でんぷん と グルテン

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0990.JPG

 

 

 

 

1歳児クラス。

 

でんぷんグループ。

 

 

 

 

 

DSC_1000.JPG

 

 

 

 

 

 

片栗粉を水で溶いて

 

とろとろっ にして

 

感覚遊び。

 

 

 

 

 

 

DSC_0029.JPG

 

 

 

 

 

一方 こちらはグルテングループ。

 

小麦粉を練って 粘度にしました。

 

10本の指に 10個の指輪。

 

おそろいのブレスレット。

 

 

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

 

 

 

忘れてはいけません。

 

ネイリングもしっかりね。

 

これで elegance は完成 っと!

 

 

 

 

 

 

 


水の ように。

 

 

 

 

「OK! guruguru

 

わたしの代わりに 水遊びをして!」って言ったら

 

guruguru は わたしの生活を便利にしてくれるのだろうか。

 

 

たとえば AIは その人の生活の傾向は

 

学習するのかもしれないが

 

「無条件」っていう自由は わかる?

 

 

 

 

 

DSC_0054.JPG

 

 

 

 

 

 

熱い 暑い日の

 

水と泥の遊び。

 

この ヌタヌタ トロトロは

 

温度と泥と水の割合は きっと機械がデータ化する。

 

似たような泥水を再現することだろう。

 

それじゃ このヌタヌタ ドロドロが

 

どんなにこどもの心を自由にしているかは

 

どんなデータを参照して導きだすのかな

 

 

 

 

 

 

DSC_0048.JPG

 

 

 

 

 

 

心が いきいきして

 

心拍数があがるから 楽しいのだろうとか

 

そんな予測をするのかな。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0046.JPG

 

 

 

 

 

プールの遊びは ね。

 

顔を水につけられた とか

 

スクールでは 泳げた距離 とか

 

目に見えたり 計測できるデータがあって

 

おとなが褒めてくれたり 階級が上にいくから

 

ヤル気が でる。

 

でもね。

 

泥と水の 遊びはね。

 

計測できる根拠が  ない・・・

 

だから いいのよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

 

 

 

 

 

洋服を着ていますが

 

みんな びしょびしょです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0037.JPG

 

 

 

 

 

 

水のように 透明にね

 

自分のココロを 透明にね

 

・・・そうしていけたらいいな・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

 

OK! guruguru

 

 

この夏は 透明で いくよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で水あそび 3

 

 

 

 

 

 

水あそびの道は

 

ふたつ  ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0843.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭の下流で 水と砂で 遊ぶ道。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0838.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもが「川」と呼ぶ 砂と水の遊び。

 

久良岐の園庭は ビミョウに勾配がある。

 

その勾配を感じて 上から下に川を作る。

 

試しに横に掘って水を流してみれば

 

勾配がなくて 水はうまく流れない。

 

やってみて「うまくいかない」ことがわかる。

 

試して やってみて そこから学ぶ。

 

 

川を掘る作業に あえて道具は使わない。

 

これで掘ってみれば とおとなの都合で

 

道具をあてがってみても

 

いつの間にか 素手で掘っている。

 

手から伝わる砂の情報が

 

流れのよい川を作る。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0841.JPG

 

 

 

 

 

 

川の流れを納める 土手を作る。

 

これってまさに 治水。

 

川の流れをきめ 堤防を作る。

 

これは武田信玄も力を注いだ公共事業だよ。

 

久良岐のこどもの遊びは 武田信玄だったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0901.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一方 こちらは飲料水の製造事業。

 

 

 

 

 

 

DSC_0900.JPG

 

 

 

 

 

プールの水を ペットボトルにいれてふたを閉め

 

よぉく 振る!

 

そうすると「カルピス」になるんだって!

 

これは「化学」かな。

 

ボトルの中の空気をシェイクして

 

細かい気泡にするからかな・・・

 

白く見える。

 

(どなたか 正解を。)

 

 

 

久良岐の園庭に 二つの道。

 

治水( =政治)の道。

 

飲料水製造 ( =化学)の道。

 

 

 

水あそびは 楽しいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で水あそび 2

 

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園

 

幼児のプールは屋上にあります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0815.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日は「園庭で水遊びの会」があったので

 

屋上を離れて 園庭へ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0819.JPG

 

 

 

 

 

 

乳児クラスから

 

ビニールプールを借りてきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0890.JPG

 

 

 

 

 

こういうのも・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0884.JPG

 

 

 

 

 

 

最高〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水車(みずぐるま) 1号

 

 

 

 

 

 

こどもの水遊びに

 

「水車」を作ってみた。

 

スイシャ と言わずに

 

あえて「水車(みずぐるま) 1号」と 呼んでもらいたい。

 

わけは ありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0772.JPG

 

 

 

 

 

 

蚊取り線香の 空き缶。

 

わたしは金鳥のものが 好き。

 

色柄が いいっ!

 

 

それから ペットボトル6本。

 

中のジュースは ばら組の皆さんのお腹の中へ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0827.JPG

 

 

 

 

 

 

金鳥の空き缶に

 

ペットボトルのふたをネジで止める。

 

空き缶の中心に 芯となる棒を通す。

 

簡単にいうとこういう構造。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0834.JPG

 

 

 

 

 

 

雨どいに水を流すと

 

ペットボトルに水が落ちて

 

くるくる回る仕組み。

 

 

1号には大満足。

 

改良して 2号の製作に挑むかは

 

・・・  どうしようかな ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で水あそび 1

 

 

 

 

 

7月26日 金曜日。

 

園庭で水あそび。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0836.JPG

 

 

 

 

 

 

空 青く

 

雲は 白く

 

風が 緑の木々を揺らす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0842.JPG

 

 

 

 

 

2階の踊り場から 1本伸びた「雨どい」。

 

そこから 落ちてくる 冷たい水。

 

 

 

 

 

DSC_0845.JPG

 

 

 

 

 

 

あたしも やりたい!

 

ぼくも やってみる!

 

 

 

 

 

 

DSC_0852.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こんなの初めて!

 

 

 

 

 

DSC_0856.JPG

 

 

 

 

 

 

 

勇気をだして やってみてよかった!

 

 

 

 

 

 

DSC_0859.JPG

 

 

 

 

 

 

ただいま 忍者 修行中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


気になる・・・んです

 

 

 

 

 

 

DSC_0204.JPG

 

 

 

 

 

 

なんだか 気になりませんか?

 

この 感じ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0236.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

何かによほどの不満があるのか

 

社会に対して意見があるのか・・・

 

それとも・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0206.JPG

 

 

 

 

 

あ  すこし空気が流れた。

 

「気」が変わっていく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0249.JPG

 

 

 

 

 

 

・・・なんだったんでしょうね・・・

 

なぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぷぅ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0096.JPG

 

 

 

 

 

 

 

息を

 

やさしく ながく やすまずに

 

吹きこんで いく。

 

「呼気」のコントロールだね。

 

だって 強度10レベルで膨らませたら

 

風船が割れちゃうもんね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

 

 

 

 

ほぉら

 

 

ふくらんだよ〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0103.JPG

 

 

 

 

 

 

これはシャボン玉でも 風船でもなくて

 

・・・なんていうのかな 

 

むかし駄菓子屋さんで売っていた あれ!

 

ちょっと化学的な匂いもしてね

 

・・・この匂い なつかしくて胸がキュンとするな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0108.JPG

 

 

 

 

最初にボンドのゴム版みたいなものを

 

短いストローの先にくっつける。

 

そうしたら 息を吹き込む。

 

 

 

 

 

DSC_0119.JPG

 

 

 

 

 

 

・・・あたしの・・・

 

・・・ まだ・・・

 

 

 

 

 

DSC_0134.JPG

 

 

 

 

 

先生方の 息のチカラ  すごい。

 

 

 

 

 

DSC_0159.JPG

 

 

 

 

 

雨の日の  ひまわり組。

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


跳ぶ

 

 

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

 

 

お風呂マットの上にひとつ乗せられた ボール。

 

落さずに 先に進んで いく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

お風呂マットは 歪むみたい・・・

 

と 気が付いたこどもが いる。

 

そして 真ん中がへこむように

 

ちょっと周りを歪ませているグループがあった。

 

 

 

手でさわる

 

持ち上げて重さと軽さを自覚する。

 

この粘度は歪ませても 割れないことだって

 

ぼくは わかってしまった。

 

ニンゲンの目で見た情報が

 

手で触れた時の情報が

 

今 持ち上げているモノが

 

いったいどんなものであるのかを

 

理解させる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

 

 

 

おそるべし 5歳児。

 

 

 

 

 

DSC_0068.JPG

 

 

 

 

そして これらのできごとを

 

ちゃんと 見ている 0歳児。

 

 

 

 

 

 

DSC_0057.JPG

 

 

 

 

 

リバーストーンの間を

 

跳ぶ。

 

石と石の間の 距離。

 

目でみて

 

計る。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0041.JPG

 

 

 

 

 

 

広い園庭で おもいっきり動かしてきた

 

あなたの 手と 足。

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

 

 

 

 

 

そのチカラは

 

ここで 使うよ!

 

今 ここに そのチカラがある!って

 

見せてみて!

 

 

 

 

 

 

DSC_0070.JPG

 

 

 

 

 

両足で踏みきる。

 

跳ぶ。

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

 

振り上げた手をチカラを

 

前に進むチカラに 替える。

 

チカラを背骨に取り込んで

 

足に伝える。

 

 

 

 

 

 

DSC_0079.JPG

 

 

 

 

 

 

軽々と!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0076.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊り会が はじまる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はじまる

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0015.JPG

 

 

 

 

 

 

令和元年 7月12日 金曜日

 

保育園の1日が はじまる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0021.JPG

 

 

 

 

 

外は  雨。

 

久良岐保育園は

 

与えられた環境を活かす!

 

どんな環境であろうと

 

めざす子どもの姿は 変わらない。

 

狭い保育園だからじゃない!

 

園庭が小さいからじゃない!

 

まったく その逆。

 

広い園舎を 最大限に活かす。

 

広い園庭を 資源を最大限に活かして

 

保育を展開する。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0022.JPG

 

 

 

 

 

ここは 廊下。

 

久良岐保育園のメインストリート。

 

ただいま NeverLand game を展開中。

 

NeverLand flag を見つけたぞ!

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

 

高く掲げたのは 旗じゃ ない。

 

みんなが 今日目指すものの象徴にすぎない。

 

今日のねらいの ひとつ。

 

「友だちと力を合わせること」

 

 

 

まず ひとりとしての わたし。

 

ひとりの存在であるわたしを自覚し

 

人と力を 合わせる。

 

 

やるよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/76PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered