強く 正しく 明るく

 

 

 

 

 

 

園庭の

 

山桜も 緑の葉が広がってこようとしています。

 

それでも 名残の花びらが

 

今日もひらひらと 舞い落ちてきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0186.JPG

 

 

 

 

 

風にふかれて ひらひらの桜色を

 

追いかけて 手のひらに 乗せる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0187.JPG

 

 

 

 

 

ほらほら 次の風にのって

 

また ひらひらが・・・

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

春の名残を 追いかける。

 

 

 

 

 

DSC_0192.JPG

 

 

 

 

 

風と

 

わたしと

 

桜の 花びら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月3日 

 

 

 

 

 

 

 

4月3日

 

朝が 来た。

 

 

 

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

 

 

 

 

おはよう みんな!

 

 

 

 

 

DSC_0072.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日も 1日が始まるよ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0101.JPG

 

 

 

 

 

I先生。

 

学生の時には久良岐保育園の実習生でしたが

 

4月1日からは久良岐保育園の本当の先生になりました。

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

 

 

 

はじめて保育園に来たり

 

新年度の新しい環境にとまどう

 

こどもの気持ちを

 

I先生がいちばん身近に感じて

 

こどもが泣きたい気持ちを

 

いちばんわかるかもしれないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0342.JPG

 

 

 

 

 

 

 

眠ったこどもの目じりに

 

ひかる涙のあとを見つけた。

 

 

 

 

 

DSC_0163.JPG

 

 

 

 

 

 

しかし その足をよぉく見てみれば

 

これから歩む道が

 

しっかりと見えている!

 

大丈夫!

 

 

 

 

 

DSC_0263.JPG

 

 

 

 

 

先生に抱かれて

 

うとうと・・・

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

あたしも 抱っこ・・・

 

そして視線の先にはお友だちへの興味。

 

これから広がる世界がある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0166.JPG

 

 

 

 

あっ!

 

この目の先に明るい未来!

 

 

 

 

 

DSC_0169.JPG

 

 

 

 

 

 

でも やっぱり

 

泣きたい・・・。

 

泣きたい気持ちと

 

遊ぼうかな…をいったりきたり。

 

それが4月の慣らし保育だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0197.JPG

 

 

 

 

 

このおもちゃ

 

おうちには ない。

 

なんだろう・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0209.JPG

 

 

 

 

 

わたし 少し調子がでてきた…かも…

 

 

 

 

 

DSC_0217.JPG

 

 

 

 

 

先生が いくつかのおもちゃを渡してくれました。

 

 

 

 

DSC_0226.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと 先生から離れて見ようかな…

 

どきどき

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

つくし組のお友だちですが

 

5年後 ばら組になった時は

 

きっと すごい!

 

いまからしっかり者でしょう と予感します。

 

 

 

 

 

DSC_0264.JPG

 

 

 

 

背を伸ばす。

 

周りの世界には何があるだろうと 見る。

 

その興味が知識の始まりだ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0280.JPG

 

 

 

 

 

先生が一緒にいてくれたら

 

わたしは少しだけ 大丈夫…かもしれない…

 

…気がしてきました…

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0283.JPG

 

 

 

 

 

 

 

縁側(中庭)で 抱っこ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0311.JPG

 

 

 

 

 

 

 

すこし 眠くなってきました…

 

 

 

 

 

 

DSC_0337.JPG

 

 

 

 

 

両方のおひざにひとりづつ。

 

 

 

 

DSC_0351.JPG

 

 

 

 

 

先生のおひざ 気持ちいいね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0353.JPG

 

 

 

 

 

抱っこもすきだよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0401.JPG

 

 

 

 

 

わたしも縁側で抱っこ。

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

わたしは先生のおひざで読書中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

 

涙と遊びをくりかえし

 

だんだん保育園に慣れていく。

 

わたしたちが見ているからね。

 

泣いてもいいの。

 

笑ってもいいの。

 

一緒に遊びましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

 

 

新しいお友だち。

 

入園の前にオリエンテーションをして

 

面談をして お家の様子を知ってはいるけれど

 

小さいおともだちは自分ではお話しできません。

 

 

こどもをみて

 

こどもにさわって

 

こどもと生活して

 

こどもの気持ちがわかるようになって いく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0450.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

お迎えの時間が やってきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0460.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「おかえりなさい」

 

 

朝の「おはようございます」

 

でかける時には「いってらっしゃい」

 

 

夕方帰ってきたら「おかえりなさい」

 

これが 保育園でくりかえされるあいさつだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0464.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お母さんに抱っこされて

 

先生のお顔を見る。

 

先生… あしたも泣いちゃうかもしれないけれど

 

また 来るね。

 

(待ってます!)

 

 

 

 

 

DSC_0472.JPG

 

 

 

 

今日の

 

さっき抱っこしていて感じた事

 

見ていたことを お家の人にお話しする。

 

 

 

 

 

 

DSC_0474.JPG

 

 

 

 

 

 

さようなら

 

また 明日ね。

 

 

 

 

 

DSC_0475.JPG

 

 

 

 

 

 

4月3日

 

今日も いい天気。

 

 

 

 

※ これらの画像を写真館にアップしましたのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月3日 

 

 

 

 

新年度は

 

在園していたおともだちにも

 

新しい環境がやってくる。

 

だから卒園式が終わると

 

お部屋を移動して

 

慣れた先生と過ごしたりして

 

心の準備をする。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもを見ていると

 

いろんな事を考えている。

 

… と思う。

 

 

 

「進級」なんてとっくに知っていました!

 

ずうっと進級したいと思っていたのよね と

 

言葉で言いはしないが

 

思っていたかのような誇らしげな態度をしたりする。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0296.JPG

 

 

 

 

 

そうかと思えば

 

新しいお友だちが入ってきて

 

先生方がその子を抱っこしていると

 

ちょっと…  ヤキモチですかぁ と

 

思える行動も ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0305.JPG

 

 

 

 

 

また ある時には

 

泣いているおともだちに…

 

泣かないでいいよ…というように

 

自分の持っているおもちゃを

 

差し出してくれたりする。

 

 

 

 

 

DSC_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもって

 

おとなが思うよりも

 

周りのことをよく見ているし

 

いろんな事を考えている。

 

 

わたしたち自身(おとな)も また

 

こどもにとっては「環境」そのものなんだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0129.JPG

 

 

 

 

 

同じおもちゃをもって

 

あたしたちには「共通」の気持ちがありますよ!

 

と 言っている。

 

そしてそのことが とても楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0233.JPG

 

 

 

 

 

 

ひとりで立つのもいいけれど

 

ふたりで立つのも 楽しいね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0344.JPG

 

 

 

 

 

遊びが楽しくなってきた頃

 

今日の慣らし保育も そろそろおしまい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0425.JPG

 

 

 

 

 

明日も 一緒に遊ぼうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月3日 

 

 

 

 

今年は4月1日が月曜日。

 

久良岐保育園では「慣らし保育」の必要性をお話しし

 

こどもの立場になって短い時間からの保育を

 

お願いしています。

 

今日は4月3日。

 

乳児では約1時間30分を保育園で過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0235.JPG

 

 

 

 

 

 

ここは0歳児と1歳児のお部屋。

 

ひとりめの女の子がこんなポーズをとっていると…

 

ふたりめの女の子が加わって

 

同じポーズをとっていきます。

 

こどもは「破壊」することも好きだけれど

 

(いろんなものを壊してみては

 その物の感覚や構造を知ろうとしているみたい)

 

「まねっこ」も大好きです。

 

ふたりめが加わっていきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0239.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

さんにんめ・・・は というと

 

ほら やってきましたよ。

 

新入園のおともだちです。

 

 

 

 

 

DSC_0241.JPG

 

 

 

 

 

 

そして 真ん中に入ろうと

 

高い志しのお友だちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0242.JPG

 

 

 

 

よし お尻から

 

入ってみようかな っと!

 

グリグリ グリグリ・・・っと!

 

 

 

 

DSC_0243.JPG

 

 

 

 

 

 

初志貫徹!

 

ボクは仲間に入ります!

 

 

 

 

 

DSC_0246.JPG

 

 

 

 

 

まだまだ まだまだ

 

お家の人と離れるのはさみしいけれど

 

心のどこかに

 

おともだちと一緒に遊んでみたい気持ちも

 

すでに感じられる 4月3日なのでした。

 

 

 

がんばれ〜

 

 

 

 

 

 

※ これらの画像は写真館にアップしてあります。ご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


KAPLA

 

 

 

 

 

KAPLA の作品作りに挑戦!

 

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

KAPLA は一枚の板状の積み木。

それを 積んで 重ねて 構造物を作る。

地面の2mmが高い塔に至った時の1僂離坤譴砲覆蠧世…

は 考えすぎかな。

ランドマークタワーなんて基礎で1cmずれていたら

屋上では30僂らい傾いちゃうんじゃないかと

素人の私は思う。

 

建物も 仕事も 人生も

基礎が 大事な気がするが。

 

どこかの野球選手が言っていた。

基本練習の積重ねでしか 自信は得られないって。

 

 

基本の練習を繰り返し

もう(基本)はできた!とそこで思うか

 

基本の練習を繰り返し

まだまだできていないな… とそこで思うかで

 

そのあとの結果は違ってくる。

 

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

 

 

 

 

だいたい こどものみんなは

「志し」が高い!

 

土台が広くて 高層にいくほど小さくなる

ピラミッド型が 建物も組織も安定型なんじゃ…

ないでしょうか。

 

人生はピラミッド型がいいのか

逆ピラミッド型がいいのかは

わかりません。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0072.JPG

 

 

 

 

 

 

こどものみなさんの構想では

Aタワーと Bタワーと Cタワーを接続するらしい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

こんなに出入り口近くの

構造物の建設。

わたしはこどもに失敗させたくなくって

ドキドキしちゃうが

 

担任の先生はさすがである。

ここまでくるのに何度か崩れているのに

再チャレンジをしよう!という方向性を示している。

 

 

 

 

 

 

DSC_0086.JPG

 

 

 

 

 

 

土台が細くて

高層になればなるほど

広く大きく

これって 地球の何かの法則に挑戦しているんじゃ…

ないでしょうか。

 

どきどき。

 

 

 

 

 

 

DSC_0089.JPG

 

 

 

 

 

人の生き方はね。

こうして 一枚の積み木を

積んで 重ねて

崩れたら また積んで 重ねる。

 

おとなも ただ一緒に 積んで重ねる姿を

100回でも200回でも見せてやる。

 

そういうことなんじゃないかと思える

カプラの時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

DSC_0702.JPG

 

 

 

 

 

 

3月23日

 

第68回 卒園式。

 

 

 

 

 

DSC_0685.JPG

 

 

 

 

 

 

担任の先生方は 袴姿。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0905.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夜には 職員の歓送迎会もありました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0991.JPG

 

 

 

 

 

平成31年3月23日。

 

この日 この時

 

記念の撮影だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こども

 

 

 

 

 

 

 

 

おとなは こどもの お世話をする。

 

 

 

 

 

DSC_0527.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもは おとなにお世話をされる・・・

 

とは 言えないな。

 

こどもは お手伝いが 大好きさ!

 

 

 

今日は 久良岐母子福祉会館の地域交流室で

 

こどもふれあい広場「いきいき」がありました。

 

そこで使う座布団を地域交流室まで運ばなければなりません。

 

 

保育園から地域交流室まで

 

最初の一往復目は 手で抱えて持っていきました。

 

こどもが大きな四角い座布団を持つと

 

お顔まで隠れてしまいそうなのですが

 

「大丈夫 ちゃんと見える!」と言っています。

 

しかし1回に持てる座布団は2枚です。

 

そうそう こどもはおとなが使う道具が大好きだ。

 

そこでピンクの軽量の台車を持ってきて

 

これで運ぶことにしたのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

台車に物を積むコツはね

 

下の方に 大きな荷物

 

上の方に 小さな荷物だよとだけ言いました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

エレベーターに乗って

 

3階の廊下。

 

どうです この姿。

 

頼もしい後ろ姿です。

 

積み方がいいから荷物が崩れたりしません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0539.JPG

 

 

 

 

 

運んだ座布団を台車からおろします。

 

ここで発揮されたのが先ほどの知識。

 

「大きな荷物が下 小さな荷物が上」の法則です。

 

おとなが1回だけ言った情報を

 

別の場面で活用するなんて

 

なかなかできることではありません。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0541.JPG

 

 

 

 

 

こどものお世話をするおとなは

 

こどもはひとりではできない…という立場にたっています。

 

そりゃ ひとりではできないこともたくさんあります。

 

 

でも こどもは だれかの役にたちたいと思っているし

 

ほめてもらいたい 認めてもらいたい。

 

遠足などに出かけて わたしが寒そうなそぶりをすると

 

お世話をしているつもりの相手「こども」から

 

「先生 大丈夫?」なんて言ってくれる。

 

こどもはおとなにお世話をしてもらうけれど

 

本当は おとなを守れる存在だと思っている

 

自律した人間なんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

DSC_0543.JPG

 

 

 

 

 

今日は ふれあい広場の準備をお手伝いしてくれましたね。

 

どうもありがとう。

 

とても助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぐるぐる ぐるぐる

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0431.JPG

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる  ぐるぐる・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0435.JPG

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる ぐるぐる・・・

 

 

 

 

 

DSC_0436.JPG

 

 

 

 

ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる・・・

 

 

DSC_0437.JPG

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

 

・・・ 目がまわってきそうな・・・

 

 

 

 

 

DSC_0439.JPG

 

 

 

 

 

 

かなりのハイスピードで回っているんです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0440.JPG

 

 

 

 

 

大縄跳びは 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こども

 

 

 

 

 

 

 

 

岸根公園までの地下鉄の中で

 

「今日のお弁当  なぁに?」と聞いてみた。

 

 

  屬靴蕕覆ぁ

 

◆ 屮Εンナーとピーマン」

 

 「ヒミツ」

 

ぁ 屮魯鵐弌璽亜

 

ァ 屮團チュウ」

          などなど

 

 

 

 

しかし「ハンバーグ」の人は

 

「ハンバーグ」という言葉にチカラがあり

 

親に「明日はハンバーグだよ」と

 

ただ言われたのではないくらいの気持ちが伝わってきた。

 

きっと ハンバーグに決まるまでに

 

たくさんのやりとりがあったのかもしれないし

 

こどもの大好物を入れてあげましょ!

 

という親心かもしれないと 思った。

 

 

 

 

  

 

お別れ遠足ばら組 (11).JPG

 

 

 

 

 

 

公園について ひと遊びして

 

わたしのそばに来たかと思うと

 

差し出した両の手に・・・

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (5).JPG

 

 

 

 

 

 

オオイヌノフグリ。

 

そろえられた手のひらと手のひらに

 

このお花を摘む時の気持ちや

 

ハンバーグのお弁当を背負って

 

お昼を楽しみにしているこの子の気持ちを感じて

 

あ〜 こどもって 本当にかわいい存在だなぁと

 

つくづく思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (29).JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどもは 遊ぶ。

 

のどが渇いて 水を飲む。

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (119).JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ お弁当よ。

 

この大切なお弁当が

 

消えてなくならないように

 

お顔を近づける。

 

お弁当の色も匂いも

 

なにもかも自分の身体に取り込んでいるかのよう。

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (179).JPG

 

 

 

 

 

 

「だいじなものは 最後までとっておく」と

 

言っています。

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (212).JPG

 

 

 

 

 

お弁当のチカラを

 

心に蓄えて

 

 

 

こどもは 遊ぶ。

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (50).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くのすべり台を眺めてみたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (336).JPG

 

 

 

 

 

 

 

最初におとなしか 見えなかったのね・・・

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (337).JPG

 

 

 

 

 

あれ〜  なんだろう・・・・

 

と 思ってみていたら

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (340).JPG

 

 

 

 

 

 

わかりました。

 

つながってきた。

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足ばら組 (341).JPG

 

 

 

 

 

 

おーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/73PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered