遊びを見つける 園庭

 

 

 

 

 

 

園庭には 楽しい遊具も必要だけれど

 

こどもの遊びに必要なのは

 

「危機」と「遊び」だと

 

わたしは 思います。

 

 

いくら大きくダイナミックそうで

 

高価な遊具があったとしても

 

ただこどもが簡単にのぼり

 

のぼって おりて

 

通り過ぎていくだけでは「危機」が足りない。

 

・・・と思う・・・

 

 

 

こどもは 平坦なところを歩けばいいものを

 

わざわざ 歩道の高くなったところを歩こうとしませんか?

 

少しグラグラしているような場所を見つけると

 

もう興味津々!

 

触って 叩いて 登って 降りて

 

身体で そのグラグラを楽しみます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0021.JPG

 

 

 

 

 

↑ これ

 

たぶん ボウリング。

 

今 ボウリングのレーンを作っているところ。

 

 

 

 

 

DSC_0075.JPG

 

 

 

 

↑ 考えたの

 

 多分 ボク。

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

なるほどね。

 

・・・って 思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0034.JPG

 

 

 

 

 

 

年齢の小さなお友だち。

 

こういうちょっと入り込んだところが

 

好き。

 

おとなは 意図してこの場所を作ったわけではなく

 

建物が完成しみたら

 

こういう場所もあったんです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0039.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごはんの時間になって

 

園庭から こどもが順にお部屋に入ってくる。

 

名残惜しい 園庭の時間。

 

わかる この感じ。

 

 

 

 

 

DSC_0047.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2歳児と5歳児 

 

お友だちとの出会い。

 

お家の方と離れていても

 

こどもはこどもの「時」を

 

だれかと関わり合いながら

 

重ねていく。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0024.JPG

 

 

 

 

 

0歳児 つくし組からの

 

クラスメイトだね。

 

こんなに大きくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0060.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ただいま 何かを相談中。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0066.JPG

 

 

 

 

 

これからこどもたちと作り上げていく園庭に

 

冬の日差しがふりそそぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered