大バトンレース

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0750.JPG

 

 

 

 

 

 

子どもが どのくらいうれしいか!は

 

どうぞ画像を見て下さい。

 

 

 

 

 

DSC_0771.JPG

 

 

 

 

 

 

 

子どもがうれしいと

 

保護者もうれしくなっちゃう!というのも

 

画像を見て わかっていただけるはず。

 

 

 

 

 

 

DSC_0789.JPG

 

 

 

 

 

持って 走るだけ

 

 

このシンプルさが たまらない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0800.JPG

 

 

 

 

 

大バトン 楽しい!

 

 

 

 

 

DSC_0802.JPG

 

 

 

 

接戦です!

 

 

 

 

 

DSC_0818.JPG

 

 

 

 

がんばれー!

 

 

 

 

 

 

DSC_0823.JPG

 

 

 

 

 

かっこいいぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


歌う 踊る 楽しむ

 

 

 

 

 

 

 

運動会の競技の内容をどう考えていくか・・・

 

これは どこの保育園の先生方も

 

楽しくて 苦しい課題ではないでしょうか。

 

「こういうの やりたい!」と思いついたとしても

 

やりたいから できる ということでもありません。

 

その証拠に本屋さんの保育コーナーの書架を見てみると

 

運動会のアイディアを紹介する本が並んでいます。

 

5歳児にはこんな競技

 

保護者にはこんな競技はいかがですか?と

 

イラスト入りで書いてあります。

 

 

しかし保育園は今!

 

定員(こどもの人数)も実に様々。

 

園庭のない保育園もたくさんあって

 

小学校の校庭を借りて運動会を実施することが

 

もう社会的に認知されているようです。

 

と いうことは

 

こどもは練習の場所と 本番の場所が違うということですから

 

これは 大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0385.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園も 一昨年と昨年は園舎建替えのため

 

南小学校の体育館をお借りして運動会を行いました。

 

その時のコンセプトは

 

「環境が変わっても私たちの大切にしていることは変わらない」でした。

 

環境が変わっても保育は変わりません。

 

「人」もまた環境であり 「物」も環境。

 

環境が子どもを育てていると言っても過言ではありません。

 

さて 3歳児クラスの「ダンス」

 

3歳児の身体の発達に合った曲の選考と振り付けがされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0397.JPG

 

 

 

 

簡単すぎるのも だめ

 

難しすぎるのも だめ

 

3歳児の身体の発達を知り

 

クラスのこどもの特徴を考え

 

競技の内容を考える・・・大変なことです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0394.JPG

 

 

 

 

 

子どもが 歌い 踊り 楽しんでいる。

 

 

 

 

 

DSC_0391.JPG

 

 

 

 

 

子どもを見て 応援して下さる保護者がいる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0407.JPG

 

 

 

 

 

 

先生方も 歌い 踊り 楽しむ。

 

 

 

 

 

DSC_0404.JPG

 

 

 

 

 

 

運動会って いいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


燃えています!

 

 

 

 

 

 

DSC03583.jpg

 

 

 

 

 

今年も始まります。

 

午前中の一番最後に行われるのは

 

クラス対抗保護者競技。

 

今年は「宅急便レース」で優勝をめざします。

 

 

 

 

 

DSC03610.jpg

 

 

 

 

 

 

 

私たち職員チームが有利なところは

 

前の日に運動会の準備とプログラム順にシュミレーションをしますから

 

保護者競技もやってみるところです。

 

今年もシュミレーションという名の練習をしてみたところ

 

かなり高難度なことを考えてしまった・・・でした。

 

1チーム 7個の箱の組み合わせと

 

積み上げる順番を検討してみたり

 

前夜まで あれこれ盛り上がってしまいました。

 

 

 

そして いよいよ本番です。

 

 

 

 

 

 

DSC03682.jpg

 

 

 

 

 

優勝めざして燃えていた職員チームですが

 

保護者の方々の「箱運び」に

 

スタート早々 敗戦の予感・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0636.JPG

 

 

 

 

 

すみれ組のスタート!

 

この笑顔  このタイミング

 

なんだか すごい・・・

 

 

 

 

 

DSC_0595.JPG

 

 

 

 

いちばん目の選手は 箱 1個。

 

 

 

DSC03646.jpg

 

 

 

 

 

 

選手交代と同時に 箱も増えていきます。

 

 

 

 

DSC_0646.JPG

 

 

 

 

 

 

ここ数年 上位の常連…というか

 

優勝候補なのが ここ。

 

 

 

 

 

DSC_0612.JPG

 

 

 

 

 

このチームの強さの秘密が 今年わかりました。

 

「情報の分析」です。

 

前のチームの戦いぶりを見ていて

 

陥りやすいミスを見つけ即座に解決策を実行してくるのです。

 

身体能力で勝利をしているのかと思いましたが

 

冷静な視点と行動観察(情報の収集)

 

そして解決策を導き出し チーム力につなげてくる・・・

 

すごい! 組織として機能しています。

 

 

 

 

 

 

DSC03668.jpg

 

 

 

 

 

下の写真をご覧ください。

 

箱が崩れおちたら チームのメンバーが拾って

 

その場で積みなおします。

 

その時間の短縮のため ランナーのあとを

 

箱の積みあげ要員が ついてきているのです。

 

恐るべし ピンクのたすきチーム!

 

 

 

 

 

DSC_0624.JPG

 

 

 

 

 

しかし

 

ここは久良岐保育園。

 

スピードに勝るもの なし!

 

優勝は このチーム!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0659.JPG

 

 

 

 

 

 

優勝賞品をもらって

 

堂々のウィニング ラン!

 

 

 

 

DSC_0663.JPG

 

 

 

 

 

ご参加の皆様

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

DSC_0666.JPG

 

 

 

 

 

 

来年こそ 優勝します(職員チームより)

 

 

※ ピンク色のアンカーたすきのお父さんは

  平成22年度からご出場。

  高度な身体能力にいつも脱帽しています。

  来年こそ! 必ず!

 

DSC_0397.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おんぶ

 

 

 

 

 

3歳児の競技は・・・

 

竹で作った(手作り)のはしごをのぼって

 

 

 

 

DSC_0727.JPG

 

 

 

 

好きなように飛び降りる。

 

 

 

 

DSC_0733.JPG

 

 

 

 

 

 

そして ゴールまではおんぶをする。

 

 

 

 

 

DSC_0712.JPG

 

 

 

 

 

いつの時代も

 

どんな時でも

 

子どもはおとうさん お母さんのおんぶが好きなんだって

 

この競技を見ていて思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0714.JPG

 

 

 

 

 

子どもがどんなにシアワセそうかは

 

おんぶをしていてきっと感じることでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0716.JPG

 

 

 

 

 

 

これまで どんなにシアワセかは知っているし

 

これからも きっとシアワセなんだけれど

 

もう この日この時が

 

最高にシアワセです!って笑顔です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0730.JPG

 

 

 

 

 

親子の競技に

 

わたしたち シアワセをもらっています。

 

 

 

 

DSC_0720.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


組体操

 

 

 

 

 

 

ところで今年も開会式での準備体操は

 

ラジオ体操第一でした。

 

わたしたち職員も 体育指導 七釜正司先生に

 

ラジオ体操のコーチをしてもらったのです。

 

まず最初になんの助言もお手本もなく

 

ラジオ体操をしました。

 

つぎにひとつづつの動きについて

 

七釜先生のお手本と同じように動きます。

 

手を上げる角度  指の伸ばし方

 

足の開き方 かかとの上げ方 などなど

 

ただ 先生のお手本の動きを

 

自分の身体を使って真似をするのです。

 

そうすると 人の身体というものの美しさが

 

目に見えるようになります。

 

かかとと頭頂部を身体の中心線でつないだ身長は

 

美しさの基準ではなく

 

しなやかに伸びる曲線と

 

まっすぐな緊張感を統合する力が

 

「個性」と「美しさ」を作っていることに気が付きます。

 

ラジオ体操の腰から上を回転させる動き。

 

こんど テレビで見てください。

 

回転が始まる時の両腕の位置。

 

こういう動きだったんですね。

 

わたしたち テレビのお姉さんに負けないくらい

 

美しく動いていたと 思うのですがいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0514.JPG

 

 

 

 

 

前置きが長くなりました。

 

組体操。

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

 

ただ一度の運動会。

 

その一回に最高のチカラを出す。

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

 

子どもたちとの練習で

 

「美しく!」などと言ったことはありませんが

 

本当に人の身体は 美しいなぁ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0531.JPG

 

 

 

 

 

身体の緊張と弛緩が

 

美しい形を作っているけれど

 

それだけじゃないようにも思います。

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

それは 一所懸命という気持ちでしょうか。

 

 

 

 

 

DSC_0540.JPG

 

 

 

 

 

先生は 子どもの一所懸命を

 

集める人。

 

 

 

 

 

DSC_0545.JPG

 

 

 

 

空は 青く

 

 

 

 

DSC_0552.JPG

 

 

 

 

 

めざすものは 高いところに。

 

 

 

 

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

 

 

そして となりにはいつも友だちが いる。

 

 

 

 

 

DSC_0559.JPG

 

 

 

 

 

声援を下さった皆様

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0560.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


くぐる

 

 

 

 

 

 

1歳児クラスの競技の最初は・・・・

 

「くぐる」です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0332.JPG

 

 

 

 

 

 

ここは畑の入り口だよ。

 

葉っぱのついたネットの下をくぐってね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0334.JPG

 

 

 

 

 

お母さんもお父さんも

 

こどもに負けないくらい 上手!

 

 

 

 

 

DSC_0340.JPG

 

 

 

 

今日の気分は「畑」どころじゃない・・・ってことも

 

ありますが

 

運動会に「涙」は必ずあります。

 

 

今年の涙は 今年だけのもの。

 

子どもの世界では 涙と笑顔は同じです。

 

正直な 今の 気持ちなのですから。

 

 

 

 

 

 

DSC_0357.JPG

 

 

 

 

おかあさんの「ぎゅう」の抱っこに

 

子どもは ほっぺを ぺったりこ。

 

 

 

 

 

DSC_0364.JPG

 

 

 

 

 

 

 

はじめての運動会。

 

おとなも 子どもも

 

初めての 運動会。

 

 

 

 

 

 

DSC_0359.JPG

 

 

 

 

 

今日は いい天気。

 

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

 

大きな トマト

 

大きな 園庭

 

 

広い 空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


デカパン!

 

 

 

 

 

 

「ねぇねぇ お父さん…」

 

お話ししたいことがたくさんあって

 

そんな子どものお話しと

 

子どもをおんぶしたり抱っこしたりして

 

子どもの成長を確かめる機会が運動会。

 

 

 

 

 

 

DSC_0239.JPG

 

 

 

 

 

子どもと保護者が

 

おなじパンツをはいて

 

跳ぶ!

 

 

 

 

 

DSC_0241.JPG

 

 

 

 

跳んでる 跳んでる!

 

 

 

 

 

DSC_0260.JPG

 

 

 

 

 

追いかける 追いつく

 

追いつく  追いかける

 

 

 

 

DSC_0273.JPG

 

 

 

 

おかあさん

 

小さい頃はきっとオテンバだったことでしょう。

 

 

 

 

 

DSC_0280.JPG

 

 

 

 

 

 

それっ! と

 

お母さんと子どもの息が 合う。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0293.JPG

 

 

 

 

 

おとうさんと

 

子どもの息が 合う。

 

 

 

 

 

DSC_0320.JPG

 

 

 

 

 

本日 いちばんの高さのジャンプ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0326.JPG

 

 

 

 

 

組んだ手に感じる子どもの身体。

 

回した肩に感じる子どもの強さ。

 

 

 

保護者競技って 大切なことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見ていてね!

 

 

 

 

 

2歳児クラスは

 

運動会の朝 保育園にやってくると

 

お家の人と離れて クラスのお友だちと

 

出番を待ちます。

 

 

 

 

 

DSC_0204.JPG

 

 

 

 

 

 

さて 園庭に

 

 

2歳児クラスのお友だちが やってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0206.JPG

 

 

 

 

 

 

これから フルフル フルーツを踊ります。

 

 

 

 

 

DSC_0211.JPG

 

 

 

 

 

2歳児のぼくたちは

 

ぶる下がるのだって この通り!

 

 

 

 

 

DSC_0423.JPG

 

 

 

 

 

わたしたちも この通り!

 

 

 

 

DSC_0443.JPG

 

 

 

 

 

お父さんやお母さんが持ってくれる竹の竿に

 

ぶる下がって移動中。

 

 

 

 

 

DSC_0466.JPG

 

 

 

 

 

この身体能力に

 

お家のひとが びっくり!

 

 

 

 

 

DSC_0458.JPG

 

 

 

 

 

 

時々 こんなこともあるのだけれど・・・

 

 

 

 

 

DSC_0454.JPG

 

 

 

 

 

先生たちは いつもあなたと一緒だよ。

 

 

 

 

 

DSC_0457.JPG

 

 

 

 

 

大丈夫!

 

がんばったね!

 

 

 

 

 

 

 

 


かけっこ 2

 

 

 

 

 

 

 

4歳児クラス。

 

かけっこ。

 

 

 

どなたか気がついてくださると

 

私たちはちょっとうれしい。

 

この前の3歳児クラスのかけっこが終わって

 

退場の動きと同時に

 

この4歳児クラスが入場しているってこと。

 

同時進行です。

 

そして3歳児クラスの担任と4歳児クラスの担任がすれ違う時、

 

マイクの受け渡しがされていたこと。

 

久良岐保育園の運動会は9:20〜2:00

 

長い時間になるので

 

競技と競技の間に必要な時間を

 

できるだけ短縮する技とシュミレーションをして

 

子どもの競技に使える時間と

 

競技内容の充実を重ねています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

4歳児クラスは

 

トラック1周。

 

直線コース あり。

 

コーナー あり。

 

前の走者を追いぬく時には外側から。

 

十分に挽回のチャンスがあります。

 

それに このコースを走りぬくことが

 

このクラスのねらい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0160.JPG

 

 

 

 

 

 

おおよそ走る速度が近い二人で走ると

 

それぞれのチカラも発揮できて

 

切磋琢磨されていく。

 

 

 

 

DSC_0183.JPG

 

 

 

 

足が 砂を 蹴る。

 

腕が 前に 出る。

 

身体が 宙を 走る。

 

 

園庭っていいなぁ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

 

この園庭には神様がいるなぁと

 

私は(個人的に)思うことが ある。

 

目に見えず 声に聞こえないけれど

 

「私もそう思います」と言う職員もいる。

 

 

 

 

 

この園庭で朝夕に遊ぶおとなと子どもをいつも見ていて

 

人知れずコツコツと努力を惜しまないものに

 

いつかこの園庭でその努力に称賛を与える。

 

そんな場面を私は何度も見てきた。

 

 

 

 

園庭とは そういう場所だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


初めての 運動会

 

 

 

 

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

 

 

 

 

0歳クラス。

 

もちろん久良岐の立派なメンバーです。

 

遠足 来てください。

 

運動会 競技 あります。

 

発表会 もちろん舞台に立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0087.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おとなの みなさん。

 

これほど大勢の見たこともない人の中で

 

歩ける?

 

できないでしょ?

 

それが 0歳(1歳)の子どもができちゃうんですよ。

 

この社会性!

 

すごい!

 

もしも会社での場面だったら何百人の前で講演だってできる。

 

だけど ここは会社じゃないですもの。

 

役割じゃ ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0096.JPG

 

 

 

 

 

 

 

それなのに 園庭の真ん中にいると

 

周りの人が笑顔になり しあわせな気持ちにさえなる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0091.JPG

 

 

 

 

 

 

 

0歳児クラス

 

 

すごいぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/67PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered