後転

 

 

 

 

 

 

 

 

後転。

 

 

 

 

 

DSC_0164.JPG

 

 

 

 

 

最初のポイント。

 

両方の手の位置。

 

お耳の横に こんな形でね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0165.JPG

 

 

 

 

 

 

順番を待つ子どもも

 

後転のイメージと自分の身体のイメージを

 

重ね合わせようと よぉく見ています。

 

 

 

先生の説明のお話しを

 

自分の身体のイメージに重ねることも

 

すごく大事!

 

 

人は自分の身体のイメージがあるから

 

どこか低いところをくぐりぬける時にも

 

このくらい腰をかがめれば 頭をぶつけずに

 

通り抜けられると わかる。

 

ボディーイメージがないと

 

人とぶつかっちゃうし 

 

あちこちに頭もぶつけちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0166.JPG

 

 

 

 

 

 

 

それっ!

 

最後にマットについた両方の手に

 

ぐっ!と力をいれて身体を起こす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0168.JPG

 

 

 

 

よし

 

次の人 いくよ!

 

 

 

 

 

DSC_0169.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう!

 

 

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

 

 

おー

 

回れたよ。

 

 

 

 

 

DSC_0221.JPG

 

 

 

 

 

 

 

大切なのね。

 

「聞く」っていうこと。

 

先生のお話しを聞く っていうこと。

 

これ 基本!

 

今ね 七釜先生は後転のポイントをお話しして

 

実際にお手本をしてくださっています。

 

このお手本を

 

自分の身体に模倣するということを

 

学習してもらいたい。

 

先生のお話しとお手本に

 

自分の身体を反応させてみよう。

 

 

 

上の写真の先生のお手本はマネをしません。

 

後転はね。

 

頭をおなかにくっつけるように

 

おなかを見て 身体をまるめるよ。

 

こんなふうにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0228.JPG

 

 

 

 

さあ

 

やってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0241.JPG

 

 

 

 

 

 

Y先生も お隣でお手本になります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0243.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

お手本に自分の身体を反応させる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0245.JPG

 

 

 

 

 

 

自分の手や足の長さを

 

自分の身体の大きさを

 

身体を伸ばし

 

身体を縮めて

 

身体が自覚していく。

 

 

マット運動って

 

自分を知ることなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered