週一農業 ァ ,犬磴いも編

 

 

 

 

おふたりの方からお尋ねがありました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0513.JPG

 

 

 

 

 

「先生(家で)じゃがいもを植えたんですけど

 芽がいっぱい出てきたら どうしたらいいの?」

 

 

 

はい はい はい

それは こんな感じのことですよね。

 

 

 

 

 

DSC_0525.JPG

 

 

 

 

 

別にそのままでもいいんですけど

(個人の感想です)

 

茎や葉に分配される栄養を

 

これから太る「芋」に行きわたらせたいところ。

 

茎と葉は 芋を育てるためだけの

 

光合成などができればいいから

(個人の知識です)

 

しっかりした茎と葉を3本残して

 

あとは抜き取ってしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0515.JPG

 

 

 

 

「抜き取る」というのは

 

右利きの人だったら

 

左手で芋が植わっていそうな所を抑えて

 

右手で抜こうと思う茎の下の方を持って

 

芋から茎を抜くイメージ。

 

この茎は この間植えた芋の芽から

 

出ているんですよ〜

 

うまく抜ければこの通り。

 

 

 

 

 

DSC_0510.JPG

 

 

 

 

 

 

 

左手で土の中の芋を抑えていないと

 

芋が浮き上がってきちゃいますよ〜

 

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

 

ひたすら この作業。

 

春にじゃがいもを植えた時に

 

あまりにも忙しくて

 

この「芽かき」作業ができなかったんです。

 

それでも ちゃんとじゃがいもは育ちます。

 

ただ 小さいじゃがいもがたくさんできちゃったかな

 

という印象はあります。

 

要するに 同じ土 同じ肥料分

 

同じ陽ざし であれば

 

芽かきをしなければ

 

小さくかわいいじゃがいもが数多くとれ

 

芽かきをして管理をすれば

 

おおきなじゃがいもが

 

数は少ないが とれる

 

あなたは どっちがお好き?という事です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

大事なことは じゃがいもは

 

土の中のどこに育っていくのか

 

ということ。

 

いちばん始めに植えた種いもの

 

周りか その上あたりなんですね。

 

だから 作業の最後は

 

土を寄せてかけること。

 

根元のあたりにいつも土がかかっていること。

 

これが大切なコツです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0542.JPG

 

 

 

 

 

人のジンセイも

 

畑と同じことがあるかもしれません。

 

雨の日も ある

 

晴れの日も ある

 

とか そういうことだけでなくて

 

だれでも等しく与えられた

 

雨の日 晴れの日 お日さまの光りを

 

どのように受けとめるかということ。

 

自分に与えられた晴れの日のエネルギーを

 

雨に困る人に

 

どう分けてあげられるかと 

 

心をくだくこと。

 

雨の日にある人を

 

晴れの日の人が

 

覚えているか ということ

 

畑の仕事をしていると

 

そんなことを考えたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 


「中里」(中里第三防災訓練)

 

 

 

 

 

 

10月5日 土曜日の 運動会は

 

「69回目」の運動会です。

 

久良岐母子福祉会は

 

ここ中里の地で 長きに渡り

 

社会福祉事業を展開してきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0331.JPG

 

 

 

 

 

このブログは久良岐保育園のブログですが

 

久良岐保育園の本体は

 

社会福祉法人久良岐母子福祉会です。

 

その中の!

 

広報委員会の メンバーが

 

このふたり!!

 

(広報委員長は園長です)

 

 

 

 

 

 

DSC_0497.JPG

 

 

 

 

 

 

社会福祉法人には「地域貢献」の役割があります。

 

ここ数年は特に先生方にも

 

その使命についてお話をして実践をしてきましたが

 

今年は「中里の街を知ろう!」がテーマです。

 

園長は 保育園の道向こう

 

地域の方々と借りている「緑の井戸端」を耕します。

 

今から30年前 この畑は「山」でした。

 

第二次世界大戦の時には

 

この山に防空壕もありました。

 

皆さんが 毎朝開く扉の後ろに

 

爆弾から逃れるための防空壕があったなんて

 

想像できるでしょうか?

 

それから74年が経った 今

 

その土地を耕す人がおり

 

道の向こうでは 元気に遊ぶ子どもたちが いる。

 

※久良岐母子福祉会の始まりは 

 戦後の社会に困窮するお母さんとこどもを救おう

 と立ちあげた社会福祉事業でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0369.JPG

 

 

 

 

 

 

ほら 鍋をかき回せ!

 

今日 この日 この時

 

久良岐に集まった中里の人々の 

 

温かい 食物。

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

 

 

広報委員

 

ただ今 取材中。

 

中里の歴史について

 

人に会い 人のお話を聞き

 

中里の街について 知っていく過程。

 

そのことが とても大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0500.JPG

 

 

 

 

 

 

先生方が 社会福祉法人に求められている

 

「地域貢献」とは何なのか考え

 

実践して下さることに

 

いつも感謝をしています。

 

そのバトン。

 

わたし 受け取りました。

 

今度は たくさんの人に知ってもらいましょう!

 

 

ただ今 『広報くらき第57号』編集中です。

 

 

 

 

 

 

 


AED訓練(中里第三防災訓練)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0397.JPG

 

 

 

 

 

AEDを用いた救急蘇生の訓練への

 

ここ数年の皆さんの関心は

 

とても高いと感じます。

 

今回の防災訓練でも3体の訓練器の前には

 

たくさんの人が集まっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

街のあちらこちら

 

たとえば銀行とか 

 

あら こんなところにもAEDがある と

 

思う事もよくあります。

 

しかし 銀行も学校も夜は閉まってしまう。

 

これからは この問題解決でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0412.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園には 玄関のカウンター内側に

 

AEDが置かれています。

 

そして毎月の職員会議の最後に

 

あらかじめ指名されている職員2名が

 

ふいに倒れている人を発見したという想定で

 

救急蘇生法の演習を 

 

職員皆が見ている前で実演するのです。

 

気持ちの準備ができていない時に

 

また 呼吸の確保ができておらず

 

たとえば顔色が悪いとか

 

本当にぐったりした重症の人を前にしたら

 

日頃訓練をしていても

 

果たして100%の実力がだせるか・・・

 

それなら 周りが見ているという緊張感の中で

 

訓練をしましょう というのが演習の意図です。

 

 

 

 

 

DSC_0436.JPG

 

 

 

 

 

この方が演習をしているのを

 

わたし 拝見していました。

 

消防隊員とのやり取りに

 

訓練に必要なだけの心地よい緊張感があって

 

この方が誠実に取り組んでいらっしゃる姿勢に

 

わたしは心が動きました。

 

 

人に何かを教わるとか

 

特に 人の命がかかっている時に使うのが

 

AED。

 

 

このあと わたしも消防隊員の方にあらためて

 

マンツーマンで教えてもらいました。

 

 

 

 

救える命が ある。

 

防災訓練で 知らされたことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里第三防災訓練

 

 

 

 

 

 

 

令和元年9月29日(日)

 

久良岐保育園 園庭で

 

中里第三自治会防災訓練が行われました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

 

 

途中で雨がポツポツとふりましたが

 

雨が上がると 青空。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0326.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭には消防自動車や起震車もスタンバイ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0336.JPG

 

 

 

 

 

 

南消防署 大岡派出所の所長さん。

 

 

 

 

 

DSC_0334.JPG

 

 

 

 

 

 

消防団のみなさん。

 

 

 

 

 

DSC_0382.JPG

 

 

 

 

 

中里第三 家庭防災員みなさんも。

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

 

最初は 水消火器で消火訓練。

 

 

 

 

 

DSC_0361.JPG

 

 

 

 

 

 

始めは見ていた方々も・・・

 

 

 

 

 

DSC_0374.JPG

 

 

 

 

 

 

的をねらって 消火の訓練。

 

 

 

 

 

DSC_0388.JPG

 

 

 

 

家庭防災員の皆さんは

 

身近な新聞紙やビニール袋を使って

 

暖をとる方法や

 

簡易なおむつの作り方の紹介と実演です。

 

 

 

 

まだまだ 防災訓練は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


つくる

 

 

 

 

 

 

DSC_0095.JPG

 

 

 

 

 

自治会の会長さん

 

何をしているのかな。

 

 

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

 

 

 

人が 何かをつくっていると

 

周りに人が 集まる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0127.JPG

 

 

 

 

 

 

どんなに世の中が便利になって

 

指先ひとつで 大根が自宅に届いたり

 

離れたお家の電気がついて

 

OK!グーグル!お気に入りの音楽!と言ったら

 

お部屋のスピーカーからステキな楽曲が流れても

 

 

人は つくる喜びと

 

つくってもらう喜びからは 逃れられない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0124.JPG

 

 

 

 

 

そして 小刀を手に

 

おそらく人生で初めて竹を削る。

 

(といっても 太い笹ではあるが)

 

竹を削る細工の歴史は おそろしく長い。

 

竹の笊(ざる) 竹の籠(かご)

 

これらは 今もいきている。

 

 

 

 

 

DSC_0140.JPG

 

 

 

 

刃物を持つ心地よい緊張感。

 

つくる喜び。

 

 

 

 

DSC_0146.JPG

 

 

 

 

会長が作った 竹の笛。

 

 

 

 

DSC_0147.JPG

 

 

 

 

 

鳴らし方を 教わる。

 

ネットで検索するのではなく

 

人から 人へ

 

自分の目の前の人が

 

話しかけ 手本を示し

 

相手の気持ちを その声から感じ

 

自分の気持ちを呼応させていく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0151.JPG

 

 

 

 

息を 吸う。

 

心を 整える。

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

吹く。

 

身体の中の気持ちを

 

口から 竹に伝えて いく。

 

 

 

 

 

DSC_0157.JPG

 

 

 

 

つくる喜びが 

 

伝わって いく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


週1農業 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週土曜日に

 

ピーマンと長なすを ザルいっぱいに収穫して

 

はや 1週間。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の 燃えるようなスピード感は

 

すでに去り

 

じっくりと  あわてずに

 

物事は よく考えましょう…という空気が

 

畑にも 流れています。

 

 

 

野菜の成長も

 

たとえば 朝小さかったキュウリが

 

夕方見に行ったら へちまみたいにでかかった…

 

ということは もうありません。

 

野菜も夏の陽ざしに煽られず(あおられず)

 

自分の身の丈にあったスピードで

 

じっくり こつこつ大きくなっていくようです。

 

茄子などは その分 味が 濃い!

 

成長の大きさと早さを競うよりも

 

毎日 こつこつ中身をふやして

 

中身を濃いものにして勝負します!って感じ。

 

 

 

 

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

 

台風の風に負けず

 

空を見あげる里芋の葉。

 

 

 

 

 

DSC_0010.JPG

 

 

 

 

 

1週間ぶりに来た人も 茎と葉の大きさにびっくり。

 

 

 

 

 

 

DSC_0028.JPG

 

 

 

 

さぁさ 茄子 なす  ナス っと!

 

 

 

 

 

 

DSC_0036.JPG

 

 

 

 

 

 

今日も ザルにいっぱいの野菜。

 

 

 

 

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

 

 

 

さっそく こどもふれあい広場「いきいき」んい届けます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0053.JPG

 

 

 

 

 

 

 

はい 記念の写真。

 

お料理を よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ナスとピーマンを ふたつのお味で。

 

塩炒めと 味噌炒めです。

 

 

 

汗を流して育てた甲斐があります。

 

みなさん ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オレ の 仕事

 

 

 

 

 

 

つい この間

 

園長センセイに聞いたのさ。

 

次の 仕事はいつなのか。

 

そぅしたら 今度は土曜日。っていうから

 

今日は ちょっと早起きしたよ。

 

 

仕事の現場 保育園に着いても

 

園長センセイは まだ来ない。

 

ブロックやって ウォーミングアップっと。

 

 

 

 

 

 

DSC_0068.JPG

 

 

 

 

 

 

さて っと。

 

仕事を始めるか。

 

よい…  っしょ  っと。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0070.JPG

 

 

 

 

 

でっかい座布団も 軽々と持ち上げる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

 

カラになったオレの愛車を押して

 

また 座布団をとりに降りる。

 

エレベーターで また上がってきて

 

座布団をおろす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0079.JPG

 

 

 

 

 

もう1階も 3階の構造も

 

オレには お見通しさ!

 

目をつぶったって

 

どこになにがあるか わかってるって!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0160.JPG

 

 

 

 

 

お礼なんて いらないさ。

 

地域の人は

 

「ぼく ありがとうね」って言ってくれるが

 

オレは 世のため 人のためになるってことは

 

小さなことを 朝の遊びのブロックみたいに

 

コツコツと積みかさねることなんだって

 

思っているさ。

 

 

 

 

そうして みんなが

 

オレの運んだ座布団に座って

 

今日の 出会いと

 

今日の1食を

 

喜んでくれれば

 

それでたくさんだ。

 

 

 

 

 

あ〜  今日もいい日だぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


週1農業 

 

 

 

 

 

 

9月13日 金曜日。

 

午後5時30分

 

9月もこの頃になると

 

日の暮れるのが早くなったなぁと感じられる。

 

今日は十五夜だというのに

 

あいにくの曇り空。

 

シフト勤務C版の T先生が畑にやってきた。

 

 

 

これから

 

じゃがいも 植えます!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

 

 

 

 

 

じゃがいもには

 

ふつうの男爵系じゃがいもと

 

縦に長い形のメークィーンがあるのは

 

みなさん ご存じですね。

 

 

しかし畑に植える種イモには

 

もっと種類があります。

 

農業1号に・・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0141.JPG

 

 

 

 

 

 

ニシユタカ

 

 

 

 

 

DSC_0143.JPG

 

 

 

 

 

 

デジマ という品種。

 

 

 

 

 

それにこの頃は赤くてやや小さめのイモも売っています。

 

じゃがいものすぐれたところは

 

1年に2回植えて

 

2回収穫できるところ!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0157.JPG

 

 

 

 

 

 

 

11月 霜がおりる前の収穫を予定していますが

 

自然は私たちの思うようにはなりません。

 

春の種イモの植え付けでは

 

1個のじゃがいもを半分に切り

 

二分の一サイズのじゃがいもで

 

しっかり ちゃっかり2倍の収穫を目指しましたが

 

わたしは秋の収穫は 種イモを半分に切りません。

 

この季節は 1個のままで植え付けて

 

しっかり育てるほうがいいような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0163.JPG

 

 

 

 

 

 

 

実は 買ってきた種イモが

 

余ってしまい

 

14日土曜日に 緑の井戸端を

 

わたし 新たに開墾しました。

 

出てくる  出てくる

 

ゴロゴロ ゴロゴロ

 

石や粘土のかたまり

 

宅地にしようと人が混ぜた「ガラ」が。

 

そういうものを

 

掘っては 取り除き

 

取り除いては 耕す。

 

時々 里芋の葉の下で休憩。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

 

 

 

 

少し 堆肥や腐葉土を混ぜて

 

また耕して 種イモを 植える。

 

作業は シンプル。

 

必要なのは・・・

 

今日の夜 腰に貼り付けるロキソニンの大判テープ。

 

そして ムヒアルファ EX !

 

※ 開墾した土地に悪い虫がいたようで

  侵入者のわたしは たっぷりやられてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

わたしたちは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0020.JPG

 

 

 

 

 

 

この中里の土を踏みながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおきく なった

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0654.JPG

 

 

 

 

 

 

 

最初は だれかの 手を かりて

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0622.JPG

 

 

 

 

 

 

だれか の 膝に のり

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0616.JPG

 

 

 

 

 

 

うたを歌って 遊んだ

 

 

 

 

 

 

DSC_0995.JPG

 

 

 

 

 

 

太鼓の 音が 鳴る

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

土を蹴って 走り出す

 

 

 

 

 

 

DSC_0050.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ともだちの 足を 持ち上げる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

手を 伸ばす

 

土と  空と  わたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


週1 農業 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑の井戸端の土地で

 

週に1回 数時間の農業で

 

果たして 作物が育ち収穫にたどりつけるのかという

 

久良岐保育園のプロジェクト。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0447.JPG

 

 

 

 

 

 

 

JA横浜 メルカートみなみ店は

 

わたしの大好きなお店です。

 

素人のわたしもこのお店に行って

 

プロが使う道具をみていると

 

「ホンモノ」に近づいていくようで少しうれしい。

 

この日はワラ一束 378円を 購入。

 

茄子や里芋の根元に敷きました。

 

茄子は意外と浅いところで広く根をはります。

 

ワラをしいて カバーというわけです。

 

肥料をやるときも 茄子の根っこをイメージして

 

栄養を吸い上げてくれそうなところに蒔く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0455.JPG

 

 

 

 

 

この日の朝の 収穫物。

 

ピーマン!

 

 

 

 

 

DSC_0460.JPG

 

 

 

 

 

 

日本の代表的な「ハーブ」 シソ。

 

この葉に 小さなバッタがくっついて食べる。

 

バッタとニンゲンの競争。

 

一枚いちまい 取っていく。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0468.JPG

 

 

 

 

 

京急の地下の野菜売り場にいくと

 

「大葉」として売られているが

 

けっこう 高い expensive!

 

 

 

 

 

 

DSC_0473.JPG

 

 

 

 

 

朝の収穫野菜を届けるのは

 

ここ!

 

月に1回開催されている こどもふれあい広場いきいきです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0481.JPG

 

 

 

 

 

 

今月のメニュは カレーライス。

 

ピーマンと大葉 使って下さい。

 

どうぞ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0490.JPG

 

 

 

 

 

今日はちょうど夏野菜のカレーなのよ。

 

それは使えてもらえて よかった〜

 

 

 

 

 

 

週1農業は 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered