12月7日 とは  3

 

 

 

 

 

ようやく週末が近づいてきたような気がする

 

12月7日。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

 

「わらい 合う」

 

おとなも 時にむずかしい「笑い合う」こと。

 

 

 

 

 

DSC_0816.JPG

 

 

 

 

ふり返ると だれかが

 

自分を見ていてくれて

 

ほほ笑んでいてくれること。

 

 

0歳児の保育室で それを見ました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0821.JPG

 

 

 

 

 

 

年少クラスが お散歩から帰ってきた。

 

なぜか女子優勢・・・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0825.JPG

 

 

 

 

 

お帰り。

 

 

 

 

 

DSC_0828.JPG

 

 

 

 

 

今日は保育参加&給食試食会。

 

保護者もご一緒のお散歩でした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0829.JPG

 

 

 

 

… 帽子のかぶり方…

 

実にさまざま なんだ…

 

 

 

 

 

DSC_0831.JPG

 

 

 

 

 

 

年長のお部屋では

 

和太鼓指導の真最中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0834.JPG

 

 

 

 

 

太鼓をきれいに並べると

 

お部屋の空気が かわって くる。

 

物がきれいに並べられていると

 

空間に少しの緊張感がうまれて

 

背中がのびる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0837.JPG

 

 

 

さぁ

 

パーランクーの練習だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


12月7日 とは   2

 

 

 

 

 

DSC_0643.JPG

 

 

 

 

園庭。

 

 

 

 

DSC_0751.JPG

 

 

 

 

 

やっぱり 

 

いつ見ても

 

何度見ても

 

  広い。

 

 

 

 

 

DSC_0750.JPG

 

 

 

 

 

 

築山(つきやま) に 登る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0755.JPG

 

 

 

 

 

山の落葉は

 

あえて そのまま。

 

子どもがひろったり

 

子どもが 熊手で掃いたりする。

 

 

 

 

 

 

DSC_0756.JPG

 

 

 

 

 

履こう  っと・・・

 

 

 

DSC_0757.JPG

 

 

 

 

 

おっと

 

左足は 左の靴  っと

 

 

 

 

 

DSC_0758.JPG

 

 

 

 

 

もしかして

 

右と 左が

 

わかって  る  ?

 

 

 

DSC_0759.JPG

 

 

 

 

 

すごくない?

 

 注) 今どきのイントネーションで

   「すごくない?」と言ってみて下さい。

 

 

 

DSC_0760.JPG

 

 

 

 

 

 

右足 着地  成功。

 

 

 

 

 

 

DSC_0761.JPG

 

 

 

 

 

両足  かかと収納  成功。

 

 

 

 

 

 

DSC_0763.JPG

 

 

 

 

 

 

涼しい顔で 立ち去る2歳児。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0769.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園

 

こども  砂だらけ。

 

 

 

 

 

DSC_0771.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園

 

こども

 

なかなかお部屋に 入らない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0772.JPG

 

 

 

 

 

 

説得・・・  不調。

 

実力行使。

 

 

 

 

 

DSC_0774.JPG

 

 

 

 

 

こちらが 実力行使の図。

 

 

 

 

DSC_0797.JPG

 

 

 

 

 

手洗いは 生活の基本。

 

 

 

 

 

DSC_0849.JPG

 

 

 

 

 

給食まで あと 少し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


12月7日 とは

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

12月17日 金曜日。

 

スケジュールがびっちり!で

 

「1週間 乗りきれるかなぁ」と思っていたけれど

 

どうにか金曜日にたどりついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

今日は 年中と年長クラスで

 

それぞれ和太鼓指導だ。

 

 

年中クラスは11月から和太鼓が始まった。

 

指導の最初は「和太鼓リトミック」。

 

和太鼓の音が止まったら あなたも止まってね。

 

 

 

 

 

DSC_0656.JPG

 

 

 

 

 

「まっすぐ のびる」

 

だれでも当たり前だと思うこの動作。

 

ホントは まっすぐ伸びていない…ことも ある。

 

バチを持って まっすぐのびるよ!

 

お〜

 

のびた のびた のびて いる。

 

 

 

 

 

DSC_0657.JPG

 

 

 

 

 

お〜

 

のびた のびた 

 

おおきな太鼓にまけて ない!

 

 

 

 

 

 

DSC_0660.JPG

 

 

 

 

 

のびたバチの ずうっと先には

 

「空」

 

 

 

 

 

DSC_0663.JPG

 

 

 

 

 

 

のびた のびた

 

この子の太鼓の音は

 

きっと 明るい音だ。

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

DSC_0684.JPG

 

 

 

 

 

お部屋の入口に

 

ちいさな視線。

 

5年後。

 

ここに立つのは あなた。

 

 

 

 

 

DSC_0691.JPG

 

 

 

 

 

お外遊びを中断しても

 

和太鼓を見ていたい。

 

さ来年 あなたがここに 立つ。

 

 

 

 

DSC_0696.JPG

 

 

 

 

 

太鼓の先生が何気なく

 

赤い太鼓を 入口近くに置いて下さった。

 

赤い 丸い 音がする太鼓は

 

魅力的。

 

 

 

 

 

DSC_0709.JPG

 

 

 

 

 

 

じっと 見る。

 

赤い 丸い 太鼓の重みで

 

これから響かせる音を 想像してみる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0722.JPG

 

 

 

 

大きい太鼓を叩くには

 

体幹使って 大きくバチを振り下ろす。

 

赤い 丸い パーランクーは

 

こんな風に叩いてみたい という意欲が

 

この子の動きの中に ある。

 

わかる わかる

 

ちょっとジャズのような

 

そんな叩き方だね。

 

 

 

 

 

DSC_0729.JPG

 

 

 

 

さて。

 

12月7日   金曜日。

 

今日のお昼は肉団子の酢豚風。

 

 

 

 

 

 

DSC_0732.JPG

 

 

 

 

お給食の先生方

 

酢豚のたれのお味見中。

 

「おいしい」って とっても大切だ。

 

なぜ 子どもへの給食はおいしくなければならないか。

 

その答えは ちゃんと ある。

 

言語化できる!

 

 

この先生の作って下さる給食は おいしくなければならない。

 

子どもは この人の作る給食はいつもおいしい!と

 

信頼を寄せてくれる。

 

その給食が食物アレルギーの子の信頼をうらぎったり

 

おいしくなければ 人と人の信頼は 成り立たない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0800.JPG

 

 

 

 

ひき肉をお団子にして 揚げる。

 

ひと手間かけた この美味しさ。

 

 

 

 

 

DSC_0850.JPG

 

 

 

 

お味噌汁。

 

たっぷり出汁をとったわよ。

 

お味は いかが。

 

 

 

 

こうして 保育園の12月7日

 

この日 この時が 

 

子どもの身体に

 

子どもの心に

 

刻まれて いく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お出かけ (生活展2)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0541.JPG

 

 

 

 

 

 

秋。

 

紅葉を楽しんで

 

日本の錦秋を堪能したいものだ 

 

 

思っていたら

 

 

 

 

DSC_0545.JPG

 

 

 

 

 

今日は 師走。

 

時の経つのは あまりにも早い。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0565.JPG

 

 

 

 

 

 

夢は 街をぶらぶら 歩くこと。

 

そんなに遠くまで いかなくても いい。

 

時間を気にかけることもなく

 

急いで帰らなくていいし

 

気がむけば 夕方まで歩いていても いい。

 

そのくらいの気楽さが いいんだ。

 

お腹がすいたと思ったら

 

お弁当もいいし らーめんは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

いいね。

 

エビフライ。

 

プチトマトはちょっとニガテ。

 

 

 

 

DSC_0562.JPG

 

 

 

 

 

デザートはカップケーキ っと。

 

生クリームの甘い余韻を

 

熱いコーヒーでおとなの色に広げていく。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0601.JPG

 

 

 

 

 

 

商店街で めがね屋に立ち寄る。

 

めがねの紛失は 得意の技だ。

 

おとなに老眼はつきものだから

 

不要の時には めがねをはずす。

 

だから 失くす。

 

あまりに失くすからめがねのストックは生活の知恵。

 

シゴトにハート型は不真面目かな。

 

 

 

 

 

DSC_0603.JPG

 

 

 

 

 

遠くまできれいに見えそうな めがね。

 

 

 

 

 

DSC_0606.JPG

 

 

 

 

ちょっと知的なブルーフレーム。

 

 

 

 

 

DSC_0610.JPG

 

 

 

 

 

赤と水色は相性よし。

 

着る洋服を選ばない。

 

 

 

 

 

DSC_0607.JPG

 

 

 

 

 

左右一体化の水陸両用。

 

 

 

 

 

DSC_0561.JPG

 

 

 

 

 

ペットショップと動物病院は

 

すっかり街の景色。

 

高度医療動物病院も見かけるし。

 

 

 

 

 

 

今日は日曜。

 

シゴトは休み。

 

昼のご飯も食べたばかり。

 

まだまだお出かけできるのに

 

なぜかお家が恋しくなる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0573.JPG

 

 

 

 

 

 

きれいなお花のフラワーショップ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0571.JPG

 

 

 

 

 

 

お花を買って お家へ帰ろう。

 

やっぱり わたしはお家が 好きだ。

 

ちいさなお出かけ 楽しかったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「生活展」 1

 

 

 

 

 

11月28日〜30日の3日間。

 

夕方のお迎えの時間に「生活展」を開催しました。

 

改築が終わり、新しい園舎と環境を活かした「生活展」であることも

 

私たちのもうひとつの課題です。

 

保育園のお迎え時間は幅があるので

 

開催時間を4:00〜6:45として3日間のうち

 

1回でも2回でも 3回でも見ていただけるようにしています。

 

私たちも1日目より2日目  2日目より3日目と

 

展示の方法や 来場者への説明に磨きがかかるよう

 

試行錯誤しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0559.JPG

 

 

 

 

 

ここは 年長児の保育室。

 

折り紙を使った「クリスマスリース」です。

 

ひとつのリースを完成させるには

 

32枚の折り紙を折って つなげていきます。

 

一枚いちまいの折り方は どれも同じですが

 

子どもは 同じものを折っても

 

たとえ同じ課題やテーマで同じ時に

 

折ったり描いたりしても 

 

同じ作品にはなりません。

 

たとえチューリップの絵を みんなで一斉に描いたとしても

 

同じチューリップにはならないのです。

 

 

 

 

子どものいない時に

 

年長のクリスマスリースをゆっくり見ました。

 

 

 

 

 

DSC_0556.JPG

 

 

 

 

 

 

32枚もの折り紙を

 

1枚いちまい折った あの子やこの子の

 

小さい時に抱っこした感触や

 

ふと手をつないだ時の あの温かさを思い出し

 

その手が その指が

 

紙を折り  折り線を頼りに

 

山折り 谷折り  つづら折りを重ねる。

 

これを折ったのは

 

あの子の あの手

 

この子の あの指 あの温もり

 

 

その手が 折り紙の角と角をぴったり出合わせ

 

折り線に鋭角を与える時

 

「洗練」を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

一方で こんなふうにも思います。

 

角と角が合う とか 合っていないとか

 

そういうことは今日は「学校」に任せたい。

 

生活展はそういうことじゃない。

 

この32枚を折りあげるための

 

これまでの毎日を

 

私は 思います。

 

初めての 一歩。

 

初めての 砂遊び。

 

日々のお散歩。

 

毎日の給食。

 

保育園のすべてのもの すべての毎日が

 

この32枚を折りあげさせました。

 

これまでの毎日がなければ 32枚を折りあげることはできなかった。

 

 

 

 

 

 

DSC_0554.JPG

 

 

 

 

 

 

わたし。

 

この作品に とっても「力強さ」を感じる!

 

作品が粗削りで 原始に近ければ近いほど

 

わたしは 人が生きてきた時間と

 

人の願いと

 

人々のちからを 強く感じます。

 

 

 

 

子どもの作品は

 

その子ども そのものなんだ。

 

 

 

 

 

子どもって すごいなぁ

 

生活展って そういうことなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おもちつき大会

 

 

 

 

 

来年1月に保護者会が主催する「おもちつき大会」の

 

委員会もたちあがり準備がすすんでいます。

 

この2年ほどは仮園舎住まいだったので

 

平日に保育園の行事として行ってきました。

 

 

今年度は久ぶりに 土曜日保護者会主催の

 

おもちつき大会です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0722.JPG

 

 

 

 

この記事の画像は

 

旧園舎の園庭でのおもちつき大会。

 

おもちつきで一番最初にすることは

 

とにかくお湯を沸かすことです。

 

お湯なくして おもちつきはできません。

 

とにかく お湯!

 

上の写真では防災機器の「まかないくん」を使って

 

お湯を沸かしています。

 

こちらの燃料は(薪でも可)プロパンガスです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0880.JPG

 

 

 

 

一方こちらは 薪でもち米を蒸かしているところ。

 

薪に火をつける時に着火剤は使いません。

 

「焚きつけ」にする細い枝などと

 

細長く丸めた新聞紙に火をつけ

 

炎が元気になったら やや太めの焚きつけの枝

 

炎が大きくなるのに合わせて

 

薪も太くしていくのです。

 

羽釜の上に 四角の銅製の板が乗せられており

 

この板の中心に蒸気を強くふきだすだめの穴があいていて

 

上に重ねられた3段のせいろに

 

蒸気がいきわたるというわけです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0912.JPG

 

 

 

 

 

 

もちろん せいろの上と下

 

どちらが早く蒸しあがるかは

 

わかりますよね・・・

 

 

蒸しあがりは どの段も一緒ではありません。

 

どれ?と せいろをずらして蒸しあがりの確認を

 

食べてします。

 

外気で蒸しあがりに必要な時間は変わります。

 

雪の日なんて 蒸しても蒸しても

 

ずうっと生のお米のままで 泣きたくなっちゃった・・・

 

 

それは平成18年度のおもちつき大会。

 

 

 

 

 

 

保育方針 (17).jpg

 

 

 

 

どんどん どんどん積もって

 

ポーチと保育室で おもちをつきましたが

 

足元が悪くなって みなさん・・・

 

お帰りになってしまって・・・

 

さみしかったです。

 

 

 

 

 

DSC_0916.JPG

 

 

 

 

 

 

さて、薪の火力というのは さすが! です。

 

ガスコンロで蒸し器とは

 

まるで ちがう!

 

 

 

蒸しあがったもち米は お湯で温めておいた臼に移し

 

3人がかりで つぶします。

 

お米のまま 思いっきりおもちつきをすると

 

どうなるか は想像してみて下さい。

 

つきあがったおもちは お湯をはった

 

ボウルに取り 次の作業に運ばれます。

 

 

 

 

 

 

あ (42).JPG

 

 

 

 

 

お話は 一気に 保育室の中。

 

まるめて きなこ あんこ のりたまを

 

まぶしていきます。

 

 

 

さて これらの画像をみても

 

おもちつきにはお湯!の合言葉の意味が

 

わかっていただけると思います。

 

 

 

 

 

園内 玄関におもちつきの写真を

 

少し掲示してみました。

 

どうぞ見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 


防災訓練

 

 

 

 

 

1年に1回  総合防災訓練。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

 

新しい会館になって 初めての総合防災訓練です。

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

 

通常の避難訓練のあと

 

先生方は水消火器の訓練。

 

 

 

 

DSC_0526.JPG

 

 

 

 

さらにこどもたちと煙ハウス体験と続きます。

 

白い煙は バニラ風味。

 

先日中里第三自治会の防災訓練に参加したおり

 

消防士さんの銀色に光る本物の消防服をみましたが

 

煙や熱で煤けて(すすけて)黒く光っていました。

 

煙ハウスの煙は白く バニラの匂いは甘い。

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

 

 

バニラの白い煙でさえ 視界を遮り

 

人の方向感覚をかく乱するのに十分だ。

 

 

そのことをわたしたちは覚えて

 

最優先は「命」。

 

これを胸に刻んでいかなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋の遠足

 

 

 

 

 

年長クラスの秋の遠足に加わりました。

 

 

 

 

 

 

久良岐公園 (5).JPG

 

 

 

 

 

行先は久良岐公園。

 

久良岐保育園も久良岐公園も同じ「久良岐」です。

 

それは このあたり一帯の地名に由来していて

 

上大岡生れ 上大岡育ちの園長も

 

祖父の時代は「久良岐郡」と呼んで

 

生活していたらしい。

 

久良岐公園も50年以上も前から私の遊び場でした。

 

さて。

 

久良岐保育園から久良岐公園までは

 

年長の足で歩いて50分ほど。

 

年長のクラス全体が約50分でここまで歩けるか・・・が

 

一応の目安と思っています。

 

交通の安全をもう少しゆるめて

 

少ない人数で歩けば40分で到着するかもしれません。

 

 

 

 

久良岐公園 (230).JPG

 

 

 

 

 

その日は偶然 小学1年生も来ていて

 

はたしてこちらはどのくらいで歩いてくるのでしょうね。

 

 

 

 

 

久良岐公園 (194).JPG

 

 

 

 

 

元気に歩いて

 

元気に遊んで

 

 

 

 

久良岐公園 (286).JPG

 

 

 

 

お弁当を食べながら

 

次はお菓子で

 

自分の腕を使って

 

何かの説明をしている・・・ような・・・

 

 

 

 

 

久良岐公園 (175).JPG

 

 

 

 

 

おだやかな秋の1日でした。

 

往復のこどもの様子は

 

担任のブログをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園庭で遊ぼう会

 

 

 

 

 

11月17日 土曜日。

 

久良岐保育園 園庭で

 

「園庭で遊ぼう会」を実施しました。

 

 

 

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

 

 

 

 

新久良岐会館が竣工するまでの1年8ヶ月を

 

仮園舎で過ごした園児さんのみならず

 

久良岐保育園の卒園児さんと在園児さんが

 

久良岐に集まり 一緒に遊ぼうという会です。

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

 

 

 

わぁ  みんなが来てくれた〜

 

元気だったかな?

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

 

大きくなっても保育園時代のことを覚えていてくれて

 

とてもうれしいです。

 

 

 

 

 

DSC_0047.JPG

 

 

 

 

この日は みんなのおやつに

 

「ポン菓子」の実演をしました。

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

夕方には部活を終えた卒園児さんも来てくれて

 

にぎやかな1日でした。

 

 

 

 

卒園児のみなさん

 

お引越しをした時には

 

新しい住所をどうぞお知らせ下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水族館へようこそ

 

 

 

 

 

 

小雨まじりのティーボール大会。

 

1イニングの試合が終わったら・・・

 

 

 

いくよ〜!

 

品川水族館!

 

 

 

 

DSC_0799.JPG

 

 

 

 

 

 

品川水族館へ ようこそ。

 

じつはこの品川水族館、

 

雨でティーボール大会が中止になった時の

 

雨プログラムとして職員も下見を済ませていました。

 

だから 行くことができる!

 

先生方  えらいっ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0741.JPG

 

 

 

 

水槽に使うガラス作りの技術が進歩して

 

大きく しかも曲面が自由自在に作られるようになって

 

水族館のお魚の見せ方もずいぶん変わりました。

 

それにしても これほどの水圧に耐えられる

 

ガラスって すごい!

 

それに とても大きなガラスなのに

 

つなぎ目が ない!

 

 

 

 

 

DSC_0746.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで 自分が海の中にいるみたい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0843.JPG

 

 

 

 

 

これは 鏡のトリック。

 

 

 

 

 

 

DSC_0838.JPG

 

 

 

 

 

 

それにしても お魚ってすごいな。

 

自分の身体の大きさの上に 何千メートルもの深さの水と

 

何万トンもの水圧があるっていうのに

 

自由自在に 泳ぐ。

 

貝に至っては 何万トンもの水圧を貝殻のチカラで持ち上げて

 

移動する。

 

時々 その事を思っては

 

自分のパワーの無力を感じます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0875.JPG

 

 

 

 

 

 

森の中。

 

雨が葉を濡らし 幹をつたって地面に落ちる。

 

雨のたった一滴が たくさんあつまって

 

土や落ち葉に浸透し やがて川に流れ海に至る。

 

品川水族館の入り口には

 

森と海の関係について展示がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0915.JPG

 

 

 

 

 

 

大きな空も 好き!

 

広い海も 好き!

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/68PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered