「正々堂々」

 

 

これが久良岐保育園の鬼に向かう

 

わたしたちの姿勢です。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (198).JPG

 

 

 

 

 

 

今年も鬼は 山からやってきました。

 

 

 

 

 

 

節分 (200).JPG

 

 

 

 

 

 

鬼をやっつけるための方法を考え

 

落とし穴を掘るだとか なんだとか

 

そういうのは 久良岐では だめ。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (201).JPG

 

 

 

 

鬼は 鬼として

 

堂々と生きているのですから

 

わたしたち人間も 堂々と立ち向かう。

 

それが 鬼と久良岐の関係というものなのです。

 

 

 

 

 

 

節分 (207).JPG

 

 

 

 

 

 

 

久良岐は こんなに広い園庭で

 

青い空のもと

 

正々堂々と鬼に立ち向かえる保育園なんだ!

 

と言っても 過言ではありません。

 

 

 

 

 

節分 (242).JPG

 

 

 

 

 

 

鬼が 先生をさらっていこうとしています。

 

 

 

 

 

 

節分 (251).JPG

 

 

 

 

 

こどもが 豆をまいて

 

おとなを助ける。

 

なんてりっぱなことでしょう。

 

 

 

 

 

節分 (266).JPG

 

 

 

 

 

しかし この鬼も堂々と渡り合って

 

ただひとり 赤い姿で久良岐に乗り込んでくるとは

 

立派なものです。

 

力強く大地を踏みしめたかと思えば

 

風の速さに反応して

 

俊敏な動きもするのです。

 

自然の中で生きるとは

 

実に力強いものです。

 

 

 

 

 

節分 (276).JPG

 

 

 

 

 

 

 

長い戦いになりましたが

 

ついに鬼も観念して

 

山に帰ります。

 

 

 

 

 

節分 (291).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて 春。

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered