小道(こみち)

 

 

 

 

 

どのクラスも 今年はトマトを育てていて

 

プランターでトマト を実践しているのだけれど

 

どうも・・・

 

もうおしまいって感じがしてきたので

 

あきらめきれないワタシは

 

トマトって モジャモジャに育てればいいのよ!と

 

すみれ組ともも組のプランタートマトを

 

1回 茎を切り詰め 緑の井戸端に移し替え

 

育ててもらうことにした。

 

 

トマトは わきの芽を折り取ってしまう・・・と書いてあるかもしれませんが

 

そういうのはワタシは 無視です。

 

自然の姿に育ててやれば モジャモジャの茎やら葉が

 

それぞれの支柱の役割も果たし

 

実もなる! が持論なのです。

 

 

ほら もも組さん

 

その後のトマトを見にいらっしゃい!

 

 

 

さて お外へ。

 

 

 

 

 

DSC_0636.JPG

 

 

 

 

がんばれ〜

 

センパイの技を発揮して

 

よし 出発!

 

 

 

 

 

 

DSC_0646.JPG

 

 

 

 

ここが 緑の井戸端。

 

刈った草を土に戻す穴も あり。

 

 

 

 

 

DSC_0670.JPG

 

 

 

 

赤いのを

 

さがせ〜

 

 

 

 

 

DSC_0675.JPG

 

 

 

 

赤いの!

 

赤いの!

 

 

 

 

DSC_0692.JPG

  

 

 

 

 

 

少し経つと 畑にもなれてきて

 

最初は腕にトマトの葉があたるのも

 

気になるようでしたが

 

もう へっちゃら!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0700.JPG

 

 

 

 

 

本気モードになってきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0713.JPG

 

 

 

 

 

 

畑の中

 

草花の間を ぐるぐる回るのも楽しい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0720.JPG

 

 

 

 

 

 

ごつごつしていたり

 

段差があったり

 

小石や 土のかたまり・・・

 

小さな「危機」はこどもの遊びを刺激します。

 

遊びと危機が一緒になると 

 

がぜん張り切るのが こども。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0734.JPG

 

 

 

 

 

中低木の木々の中

 

いってみたり

 

戻ってみたり

 

自然の「小道」は楽しいね。

 

 

 

 

 

DSC_0731.JPG

 

 

 

 

 

また 遊びにきてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝のお仕事

 

 

 

 

 

お盆のこの時期

 

朝の保育園は 静かに始まります。

 

7時半を過ぎても 年長のお友だちが・・・

 

・・・ いない ・・・

 

 

そこへやってきたふたりのお友だちに

 

今日の 朝の お仕事をお願いしました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0388.JPG

 

 

 

 

 

 

昨日は午後に少し雨もふり

 

地面にも落着きがあります。

 

さて 今日の収穫はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0377.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先週末にトマトの収穫を体験していたお友だちが

 

トマトの取り方を教えていてくれます。

 

畑の「OJT」ですね。

 

 

 

 

 

DSC_0382.JPG

 

 

 

 

 

 

今朝もミニトマト160個!

 

 

 

 

 

DSC_0395.JPG

 

 

 

 

よし 

 

保育園に戻るよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こども の お仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0202.JPG

 

 

 

 

夏の

 

朝の

 

こどもの

 

お仕事。

 

 

 

 

 

DSC_0207.JPG

 

 

 

 

 

日が高くならないうちに

 

ミニトマトを収穫する。

 

 

 

 

 

 

DSC_0215.JPG

 

 

 

 

 

 

日曜の朝に

 

教育テレビの野菜の時間(・・・だったかな)

 

W.マリナさんの出ている番組で

 

ベランダのプランターで野菜を育てるための

 

番組なのだけれど

 

畑で野菜を作って食べているわたしは

 

この番組から たいそう学ぶことが ある。

 

プランターでの収穫と

 

まるで土を食べるような

 

土の要素を吸い上げてできる作物とは

 

違うような気がする ということだ。

 

「学ぶ」というのはこの先のことで

 

どちらも 立派な「栽培」であるということ。

 

どちらも栽培には 変わりがない。

 

そしてプランターにはプランターの価値観と達成感があり

 

土には 土のチカラがあるということ。

 

なんでも やってみることです!

 

失敗から学べば それで いい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0216.JPG

 

 

 

 

 

畑には 今 わたしの好きな

 

「高砂百合」が咲いていて

 

あ〜 夏だ。 

 

今年も夏を迎えることができた とつくづく 思う。

 

 

 

下の写真。

 

何をしているか

 

わかりにくいでしょうか。

 

奥の方にある赤いトマトに手を伸ばしているんです。

 

 

こういうことが 簡単にできるかというと

 

あら そんなことはなくて

 

 

目の前に赤いトマトが鈴なりなのに

 

「トマト どこ?」なんて

 

言われることも けっこうあるんです。

 

プランターのミニトマトのなり方と

 

畑にトマトのなり方は とても違うので

 

プランターのスウィッチで見ると

 

トマト・・・

 

見えないらしい。

 

お仕事を続けて

 

畑のトマトがわかってくると

 

取り切れないほどのトマトに

 

気持ちが向かいあってきます。

 

 

 

 

 

DSC_0212.JPG

 

 

 

 

ほらね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0213.JPG

 

 

 

 

 

そんなことより

 

トマト とるの!って感じですね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

 

ミニトマトが

 

見えませんが

 

 

今朝は160個の収穫です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0224.JPG

 

 

 

 

 

朝の畑のお仕事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ようこそ 生活展へ

 

 

 

 

生活展の空間を作るために

 

小さな役割を果たしてくれているのが・・・・

 

 

 

 

DSC_0382.JPG

 

 

 

 

 

保育園の庭や

 

緑の井戸端で咲いている

 

草花です。

 

 

 

 

 

DSC_0387.JPG

 

 

 

 

 

その草花を

 

ガラスの瓶に挿してくれるのは

 

このおふたり。

 

 

 

 

 

DSC_0398.JPG

 

 

 

 

 

おとなが生活展の準備をする中で

 

子どもも空間作りのお手伝い。

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

お花って 不思議。

 

お洋服やインテリアは

 

色がありすぎて重なってくると

 

「くどい」・・・ 

 

あまりきれいじゃないように思います。

 

でも お花は いろんな色が重なるのに

 

とても きれい。

 

もしかしたら子どももそうなんじゃないかな。

 

 

 

 

 

DSC_0408.JPG

 

 

 

 

 

はい。

 

ご挨拶です。

 

いない いない・・・

 

 

 

 

DSC_0409.JPG

 

 

 

 

 

ばぁ〜

 

 

 

 

 

保護者のみなさま

いつもこのブログを読んで下さり

ありがとうございます。

又 園児でない方々も

HPやブログを見ることで久良岐保育園の

方針や子どもへの考え方を知り

何かのお役にたっていればうれしく思います。

 

久良岐保育園HPには3つのブログがあります。

 

園長が発信しているこのブログ【Smile】

職員が発信している【Smile+】

そしてあらたに主任が発信する【Smile++】

開設しました。

それぞれの立場からの記事は

それぞれのポジションで書かれますが

どれもが子どもに向けられた視線であり

理念「強く 正しく 明るく」が

根底にあります。

そして「強く 正しく 明るい」子どもに育つよう

「わたしが好き あなたが好き 自然が好き」という

保育園の目標をたて 日々の保育を展開しています。

 

どうぞこれからも 三つのブログを読んで下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


花を 飾る

 

 

 

 

 

緑の井戸端に秋の花が順ぐりに咲いています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

 

この頃は駅の構内に 飾りやすいお花を販売している

 

ステキなshopもたくさんあります。

 

通りかかるときれいだな と思うし

 

そのお花に似合う小さな花瓶も並べてあって

 

ココロが動きます。

 

 

 

 

 

DSC_0262.JPG

 

 

 

 

 

花を飾ると気持ちが

 

おだやかになっていく・・・

 

と感じることがあります。

 

 

ある秋の朝

 

緑の井戸端から紫色のお花をたくさんとってきて

 

年長の子どもたちに飾ってもらうことにしました。

 

 

保育園では 

 

秋の自然を生活に取り込む ことを

 

保育の計画に入れています。

 

秋の自然を楽しむことはもちろんですが

 

「生活に取り込む」って

 

いったいどういうことになるのでしょうか。

 

 

 

 

食欲の秋!

 

秋の食材を使って ゆっくり食事をするのも

 

私は 好きですが。

 

 

年長さんには ビンにお花を挿して

 

保育園に飾ってもらうことにしましょう。

 

自分たちの保育室だけではなく

 

大勢の人が生活をする場所を飾ってもらうのです。

 

だれかのために なにか小さなことをしてみる

 

ここも大切。

 

 

 

 

 

DSC_0259.JPG

 

 

 

 

 

朝 一番にとってきたお花です。

 

保育園にやってきたおともだち 順番にね。

 

 

お花を挿す ということには

 

その人らしさが よくでてきます。

 

ここが おもしろいの。

 

お水の量はビンの半分

 

水の中に葉が入らないようにする

 

ここだけお話しをして

 

あとは その人らしくね。

 

 

 

 

 

DSC_0255.JPG

 

 

 

 

 

うーん 

 

とっても すてき。

 

それに今日のお洋服によく合いますね。

 

 

 

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

 

 

 

 

もう 夢中。

 

 

 

 

DSC_0271.JPG

 

 

 

 

 

 

おとなは お花を挿す お花を生けることに

 

多少のストレスがあるのだけれど

 

(思うような向きや形に止まっていてくれない など)

 

子どもは 自由でいいなぁ

 

 

 

 

 

 

DSC_0111.JPG

 

 

 

 

 

 

このお花は わたし。

 

春のお花を自宅で挿してみました。

 

畑のエンドウも

 

ツルのくるくるがかわいい。

 

 

でも どんなに自由に挿してみたいと思っても

 

こどもの想像力には かないません。

 

 

 

 

緑の井戸端には

 

シュウメイギクが 今も満開。

 

 

 

秋は 続いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


warm‐up

 

 

 

9月16日 土曜日。

 

台風18号の行方が 気になる。

 

明日は ばら組(自主参加)の

 

BTボールが予定されている。

 

そして 仮園舎となりの工事現場も台風の行方しだいで

 

対応が変わる。

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

 

 

 

 

 

保育園も台風接近(上陸)を予想して

 

片付け。

 

畑も台風が来るとなれば

 

作物が倒れたり

 

シートが飛んだりするから見回り。

 

 

里芋の葉は いいな。

 

農業の腕がなくたって

 

葉を茂らせ

 

何もない畑を 実に畑らしくしてくれる。

 

 

 

季節は 秋。

 

萩の花が 次の季節を教えている。

 

・・・ついつい自宅から

 

株分したり 種を持ってきたりして

 

いろんな草花を植えてしまう・・・

 

 

 

 

 

DSC_0248.JPG

 

 

 

 

 

緑の井戸端が

 

この頃「自宅の庭」化しているのは

 

まちがい ない。

 

 

 

いつの間にか

 

彼岸花も すうっと伸びていた。

 

赤い彼岸花も

 

たしたいことのない畑を

 

けっこうやるじゃん!

 

って感じの畑に見せてくれる重要な花だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0250.JPG

 

 

 

 

最近は 彼岸花の仲間なのに

 

リコリスとか言っちゃって

 

様々な色の球根が売られ

 

これも 植えちゃってます。

 

 

 

 

 

DSC_0255.JPG

 

 

 

 

 

プランターであまり元気のなかった茄子も

 

緑の井戸端の仲間にしたら

 

採れる 採れる!

 

8月に根を切って追肥をした甲斐があった!

 

台風がくるから少し小さい実も取って

 

からだを軽くしています。

 

 

 

 

 

DSC_0010.JPG

 

 

 

これは 来年の楽しみ。

 

なつみかん。

 

台風18号の進路は にっぽん。

 

本当の農家の方

 

果樹を栽培されている方は

 

心配な週末でしょう。

 

これまでの堆肥作りから

 

剪定 受粉 摘果などなど

 

すべての苦労の報われる時に

 

台風はやってくる。

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

 

 

 

私も先日 プライベートな畑の作業を

 

本気でしてきました。

 

 

 

 

DSC_0307.JPG

 

 

 

 

 

 

夕方にはへとへと・・・

 

食事の支度もイヤになってしまい

 

出前のお蕎麦をとってしまった・・・

 

 

 

さて。

 

明日のBTボールは どうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


第2回 スイカ割り大会

 

 

 

第2回 スイカ割り大会。

 

※1回目の様子は【こちら】

 

 

 

 

DSC_0599.JPG

 

 

 

 

よしっ! って思うけれど

 

なかなか難しいスイカ割り。

 

 

 

 

 

DSC_0600.JPG

 

 

 

 

 

おとなは

 

ひとりめのこどもが割っちゃったらどうしようと

 

ちょっと心配だけれど

 

まず 割れない。

 

そのくらい 難しい。

 

 

 

 

 

DSC_0601.JPG

 

 

 

 

いいところ にいくのだけれど

 

あとちょっと が うまくいかないのね。

 

 

 

 

DSC_0606.JPG

 

 

 

 

年長用に竹の棒は

 

太めで 重たい。

 

破壊力 あります。

 

 

 

 

DSC_0610.JPG

 

 

 

さて。

 

 

 

DSC_0611.JPG

 

 

 

おしい〜

 

もう少し。

 

 

 

 

 

DSC_0623.JPG

 

 

 

 

挑戦!

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

だめか・・・

 

 

 

DSC_0635.JPG

 

 

 

 

 

えいっ!

 

M君 本日2回目。

 

1回目のコツを

 

確実に2回目に活かしている。

 

腰の入れ方が ちがう。

 

本気で割りにいきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0639.JPG

 

 

 

 

 

目隠し前に見た 方向、距離感を覚えていて

 

目隠しをして その感覚を思い出し

 

カラダを動かす。

 

 

大切な遊びです。

 

 

 

 

 

 

 

 


夏の重さ

 

 

 

むかし

 

夏休みに『旅の重さ』というタイトルの本を

 

読んだことがあったなぁ なんて思い出しました。

 

 

あっ!

 

今日は 夏の重さ です。

 

 

 

 

 

DSC_0574.JPG

 

 

 

 

 

 

夏の重さ は

 

単にスイカが重たいだけのお話しですが。

 

 

 

 

 

DSC_0580.JPG

 

 

 

 

 

緑の井戸端でスイカを収穫。

 

今ではもう スイカを丸ごと1個買う・・・

 

なんて ないんじゃないですか?

 

内緒で子どもに聞いてみると

 

あんがいお家ではスイカは 

 

買わない???

 

 

まぁ ね。

 

皮のボリウムは

 

家庭ごみに出すときにも重たいしなぁ

 

 

 

 

DSC_0585.JPG

 

 

 

 

 

それでは こういう機会に

 

丸ごと1個のスイカの重さを

 

体験してもらいましょ!!

 

 

 

 

 

 

DSC_0589.JPG

 

 

 

 

指先1本で エアコンのスウィッチ

 

スマホの操作

 

なんでもできちゃう世の中です。

 

スイカひとつの重さは どうですか?

 

 

これがね。

 

生きてる! ってこと。

 

これがね。

 

食べる ってこと。

 

これがね。

 

地球で生きる ってこと。

 

 

生きる ってことは

 

重たいの!!

 

 

 

 

DSC_0594.JPG

 

 

 

 

 

落して割れても わたしは構いません。

 

この重さを体験してほしいのね。

 

 

 

 

DSC_0595.JPG

 

 

 

 

5歳児  不思議。

 

この重さは何だろうと

 

叩いてみたりしていました。

 

そうそう

 

これが何だろうと知りたければ

 

これはいったいどういうことだろうと

 

知りたいのならば

 

なんでも やってみることだ。

 

 

 

これが 夏の重さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


緑の井戸端へどうぞ

 

 

 

 

 

緑の井戸場へ

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

ようこそ。

 

 

 

 

DSC_0034.JPG

 

 

 

 

 

昨年から緑の井戸端は

 

久良岐の建替えにともなって

 

旧園舎の木々や草花を一時的に

 

移植し育てる場所になっています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0041.JPG

 

 

 

 

 

 

スプリンクラーも設置してはみましたが

 

ねらった場所には散水できず

 

むしろ雑草が喜ぶ場所に散水してしまうので

 

ほとんど使いません。

 

そしてスプリンクラーのてっぺんの部品は

 

こどものイタズラに最適で

 

だいたい壊れてなくなります。

 

これをいじるな!と言うほうが 無理。

 

 

 

 

 

DSC_0043.JPG

 

 

 

 

 

 

今日はすみれ組が じゃがいも堀りに

 

やってきました。

 

 

 

 

 

DSC_0046.JPG

 

 

 

 

 

その様子はきっとクラスで

 

紹介されると 思います。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 


廃棄率

 

 

 

 

先日 保育園の玄関に花を飾っていましたら

 

お迎えにいらした保護者の方が

 

お花のプランターの世話や緑の井戸端の作業、

 

そして私の自宅の畑の事をご存じで

 

少しお話がはずみました。

 

 

それで今日はちょっと気を良くして

 

プライベートな畑の成果をご紹介します。

 

6月の今は ほとんど毎日 この野菜!を

 

食べています。

 

 

 

 

 

DSC_0261.JPG

 

 

 

 

 

 

プライベートな畑は逗子にありますが

 

今年も収穫!しました。

 

そら豆と赤玉ねぎ。

 

南区の自宅の軒下に玉ねぎをつるし保存。

 

そら豆はこれからサヤからだしていきます。

 

その量はザッと45リットルのビニール3袋です。

 

がんばってサヤから豆をとりだすと・・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0268.JPG

 

 

 

 

 

 

あの緑の山盛りが

 

このくらいになっちゃう

 

そら豆のサヤは食べられないので

 

捨てるのですが

 

すごい廃棄率ですよね。

 

畑の仕事をしていくと

 

農業って様々なものを捨てる作業もあって

 

「廃棄率」について考えることになります。

 

 

そら豆は サヤから取り出しても

 

まだ 食べることはできません。

 

 

 

 

 

DSC_0545.JPG

 

 

 

 

 

今度は (この場合)

 

さっとゆでて

 

さらに外側の皮をむいていきます。

 

私の母と娘も作業に加わって

 

これから そら豆のポタージュを作ります。

 

 

種をまき

 

芽をだした豆(スプラウト)は

 

カラスにいたずらされないように気をつかい

 

育ってはアブラムシの被害と戦い

 

収穫してからは廃棄率を考え

 

茹でて いためてミキサーにかけて

 

ようやくひと匙のスープになる・・・

 

長い道のりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered