朝 の しごと

 

 

 

 

 

DSC_0586.JPG

 

 

 

 

 

春のはじまりの頃から

 

わたしには気になっていた草花がある。

 

園舎の中庭の上の斜面に

 

それは突然 現れた。

 

去年 日本の国に大きな被害をもたらした

 

ふたつの台風は

 

この斜面の木々の上にもやってきて

 

林の姿を変えていった。

 

今後の安全と

 

事業の継続も考えて

 

冬に専門業者の目と手によって

 

切り倒すことが必要な木や

 

枝を伐採した。

 

 

枝を落とせば日の光が注ぐ。

 

林や森に日が差せば

 

下草の植生が変わる。

 

この植物は

 

強い雨で流された土砂の下から

 

日の光によって目覚めさせられ

 

ここに姿を現した。

 

その名を「浦島草」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0372.JPG

 

 

 

 

上の写真は別の場所のものだが

 

ちょっと得体のしれない

 

あまり爽やかではない苞が ウラシマ太郎さん

 

そこから ピーっと伸びているのが

 

太郎さんの釣り糸だ。

 

中里にずうっと住んでいる人に聞くと

 

この近辺には昔、浦島草が群生していたそうだ。

 

ただしマムシグサと呼んで

 

ある人がコンニャク芋だろうと思って

 

根っこを掘って食べたらば

 

お腹が痛くなり救急車を呼んだのを

 

見た!という人まで現れた。

 

 

草木も自然なのであれば

 

台風もまた自然の現象なのであり

 

だれにもその発生を止めることは

 

できない。

 

浦島草は命を絶やさない使命を

 

何十年も土の下で守り

 

ある条件が整った時に

 

地上に戻って

 

遺伝子をつなぐ約束を実行した。

 

 

 

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

山から下りて

 

今度は緑の井戸端へ。

 

こどもふれあい広場「いきいき」の食材として

 

育てている野菜たちだ。

 

赤玉ねぎは すでに収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

 

じゃがいもは・・・

 

掘ってみなければわかりません!

 

出来 は 未だわからず

 

お楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0803.JPG

 

 

 

 

 

赤玉ねぎのあとには

 

先週の土曜日に

 

さといも 植えました!

 

まだ 何も見えないけれど

 

みなさん 踏まないで下さい。

 

掘っちゃだめ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0804.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらは昨年に続き

 

A先生にピーマンを植えてもらいました。

 

中里の土に育てた

 

「中里野菜」です。

 

 

 

 

 

DSC_0809.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げれば 「青梅」

 

ひとつだけ と思うでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

鈴なり です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0567.JPG

 

 

 

 

みかんや夏みかんも

 

この間 花が咲いたと思ったら

 

 

 

 

 

DSC_0815.JPG

 

 

 

 

 

もう冬に収穫する

 

みかんの実が見えている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0826.JPG

 

 

 

 

 

 

 

テントウムシもやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0799.JPG

 

 

 

 

 

 

 

葡萄だって この通り。

 

 

 

 

 

 

DSC_0828.JPG

 

 

 

 

 

 

これで今朝の見回り 終了。

 

園舎に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 


走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の朝

 

久しぶりに歩いて出勤する。

 

保育園の向こうに走る人が見える。

 

 

 

 

ENZaurZU8AIEPdX.jpg

 

 

 

 

 

近づいてくる 近づいてくる

 

カラダが縦に長い走り。

 

カラダが揺れないから 縦のシルエットが強調される。

 

だれだ?

 

その人は あっという間に そこにいて

 

曽根雅文君だとわかった時には

 

もう通り過ぎている。

 

そのくらい 速い。

 

韋駄天だ。

 

後ろ姿が もう遠ざかっていく。

 

傘をさしながら見ていると

 

その足は地面を蹴っているのに

 

足が地面に着いていない。

 

地面に足が着く その重力がない。

 

あえて言うなら 地面に足が着く力が重力になる前に

 

その力が前に進む推進力に変わっている。

 

今月は登園自粛要請期間で

 

お家にいる園児さんに向けて

 

動画を配信していて

 

先週のテーマは曽根雅文君と

 

雅文君の保育園時代の担任Y先生による

 

「走り方のレッスン1〜3」。

 

レッスンの中で雅文君は

 

「(足は)漫画の中にあるように

 くるくるくるくる くるくる くるくる 回す」

 

と言って 腕をくるくる回して教えてくれた。

 

遠ざかっていく雅文君の足は地球の重力に

 

逆らっている。

 

地面に足が着いて重力に従うのではなく

 

そのエネルギーとわずかな時間の繰り返しを

 

前に進めている。

 

推進力になっている。

 

 

さて。

 

新型コロナウィルスは

 

多くの国の人の生活を重力で支配した。

 

重力は人々を家の中に閉じ込める。

 

しかし まもなくわたし達は

 

重力というチカラを

 

新しいチカラに変えていかれそうだ。

 

果たして それは前に進むチカラなのか

 

 

「わたし」という人の 内側を今一度照らして

 

これからを見つめることなのか

 

若い人の「走る」を見ていて

 

考えてしまった。

 

 

曽根雅文君のお父さん。

 

西光寺 曽根宥泉住職の皐月の教えを見る。

 

 

「ほとけ様のみ教えは

 その悲しみを自分だけと思うな

 ということです。

 どこもいっしょ

 うちだけじゃないと思いつくことで

 心は開けてくるはずです」

 

そのようにある。

 

卯月の教えも 心にしみた。

 

ご住職の言葉通りには言えないけれど

 

春の花を見て自分の心が美しいと思ったのならば

 

花のような自分になろう・・・

 

のようなお教えだった。

 

 

おそらく緊急事態宣言が解除され

 

保育園の登園自粛も解け

 

この園庭もにぎやかになることだろう。

 

しかし、その事業と保育は

 

新しい生活様式の中で継続と実践をしていく。

 

 

そして 人のココロは 花になる。

 

雨の朝と

 

曽根雅文君の走る姿は

 

そんなことを考えさせるものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子育て支援事業「鬼のお面を作ろう」

 

 

 

 

 

 

横浜市地域子育て支援事業

 

「鬼のお面を作ろう」を実施しました。

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

参加者のおひとりに

 

久良岐保育園を卒園した

 

「お父さん」がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0543.JPG

 

 

 

 

ご自分も小さい頃

 

きっとこうして鬼のお面を

 

作ったことでしょう。

 

お父さんになって

 

お子さんのために

 

同じ保育園で鬼のお面を作る。

 

 

これも久良岐保育園ならではの

 

歴史のように思います。

 

 

 

 

 

 

 


こどもふれあい広場いきいき おもちつき

 

 

 

 

 

 

こどもふれあい広場「いきいき」。

 

2月は久良岐保育園園庭で

 

おもちつき大会が行われました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0079.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おもちつきは まずお湯を沸かして

 

前夜に研いでおいた もち米を 蒸かす。

 

じっくりと 蒸かす。

 

 

 

 

 

DSC_0051.JPG

 

 

 

 

 

3段に積みあげた蒸籠(せいろ)から

 

湯気があがる。

 

蒸気がうまく循環していることがわかります。

 

さて そろそろ どうでしょ。

 

 

 

 

 

DSC_0981.JPG

 

 

 

 

 

そして 温めておいた臼に

 

もち米を移しても

 

まだ 搗いてはいけません。

 

杵で もち米の粒をつぶします。

 

お米粒のままで搗くと

 

四方八方にお米粒が飛び散ります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ  そろそろ いきますか!

 

 

 

 

 

 

DSC_0028.JPG

 

 

 

 

 

今年も よい1年でありますよう。

 

 

 

 

 

DSC_0029.JPG

 

 

 

 

 

元気にこどもたちが 大きくなりますよう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

 

 

 

息を合わせて

 

ぺったん ぽったん

 

 

 

 

 

DSC_0174.JPG

 

 

 

 

 

 

それ

 

ぺったん ぽったん

 

 

 

 

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

つきあがったお餅は

 

お部屋の中で

 

あんこに きなこに のり玉

 

新顔はポテトチップをまぶした味。

 

(意外に おいしい!)

 

 

もちろんお雑煮も用意してありますよ〜

 

 

 

 

 

DSC_0190.JPG

 

 

 

 

 

搗きたてのおもちは 格別のおいしさ。

 

そして みなさんがまるめるおもちは

 

キモチも 温かくなるのね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0201.JPG

 

 

 

 

 

 


『久良岐便り』を知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.png

 

 

 

 

 

 

『久良岐便り』は1年に4回発行される

 

久良岐母子福祉会の広報誌です。

 

委員長は 園長

 

そして久良岐保育園の広報委員は

 

この写真の二人です!

 

 

毎月1回 法人の他の施設から選出された

 

広報委員の皆さんと編集会議をして

 

案を練りあげ広報誌を作っています。

 

 

ご興味のある方は ぜひ読んでみて下さい。

 

『久良岐便り 第58号』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


沈黙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

 

11月17日 日曜日。

 

来春 収穫予定の「赤たまねぎ」の苗を植えに

 

緑の井戸端にやってきました。

 

久良岐母子福祉会館には

 

種別の異なる社会福祉施設「乳児院」も

 

あるので 日曜日でも「稼働」をしていますが

 

今日は保育園はお休みなので

 

ひとりで 緑の井戸端へ。

 

わたし

 

「沈黙」って 大事だなって

 

思います。

 

ひとり 畑で沈黙し

 

畑の作業をするのは

 

ココロの使い方が 普段とはまるで違います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0124.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

畑の仕事は 様々なお世話と手入れの連続。

 

土を耕すのはもちろん。

 

通路に流れ出た 土も畑に返し

 

開墾して時に出土した石を

 

土留めに並べていく。

 

こういう石の組合せを考えたりするのが

 

わたしは 好きです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0123.JPG

 

 

 

 

 

これは簡単

 

レンガ ブロックコース。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0125.JPG

 

 

 

 

 

朝いち

 

グリーンファームで買ってきた赤玉ねぎの苗

 

100本!

 

耕して 堆肥  玉ねぎ用の肥料を混ぜ込んで

 

いざ 植え付け!

 

 

 

 

 

 

DSC_0127.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こんな ひょろひょろした苗が

 

玉ねぎを実らせてくれるなんて

 

信じられます?

 

 

 

 

心地よい 沈黙と労働の時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

みなっち (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南区内の保育園のこどもが集まって

 

繰り広げられる「みなっち杯えきでん」

 

今年は来週に ティーボール大会も予定してして

 

(こちらは川崎市にでかけます)

 

… ちょっとスケールが…ですが

 

行ってきました 清水ヶ丘公園!

 

 

 

 

 

 

みなっち (11).JPG

 

 

 

 

 

 

 

毎年 保育所の数は増えているので

 

集まった園だけでも こんなボリューム感になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなっち (81).JPG

 

 

 

 

 

 

大きく 広い園庭をもっている久良岐保育園。

 

今日も 走ります!

 

 

 

 

 

みなっち (82).JPG

 

 

 

 

 

 

ただ ちょっと…

 

リングバトンが 大きいし 重い。

 

推進力がとられそうだ。

 

 

 

 

 

 

みなっち (112).JPG

 

 

 

 

 

 

バトンパスエリアの混雑を抜け

 

風を感じて 走る。

 

 

 

 

 

みなっち (111).JPG

 

 

 

 

 

 

あなたの カラダ。

 

自分の 背骨。

 

肩甲骨に 上腕骨

 

股関節に 大腿骨

 

カラダの隅の小さな骨も

 

風を感じて 力を伝える。

 

リズムが整う。

 

 

 

 

 

 

 

みなっち (129).JPG

 

 

 

 

 

 

よし!

 

今度は 友情をつないだ力を

 

最終走者に 渡していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなっち (130).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風が アンカーの背中に吹いていく。

 

風は 友情の証しだったんだ。

 

友情が アンカーのカラダを

 

前へ 前へと 進めていく。

 

 

 

 

 

 

 

みなっち (131).JPG

 

 

 

 

 

風に 乗る。

 

園庭に吹いていた風と

 

同じ匂い

 

季節の匂い

 

天気の予感

 

なつかしい人の温かさ

 

これから出会う人の光

 

 

風に乗って 前に 進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなっち (137).JPG

 

 

 

 

 

 

白いゴールテープが 風に舞う。

 

 

 

 

 

 

みなっち (138).JPG

 

 

 

 

 

 

こどもが 走る。

 

風がふく 丘で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


志し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0433.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は

 

 

 

オレ

 

 

決めてるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0447.JPG

 

 

 

 

 

 

二往復目の台車には

 

オレの背丈より

 

座布団 高く積んで 運ぶってさ。

 

 

 

下の段

 

でかいヤツを置くんだよ

 

この理屈は 自分の部屋で

 

積み木やブロックやカプラをやってみて

 

わかったことさ。

 

あと 絵本ね。

 

何が何でも早く片付けたことにしちゃいたい!

 

って時に 何でもかんでも重ねると

 

はやく崩れる。

 

四角いものは 四角に 積む。

 

これが コツ。

 

 

 

 

これじゃ 前が見えないって?

 

いったい 誰に言ってんだい?

 

台車のハンドル握りゃ

 

愛車(台車)とオレは 二人でひとり。

 

オレの気持ちは 愛車がわかる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0436.JPG

 

 

 

 

 

 

地域の人も やってきた。

 

いまじゃ もう

 

オレも 子どもふれあい広場の一員さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0442.JPG

 

 

 

 

これから始まる準備や支度に

 

座布団は ここに置いときゃ

 

邪魔にもならず

 

使いやすい。

 

仕事はさ

 

相手の使い勝手も ちっとは考えてやらないとな。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0472.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は Halloween か?

 

 

 

 

 

DSC_0476.JPG

 

 

 

 

 

Halloweenだって Christmasだって

 

それは オレには どうでもいいこと。

 

今日も 久良岐に誰かが集まって

 

話しをしてさ

 

 

この前にみたいな でっかい台風が来たときにゃ

 

顔見知りのだれかが いてさ

 

大事なものが水に沈んだ悲しさや

 

… おとなは 喪失感 っていうらしいが…

 

心の被害から自分を守るための

 

人との関係ってやつのきかっけを

 

オレの座布団に座って作ってくれりゃ

 

それでいい。

 

それが オレの 志しってやつ。

 

 

 

 

 

 

 


週一農業 ァ ,犬磴いも編

 

 

 

 

おふたりの方からお尋ねがありました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0513.JPG

 

 

 

 

 

「先生(家で)じゃがいもを植えたんですけど

 芽がいっぱい出てきたら どうしたらいいの?」

 

 

 

はい はい はい

それは こんな感じのことですよね。

 

 

 

 

 

DSC_0525.JPG

 

 

 

 

 

別にそのままでもいいんですけど

(個人の感想です)

 

茎や葉に分配される栄養を

 

これから太る「芋」に行きわたらせたいところ。

 

茎と葉は 芋を育てるためだけの

 

光合成などができればいいから

(個人の知識です)

 

しっかりした茎と葉を3本残して

 

あとは抜き取ってしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0515.JPG

 

 

 

 

「抜き取る」というのは

 

右利きの人だったら

 

左手で芋が植わっていそうな所を抑えて

 

右手で抜こうと思う茎の下の方を持って

 

芋から茎を抜くイメージ。

 

この茎は この間植えた芋の芽から

 

出ているんですよ〜

 

うまく抜ければこの通り。

 

 

 

 

 

DSC_0510.JPG

 

 

 

 

 

 

 

左手で土の中の芋を抑えていないと

 

芋が浮き上がってきちゃいますよ〜

 

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

 

ひたすら この作業。

 

春にじゃがいもを植えた時に

 

あまりにも忙しくて

 

この「芽かき」作業ができなかったんです。

 

それでも ちゃんとじゃがいもは育ちます。

 

ただ 小さいじゃがいもがたくさんできちゃったかな

 

という印象はあります。

 

要するに 同じ土 同じ肥料分

 

同じ陽ざし であれば

 

芽かきをしなければ

 

小さくかわいいじゃがいもが数多くとれ

 

芽かきをして管理をすれば

 

おおきなじゃがいもが

 

数は少ないが とれる

 

あなたは どっちがお好き?という事です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

大事なことは じゃがいもは

 

土の中のどこに育っていくのか

 

ということ。

 

いちばん始めに植えた種いもの

 

周りか その上あたりなんですね。

 

だから 作業の最後は

 

土を寄せてかけること。

 

根元のあたりにいつも土がかかっていること。

 

これが大切なコツです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0542.JPG

 

 

 

 

 

人のジンセイも

 

畑と同じことがあるかもしれません。

 

雨の日も ある

 

晴れの日も ある

 

とか そういうことだけでなくて

 

だれでも等しく与えられた

 

雨の日 晴れの日 お日さまの光りを

 

どのように受けとめるかということ。

 

自分に与えられた晴れの日のエネルギーを

 

雨に困る人に

 

どう分けてあげられるかと 

 

心をくだくこと。

 

雨の日にある人を

 

晴れの日の人が

 

覚えているか ということ

 

畑の仕事をしていると

 

そんなことを考えたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 


「中里」(中里第三防災訓練)

 

 

 

 

 

 

10月5日 土曜日の 運動会は

 

「69回目」の運動会です。

 

久良岐母子福祉会は

 

ここ中里の地で 長きに渡り

 

社会福祉事業を展開してきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0331.JPG

 

 

 

 

 

このブログは久良岐保育園のブログですが

 

久良岐保育園の本体は

 

社会福祉法人久良岐母子福祉会です。

 

その中の!

 

広報委員会の メンバーが

 

このふたり!!

 

(広報委員長は園長です)

 

 

 

 

 

 

DSC_0497.JPG

 

 

 

 

 

 

社会福祉法人には「地域貢献」の役割があります。

 

ここ数年は特に先生方にも

 

その使命についてお話をして実践をしてきましたが

 

今年は「中里の街を知ろう!」がテーマです。

 

園長は 保育園の道向こう

 

地域の方々と借りている「緑の井戸端」を耕します。

 

今から30年前 この畑は「山」でした。

 

第二次世界大戦の時には

 

この山に防空壕もありました。

 

皆さんが 毎朝開く扉の後ろに

 

爆弾から逃れるための防空壕があったなんて

 

想像できるでしょうか?

 

それから74年が経った 今

 

その土地を耕す人がおり

 

道の向こうでは 元気に遊ぶ子どもたちが いる。

 

※久良岐母子福祉会の始まりは 

 戦後の社会に困窮するお母さんとこどもを救おう

 と立ちあげた社会福祉事業でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0369.JPG

 

 

 

 

 

 

ほら 鍋をかき回せ!

 

今日 この日 この時

 

久良岐に集まった中里の人々の 

 

温かい 食物。

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

 

 

広報委員

 

ただ今 取材中。

 

中里の歴史について

 

人に会い 人のお話を聞き

 

中里の街について 知っていく過程。

 

そのことが とても大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0500.JPG

 

 

 

 

 

 

先生方が 社会福祉法人に求められている

 

「地域貢献」とは何なのか考え

 

実践して下さることに

 

いつも感謝をしています。

 

そのバトン。

 

わたし 受け取りました。

 

今度は たくさんの人に知ってもらいましょう!

 

 

ただ今 『広報くらき第57号』編集中です。

 

 

 

 

 

 

 


| 1/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered