舘山 拓人展

 

 

 

 

 

 

保育園にくると皆さんが通る長い廊下。

 

その廊下の両側に「思い出のレンガ」が飾られているのは

 

すでにご存じのことでしょう。

 

 

レンガ作りは旧園舎解体前に行われた「園舎お別れ会」の日に

 

行われました。

 

 

 

今日は 思い出のレンガ作りでお世話になった舘山拓人さんの

 

個展をお訪ねしました。

 

 

 

 

舘山拓人展

   −手が物語る情景ー

 

 

 

 

DSC_0584.JPG

 

 

 

 

 

 

個展の図録は数日前にいただいていて

 

すぐにでも開封して見たくなっちゃうのですが

 

事前に図録を見てから伺うか

 

それとも個展の日に本当の作品を見て

 

図録は帰宅してから 改めて見るかなど

 

わたしの中では逡巡する事柄だ。

 

学校のお勉強以外では 予習が出会いの邪魔になる。

 

・・・ しかし今回は 着物に着替えて気持ちもあらたまった時に

 

図録を拝見。

 

 

 

 

 

DSC_0694.JPG

 

 

 

 

 

 

 

どの作品にも「手」が出現しているのだが

 

わたしは「舟」にも心が奪われる。

 

舟とは何なのか 作品の前で 考える。

 

自分の人生は 自分の手におえる舟に乗り

 

櫂や櫓を手に ぎっちらぎっちら漕いですすんでいきたいと

 

思う。

 

 

アトリエで何気なく拝見していた作品もあるが

 

こうしてギャラリーに収められ存在すると

 

同じ作品が「自立」していて

 

あたりの空気をここちよく緊張させる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0695.JPG

 

 

 

 

舘山拓人 展

 

ギャラリーせいほうにて

 

9月21日(金)まで。

 

日曜・祝日 休廊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


久良岐にお神輿がやってくる

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0509.JPG

 

 

 

 

 

 

遠くの方から風に乗って

 

お囃子が聞こえて きた。

 

 

最初は 山車(だし)

 

中里第三自治会会長さんが見えてきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

渡御の先頭は 祭典委員長。

 

錫杖(しゃくじょう)をついて

 

行列の露払いをして下さいます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0549.JPG

 

 

 

 

西光寺にて お神輿を「差す」

 

 

 

 

 

DSC_0564.JPG

 

 

 

 

 

次は久良岐の正面玄関。

 

神様をお乗せしたお神輿だ。

 

新しい久良岐に魂が入るような気分です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0584.JPG

 

 

 

 

さて。

 

園庭でお神輿をおろします。

 

冷たい飲み物を どうぞ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0595.JPG

 

 

 

 

 

 

人がつながり

 

時間がつながり

 

自然につながっている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0601.JPG

 

 

 

 

 

さぁ お神輿も出発だ。

 

 

 

 

 

DSC_0603.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里

 

 

 

 

 

 

中里夏祭り

 

今日は2日目。

 

久良岐の園庭にお神輿がやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8076.PNG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたちが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0050.JPG

 

 

 

 

 

 

わたしたちが

 

久良岐の広報委員です。

 

 

久良岐母子福祉会の広報委員会は

 

各施設の代表で構成されています。

 

久良岐保育園の広報委員はわたしたち。

 

今年のテーマは「地域体験記」です。

 

そこでこどもたちが日頃お散歩に出かける

 

公園の整備や 

 

中里第三自治会のメンバーとしてお祭りのお手伝いもしています。

 

 

浴衣に着替える前は

 

焼きそばのキャベツを切りました!

 

「・・・この大きさで大丈夫だったかな・・・」

 

 

 

 

 

DSC_0271.JPG

 

 

 

 

よし

 

大丈夫!

 

 

焼きそば おいしそう!!

 

 

 

 

 

DSC_0048.JPG

 

 

 

 

 

 

日が暮れて

 

提灯に明かりがともります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0396.JPG

 

 

 

 

 

 

 

盆踊りの和が広がり

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0392.JPG

 

 

 

 

 

 

 

中里音頭を踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0415.JPG

 

 

 

 

 

 

二日目の夜も中里第三のお手伝いをします。

 

 

 

 

 

DSC_0449.JPG

 

 

 

 

 

 

地域の皆様

 

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0830.JPG、、

 

 

 

 

 

 

 

 

8月18日 土曜日

 

朝。

 

 

 

 

 

 

DSC_0832.JPG

 

 

 

 

 

 

 

熊野神社から

 

久良岐保育園を見る。

 

 

 

 

 

DSC_0834.JPG

 

 

 

 

 

ふもとの保育園では

 

こどもが 遊ぶ。

 

 

砂 と 水。

 

水を汲むと 運びたくなる・・・のが

 

こども。

 

汲んでは こぼす・・・

 

のも  こども。

 

 

こぼれそうで こぼれない ぎりぎりの

 

危うい感じが こどもは 好き。

 

 

 

 

 

DSC_0835.JPG

 

 

 

 

登る。

 

 

 

 

 

DSC_0837.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は中里のお祭りだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お祭り 準備中

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0743.JPG、、

 

 

 

 

 

机の上。

 

 

お祭り準備中。

 

 

 

 

 

 

 

 

中里夏祭り。

 

19日(日)

 

朝10:15頃

 

お神輿と山車が久良岐の園庭にやってきます。

 

レモン水 と カルピスで

 

ちょっと一息 ついて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もうすぐ お祭りだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0057.JPG

 

 

 

 

 

 

和太鼓の練習の前に

 

ヒミツの特訓中!

 

 

 

 

 

DSC_0065.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おとなのための

 

はっぴ着付け教室・・・かな・・・

 

帯を結ぶ が 難しい。

 

だいたい 紐を結ぶことだって

 

わたしたちの生活には ほとんどない。

 

まして 帯ですよ!

 

 

がんばれ〜  

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

そうして 今度はこどもにはっぴを着せる。

 

できるかな・・・

 

 

☆ お祭りの日 当日は保護者の方が

  はっぴを着せて保育園にくるのですが

  皆さんは いかがでしょうか。

 

「こどもが保育園で着たいって言っている」なんて時は

どうぞ 保護者の方が保育園で着せて下さいね。

親が 子どもの身体に手をぐるりとまわして衣類を着せたり

ぐるりと手をまわして帯を結ぶなんて 洋服にはありません。

子どもを感じるこの距離感を どうぞ感じてくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0075.JPG

 

 

 

 

 

 

こんどは 軽く打合せ。

 

会場のレイアウトや出演の順がわかったので

 

イメージを共有します。

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁ 沖縄の赤い太鼓 パーランクーの時には

 

ほかのクラスの先生方もお手伝い

 

久良岐保育園は年齢別クラスで保育をしていますが

 

「わたしたちは チームで 仕事をしています」

 

みなさんのお仕事ではどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPG

 

 

 

 

そしてそれは又 こんな風にも言い換えられます。

 

0歳 1歳 2歳・・・

 

乳児の先生方がいてくれたから

 

今の この姿がある  と。

 

もしも幼児も大きくなってなにか問題があるとしたら

(文章と画像に関係性はありません)

 

それは1歳の時に解決していないことなのかもしれないし

 

乳児の時に 保育園で育てることができなかったことを

 

わたしたちが見逃していて 今に至ったのではないか。

 

だからこそ 年長のこの姿は

 

乳児の先生方のおかげである。

 

・・・ そんなふうに思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0093.JPG

 

 

 

 

 

 

 

年長クラスの太鼓の音が聞こえると

 

ちいさなクラスのお友だちがやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0099.JPG

 

 

 

 

 

 

年長は 保育園みんなのあこがれのクラスです。

 

いくら 今太鼓をたたきたくても

 

こうして ずうっと見ていて

 

辛抱して 辛抱して

 

ようやく その「ケンリ」にたどり着く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

年長の太鼓は

 

みんなで同じリズムを叩きます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

 

 

 

 

隣りの人の気配

 

隣りの人の息遣い

 

・・・ こどもはこういうことによく気が付く。

 

和太鼓も そうだ。

 

隣りの音を聞いたのでは 音速に追いつかない。

 

息遣い つまり「間」を感じることだ。

 

和太鼓は 人と人を結ぶ楽器だなぁと

 

つくづく思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

 

 

 

 

 

おぉ

 

いい感じ!

 

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

 

 

 

 

 

もうすぐ

 

中里のお祭りだ!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園舎の思い出を刻んだレンガ 完成

 

 

 

「時間がつながる 人がつながる 自然がつながる」

 

これは2016年 園舎お別れ会のコンセプトでした。

 

そしてこのコンセプトを実現するために

 

中里にお住まいの彫刻家 舘山 拓人さんのご指導で

 

園舎の思い出を刻んだレンガを作りはじめました。

 

 

 

2018年 7月。

 

新園舎が完成して 園庭も出来上がり

 

久良岐全体の改築計画も完了して

 

満を持してレンガの設置となりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0265.JPG

 

 

 

 

 

 

もちろん

 

レンガを収めた額も舘山さんの製作。

 

そして 額の設置も 舘山さん。

 

思い出を刻み

 

思い出をつなげ

 

久良岐で人と人がつながるための

 

始めから最後まで

 

すべて舘山さんが関わっていて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

 

 

 

玄関上空に広がる 青い空。

 

19メートル70センチの長い廊下。

 

いったいこの会館のどこに「思い出」を置いたらいいのか

 

この事を考えるとき

 

コンセプトが生きてきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0278.JPG

 

 

 

 

 

 

ふと 額の裏をみましたら

 

舘山さんにより書かれた文字があります。

 

わたしなど わかったふりをしているだけで

 

何の知識もなく

 

「・・・こんな感じ」としかお話しできなかったのに

 

舘山さんがわたしの「こんな感じ」を整理整頓して下さり

 

カタチにして下さいました。

 

そして わたしの名前を書いて下さったこと。

 

大変にうれしいことでした。

 

だれかが 自分の名前を

 

特別に書いてくれることは

 

これほどまでにうれしいことなのですね。

 

 

 

 

 

DSC_0287.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「5/5」と言う表現は

 

アートな作品の右下あたりで目にすることがあります。

 

なんだか それも うれしい…

 

 

 

舘山さん ただいま「水平」について実測中。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0272.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

記録は 娘さん。

 

「ねぇねぇ お父さんが彫刻家ってどんな気分?」と

 

尋ねてみましたら

 

「うん いいっ!」とのお返事です。

 

 

お父さんが彫刻家って なかなかないです。

 

なにがうらやましいって!

 

自分が触れられる彫刻がそこにある!っていうことでしょうか。

 

絵を見るには視力がいりますが

 

彫刻を見るには触れる という方法があって

 

ユニバーサルな芸術だなといつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0299.JPG

 

 

 

 

 

 

どうぞ いつか久良岐に来ましたら

 

この廊下をゆっくり歩いてみて下さい。

 

こっち から あっちへ 歩き

 

又 あっち から こちらへ 歩く。

 

思い出というのは 一方通行ではなく

 

いったり来たり 途中下車ありの時間です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

無意識に歩く 廊下。

 

 

でも あなたの視力は

 

確実に時をとらえ

 

時を刻んで いる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0304.JPG

 

 

 

 

 

時は 立ちどまり

 

人に思慮を与える

 

思索の森に誘う。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0314.JPG

 

 

 

 

 

これは舘山さんが描いて説明をして下さったもの。

 

わたしには これも大切なものであり

 

大切な時間でした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0316.JPG

 

 

 

 

 

 

 

旧園舎の久良岐母子福祉会館の「母子」の文字。

 

 

 

 

 

 

DSC_0317.JPG

 

 

 

 

 

乳児院の「乳」と

 

保育園の「保」

 

 

 

 

この会館が人と人がつながる場所でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


思い出のレンガ作り 進行中

 

 

 

 

 

7月14日 土曜日。

 

中里にお住まいの

 

彫刻家 舘山拓人さんのアトリエで

 

旧園舎の思い出を刻んだレンガを

 

額に収める作業をするので ぜひ!との連絡をいただき

 

行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

大小100枚ほどのレンガは

 

すでに 計算され四角に組まれた額に

 

一枚一枚が仮止めされておりました。

 

今日は レンガとレンガの間に石膏を流し込み

 

固定をして作品として仕上げる工程です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0819.JPG

 

 

 

 

 

舘山さんのアトリエには

 

何度か伺っていますが

 

ここに籠って作業をしている時間が

 

このアトリエの空間を大きく変化させているようです。

 

だいたい「道具」というものは

 

人間が使うものなのであ

 

道具が並べられている状態で すでに人の気配がするものなのですが

 

それではここに道具があるからと言って

 

ここが工場か と問われると

 

ここは工場ではなく やっぱりアトリエ。

 

たしかに ここはアトリエだ。

 

 

上の写真は…

 

並べたレンガに水分を含ませているところ。

 

素焼きのレンガや額の背面の木は乾いていて

 

この工程をとらずに直接石膏を流すと

 

石膏の水分をレンガや木が吸ってしまい

 

石膏の水分濃度が変わってしまって

 

思い通りの結果にならないのだそう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0823.JPG

 

 

 

 

 

 

 

石膏は水で溶く前に

 

石膏を軽く持ち上げては戻し

 

石膏のパウダーに空気を含ませておく。

 

まるでスポンジケーキの生地を作る時みたい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0848.JPG

 

 

 

水分を含んだレンガは

 

色も濃くなって 

 

まるで 雨上がりの pavement(舗道)みたい。

 

 

 

 

 

DSC_0836K.jpg

 

 

 

 

 

 

雨上がりの舗道はロマンティックですが

 

ここからは お料理に似た作業。

 

わたしの印象では

 

石膏はとても滑らかで 艶もあり

 

「マヨネーズ状」と言えます。

 

それをちょうどマヨネーズをいれて絞るのによい

 

ボトルにいれて レンガとレンガの間に

 

流し込んでいくのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0840.JPG

 

 

 

 

 

 

しかし ここが「プロ」の技。

 

ボトルの先端は

 

舘山さんによってノズルの先が

 

石膏の濃度にちょうどよい大きさに切られていて

 

うまく流れていくわけです。

 

石膏は時とともに硬化していきます。

 

一瞬でも同じ状態には留まっては いない。

 

次の瞬間には 硬化はすすんでいる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0841K.jpg

 

 

 

 

 

 

 

赤のボトルに入った石膏がなくなると

 

すかさず黄緑の石膏ボトル。

 

使う石膏の量も計算されていて

 

ちょうど石膏が使い終わると

 

レンガも固定されているというわけです。

 

 

 

すこし話が長くなることをお許しください。

わたしが中学生の時、理科Aという授業があり

「どうして洗濯物が乾くのか」と先生に質問をしたことがありました。

先生はすぐにお答え下さって「洗濯物も運動をしていて、洗濯された布に含まれた水分は干された瞬間に運動が始まり液体が気化する」のだそうだ。

今になってこの事を想うとき、先生というのは圧倒的な知識のかたまりなのだと気が付く。

 

 

 

舘山さんも知識のかたまりだな と思うことがある。

 

圧倒的な知識の「引き出し」を持っている。

 

このお話しはまた いつか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0854K.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

わたしも 石膏に トライ!

 

舘山さんの作業をお手本に

 

やってトライ!

 

 

 

 

ここで また 気が付いたことが ある。

 

先生というのは 生徒をほめておだてるのも うまい!

 

舘山さんは 先生ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0857KK.jpg

 

 

 

 

 

 

 

かなり真剣!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0866K.jpg

 

 

 

 

 

 

 

旧園舎の思い出を刻んだレンガ

 

完成まで あと少し。

 

 

 

 

 

 

 


園舎の思い出を刻んだ レンガ

 

 

 

 

 

中里にお住まいの彫刻家 舘山拓人さんに

 

レンガ作りのワークショップから

 

今日に至る作業まで お願いをして作業進行中の

 

「(旧)園舎の思い出を刻んだレンガ」。

 

 

 

 

今度は

 

新しい園舎にどのように飾ったらいいのか・・・

 

いやいや 飾るというのではなく

 

過去から 今この時まで

 

時間は連続していて

 

続いている時間の中にわたしたちが存在している…

 

… と言ったほうがいいような気が

 

最近していて

 

それを どこに? と考えています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0291.JPG

 

 

 

 

 

旧園舎とともに存在していたわたし達の

 

それぞれの「思い出」も又

 

たしかにそこにあって 存在しており

 

目には見えない「思い出」であるけれど

 

それぞれが その年 その月 その日のその時間に

 

感じたことや 触ったもの 

 

動かした物 流した水 すてた紙くずさえ

 

たしかに何かの役割や現象になって

 

「今」この時に「作用」をしているのだと

 

わたしは 思います。

 

 

 

思い出のレンガは 舘山さんという人が

 

その手で触れ それぞれの人の

 

点でしかないおびただしい数の記憶を

 

粘土に閉じ込め 

 

それぞれの人の願いが その通りであるように

 

窯で焼きしめた。

 

そして今 さらに

 

どのようなカタチであれば

 

願いが成就するのかと

 

フレームに並べている。

 

 

 

  

 

 考える途中のフレームを玄関に展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered