わたしたちのしごと

 

 

 

 

 

 

 

 

P1018455.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊りの会の前の日に

 

年長の担任の先生方から

 

職員にmessageが配られた。

 

「みなさんにお願いがあります」と

 

したためられ さらに

 

「毎日 お泊り会の準備 ありがとう」と

 

むすばれている。

 

年長クラスの担任は

 

年中クラスの担任からバトンタッチされた。

 

年中クラスの担任だった人は

 

年少クラスの担任からバトンタッチされた。

 

そうやってこれまでのこどもの育ちを

 

辿って来る時

 

いちばん初めは0歳児クラスの先生に

 

いきつく。

 

0歳児の 1歳児の 2歳児の先生方が

 

いてくれたからこそ

 

ここに来ることが できた。

 

明日が楽しみ!と思っているこどもがいれば

 

その子は 今 突然大きくなったわけではなく

 

顔中 涙と鼻水だらけになって慣らし保育をした

 

あの日があったからだ。

 

自分も年長になったら

 

保育園に泊まるんだと思うこどもがいれば

 

お父さんやお母さん

 

お家の人たちが

 

この子を抱きあげ 名前をつけ

 

お世話をして 一緒に笑い

 

病気の夜には心配をして

 

なかなか飲まない薬を飲ませ

 

なかなか寝付かない夜には

 

家中 真っ暗にして

 

こどもと一緒に寝たふりをして

 

そして本当に親まで眠ってしまい

 

残された洗い物に愕然として 

 

流した午前1時の涙。

 

そういう毎日の重なりとつながりが

 

「保育園に泊まりたい」という気持ちを

 

育てた。

 

 

 

 

 


P1018456.JPG

 

 

 

 

 

 

わたしたちは

 

これまでのこどもの「人生」をうけとめて

 

「チーム」のひとりとして仕事をする。

 

0歳の時の あの子

 

1歳の頃の あの子

 

だれもが年長のひとりひとりに

 

関わって 仕事をしてきた。

 

すでにタイムスケジュールはできていて

 

職員28名の名前が入っている。

 

いや 違う。

 

3人目のこどもの出産で病院にいるO先生は

 

29人目のお泊り会メンバーだ。

 

わたしたちのしごととは

 

そういうことなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


内科健診

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期健診 (206).JPG

 

 

 

 

 

 

登園自粛期間に予定していた内科健診を

 

7月に延期していました。

 

 

 

 

 

 

 

前期健診 (207).JPG

 

 

 

 

 

嘱託医 Dr.星野が丁寧に

 

健診をして下さいます。

 

大岡医院がかかりつけ医だという

 

家庭も多くいます。

 

後期は 12月10日(木)です。

 

 

※写真館に画像を載せますので

ご覧下さい

 

 

 

 


七夕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は

 

七夕のお集り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は

 

クラス毎に すずらん(ランチルーム)に

 

来て下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全 5公演。

 

おり姫様も彦星様も

 

クラスの数だけ

 

5回 やってきて下さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を苦しめる 強い雨

 

人の暮らしを白く覆ってしまう 雪。

 

そして 部屋の中に差し込む

 

月の光り。

 

寒い冬の夜に光る 星。

 

どれも 天からやってくる。

 

織姫様 彦星様

 

今 人にしばらくの平和を。

 

おだやかに眠れる星の夜を。

 

涙にくれる人の足元を照らす

 

ひとすじの月の明かりを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕に集まった この子どもたちが

 

世界の光りになるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子どもたちの笑顔が

 

星の光りとともにあり

 

夜の空に広がっていきますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は 七夕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Step 3

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0421.JPG

 

 

 

 

 

7月1日。

 

登園自粛要請期間も終了し

 

体育指導は Step3 に入りました。

 

外は あいにくの雨。

 

指導の場所は3回の地域交流室を借りました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0412.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもたちは

 

ちょっと はしゃぎすぎかな。

 

「なにげなく おしゃべり」が多く

 

おとなの話しを最後まで聞くことができません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0433.JPG

 

 

 

 

 

 

写真だと「お話しを聞いていませんよ」は

 

わからない… ですね。

 

う〜ん  むずかしい。

 

 

 

 

 

 

 

※Step3の様子を動画に撮りました。

 1日夜 Wi−Fi設置の場所に移動して

 「応援メッセージ」に載せますから

 どうぞ ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


OSMO MOBILE 3

 

 

 

 

 

DSC_0229.JPG

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症下での

 

生活と仕事は

 

保育園の情報発信に新しいコンテンツを

 

もたらすことになった。

 

たとえば 保護者にむけた

 

メールの一斉発信システムは

 

配信会社の新しいメール配信への

 

更新のタイミングと一致したし

 

登園の自粛要請に応じて

 

長期の自宅での養育に応えて下さった

 

方々への わたしたちの行動についても

 

「考える」ことになり

 

保育園というところが社会福祉施設なのだと

 

再認識して「行動」を実践した。

 

そのコンテンツのひとつが

 

動画の配信だ。

 

ホームページでは三つのブログを開設し

 

(長く更新していないページはぜひ行動を!)

 

スマホで撮影した動画を見てもらうシステム…

 

Googleですが… についても

 

ちょっとお勉強。

 

ここでは 絶対にWi-Fiの必要を思い知る。

 

そして今週は OSMO MOBILE 3 !

 

この存在を知ってからわずか3日で

 

基本のswitch on ができるようになった!

 

(Amazon購入とYouTubeで扱い方を学んだ)

 

そして夜が明けて 思うのは

 

どうして「わたし」は

 

こういう考え方と行動をとるのかということ。

 

 

そしてその答えはシンプルで

 

自分の小さい頃の遊びが

 

この考え方につながり

 

この行動をとらせているということだ。

 

OSMO MOBILE 3 の操作にしても

 

だれも手取り足取り教えてくれる人は

 

いない… みたいだと思えば

 

まず自分の手が その機器に触れ

 

こんな感じの重さとか質感なんだ と感じる。

 

これは小さい子どもが何でも触りたがり

 

おとなの都合の悪いモノ。

 

たとえば台所のお玉とか?

 

おとなのスリッパとか

 

新聞に挟み込まれているチラシとか を

 

なんでも触って

 

今度は 舐める。

 

舐めて 手にしているモノの

 

重量や質感や 存在を口で確かめて

 

知ろうとしている。

 

わたしも60をとうにすぎても

 

こどもの頃と変わらない。

 

手にして 上から眺めたり

 

下から持ち上げたり

 

あれやこれやと動かして

 

確かめて このモノが何であるのかを

 

知る。

 

 

話しが長くなりました。

 

これから配信する動画の質を

 

あげていきたいな。

 

そういうわけで OSMO MOBILE 3 

 

買いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記憶

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0107.JPG

 

 

 

 

 

出産のためお休みに入っている職員が

 

言うのです。

 

大きくなったお腹の「ここ」に

 

この子の「足」があると。

 

この子とは まだお腹の中にいて

 

顔も見たこともないのですが

 

自分のお腹に手をあてて

 

この子の足に触れることができると

 

と言うのです。

 

 

 

 

 

DSC_0111.JPG

 

 

 

 

 

 

5年前に

 

みなさん(お母さん)から生れた

 

「この子」たちは

 

今ではこんなに大きくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0112.JPG

 

 

 

 

 

 

お腹にふれると感じた

 

あの足も

 

あの手も

 

 

 

 

 

DSC_0113.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ほら!

 

 

 

 

 

 

DSC_0128.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0137.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0140.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0141.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0144.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0146.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0150.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0156.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0157.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

 

うちの子の 足だ!

 

これは うちの子の 手!

 

と わかった方はおられますか?

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0185.JPG

 

 

 

 

 

 

こんなにも

 

ひとりひとりちがっていて

 

動き方にも

 

その子らしさが ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0199.JPG

 

 

 

 

 

今夜は

 

この子たちが

 

お腹の中にいた記憶を呼びおこして

 

あの頃の時間を想ってみよう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0172.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0174.JPG

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの大切なお子さんを

 

今日もお預かりしましたよ。

 

☆写真館に画像を載せました。

ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 


大きな空に

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0028.JPG

 

 

 

 

 

体育指導.

 

おかげ様で今日は

 

Step2

 

の活動がきるようになりました。

 

クラスをふたつのグループに分けて

 

人とdistanceを取りながらの練習です。

 

 

 

 

 

DSC_0062.JPG

 

 

 

 

 

皆さん

 

いいですか?

 

人との距離がどうであろうとも

 

大切なのは 「わたしの姿勢」。

 

 

社会生活のキホンは

 

「わたしの姿勢」です。

 

 

社会は「わたし」や「わたし」や

 

「わたし」が集まって

 

「わたしたち」が構成されています。

 

さぁ 今日の「わたし」の皆さん。

 

背中をのばして

 

大きく 息を吸ってみよう。

 

広い園庭の

 

緑の風を吸ってみよう。

 

そうしたら

 

床に膝をついて この姿勢をとる。

 

「わたし」はわたしの背骨の中にいて

 

まっすぐに前を見ているだろうか。

 

「わたし」はわたしの目の中にあり

 

広く世界を見ているだろうか。

 

 

 

 

 

DSC_0070.JPG

 

 

 

 

いる。

 

 

 

 

たしかに

 

「わたし」はわたしの背骨の中に いる。

 

たしかに

 

「わたし」はわたしの目で

 

世界を見ている。

 

 

その証しとして

 

この姿勢を とる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0076.JPG

 

 

 

 

わたしは わたし。

 

わたしの手を伸ばす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPG

 

 

 

 

「わたし」と「わたし」が集まって

 

「わたしたち」になる。

 

その証しとして

 

バルーンを大きくふくらませる。

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

さぁ  いくよ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0049.JPG

 

 

 

 

 

 

☆ この指導を撮影した画像を

「応援メッセージ」に載せました。

HPトップページにバナーがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Friday night

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0920.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜日の 夜だ。

 

ようやく やってきたような気がする

 

金曜日。

 

 

 

 

 

 

DSC_0917.JPG

 

 

 

 

 

 

 

6月になって

 

やっと始めることができた体育指導。

 

※上の写真について説明します。

片足で立って 上げた足先を

ブラブラさせる準備運動。

機会があったらご自分のお子さんと

やってみて下さい。

「脱力」ってこどもには難しいみたい。

写真のお友だちは お手本です!

なかなか こういうふうに脱力した

足先にならないです。

足にチカラを入れちゃって

空中をキックしちゃうんです。

手首も脱力できていて うまい!

すばらしい!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1018.JPG

 

 

 

 

 

 

2か月ぶりの

 

七釜先生との再会の

 

ご挨拶でしょうか。

 

この smile。

 

 

 

 

DSC_1019.JPG

 

 

 

 

準備運動では

 

ボクの気持ちは収まりません!

 

このうれしさを

 

だれか わかって〜!!

 

 

 

 

 

DSC_1020.JPG

 

 

 

 

 

先生!

 

せんせい〜 !!

 

 

 

 

 

DSC_1021.JPG

 

 

 

 

 

 

準備運動をつづけながらも

 

七釜先生は

 

手を握って

 

この気持ちに応えている。

 

さぁ 今日から体育指導は

 

step1だ。

 

 

(お知らせ)

すでに保護者の皆さまにお知らせしているアドレスで

久良岐保育園の動画を配信しています。

今週は 七釜先生と年長の担任による

「バッティング レッスン」と

こどもたちに人気の給食メニュー「ビビンバ丼」の

作り方を載せています。

動画の撮影とグーグルへのアップロードは

私も初めてです!

(Wi-Fi 早く導入したいです!)

わたしよりも皆さまの方がお詳しいとは

思いますが

ビビンバ丼の作り方は

「追加日時の新しい順」に設定して

見てもらえると作り方がわかると思います。

撮影もアップロードも不慣れな私の

Friday nightはこうして更けていくのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Step 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0851.JPG

 

 

 

 

 

 

今日から 体育指導を再開。

 

指導の再開にあたっては

 

園便りでお知らせをしたStepを踏んで

 

先に進めていきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0862.JPG

 

 

 

 

 

 

緑の風が吹きぬける園庭。

 

独り占め。

 

 

 

 

 

DSC_0900.JPG

 

 

 

 

 

 

進級してはじめての体育指導ですが

 

決めてきましたね。

 

このポーズ!

 

 

 

 

DSC_0912.JPG

 

 

 

 

 

 

準備運動。

 

膝を伸ばして つま先を上にむける。

 

そして左右に体重移動。

 

レベル4の難しさ。

 

 

 

 

 

DSC_0923.JPG

 

 

 

 

 

大きく伸びるわたしたちの からだ。

 

この日を待っていました。

 

 

 

 

 

DSC_0879.JPG

 

 

 

 

担任のM先生はね

 

すごいんだ。

 

以前 年長の担任の時に

 

マラソン大会を計画して

 

なんと 会場は久良岐公園。

 

いったい何周するんだろうと思っていたら

 

すごい! 

 

M先生 お願いですから少し走行距離を

 

短くして下さい とお願いしたくらい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0929.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年もきっと 走りこみますよ。

 

 

 

 

 

DSC_0936.JPG

 

 

 

 

 

来週の体育指導も

 

Step1 です。

 

 

 

 

 

 


I shall return

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0952.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭の砂を

 

踏みしめるスニーカーの靴音。

 

だれだ・・・

 

 

 

 

 

DSC_0954.JPG

 

 

 

 

 

 

僕も。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0951.JPG

 

 

 

 

 

私も。

 

砂の音が ひろがっていく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0999.JPG

 

 

 

 

 

「ここだよ。

 

 ここ!

 

 みんなの靴の先なんだ。

 

 つま先が上を向いているか?

 

 空を見ているか?」

 

 

 やっぱり この暑さは

 

 七釜先生の熱さだったんだ。

 

 

 

 

 

DSC_1008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

Mr.の熱さが

 

こどもの視線を変えていく。

 

 

 

 

 

DSC_0969.JPG

 

 

 

 

 

こどもが 走る。

 

 

 

 

 

DSC_0991.JPG

 

 

 

 

 

声が広がって  いく。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/85PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered