第70回 入園式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

 

 

 

 

 

 

令和2年4月1日

 

第70回 久良岐保育園 入園式です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

 

 

あいにくの雨模様でしたが

 

この雨が土を潤し

 

花は咲き 木々の葉は広がり

 

季節が巡っていくのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0098.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のスタートは

 

small step。

 

小さなつくし・もも組の集団から

 

だんだん園児さんが増えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

 

 

 

 

ここにいらっしゃる皆さんは

 

すでにきょうだいが在籍しているので

 

きょうだいも久良岐で とお考え下さった方々。

 

うれいしいことです。

 

 

 

 

 

DSC_0086.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ 明日からは ちょっと涙の保育園かな。

 

元気にきて下さい。

 

待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


励まされています

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0936.JPG

 

 

 

 

 

 

 

コロナウィスル対応は

 

どんな状況下で感染しやすいようだ・・・

 

まではわかっているようですが

 

それぞれの状況や環境下での

 

数字での感染率と重症化の傾向や

 

致死率は出ていない。

 

だから どうしてこの国のこの地域で

 

こんなにも感染し死亡するのかも

 

一市民のわたしに理解できるような根拠が

 

ない。

 

でも

 

いつまで続くのかもわからない毎日の中で

 

シアワセなことも ある。

 

たとえば久良岐保育園に大事なお子さんを

 

預けて下さる保護者の方の一言に

 

沈んでいた気持ちが 明るくなったり

 

特に先日の卒園式では

 

子どもの小さい頃の話を

 

その子の親と一緒に話せる幸せを強く感じました。

 

血縁でもなく 同じ家に住んでいるわけでもなく

 

ただ 親と保育園の真ん中にこどもが いる

 

と いうことだけで

 

子どもがかわいい と日々思い

 

幸せを感じるなんて

 

本当に幸福なことだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0929.JPG

 

 

 

 

 

 

そして 昨日の夜帰宅して

 

「園長センセイ ブログに書いちゃいました」と

 

帰り際に言っていた先生がいたことを思い出し

 

【smile+】を見てみると

 

このごろ写真の撮影にチカラをいれている

 

T先生が記事を書いていた。

 

自分の勤務が終わったあとで

 

今日の自分の仕事を思い出し

 

文章を考えている先生方を

 

とてもありがたく思い

 

こういうことにも 又 自分が励まされていると

 

思いました。

 

 

そういえば・・・・

 

公立中学校の卒業式の日に

 

中学生の担任として着物袴姿の

 

保護者の方がいらっしゃいました。

 

夕方 その方がお迎えにくると

 

保育園の玄関が明るく感じられ

 

いつものお母さんとはちがうその姿に

 

お子さんたちが しばし見とれていて

 

その少し後 うれしそうに

 

そして親のその姿を尊敬するような表情も見えて

 

わたしもうれしくなっちゃた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0825.JPG

 

 

 

 

 

 

卒園式の日。

 

ばら組の担任の先生方も着物袴姿でした。

 

着付けは園長の妹です。

 

妹は日本の伝統を残したいと思っていて

 

伝統技能の継承活動もしています。

 

卒園を控えていらっしゃる方の中に

 

卒園式に着物をきたいけれど

 

自分では着られない・・・

 

なぁんて思っていらっしゃる人はいるのかな。

 

親がきれいな洋服や着物を着ているというだけで

 

子どもが いつもより何か うれしいと思うなら

 

お手伝いしたいな とも ちょっと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0829.JPG

 

 

 

 

 

 

今日もコロナウィルス感染防止策のひとつとして

 

家庭で養育できる方に欠席への協力をお願いしています。

 

そして保育にあたる職員を配置し

 

保育以外の仕事ができるようにもなり

 

新年度クラスの話合いなどができています。

 

みなさん ありがとうございます。

 

みなさんに励まされ

 

久良岐保育園は今日も活動中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


第69回 卒園式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0833.JPG

 

 

 

 

 

 

3月21日 土曜日

 

久良岐保育園 第69回 卒園式を

 

行いました。

 

 

行事にあたっては 少し特別な配慮もありましたが

 

こどもの卒園を祝う行事は

 

変わりません。

 

音楽療法的指導の鈴木泰子先生と

 

担任の先生の記念写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0835.JPG

 

 

 

 

 

そして3人のお子さんをお預け下さり

 

今日の卒園式では謝辞もお願いしたご家族と

 

保育園の講師の先生方との 記念写真。

 

 

 

ご卒園 おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記念写真 making

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0740.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は クラスごとの集合写真の撮影日。

 

1月には 全園児が一同に集まって集合写真を撮り

 

園庭でクラスごとの集合写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0744.JPG

 

 

 

 

 

 

 

集合写真だから 2列とか3列になって

 

前を見て 笑う・・・

 

のも いいんですが

 

今日は ちょっと趣向をかえようっと!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0748.JPG

 

 

 

 

 

 

コロナウィルス感染拡大防止の措置として

 

小中高校の休校が延長されました。

 

お休みをしていた園児さんも 今日はやってきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0754.JPG

 

 

 

 

 

どんな設定で写真を撮るかは

 

担任の先生にお任せ〜

 

トップは0歳児のクラス

 

さて 撮影の旅に出発です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0760.JPG

 

 

 

 

 

 

1歳児のクラスは手作りの和太鼓仕様。

 

 

 

 

 

DSC_0766.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2歳は巧技台をだして

 

いつもの遊びの延長シーンで撮影です。

 

 

 

 

 

DSC_0774.JPG

 

 

 

 

 

 

幼児クラスは 先日の発表会の演目でいくようです。

 

年少クラス。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0777.JPG

 

 

 

 

 

 

年中クラス。

 

どのクラスもアイディアが いい!

 

広い保育室を十二分で使っています。

 

 

 

 

 

DSC_0780.JPG

 

 

 

 

 

さぁて 最後にやってきたのは

 

年長クラスの保育室。

 

あら・・・

 

さぁ 撮り…  ま  …す

 

…よ…

 

 

 

 

DSC_0785.JPG

 

 

 

 

 

 

大丈夫でしょうか

 

 

 

 

 

DSC_0791.JPG

 

 

 

 

 

 

「見るのは こっち〜!」

 

カメラマンさんが

 

呼びかけます。

 

 

みんな 聞いてる?

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0795.JPG

 

 

 

 

 

担任 + 主任 + カメラマン

 

必死の撮影ですが。

 

きっと 楽しい写真が撮れたはず!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0801.JPG

 

 

 

 

 

これは 別のシーン。

 

今度は主任がモデルを和ませる役。

 

こちらは4月の掲示用です。

 

 

 

 

本日撮影の写真はスナップスナップの

 

サイトでご覧いただけます。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 


お別れ遠足

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0594.JPG

 

 

 

 

 

今日は お別れ遠足。

 

年長クラスは毎年電車に乗って

 

お出かけをしますが

 

今年は 徒歩遠足に変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0581.JPG

 

 

 

 

 

 

どのクラスも

 

成長に合わせて保育園周辺のお散歩から

 

片道50分をかけて出かける遠足まで

 

計画はさまざま。

 

そして留守になった保育園では

 

保育室の清掃と

 

必要箇所の消毒が行われています。

 

 

 

 

 

DSC_0578.JPG

 

 

 

 

 

お家の人が作って下さるお弁当は

 

この日の子どもたちが何より楽しみにしているもの。

 

お家の人に伝わるといいのですが

 

あなたの作ったお弁当を

 

子どもはこんなにもうれしく大切に食べているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0540.JPG

 

 

 

 

 

年長さんになると

 

このボリューム感!

 

お弁当箱につめられた栄養が

 

カラダを作り 脳を育て

 

ココロを温めている。

 

※脳はたくさんのカロリーを消費します!

 

 

 

 

 

 

DSC_0546.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「園長センセイ お弁当 食べないの?」

 

… お心遣い ありがとう …

 

あとで食べるね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0559.JPG

 

 

 

 

 

 

ココロとココロをつなぐのは

 

「お結び」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

みなさん

 

お弁当をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の しごと 4

 

 

 

 

 

 

 

総練習2 (115).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

お時間があれば

 

写真館をご覧になる時に

 

2回目と3回目のご自分のクラスの

 

画像を見比べてみて下さい。

 

どこが違うか

 

もしもわかったら

 

あなたは久良岐保育園の職員です!

 

 

 

 

 

 

 

A (115).JPG

 

 

 

 

 

 

わたしたちは

 

総練習のあとに反省会をします。

 

こどもが提示したものをできなければ

 

わたしたちが設定した歌や劇が

 

こどもの成長よりずうっと高いものか

 

練習の方法がこどもに合っていないか・・・

 

それとも・・・

 

と考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

A (105).JPG

 

 

 

 

 

 

大道具 小道具が大きすぎて

 

作り物の間にこどもがいるように見えないか

 

衣装に凝り過ぎて

 

こどもの存在を衣装で隠していないかも。

 

何より発表会はクラスにまかせた発表会ではなく

 

久良岐保育園の発表会だ という考え方が大事。

 

反省会では担任をしているクラスだけでなく

 

他年齢のクラスについても意見をだします。

 

たとえば・・・

 

「こどもの主体性を応援します」という私たちの宣言。

 

こどもが自らやろう!としているのに

 

その前に手を差し伸べていないか

 

「うまくやってほしい!」とおとなが願うと

 

無意識のうちに こどもの手を引いて誘導してしまう事。

 

担任の先生が

 

「大丈夫よ!」「どうぞゆっくりね」という気持ちで

 

態度と見守りでこどもたちを包めるよう

 

他のクラスの先生も手助けをします。

 

さらに ステージでおとながどの位置にいれば

 

そのこどもが本来持っているチカラをだせるのかも

 

検討したりします。

 

 

 

 

 

 

 

B (133).JPG

 

 

 

 

おや こちらは小さなサポーターさん。

 

こうやって0歳児クラスも練習に参加しますから

 

自分の目指すものが

 

知らず知らずに わかっちゃう!

 

 

 

 

 

 

 

A (129).JPG

 

 

 

 

 

 

いいなぁ 

 

保育園って。

 

こういうところが いい!

 

 

 

 

 

 

 

 

B (141).JPG

 

 

 

 

 

「one team」という表現はよくありますが

 

今年の発表会は

 

「one 発表会」。

 

自分のクラスを越えて作っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


初舞台

 

 

 

 

 

 

画像は発表会の練習風景。

 

発表会は保育室内のステージでは

 

初めての体験ですね。

 

 

 

 

A (8).JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ 先生が両方の手を自由に使えるように

 

イヤーマイクをつけて 準備完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

A (18).JPG

 

 

 

 

 

先生は 悲しくて泣いているんじゃなくて

 

お歌の振りですから あしからず。

 

 

 

 

 

 

総練習2 (48).JPG

 

 

 

 

 

 

手作りの「くまさん帽子」

 

頭にかぶると

 

自分では見えなくなっちゃうからね。

 

よぉく たしかめてっと!

 

 

 

 

 

総練習2 (39).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会総練習2回目と3回目の画像を

 

写真館に載せました。

 

126人もの園児さんがいる久良岐保育園では

 

発表会においても欠席のお友だちがいます。

 

よろしければ 練習の姿をご覧になって下さいね。

 

本番はプロカメラマンが撮影しているので

 

もっときれいな写真ですが

 

わたしや担任が撮る写真は

 

毎日を共にすごすおとなとしての視線が

 

反映しているのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の しごと 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A (11).JPG

 

 

 

 

 

 

 

保育園は 担任だけでなく

 

たくさんの人のチカラで

 

毎日が続いている。

 

 

 

 

 

B (135).JPG

 

 

 

 

 

 

朝の 保育をお手伝いして下さる人。

 

仕事は終っても

 

こどもたちが気になってしかたがない。

 

練習を見て下さった。

 

 

 

 

 

 

B (154).JPG

 

 

 

 

 

 

クラスの出し物の間に

 

大道具の出し入れの打合せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラスから出された配置図はこんな感じ。

 

書いた人にはわかっても

 

読んだだけでは わからない。

 

それに・・・

 

運びこむ物が 大きくて たくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

 

大道具を出すタイミングまで加わって

 

これは これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

B (42).JPG

 

 

 

 

 

 

スタンバイして

 

道具を出す準備中。

 

 

 

 

 

B (70).JPG

 

 

 

 

 

 

こうして こどもと おとなの

 

練習が続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の しごと 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0258.JPG

 

 

 

 

 

もちろん

 

こどもたちと一緒に

 

発表会の練習をします。

 

さぁ これから 出番ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0449.JPG

 

 

 

 

 

 

こどものチカラを

 

いつものようにステージにのせられるように

 

自分も楽しんで

 

クラス全体を包んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0473.JPG

 

 

 

 

 

 

ステージの配置図を見ながら

 

非常勤の先生方とも打ち合わせ。

 

大道具ひとつひとつにも

 

役割があってそこにあり

 

それを運ぶ人にもそのことがわかり

 

「黒子」のように運びます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0456.JPG

 

 

 

 

 

 

この配置は ちょっと大仕事。

 

プログラム3番の後です。

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

おとながきれいに太鼓を並べれば

 

こどもも自分の位置に 迷わない。

 

隣の人とぶつかることもないから

 

大きく腕を動かして 思いっきり

 

太鼓の演奏ができる。

 

おとなの仕事って そういうことだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

 

でも それも これも

 

あれも これも

 

こどもが生まれたときからの

 

小さな ちいさな 人との関わりの

 

積み重ねだ。 だいじなのは。

 

 

 

 

 

 

DSC_0517.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもが言葉にできなくても

 

「わかる」

 

こどもからすれば

 

「わかってもらえる」

 

そのやり取りのくり返し。

 

その向こうに 発表会は ある。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

 

 

春に始まった新しい一年。

 

早春におわるこれまでの一年。

 

 

 

 

 

 

DSC_0712.JPG

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちの しごとは

 

こどもと ともに ある。

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の しごと 1

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0813.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭では

 

葉が落ち 冬を迎えている山の木々を

 

大きく伐採しました。

 

この作業をするなら

 

春に向けて養分を自分の中に蓄えている今なんです。

 

久良岐は自然に囲まれているので

 

人と自然が調和して生活できるようにするには

 

こうした作業が欠かせません。

 

今回は伐採する枝を吊るための

 

重機も入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0814.JPG

 

 

 

 

 

 

お部屋の中。

 

子どもの午睡時間には

 

午前に行われた発表会の練習の反省会と

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0816.JPG

 

 

 

 

 

 

プログラム順を最終決定して

 

印刷して

 

折りあげる作業。

 

時はすでに3時。

 

本日発行に間に合うでしょうか・・・

 

何気ない印刷物ですが

 

こうして手作りされています。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/83PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered