音楽療法的指導

 

 

 

 

 

2月14日

 

鈴木泰子先生による

 

音楽療法的指導の日。

 

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

・・・ 発表会の舞台に

 

こどもたちがあがってくるときに

 

グロッケンを奏でて登場するのはどうかな・・・

 

なんてちょっと考えてみたりして。

 

これは また いつか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

あ  泰子先生が奏でた その「音」

 

ぼく・・・

 

歌えるよ。

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が みっつの音を叩いて奏でると

 

耳にやってきたその音が

 

こどもの歌になって 

 

今度はわたしたちの耳に かえってくる。

 

 

ひとは いつから

 

こんなに誠実で こんなに率直で

 

素直な声を 素直な歌を

 

歌わなくなってしまったのだろう。

 

 

 

 

 

静かな夜の部屋に

 

ひとすじ伸びる月の光り。

 

街の広場にそびえる高い塔の「鐘」の音。

 

遠くからやってくる兵隊さんの軍靴の音。

 

やってくる やってくる トルコのマーチ。

 

 

そうして美しいたくさんの音楽たち。

 

わたしたちは ただ直(すなお)に聞いていればよく

 

歌うのならば 完成された曲の流れに

 

直(すなお)に声を乗せれば よい。

 

そんなことを感じる グロッケンとのセッションでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

おとなりのクラス。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどものかわいい仕草が

 

たくさん現れる 音楽療法的指導の時間。

 

小さな音楽が流れる。

 

小さな音に 耳を傾ける。

 

ただそれができると 

 

人の仕草も 変わる。

 

人に手をあげない  傷つけない仕草。

 

お部屋に広がる 安心の空気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が ぼくの わたしの 身体に ふれる。

 

そうそう この手の感じ この暖かさ。

 

ぼくの わたしの 先生の 手だ。

 

こころが 荒い時の こわい手の硬さ 

 

人が 苛立っている時の 

 

物を扱う あの 空気を壊す音。

 

人の気持ちは 音にも感じる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

 

 

先生の手が 暖かくて 優しいから

 

こどもも だんだん 大胆に!

 

腕から 足。

 

カバサが 音楽に乗って

 

こどもの身体にふれる。

 

 

となりのクラスのカバサを使ったセッションでは

 

おでこ とか

 

おしり・・・ のご要望もありました・・・

 

 

 

 

 

また 3月にあいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered