参道

 

 

 

 

 

 

 

「中里熊野神社」をご存知ですか?

 

久良岐母子福祉会の地元、中里四町会の氏神さまです。

 

久良岐保育園は特定の宗教はありませんが

 

この中里の地で69年にわたり

 

又 今日もこの土地で子どもたちが元気に生活をし

 

遊べることに 日々の感謝があります。

 

特に久良岐保育園は

 

季節ごとの自然の移り変わりを

 

空の高さ 木々の緑

 

砂に描かれた風の足あとなどから感じ

 

四季の生活の行事も大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日は 中里の氏神様

 

中里熊野神社のお掃除と幟(のぼり)をあげる日。

 

私もお手伝いに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0082.JPG

 

 

 

 

 

 

下の道から 神社に登る参道を

 

きれいに整えていきます。

 

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

 

 

 

 

 

とても暑い日ですが

 

枝を落し 下草を刈って

 

清々しい風が通りぬけました。

 

 

 

来週は いよいよお祭りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


週1 農業

 

 

 

 

 

 

 

6月に植えた 里芋。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0725.JPG

 

 

 

 

 

長かった雨の毎日を

 

じっと耐え

 

いよいよ夏の光りに照らされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0966.JPG

 

 

 

 

 

 

こうなってくると 畑の仕事もがぜん忙しくなる。

 

雑草と共存する畑もあるらしいが

 

プライベートでも畑を持っているワタシにすると

 

ワタシの場合の「共存」とは

 

畑は畑として

 

常に食べる野菜を育て収穫する場であるから

 

雑草は 抜く。

 

木の枝は伐採して 畑への日当たりを確保する。

 

そうすると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

b1324a3d326cdbde54ddb09cc269c9dd.jpg

 

 

 

 

 

(ワタシのプライベートの畑は)

 

こんな感じになります。

 

右側が 家です。

 

 

 

 

 

 

585e0ea74fe68060315ffcaf85598e40.jpg

 

 

 

 

 

 

野菜が大きくなると

 

こんな感じ。

 

だから緑の井戸端の畑も

 

雑草とは共存できず

 

畑に隣接しているお家の迷惑にならないためにも

 

常に ある程度のレベルで手入れをする。

 

これが ここの「共存」。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0959.JPG

 

 

 

 

 

旧園舎から とっても苦労をして持ってきた

 

「ぶどう」

 

植替え直後は「あぶない状態」でしたが

 

今は 回復。 実っています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0956.JPG

 

 

 

 

 

みどり一色の中に

 

こういう花が咲くと気持ちがホッとします。

 

こぼれた種から育てた「百日紅(さるすべり)」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0951.JPG

 

 

 

 

 

 

白い花が 実になります。

 

ピーマン。

 

 

 

 

 

 

DSC_0969.JPG

 

 

 

 

 

 

 

週に 1回。

 

夕方1時間の 畑の お仕事。

 

果たして 週1 農業で

 

住宅地の畑が人と共存し

 

収穫の成果はあがるのか

 

実験ともいえる取組みです。

 

 

本日最後のお仕事は 水まき。

 

「たっぷり20分はかかるよ!」と

 

植物や野菜の根のはり方の特徴や

 

水やりで根を深くはらせる仕組みをお話しする。

 

 

「本当に 水まきだけで20分かかるんだ」と

 

言っています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0970.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも本日最後のお仕事。

 

中里第4公園の花壇に 水やり。

 

バケツを持っているおとながいたら

 

久良岐保育園の先生方ですよ〜

 

 

みなさん お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


緑の井戸端

 

 

 

 

 

寒い冬にも ただ1本、

 

空に向かって茎をのばして耐えていた

 

「赤たまねぎ」。

 

 

春を迎え

 

5月ともなれば・・・・

 

 

 

 

DSC_0771.JPG

 

 

 

 

 

 

まさに 玉ねぎ。

 

大きいの 小さいの

 

いろいろあるけれど

 

すいすいと 抜く。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0773.JPG

 

 

 

 

玉の部分と 茎&葉を切り離す。

 

この緑の茎&葉の分量の多さ!

 

プロの人が作れば こんな事はないのかもしれないが

 

素人のわたしが作ると こういう割合に なる。

 

地下の玉ねぎを育てるためには

 

地上部で光合成の役割をしたり(多分… )

 

冬には地上の熱を地下に伝えたり(ホントかな…)

 

とにかく こういう姿が必要だった。

 

おおよそ何かをニンゲンが食べようとすると

 

廃棄する部分が 圧倒的に多い。

 

お魚だって そう。

 

「身」だけ泳いでいる魚など いない。

 

あなたが この間食べたお魚の分量の

 

何倍かの「部分」は廃棄されていると思う。

 

わたしのプライベートの畑で作ったものは

 

できるだけ廃棄をしないで食べつくす。

 

この玉ねぎと茎&葉の接合部分は

 

小口切りにして 天ぷらなどにする。

 

 

緑の井戸端にはいつも大きな穴が掘ってあり

 

廃棄する野菜の部分や 刈った雑草

 

玄関に飾ったあとの草花は

 

この穴の中で堆肥化している。

 

 

 

 

DSC_0861.JPG

 

 

 

 

 

今日は中里第三自治会有志で結成している

 

こどもふれあい広場「いきいき」の活動日だった。

 

会長さん 元気!

 

この赤玉ねぎを

 

「いきいき」で使って下さいね〜

 

中里ブランド。 「中里野菜」です!

 

 

 

 

 

DSC_0865.JPG

 

 

 

 

 

「いきいき」の会長さんも

 

元気! 元気!

 

 

 

そうそう

 

「いきいき」の食事を作る過程で出る野菜の皮も

 

緑の井戸端で堆肥化していますよ〜!

 

 

 

 

 

DSC_0870.JPG

 

 

 

さて。

 

土曜日の 午後4時。

 

玉ねぎを抜いたあとは

 

中里第三自治会 秋の防災訓練

 

炊き出しにむけて

 

八つ頭(やつがしら)を栽培します!

 

里芋もおいしいけれど

 

八つ頭の方が 食べるとおいしい!

 

それに 暑い暑い夏の畑で

 

里芋でも八つ頭でも 

 

あのトトロが頭にかざしている

 

芋の葉が わさわさ風に揺れている様は

 

農業の腕がすごく上がった気になるし

 

ヤル気が でる!

 

 

 

よぉ〜し

 

まずは 耕すよ!

 

土を!

 

 

芋類は土の中で育つからね。

 

土を よく耕す。

 

 

えっ?

 

耕すって・・・ 何?

 

混ぜる のだけど ちょっと違うか。

 

具体的に言えば 鍬という道具で

 

土を起きあがらせて 土の粒の中に空気を入れるのね。

 

その時 石が出てくれば 取り除く。

 

ミミズが出てくれば「こんにちわ!」って言って

 

これからも良き働きをしてくれるようお願いをする。

 

耕すって そんな事 (多分…)

 

 

 

 

 

DSC_0881.JPG

 

 

 

 

この鍬はね

 

先が3本に分かれているヤツ。

 

下敷きみたいには なっていない。

 

耕す時には 先が分かれている方が

 

鍬に土がくっついてこないで 調子がいいよ。

 

 

T先生

 

最初はね

 

振り下ろした鍬にT先生のカラダがくっついてきちゃって

 

どうなっちゃうんだ?と思ったけれど

 

だんだんサマになってきました。

 

重い鍬は 持ち上げて ただ振り下ろす。

 

鍬自身の重さで自然と土の中に入っていきます。

 

(おもちつきの杵と一緒  多分…)

 

 

 

 

 

DSC_0911.JPG

 

 

 

 

 

 

芋を植える時には 芽を植えにする。

 

もう赤い芽が 見えているでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0917.JPG

 

 

 

 

 

芽が 上。

 

芽が 上ね っと。

 

 

 

 

 

 

DSC_0923.JPG

 

 

 

 

 

土をかけて

 

仕上げh上々!

 

お疲れ様!

 

 

 

・・・明日 筋肉痛の 予感…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「オレ」 の 仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0235.JPG

 

 

 

 

 

 

毎月 一度。

 

こどもふれあい広場いきいきの朝。

 

オレ の 仕事の日がやってきた。

 

ずうっとこの日を待っていて

 

それがいつなのか園長先生に聞いても

 

よくわからない。

 

でも 今日は その日がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0239.JPG

 

 

 

 

 

 

オレの相棒は「ピンクの台車」。

 

コイツとオレは 仲よしさ。

 

今日も一緒に働くよ。

 

 

 

 

 

DSC_0251.JPG

 

 

 

 

 

 

座布団運ぶにゃ コツが ある。

 

荷物の下には大きい座布団

 

上の方に小さい座布団。

 

さらにできるだけ きれいに重ねる。

 

これが仕事がうまくいくコツってやつ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

 

ピンクの台車は回転自由。

 

狭いエレベータの中でも方向転換。

 

広い廊下は見通し上々!

 

今日の仕事も気持ちがいい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0255.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もオレの運んだ座布団に

 

だれかが座って 役にたつ。

 

座った人に オレの顔は見えないが

 

オレは それで いい。

 

この仕事がオレに任された!

 

それで充分さ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0260.JPG

 

 

 

 

 

 

時には 座布団を落っことすこともあるけれど

 

なぁに そんな時には拾えばいいこと。

 

仕事は 腐らず いじけず あきらめない。

 

そういうことだ。

 

おとなにも教えてあげたいよ!

 

 

 

さぁて 今日の仕事もおしまいだ。

 

ピンクの台車もがんばった。

 

園長先生  又 来月!

 

 

 

 

※ 編集の都合上「オレ」という表現を用いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


種 を まく

 

 

 

 

 

もう何年前に なるかしら・・・

 

中里のあの角のお家に住んでいたKさん。

 

この方は大変な種まき上手で

 

私などが苗を買ってきて植える植物も

 

種をまいて 上手に育てていらした。

 

ある時は お米も種であるから

 

「まいてみたのよ〜」を楽しそうにおっしゃる。

 

 

 

 

 

DSC_0115.JPG

 

 

 

 

 

さて 今日は

 

緑色の風にこいのぼりが泳ぐ

 

久良岐保育園の園庭で

 

中里第三公園愛護会のみなさんと

 

年長 ばら組が

 

春の種まきをしました。

 

 

種をまき

 

育った苗を 中里第一公園の花壇に植えようという

 

取組みです。

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園はこれほど広い園庭を有しながらも

 

地域の公園にもお散歩にいきます。

 

 

それは この園庭で育ってほしい子どもの姿と

 

公園という社会に期待する目的とは違う と思うからです。

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

 

 

 

 

お花の種は どれも小さく

 

愛護会の皆さんの手から

 

こどもの手へと 渡されていきます。

 

 

 

 

 

DSC_0143.JPG

 

 

 

 

 

 

 

指導は 南土木事務所の荒井さん。

 

種まきで こんなに大勢の地域の人が集まるところは

 

ないですよ・・・ とのことです。

 

 

久良岐の園庭は 久良岐のこどもの遊び場ですが

 

同時に中里地域の社会資源でもあります。

 

 

 

 

 

DSC_0167.JPG

 

 

 

 

苗を育てるポットに

 

まいたのは 何のお花かな。

 

 

 

 

 

DSC_0202.JPG

 

 

 

 

 

作業のあとは

 

地域の方と 子どもたちの握手。

 

 

 

 

 

 

DSC_0214.JPG

 

 

 

 

今日は ありがとうございました。

 

種をまいたポットは 久良岐で育てておきますね。

 

 

 

 

 

※6月4日 公園に定植予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 


中里第三お花見会

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0268.JPG

 

 

 

 

 

 

 

中里第一公園の桜も まもなく満開。

 

先週 卒園した皆さんの入学式には

 

この蕾も開くのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0484.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

今日は中里第三お花見会です。

 

昨夜は夜遅くまで

 

新年度の準備をしましたが

 

一夜開けて 

 

先生方も公園でお手伝い!

 

人が集まる場所には

 

必ず「湯気」がある というのは私の考え。

 

 

 

 

 

 

DSC_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

中里第三お花見会には

 

「野点(のだて)」のお席があり

 

お釜にお湯が沸いています。

 

心静かに お湯の沸く音を 聴く。

 

ただこれだけの事が

 

今日一日を迎える心を整えてくれます。

 

お湯とは ありがたいもの。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0249.JPG

 

 

 

 

 

 

 

もう少しダイナミックな湯気が好き!

 

という あなたには こちら。

 

トン汁の 湯気。

 

お釜の湯気も

 

トン汁の湯気も

 

どちらも これから人を迎えようとする気持ちを

 

あらわしていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0289.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁて。

 

仕事の前に 一服のお茶で

 

心と身体の支度をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0296.JPG

 

 

 

 

 

 

お茶のお席に

 

たくさんの人が 座って下さる。

 

ペットボトルのお茶もいいけれど

 

だれかが あなたのお茶碗を選び

 

あなたのために 点ててくれるお茶。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0503.JPG

 

 

 

 

 

 

 

心を鎮めて

 

風の音 鳥の声 

 

桜の花の色を想う。

 

そんな時間を

 

自分の中に取り込んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0434.JPG

 

 

 

 

 

 

 

人と人の 語らい。

 

湯気があり 

 

手の中に茶碗を抱く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0437.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて公園は人々の花が 咲く。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0415.JPG

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ 始めますか。

 

ビンゴのゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0371.JPG

 

 

 

 

 

 

もう少しで「ビンゴ!」なのに

 

ずうっと続く「リーチ」のわたし。

 

ここが 人のココロをつかんじゃうんだろうな。

 

 

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

 

「あと少し」に希望を見つける。

 

 

 

 

 

 

DSC_0381.JPG

 

 

 

 

 

 

おとなも こどもも

 

かなりの夢中。

 

「桜 咲く」まで

 

あとちょっと。

 

 

 

 

 

DSC_0422.JPG

 

 

 

 

 

 

 

チーム焼きそばのみなさん。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0515.JPG

 

 

 

 

 

 

焼きそば女子チームの皆さま。

 

 

 

 

 

 

DSC_0511.JPG

 

 

 

 

お花見は 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


公共工事 久良岐版

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年12月28日

 

今年の保育も この日でお仕舞です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0705.JPG

 

 

 

 

 

 

 

前日には 熊野神社のお掃除と

 

新年を迎える準備のお手伝いをしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

石段を登ってお社の前に立つと

 

久良岐会館もよく見えます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0721.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

熊野神社のふもとの久良岐保育園園庭では

 

側溝にたまった砂のお掃除が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0736.JPG

 

 

 

 

 

 

 

側溝のふたが開き

 

おとなが仕事を始めると

 

「なに?  なに? なんなのぉ〜?」と

 

こどもたちがやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0741.JPG

 

 

 

 

 

 

 

よし!

 

こどもたちにもお手伝いしてもらいましょ!

 

おとなが 側溝から掘りあげた砂を

 

バケツや手押し車にいれて

 

園庭の上の方まで運んでくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0746.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

園庭は もうすっかり工事現場のよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0747.JPG

 

 

 

 

 

しかも 工事現場に活気があふれている!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0753.JPG

 

 

 

 

 

この工事の最大の難関が ここ。

 

傾斜のついた側溝の水と砂は

 

最後にここに流れ込む。

 

ここの砂をしっかり堀だしておかないとね!

 

 

 

 

 

 

 

 

30年の保育も これでお仕舞。

 

今年もこのブログを読んで下さりありがとうございました。

 

皆様 よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


デザートも!(中里こどもふれあい広場 いきいき)

 

 

 

 

 

DSC_0525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

中里こどもふれあい広場「いきいき」。

 

ただいま 昼ご飯の支度中。

 

お手伝いの方々はオレンジのバンダナが目印です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0530.JPG

 

 

 

 

 

 

今日のメニューがきれいに盛り付けられていきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0544.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

中里第三自治会 小林会長も

 

オレンジのバンダナ姿です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0599.JPG

 

 

 

 

 

お食事が終わる頃

 

デザートの準備が始まりました。

 

今日はチョコレートのケーキ。

 

 

 

 

DSC_0602.JPG

 

 

 

 

 

とろーりおいしいチョコのクリーム。

 

 

 

 

 

DSC_0628.JPG

 

 

 

 

 

 

 

どれにしようかな・・・

 

 

 

 

 

DSC_0613.JPG

 

 

 

 

トッピングは 自分のお好みでね。

 

 

とってもおいしい ふれあい広場のお昼ご飯でした。

 

 

 

 

 

次回の中里こどもふれあい広場「いきいき」は

 

1月26日(土) 11:30より受付

 

ごはん  12時〜1時

あそび  1時〜3時

 

場所  久良岐母子福祉会館3F

    地域交流室

 

対象は 中学生以下のこども および保護者

 

費用  食事代 おとな300円

        こども100円

 

 

ふれあい広場の運営は

「いきいき運営委員会」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いただきます(中里こどもふれあい広場いきいき)

 

 

 

 

 

DSC_0569.JPG

 

 

 

 

 

 

今日 ここに来てくれた 

 

あなたのために

 

あなたのご飯を よそう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0535.JPG

 

 

 

 

 

今日 あなたがここに来てくれたこと

 

あなたと出会えたこと

 

この中里の地で

 

ご飯をつくり

 

おかずを盛り付け

 

一緒にひとときを過ごせること。

 

わたしたちは 感謝をします。

 

 

 

 

 

 

DSC_0580.JPG

 

 

 

 

 

おいしい!って とっても大事なことだ。

 

 

 

 

DSC_0579.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもの時に感じる「おいしい」は

 

きっと あなたのカラダに取り込まれている。

 

カラダにおいしいを記憶させること。

 

そうしたら これからさき 何十年も

 

その「おいしい」は 続いていく。

 

 

 

 

 

DSC_0581.JPG

 

 

 

 

 

中里こどもふれあい広場「いきいき」

 

始まりました。

 

 

 

 

 

DSC_0583.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里こどもふれあい広場「いきいき」

 

 

 

 

 

本日は はじめての

 

中里こどもふれあい広場「いきいき」

 

 

 

 

 

DSC_0535.JPG

 

 

 

 

 

12時〜1時まで おひるごはんを用意しています。

 

遊びの時間は3時までです。

 

 

 

 

 

DSC_0499.JPG

 

 

 

 

 

こども100円

 

おとな300円

 

中学生までのこども および保護者の方

 

どうぞいらして下さい。

 

久良岐母子福祉会館 3F 地域交流室です!

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/8PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered