

不思議の国の 音楽 ♬

 

フシギ ノ クニノ オンンガク ♪

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国がどんなところかは

 

 不思議なことだから わからない。

 

しかし 不思議の国を探しに行こうと思った人には

 

こんな「自信」が待っている。

 

この笑顔。

 

不思議の国の音楽を 見つけたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered