願い

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0402.JPG

           曽根宥泉ご住職

 

 

 

 

9月22日  

 

保育園にも大変ご縁のある

 

高野山真言宗 西光寺で行われた

 

彼岸法会に伺いました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0385.JPG

 

 

 

 

護摩の炎も

 

許可をいただいて撮影。

 

 

 

 

 

 

DSC_0392.JPG

 

 

 

 

 

お地蔵様の供養も行われました。

 

西光寺のお地蔵様のお世話をして下さる方が

 

久良岐のお地蔵様の前掛けとお帽子も

 

作って下さったのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

蓮のお花も開いて

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この疫病の終息を

 

お祈りしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お彼岸

 

 

 

 

 

 

DSC_0627.JPG

 

 

 

 

お彼岸を前に

 

地域の方が久良岐地蔵の新しいお帽子と

 

前掛けを作ってきて下さいました。

 

そのお気持ちにお応えするべく

 

お地蔵様のお身体の夏の埃もきれいに拭い

 

お堂もきれいにしました。

 

いちばん最後に

 

お地蔵様のお手に触れさせていただき

 

この感染症の終息を祈りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


種のチカラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0577.JPG

 

 

 

 

間もなく 関東地方でも稲刈りの季節が

 

やってこようとしています。

 

稲に米が実る様を「一粒万倍」として

 

縁起のよいこととされています。

 

さて わたしも 畑のお仕事開始。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0579.JPG

 

 

 

 

 

 

少量多品種。

 

まず じゃがいもから。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0592.JPG

 

 

 

 

 

 

お楽しみは これ。

 

横浜植木さんからいただいた「人参の種」。

 

土に溶ける繊維で作られた紐の中に

 

等間隔で人参の種が仕込まれています。

 

この種の蒔く日を楽しみにしていたんだ。

 

しかし あれこれと忙しくて

 

予定より2週間遅れの種まきとなりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0581.JPG

 

 

 

 

 

 

そして畑というのは

 

種まきの前に育てていた作物を収穫しないことには

 

「場所」が空かない。

 

レタスの場所はまだ耕していないので

 

とりあえず「ポット」に種を蒔く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0587.JPG

 

 

 

 

 

 

 

スイカを育てた一角を耕して

 

堆肥をいれて また耕す。

 

紐状 人参の種を蒔きます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0593.JPG

 

 

 

 

 

 

こんな感じかな?

 

 

 

 

 

 

DSC_0598.JPG

 

 

 

 

 

 

何も芽をだしたり 茎や葉のない畑では

 

ついつい 人がそこを踏んでしまう。

 

ここはしばらく立ち入らないでと

 

目印をつけておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0601.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

花を育てていた場所も

 

ちょっと その球根を端に移動させて

 

同じように 人参の種を蒔く。

 

白い粒が種です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0602.JPG

 

 

 

 

 

 

 

きゅうり終了!の場所には 小葱。

 

 

 

 

 

 

DSC_0604.JPG

 

 

 

 

ぴーまんは 秋になっても元気です!

 

このくらいの作業でも

 

けっこう時間はかかる。

 

プランターと畑で育てた野菜では

 

絶対に違うことがある。

 

「土」だ。

 

緑の井戸端の「土」は

 

給食の野菜くずや残菜を堆肥化して使い

 

土作りから始まった。

 

種を蒔いては芽も出ず失敗し

 

今度はいいだろう!と期待していると

 

ほどほどに大きくなった実が

 

いとも簡単に落ちてしまった。

 

土の中の芋などは

 

200個の収穫を夢見て

 

土に這いつくばって掘ってみるが

 

一向に手にあたる芋が ない。

 

掘れども 掘れども

 

土があるだけ。

 

そんな時 ふと「土竜(もぐら)」の事を 思う。

 

日の光りを嫌い

 

一生をこの土の中で生きる土竜だ。

 

また ある時には

 

病にある人のことを 思う。

 

久良岐の前のこの道は

 

久良岐の畑のこの土は

 

いろいろな喜びや 希望。

 

だれにも言えない 不安な気持ち。

 

努力しても 力を尽くしても

 

なかなかよい方向に向かわない現実。

 

多くの人の喜びや

 

深い悲しみ  懊悩を

 

人の足跡に変え、受け止めてきた土だ。

 

緑の井戸端は 中里の土。

 

ここで育った野菜は

 

中里の土の味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


季節と ともに

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

 

夕方とりこんだタオルの バリバリ感 とか

 

突然ふりだした雨が溶かすアスファルトの匂い とか

 

Tシャツの襟ぐりから ふっと感じる自分の汗の匂い とか

 

昼さがりの道を歩いていて

 

どこかの家の換気扇から流れてくる

 

玉ねぎを炒める匂い とか

 

夏の季節を感じることは よくある。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0402.JPG

 

 

 

 

 

保育園の道むかい

 

緑の井戸端は

 

土の匂いのする場所。

 

季節の風の匂いを感じる場所だ。

 

そして いつも少量多品種の植物を育てている。

 

長く雨の続いた今年は

 

スイカのできも遅くて

 

今 ようやく収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0408.JPG

 

 

 

 

 

少量なので

 

スイカ割りはたいてい土曜日の

 

出席人数が少ない時に

 

こっそり遊んでいました。

 

でも 今日は水曜日。

 

でっかめのスイカひとつで

 

年長のスイカ割りをしようと思いました。

 

 

畑からお部屋に運ぶ最中に

 

割れちゃったんです!

 

でっかめのやつが!

 

仕方なく・・・・

 

まだ実っていない小さいヤツを

 

時期を待たずに収穫。

 

割るための目的に使うことにしました。

 

(小玉スイカではありません!)

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPG

 

 

 

 

 

畑で野菜を育てるというのは

 

プランターで育てています というのとでは

 

カラダの使い方とカラダを使う量が

 

全然 違う。

 

大変なんです 畑の仕事。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0280.JPG

 

 

 

 

 

 

9月の今頃  畑では

 

大根の種まきに忙しい。

 

そして寒い季節がやってくると

 

大量の大根で我が家はいっぱいになる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0288.JPG

 

 

 

 

 

 

種をまいて でっかく収穫できる野菜は

 

主婦の味方です!

 

ただし 収穫時期も同じになってしまうから

 

洗って 輪切りにして

 

さらに 蒸す。

 

そうしたら ひたすら干す!

 

 

 

 

 

DSC_0293.JPG

 

 

 

 

 

そうすると あんなにあった大根の山が

 

あ〜ら 不思議。

 

これだけのカサになってしまうというわけ。

 

そうやって保存しておいて

 

気が向いたら 水で戻して煮て食べる。

 

畑の仕事っていうのは

 

そういうことだ。

 

 

 

 

 

ここからは緑の井戸端のご紹介。

 

 

 

 

DSC_0103.JPG

 

 

 

 

 

きゅうりはそろそろ おしまい。

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

きゅうりの細さが

 

そろそろ 私もおしまいですって

 

言っています。

 

 

 

 

DSC_0098.JPG

 

 

 

 

 

いちご。

 

来年の春にむけて

 

暑さに耐える。

 

 

 

 

DSC_0106.JPG

 

 

 

 

 

桃。

 

旧園舎から移してきた果樹。

 

青いままで 実が落ちる。

 

 

 

 

DSC_0109.JPG

 

 

 

 

 

ぶどう。

 

旧園舎ではいちど盛大に実がついて

 

土曜保育のお友だちと

 

ぶどう狩りをして食べましたが

 

こちらに移植してからは

 

あまり実がなりません。

 

でも 私のたいせつな思い出の果樹。

 

 

 

 

 

DSC_0111.JPG

 

 

 

 

ピーマン。

 

ただいま おそらく最盛期!

 

毎朝 たっぷり収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPG

 

 

 

 

 

 

これらの野菜は「中里ブランド」として

 

こどもふれあい広場に提供したり

 

地域の方にお配りしています。

 

 

 

 

さぁ これから スイカ割りっと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こどもふれあい広場「いきいき」

 

 

 

 

 

 

DSC_0061.JPG

 

 

 

 

 

8月のこどもふれあいひろば「いきいき」も

 

久良岐保育園の広い園庭で

 

思いっきり 水遊びでした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0052.JPG

 

 

 

 

 

夕方、日が暮れるのが早くなったように

 

思いますが

 

日中の熱さといったら

 

感染症だけでなく

 

熱中症への警戒も怠ってはいけません。

 

 

 

 

 

DSC_0074.JPG

 

 

 

 

広い園庭で

 

思いっきり水で遊べる久良岐保育園。

 

 

 

 

DSC_0072.JPG

 

 

 

 

そして砂を掘り

 

砂を固めて

 

砂と遊ぶこともできます。

 

 

 

 

DSC_0054.JPG

 

 

 

 

 

 

この日 はじめて

 

自分の水てっぽうを持って

 

はりきっているお友だちです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0084.JPG

 

 

 

 

 

遊びのおしまいは

 

おむすびとチューペット!

 

ご参加のみなさん

 

楽しかったかな?

 

感染状況をみながら

 

来月も実施の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里ふれあい広場 いきいき 再開

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0885.JPG

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症の拡大と

 

登園の自粛

 

stay home  rock down  

 

cluster  など

 

世の中には感情の入る余地のない

 

強い言葉がありました。

 

そして今は with  corona です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0876.JPG

 

 

 

 

 

6月になって

 

保育園の登園自粛期間も6月末終了であるとか

 

これからは新しい生活様式の中で

 

生きていくんだ と言われるようになって

 

感染症は いつの間にか

 

終わってしまうことじゃない 

 

終わらないと

 

気がつきます。

 

学校のチャイムが鳴って

 

授業が終わるように

 

だれかが もう大丈夫だと

 

大きなラッパを吹いて知らせてくれたら

 

どんなに楽なことでしょう

 

 

 

 

 

 

DSC_0905.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

そのような中にあっても続く毎日の朝に

 

こんなことがあります。

 

それは 4月に1年生になったこどもたちの事です。

 

許される状況と許される環境での「入学式」。

 

学校の緊急預かりと

 

学童保育

 

「してはいけない」ことが多くある子どもの遊び。

 

みんな どうしていたんだろう・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0918.JPG

 

 

 

 

 

 

中里第三で開設している

 

こどもふれあい広場 いきいき においても

 

with corona とこれからの活動について

 

幾度もの話し合いがありました。

 

時には地域ケアプラザのコーディネーターさんや

 

保健師さんが来て下さり助言をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0922.JPG

 

 

 

 

 

 

そして 7月25日 土曜日

 

雨が降ったり 晴れ間がのぞく時があったり

 

この社会を象徴するようなお天気でしたが

 

social distance と

 

参加者の体調把握

 

会場の衛生環境 などなど

 

現在の警戒レベルに合わせて

 

再開にむけた準備を終えて

 

いよいよ再開となりました。

 

わたしがお願いしたのは

 

目的はこどものストレス発散!

 

これにつきます。

 

おとなは 遊びと衛生に危険がないかぎり

 

口出ししない!

 

制限しない!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0932.JPG

 

 

 

 

そのために久良岐の環境と設備を

 

最大限に 活かす!

 

 

 

 

 

 

DSC_0937.JPG

 

 

 

 

 

 

 

再開後のプログラムは

 

「屋外」「自分で自分の食べるものを作る」をテーマに

 

園庭で水遊びとなりました。

 

水てっぽう  ご自由にどうぞ。

 

ただし 持参でお願いします。

 

小学生は保護者の参加承諾と

 

健康管理の用紙への記入をして下さい。

 

屋内には入れません。

 

お手洗いも園庭用の屋外トイレです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0942.JPG

 

 

 

 

最初は 多くのこどもが

 

持参した水てっぽうに夢中。

 

※この頃は水のタンクを背中に背負うのね。

私の畑での姿と一緒。

 

 

 

 

 

 

DSC_0943.JPG

 

 

 

 

ところが だんだん

 

水てっぽうの単純な遊びに

 

あきてくる。

 

もっと 自分のカラダを使うもの。

 

自分の身体(しんたい)を

 

自分で感じたくなってきます。

 

もっと カタチを変えていくものに

 

触れたく なる。

 

 

 

 

 

DSC_0945.JPG

 

 

 

 

水てっぽうから

 

バケツがほしくなった頃ですね。

 

久良岐には たくさんのバケツがありますよ。

 

災害がきたとしたら

 

水を汲む  物を運ぶ  お米を研ぐ

 

きれいな水をいれて人の身体を拭く

 

もっと想像力を働かせて

 

段ボールに穴をあけて

 

この上において

 

こどものトイレにだってなる

 

わたしたちはそうやって

 

どんな時にも ここで仕事をする。

 

今日は中くらいの清潔度のバケツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0948.JPG

 

 

 

 

 

バケツの水で穴を掘り

 

泥の穴に腰をおろす

 

さらに 水。

 

すでに園庭は沼地。

 

 

 

 

 

DSC_0955.JPG

 

 

 

 

 

あれ?

 

水てっぽう やめちゃったの?

 

本気のシャボン玉あそび。

 

 

 

 

 

DSC_0960.JPG

 

 

 

 

 

手首に 膝

 

人のカラダの関節って

 

連動しているんだ。

 

写真は新1年生

 

厳しい環境で1年生。

 

えらかった!

 

※かわいくて愛おしくて抱きしめたくなる。

 

いつか上級生になったら「風と速度」が

 

読めるようになる。

 

そうしたらもっと大きなシャボン玉が

 

作れるようになる。

 

机の上で得た知識を

 

自分の脳と関節に連動させて確かめる。

 

知識と身体の統合だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0964.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

君のシャボン玉は

 

きっと遠くまで 飛んで いく。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0977.JPG

 

 

 

 

 

さぁて

 

今日の遊びも これでおしまい。

 

温かく 清潔なお湯を

 

たくさん準備しておきました。

 

お湯のシャワーもありますよ。

 

何杯も 身体に浴びて

 

泥と 砂と

 

これまに溜まってしまった

 

気持ちのストレスを

 

ここで流してしまおう。

 

ココロから逃がしてしまおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の時から来てくれている

 

「お姉さん」

 

あなたのさりげないやさしさと

 

小さいお友だちへの心遣いは

 

おとなのお手本です。

 

 

 

 

 

DSC_0990.JPG

 

 

 

 

 

 

ふれあい広場「いきいき」の皆さん

 

こどもが帰って

 

これから反省会と遅いお昼ごはんです。

 

 

 

これからも「いきいき」が

 

人と人の縁を結びますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝 の しごと

 

 

 

 

 

DSC_0586.JPG

 

 

 

 

 

春のはじまりの頃から

 

わたしには気になっていた草花がある。

 

園舎の中庭の上の斜面に

 

それは突然 現れた。

 

去年 日本の国に大きな被害をもたらした

 

ふたつの台風は

 

この斜面の木々の上にもやってきて

 

林の姿を変えていった。

 

今後の安全と

 

事業の継続も考えて

 

冬に専門業者の目と手によって

 

切り倒すことが必要な木や

 

枝を伐採した。

 

 

枝を落とせば日の光が注ぐ。

 

林や森に日が差せば

 

下草の植生が変わる。

 

この植物は

 

強い雨で流された土砂の下から

 

日の光によって目覚めさせられ

 

ここに姿を現した。

 

その名を「浦島草」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0372.JPG

 

 

 

 

上の写真は別の場所のものだが

 

ちょっと得体のしれない

 

あまり爽やかではない苞が ウラシマ太郎さん

 

そこから ピーっと伸びているのが

 

太郎さんの釣り糸だ。

 

中里にずうっと住んでいる人に聞くと

 

この近辺には昔、浦島草が群生していたそうだ。

 

ただしマムシグサと呼んで

 

ある人がコンニャク芋だろうと思って

 

根っこを掘って食べたらば

 

お腹が痛くなり救急車を呼んだのを

 

見た!という人まで現れた。

 

 

草木も自然なのであれば

 

台風もまた自然の現象なのであり

 

だれにもその発生を止めることは

 

できない。

 

浦島草は命を絶やさない使命を

 

何十年も土の下で守り

 

ある条件が整った時に

 

地上に戻って

 

遺伝子をつなぐ約束を実行した。

 

 

 

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

山から下りて

 

今度は緑の井戸端へ。

 

こどもふれあい広場「いきいき」の食材として

 

育てている野菜たちだ。

 

赤玉ねぎは すでに収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

 

じゃがいもは・・・

 

掘ってみなければわかりません!

 

出来 は 未だわからず

 

お楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0803.JPG

 

 

 

 

 

赤玉ねぎのあとには

 

先週の土曜日に

 

さといも 植えました!

 

まだ 何も見えないけれど

 

みなさん 踏まないで下さい。

 

掘っちゃだめ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0804.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらは昨年に続き

 

A先生にピーマンを植えてもらいました。

 

中里の土に育てた

 

「中里野菜」です。

 

 

 

 

 

DSC_0809.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げれば 「青梅」

 

ひとつだけ と思うでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

鈴なり です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0567.JPG

 

 

 

 

みかんや夏みかんも

 

この間 花が咲いたと思ったら

 

 

 

 

 

DSC_0815.JPG

 

 

 

 

 

もう冬に収穫する

 

みかんの実が見えている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0826.JPG

 

 

 

 

 

 

 

テントウムシもやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0799.JPG

 

 

 

 

 

 

 

葡萄だって この通り。

 

 

 

 

 

 

DSC_0828.JPG

 

 

 

 

 

 

これで今朝の見回り 終了。

 

園舎に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 


走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の朝

 

久しぶりに歩いて出勤する。

 

保育園の向こうに走る人が見える。

 

 

 

 

ENZaurZU8AIEPdX.jpg

 

 

 

 

 

近づいてくる 近づいてくる

 

カラダが縦に長い走り。

 

カラダが揺れないから 縦のシルエットが強調される。

 

だれだ?

 

その人は あっという間に そこにいて

 

曽根雅文君だとわかった時には

 

もう通り過ぎている。

 

そのくらい 速い。

 

韋駄天だ。

 

後ろ姿が もう遠ざかっていく。

 

傘をさしながら見ていると

 

その足は地面を蹴っているのに

 

足が地面に着いていない。

 

地面に足が着く その重力がない。

 

あえて言うなら 地面に足が着く力が重力になる前に

 

その力が前に進む推進力に変わっている。

 

今月は登園自粛要請期間で

 

お家にいる園児さんに向けて

 

動画を配信していて

 

先週のテーマは曽根雅文君と

 

雅文君の保育園時代の担任Y先生による

 

「走り方のレッスン1〜3」。

 

レッスンの中で雅文君は

 

「(足は)漫画の中にあるように

 くるくるくるくる くるくる くるくる 回す」

 

と言って 腕をくるくる回して教えてくれた。

 

遠ざかっていく雅文君の足は地球の重力に

 

逆らっている。

 

地面に足が着いて重力に従うのではなく

 

そのエネルギーとわずかな時間の繰り返しを

 

前に進めている。

 

推進力になっている。

 

 

さて。

 

新型コロナウィルスは

 

多くの国の人の生活を重力で支配した。

 

重力は人々を家の中に閉じ込める。

 

しかし まもなくわたし達は

 

重力というチカラを

 

新しいチカラに変えていかれそうだ。

 

果たして それは前に進むチカラなのか

 

 

「わたし」という人の 内側を今一度照らして

 

これからを見つめることなのか

 

若い人の「走る」を見ていて

 

考えてしまった。

 

 

曽根雅文君のお父さん。

 

西光寺 曽根宥泉住職の皐月の教えを見る。

 

 

「ほとけ様のみ教えは

 その悲しみを自分だけと思うな

 ということです。

 どこもいっしょ

 うちだけじゃないと思いつくことで

 心は開けてくるはずです」

 

そのようにある。

 

卯月の教えも 心にしみた。

 

ご住職の言葉通りには言えないけれど

 

春の花を見て自分の心が美しいと思ったのならば

 

花のような自分になろう・・・

 

のようなお教えだった。

 

 

おそらく緊急事態宣言が解除され

 

保育園の登園自粛も解け

 

この園庭もにぎやかになることだろう。

 

しかし、その事業と保育は

 

新しい生活様式の中で継続と実践をしていく。

 

 

そして 人のココロは 花になる。

 

雨の朝と

 

曽根雅文君の走る姿は

 

そんなことを考えさせるものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子育て支援事業「鬼のお面を作ろう」

 

 

 

 

 

 

横浜市地域子育て支援事業

 

「鬼のお面を作ろう」を実施しました。

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

参加者のおひとりに

 

久良岐保育園を卒園した

 

「お父さん」がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0543.JPG

 

 

 

 

ご自分も小さい頃

 

きっとこうして鬼のお面を

 

作ったことでしょう。

 

お父さんになって

 

お子さんのために

 

同じ保育園で鬼のお面を作る。

 

 

これも久良岐保育園ならではの

 

歴史のように思います。

 

 

 

 

 

 

 


こどもふれあい広場いきいき おもちつき

 

 

 

 

 

 

こどもふれあい広場「いきいき」。

 

2月は久良岐保育園園庭で

 

おもちつき大会が行われました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0079.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おもちつきは まずお湯を沸かして

 

前夜に研いでおいた もち米を 蒸かす。

 

じっくりと 蒸かす。

 

 

 

 

 

DSC_0051.JPG

 

 

 

 

 

3段に積みあげた蒸籠(せいろ)から

 

湯気があがる。

 

蒸気がうまく循環していることがわかります。

 

さて そろそろ どうでしょ。

 

 

 

 

 

DSC_0981.JPG

 

 

 

 

 

そして 温めておいた臼に

 

もち米を移しても

 

まだ 搗いてはいけません。

 

杵で もち米の粒をつぶします。

 

お米粒のままで搗くと

 

四方八方にお米粒が飛び散ります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ  そろそろ いきますか!

 

 

 

 

 

 

DSC_0028.JPG

 

 

 

 

 

今年も よい1年でありますよう。

 

 

 

 

 

DSC_0029.JPG

 

 

 

 

 

元気にこどもたちが 大きくなりますよう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

 

 

 

息を合わせて

 

ぺったん ぽったん

 

 

 

 

 

DSC_0174.JPG

 

 

 

 

 

 

それ

 

ぺったん ぽったん

 

 

 

 

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

つきあがったお餅は

 

お部屋の中で

 

あんこに きなこに のり玉

 

新顔はポテトチップをまぶした味。

 

(意外に おいしい!)

 

 

もちろんお雑煮も用意してありますよ〜

 

 

 

 

 

DSC_0190.JPG

 

 

 

 

 

搗きたてのおもちは 格別のおいしさ。

 

そして みなさんがまるめるおもちは

 

キモチも 温かくなるのね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0201.JPG

 

 

 

 

 

 


| 1/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered