2951名の卒園児のみなさまへ

 

 

 

 

 

昨日の発表会のご挨拶の折

 

久良岐保育園で大切なものの ひとつ。

 

『久良岐保育園 終了児名簿』をお見せしましたら

 

私も卒園しました と事務所をお尋ね下さる方が

 

いらっしゃいました。

 

わたしにとって

 

この修了児名簿は 宝物です。

 

特に今は久良岐の歴史の中でも

 

長い改築計画の最終年を迎えて

 

正直なところくじけそうになる時もあります。

 

そういう時に「修了児名簿」を手にとりますと

 

これまでの卒園した方々が

 

この世の中の ここ中里のどこかで

 

それぞれの人生を送られ

 

世の中の役割を果たされているということが

 

おおきな支えになっているのです。

 

 

 

 

 

DSC_0389.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園を卒園された2951名のみなさま。

 

今日も 久良岐保育園を

 

そして私たちをお支え下さりありがとうございます。

 

 

 

現在 来月の久良岐新会館への引越しを前に

 

名簿のデータ化をすすめています。

 

67年を経た名簿は紙の劣化が避けられず

 

大切な歴史も残せない時がきます。

 

それで係りの職員がデータ化を進めているというわけです。

 

1年前の入園式では昭和29年度に卒園した園児さんの

 

お孫さんが入園しました。

 

そして、私の知り得た範囲でこのことも記録に残してはおりますが

 

どうぞあらためて久良岐を卒園した方がおられましたら

 

久良岐保育園までご連絡を下さい。

 

歴史や 時間 人 そして自然を

 

次へとつなげることも私の役割と思っています。

 

どうぞご遠慮なく ご連絡をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ゆき 保護者の方へ

 

 

3時20分の保育園です。

 

 

 

DSC_0465.JPG

 

 

 

駐車場の雪かきをして

 

融雪剤をまきましたが

 

雪は積もっていきます。

 

 

 

 

 

DSC_0463.JPG

 

 

 

 

 

融雪剤をまいても このくらい。

 

 

 

 

DSC_0466.JPG

 

 

 

 

 

お迎え 十分に注意して

 

いらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 


湯気 の 朝

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

1月5日 金曜日。

 

新しい年をお祝いして

 

おもちつき大会をしました。

 

仮園舎では2回目のおもちつき大会。

 

今回も保護者のみなさまのご協力と

 

中里第三自治会のみなさまにお手伝いをいただき

 

30圓里發訴討鬚弔あげることができました。

 

 

 

 

 

A (16).JPG

 

 

 

 

 

 

おもちつきの朝

 

いちばん最初の仕事は

 

お湯を沸かすことから。

 

 

 

 

 

 

A (20).JPG

 

 

 

 

 

 

この日の朝は

 

とっても寒くて

 

お湯がわきあがるのにも

 

時間がかかります。

 

もち米がやわらかく蒸しあがるまでにも

 

ゆっくり時間をかけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

A (124).JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

そろそろ塩梅(あんばい)がよさそうですね。

 

 

 

 

A (126).JPG

 

 

 

こうして見よう見まねで

 

若い人は

 

日本の伝統行事を

 

地域の方から教わっていくのですね。

 

ネットで検索もいいのだけれど

 

ひとつひとつの作業の「理屈」「道理」は

 

体験して身につくもの。

 

予定通りにいかない理由も

 

体験していくとわかる。

 

だから「うまくいかない時には こうしてみよう」が

 

わかる。

 

 

 

 

 

 

A (129).JPG

 

 

 

 

 

保育園にはふたつの臼があり

 

どちらの臼も1回に2升のもち米をつくことができます。

 

最初 臼の使い始めは

 

1升のもち米を入れて

 

臼とお餅になじませるように支度をします。

 

 

 

 

 

A (92).JPG

 

 

 

 

よいしょ〜

 

力強い先輩のもちつきです。

 

 

 

 

 

 

A (174).JPG

 

 

 

 

 

お父さん方も 負けてはいません。

 

 

 

 

 

A (187).JPG

 

 

 

 

 

 

よいしょ〜

 

お父さん がんばれ〜

 

 

 

 

A (181).JPG

 

 

 

 

 

息子さん

 

応援中!

 

 

 

 

 

A (195).JPG

 

 

 

 

 

 

よし お父さんもやるぞ!

 

よいしょ〜

 

 

 

 

A (197).JPG

 

 

 

 

 

 

 

お父さんの 娘さん(赤い矢印です)

 

後ろになって見えにくい3歳児を

 

抱っこしてくれています。

 

わたし うれしくなっちゃいました。

 

ありがとう!

 

 

 

 

A (199).JPG

 

 

 

 

 

お餅 

 

最高〜

 

 

 

 

 

A (152).JPG

 

 

 

 

お昼近くになっても

 

気温は低く

 

寒い日ですが

 

みんなで囲むおもちつきは温かく

 

お餅の売れ行きも高い!

 

 

この日は器となる

 

カラのお弁当箱 持参。

 

 

「これ 見て!」

 

 

 

 

 

A (133).JPG

 

 

 

 

うん なかなかお気に入りだよ

 

これ。

 

 

 

 

 

A (134).JPG

 

 

 

 

0歳児クラスも

 

おもちつきに参加。

 

ただお餅は 餅状にせずに

 

もち米を軽くつぶして

 

小さな俵型にしてあります。

 

 

 

さて・・・

 

 

 

 

 

A (130).JPG

 

 

 

 

 

おっ!

 

うまい!

 

 

 

 

A (131).JPG

 

 

 

 

 

寒い1日が

 

みなさんのおかげで

 

温かいおもちつき大会に

 

なりました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

A (175).JPG

 

 

 

 

 

年末 園長体調不良でお休みをいただいておりました。

 

おかげさまで体調も回復し

 

仕事に戻っております。

 

久しぶりのブログ更新ですね。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里第三公園愛護会さんと。

 

 

 

 

 

 

 

9月12日

 

中里第三公園愛護会さんと

 

ばら組園児さんが

 

公園に植える草花の種まきをしました。

 

 

指導は 南土木事務所 荒井さんです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0063.JPG

 

 

 

 

 

いつもは屋外で行うのですが

 

この日はあいにくの 雨。

 

 

特別に室内で 種まきをしました。

 

種まきって 時期があるのです。

 

仕事の都合や 雨だからと

 

1週間も2週間も先に延ばすと

 

よい花 よい実をつけるタイミングをはずします。

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園の実力をもってすれば

 

室内でも できる!

 

・・・ブルーシートを敷いてっと・・・・

 

 

第三自治会 会長小林さん

 

いつもお世話になっています。

 

 

 

 

 

DSC_0095.JPG

 

 

 

 

 

この日の種まきは3種類。

 

カレンジュラ ノースポール ストック

 

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

 

 

 

その種も微小です。

 

人の息でも飛んでしまいそうです。

 

だから水やりも

 

あらかじめ土を湿らせ

 

そのあとは霧吹きやペットボトルで作ったジョウロで

 

水をやります。

 

それが種を水流で流してしまわない コツ。

 

 

 

 

 

DSC_0119.JPG

 

 

 

 

 

手際よく 種まきができたあとは

 

愛護会の皆さまと・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0129.JPG

 

 

 

 

 

ターッチ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0134.JPG

 

 

 

 

 

このあと種まきポットの管理は

 

保育園で。

 

発芽まで濡れた新聞紙をかけ

 

乾かさないようにします。

 

 

さて。

 

ここが 問題にならないように

 

がんばりましょうね。

 

 

 

 

 

DSC_0136.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里神輿保存会

 

 

 

平成29年 中里のお祭り

 

 

 

 

 

DSC_0004.JPG

 

 

 

 

 

中里神輿保存会のみなさんが

 

神輿の展示をして下さいました。

 

 

 

 

DSC_0016.JPG

 

 

 

 

 

 

「蕨手(わらびて)」

 

「野筋(のすじ)」

 

お神輿の一番上の鳳凰(鳳凰)が

 

くわえているのは「榊(さかき)」の枝です。

 

五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う時には

 

稲穂を加えさせるのだそうです。

 

 

 

 

 

DSC_0043.JPG

 

 

 

 

 

今日は小さいほうのお神輿を組み立て

 

おとなもこどもも

 

お神輿をかつぐ体験をさせてもらいました。

 

 

最初におとながかつぎ・・・・

 

 

 

むむむ・・・

 

やる気満々の1歳児も 

 

お父さんに抱っこされて

 

堂々の参加。

 

 

 

 

 

 

DSC_0066.JPG

 

 

 

 

 

次は お母さんもお神輿をかつぎます。

 

そして こどもも挑戦!

 

 

 

 

 

DSC_0085.JPG

 

 

 

おとうさん おあかさんに抱っこされていたおともだちも

 

自分の足で お神輿を

 

わっしょい わっしょい

 

 

 

 

DSC_0089.JPG

 

 

 

 

 

わっしょい わっしょい

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「気」

 

 

 

 

 

和太鼓は 「気」 だ。

 

 

ひとり ソロでたたくなら

 

テクニックかも しれない。

 

 

 

 

 

夏祭り (152).JPG

 

 

 

 

でも久良岐の太鼓は

 

みんなで たたく。

 

 

 

 

 

夏祭り (47).JPG

 

 

 

 

ひとりひとりが持っている 個性はそのままに

 

ひとりひとりの「自分はどうなのか?」という気持ち

 

ひとりとして 自分は 立っているか という姿勢

 

これが「中心」に集まったときに

 

「気」は 生まれる。

 

 

 

 

「自分」なんだ。

 

人が どうとか

 

人が 〜だ なんて 思っているうちは

 

「気」は 生まれてこない。

 

「気」は もっと内側のこと。

 

自分の気持ちが 自分に向いているかということ。

 

 

 

 

 

 

夏祭り (21).JPG

 

 

 

 

 

先生方は 重ねた練習の成果が

 

今日のこの1回だけの演奏に

 

十分に生かされる環境を 作る。
 

 

 

 

先生に言われるから ではなくて

 

「気」を集め

 

気を音にして 皆さんに届けられるよう

 

環境を 作る。

 

 

 

 

 

夏祭り (71).JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日の演奏を楽しみに待っていて下さった方々

 

ありがとうございます。

 

そして 演奏の機会を下さった

 

地域の皆様 ありがとうございます。

 

 

 

卒園した皆さんも

 

こうして応援して下さる。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

夏祭り (105).JPG

 

 

 

 

担任の先生

 

締め太鼓の練習 がんばりました。

 

 

 

 

 

 

夏祭り (130).JPG

 

 

 

 

 

みんな ばちを握る手が

 

ぐうっと 力強くなった!

 

握力で握っているのだけれど

 

心の成長が まっすぐ伸びたばちに

 

感じられます。

 

 

 

 

 

夏祭り (32).JPG

 

 

 

 

 

やーっ!

 

 

 

 

 

夏祭り (133).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


赤い パーランクー

 

 

 

 

 

 

夏祭り (187).JPG

 

 

 

 

 

赤いパーランクー

 

 

 

 

 

夏祭り (195).JPG

 

 

 

 

 

 

雨の心配もなく

 

南小学校 校庭での演奏です。

 

 

 

 

 

 

夏祭り (203).JPG

 

 

 

 

 

背中に「祭」のお揃い半纏。

 

豆絞りをきりり と締めて本番です。

 

 

 

 

 

夏祭り (208).JPG

 

 

 

 

 

今日もたくさんの方々の応援に支えられ

 

はりきっていますよ〜。

 

 

 

 

 

夏祭り (226).JPG

 

 

 

 

 

中里神輿保存会の皆様が

 

神輿を組み立て

 

展示をして下さっています。

 

 

 

 

 

夏祭り (212).JPG

 

 

 

 

 

 

昨日は熊野神社で修祓の儀式もあり

 

今日はお神輿の展示。

 

「お祭り」は、その土地の神様と共に

 

神輿の意味を知り

 

行うものなのだ とも感じました。

 

 

 

 

久良岐保育園は特定の宗教はもちませんが

 

すずめも 作物も 

 

いえ、中里のこの土地も

 

人間の力を超えた大いなるものに

 

守られ 今日も子どもたちと生活ができるのだと

 

お祭りを通して思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏祭り (215).JPG

 

 

 

 

 

20日もお祭りは続きます。

 

 

 

 

 

 


すずめ

 

 

 

 

 

 

仮園舎 玄関入り口の左側に・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0317.JPG

 

 

 

 

 

 

こんなバードフィーダーがあるのに

 

お気づきでしたか?

 

 

 

 

 

DSC_0320.JPG

 

 

 

 

 

ここに移動するまでは

 

園庭の百日紅(さるすべり)の木にありました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0329.JPG

 

 

 

 

 

金属でできている

 

仮園舎にも

 

すずめの鳴き声がします。

 

 

バードフィーダーの屋根には

 

緑色のネットがかけてあります。

 

自然の中にはいろんなことがあり

 

たとえば「からす」。

 

 

カラスは小鳥のえさより

 

もっとシゲキテキなものが好きですが

 

いたずらはとっても得意なので

 

バードフィーダーをわざと揺らして

 

餌を落しちゃう。

 

 

そこで 緑色のネットの出番となりました。

 

教えてもらったところによると

 

鳥というのは

 

いざ!という時のために

 

とっさに自分の羽を広げて飛び立てるよう

 

翼を広げた時の面積より

 

小さな場所には長くとまらないのだそう。

 

だから緑のネットで

 

からすの翼が広げられないようにしてみました。

 

 

今のところ 効果あり!でしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0332.JPG

 

 

 

 

 

 

すずめは なかなか用心深く

 

人の気配を感じると 飛んでいってしまいます。

 

玄関横のスペースには意図したわけではありませんが

 

砂もふんだんにあって

 

砂浴びをする姿もよく見られます。

 

さらに瓶の中には水もあり

 

小鳥にはパラダイスの はず。

 

 

 

 

それにしても

 

小鳥の食欲は すごいな。

 

一度に食べ過ぎると

 

カラダが重くなってしまうからでしょうか。

 

ちょこちょこ食べる・・・

 

ちょこっと食べては飛び

 

又 やってきている・・・

 

 

とっても かわいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


熊野神社 節分祭

 

 

 

 

2月4日 土曜日。

 

中里の熊野神社で

 

節分祭が行われました。

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

 

 

 

 

前日に保育園でも豆まきが行われ

 

鬼退治をしたばかり。

 

熊野神社の節分祭は土曜日でしたから

 

登園していた年長のお友だちを誘うと

 

「行かないっ!」とのお返事でしたが

 

お菓子につられて

 

「やっぱり 行く!」とのことなので

 

園長と参加をいたしましたよ。

 

 

 

 

 

DSC_0091.JPG

 

 

 

 

宝積宮司が撒く豆を

 

いただこうと 手がのびます。

 

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐の年長さんも

 

お豆やお菓子におみかんをいただきました。

 

 

地域の皆様 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

1月3日の 保育園。

 

旧園舎はすでに解体が終わり

 

工事もお休みなので

 

きれいに整頓されています。

 

写真の正面が 保育園の入り口側です。

 

 

 

 

DSC_0070.JPG

 

 

 

 

 

 

この写真は 保育園の山側に登って撮っています。

 

梅の木をみるとすでにつぼみが・・・

 

 

 

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

 

 

仮園舎での保育は もう1年続きます。

 

 

 

 

 

DSC_0082.JPG

 

 

 

 

保育園にお年賀状を下さった皆様

 

ありがとうございます。

 

保育園は冬休みですが

 

毎日保育園の点検や生き物のお世話などに

 

行っていました。

 

明日から 29年の保育が始まります。

 

今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered