トーンチャイム

 

 

 

 

 

 

DSC_0626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

トーンチャイムは「鳴らす」んじゃない。

 

「響かせる」ように鳴らすんだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

響かせるように鳴らすには

 

あなたのカラダをしなやかにすること。

 

力まかせに腕を振っても

 

トーンチャイムは響かない。

 

 

しなやかに

 

膝のしなりを背中や肩や腕に伝えていく。

 

音に向かって立ちはだかる壁のようなカラダではなく

 

あなたのカラダの周りに音を伝えていくような

 

イメージを身体に与えて トーンチャイムを響かせる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0638.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

ゆっくりと

 

同じ動作をくりかえす。

 

ゆっくりと しなやかな音が

 

お部屋に広がる。

 

そうそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽療法的指導について考える(2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0490.JPG

 

 

 

 

せっせせ〜のよいよいよい

 

から始まるなつかしい遊び。

 

久良岐の音楽療法的指導では

 

ボディーパカッションの活動の一環として

 

プログラムに取り入れている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

間奏部分では 自由にお部屋を歩いて

 

間奏が終りそうな時に出会った友だちと

 

向かい合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0498.JPG

 

 

 

 

 

 

こういうビミョウな「間合い」が

 

ニンゲン関係に つながっていく(と 思う)

 

お部屋の中で人が自由に歩く時も

 

自由か って問われれば

 

社会にいる他の人もまた

 

同じように自由に歩くことができるように

 

人と人との距離をその時の適度な幅で

 

とっていくのだから

 

「本当の自由って何?」みたいになってきちゃう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0514.JPG

 

 

 

 

らっぱ→パンダ→だるま→まくら の

 

しりとり玩具で 歌をうたい

 

今度は玩具がなくても

 

らっぱ パンダ だるま まくらの順を覚えて

 

クラスのメンバーのリーダーさんになって

 

歌ってもらいましょう。

 

この曲はリーダーさんが先に歌って

 

メンバーはリピートします。

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

右手に持っているのは「マイク」ですが

 

マイク不要の堂々たるリーダー。

 

 

 

 

 

DSC_0521.JPG

 

 

 

 

 

 

リーダーのお役目をみごとに果たして

 

泰子先生の笑顔にハイタッチ!

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

 

お席にもどって この笑顔。

 

だれに自慢するわけでもなく

 

自分ができた という自信を

 

自分の心の奥に 確かなものとしてしまう。

 

(おとなは ちょっと自慢したり…するかな…)

 

あ〜

 

こどもという人は

 

なんて堂々としていて 

 

立派な存在なのだろうと 思う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

次は これ。

 

『不思議の国の音楽』という曲に用いられる楽器。

 

椅子の上に そっと置いてあります。

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国を探しにいくのは

 

この人。

 

ひとりとして

 

ひとりのこどもとして

 

さがしに行くのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生のピアノの調べにのせて

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

なんて いい音。

 

まるで 小川にかけられた木の橋を

 

渡る時のような

 

心地の良い 音。

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

不思議の国の 音楽 ♬

 

フシギ ノ クニノ オンンガク ♪

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国がどんなところかは

 

 不思議なことだから わからない。

 

しかし 不思議の国を探しに行こうと思った人には

 

こんな「自信」が待っている。

 

この笑顔。

 

不思議の国の音楽を 見つけたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽慮法的指導について考える(1)

 

 

 

 

「音楽のチカラ」ってなんだろう…

 

こうして事務所の机に向かっていて

 

あらためて 外の世界の音に耳を傾けてみる。

 

 

お迎えのおとなの声

 

向こうの机のパソコンのキーボードを叩く音

 

大きい複合機の モーター音

 

… この複合機 ちょっとうるさい…

 

ふだんは何も聞こえていないようで

 

アイドリングのようなモーターの音が静かになる時があって

 

そういう時に 自分はいつもアイドリング音にさらされていたんだ

 

って 思う。

 

それがないだけで心が ホッとする。

 

それから 玄関の床にたまった砂を掃く音。

 

この音は 幅のひろいモップのようなほうきで掃く音だ。

 

 

耳を傾ければ こんなに聞こえるわたしの周りの 音たち。

 

それが忙しくしていると聞こえていないと思っているとしたら

 

ニンゲンは自分の周りの音たちを取捨選択して

 

聞こえたり 聞こえなかったりしているということだ。

 

わぁ わたしの耳ってそんなに便利だったのか…

 

 

 

 

 

 

DSC_0393.JPG

 

 

 

 

 

 

 

音楽療法的指導の「音」は

 

どれも意図的な「音」です。

 

これは「鈴」。

 

鈴の音が みんなの心に働きかけてきます。

 

そう 音楽は人の心に働きかけを  する。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0396.JPG

 

 

 

 

 

 

青いロープに 鈴が並べてつけてある。

 

泰子先生のピアノの音にあわせて

 

ロープを持って 鈴を鳴らします。

 

小さな鈴が みんなの響きになって

 

あなたの心に 働きかけてくる。

 

ある人には 楽しく

 

ある人には クリスマスの思い出のように

 

ある人には ちょっと物足りなく

 

・・・ どんな響きにしろ

 

あなたの気持ちに働きかけをしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0342.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生のピアノを聞きながら

 

お友だちにつながって

 

お部屋を 歩く。

 

 

ピアノの音楽には

 

お友だちの肩に触れる つながるチカラの優しさと

 

お友だちの肩から離れない自分の歩幅の広さと狭さを

 

リズムという方法を用いて知らせようと

 

働きかけてくる。

 

言葉で 人のカラダに触れる時の注意を与えるのではなく

 

言葉で運動としての歩幅を指示するのではなく

 

音楽のチカラをあなたの中に響かせて

 

人との関係を行動に届けようとしている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0350.JPG

 

 

 

 

 

 

『不思議の国の音楽』という楽曲。

 

ちょっとだけせつなくて

 

人の心を鼓舞する音楽の反対側の曲。

 

… いいな こういうせつない音楽…

 

鼓舞する曲より ずうっと心の奥に響いてくる。

 

ぐっ ときちゃうんだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

泰子先生の奏でるピアノの伴奏に合わせて

 

不思議の国の音楽を・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

演奏しています。

 

 

不思議の国って どこにあるんだろうって

 

思いながら

 

ぐるぐる ぐるぐる 音楽を奏でる。

 

 

 

 

ほら

 

音楽は あなたの心に働きかけてくるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


時の流れ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (12).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会は先週の土曜日だったんだ。

 

行事は準備に100年。(そのくらいの感覚です)

 

それなのに(行事が)始まると

 

もう 瞬き(まばたき)をする間に

 

おしまいになってしまう・・・

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (20).JPG

 

 

 

 

 

 

今年の発表会も

 

去年にも増してたくさんの方が来て下さいました。

 

新しい園舎 初めての発表会。

 

たくさん用意した椅子も足りないくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (92).JPG

 

 

 

 

 

 

 

たった1週間が経っただけなのに

 

なんだか 懐かしいような気さえしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (132).JPG

 

 

 

 

 

 

年長のクラス。

 

これが久良岐保育園を卒園する時の

 

こどもの姿。

 

 

 

 

 

舞台練習 (266).JPG

 

 

 

 

 

和太鼓の音を響かせて

 

いよいよ卒園。

 

 

 

 

 

舞台練習 (323).JPG

 

 

 

 

 

 

小さい時の大小ふたつの園庭で

 

砂や泥 水で遊び 

 

お散歩や 体育で走って転んで

 

毎日の 様々な遊びが

 

この体幹を作ってきたんだな。

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (327).JPG

 

 

 

 

 

 

そして 0歳児つくし組。

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (329).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会に0歳児がでて

 

何を発表するの?と思う方もいらっしゃることでしょう。

 

久良岐保育園では 年齢が何歳だろうと

 

ひとりとして立派な存在。

 

0歳児クラスのこどもたちが

 

たくさんのお客さんの前で 堂々たるこの存在感。

 

どうして 泣かないの?

 

どうして 先生が抱っこしなくても大丈夫なの?

 

どうして? どうして?

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (336).JPG

 

 

 

 

 

 

 

いえいえ 泣く子はいます。

 

だって ひとりは ひとりづつ。

 

ひとりは ひとりとして ひとりの姿をしていますから。

 

 

ここで言いたいのは

 

どうして0歳児が 舞台の上で

 

人に見られているのに大丈夫なの?ということ。

 

 

この舞台の上にあるのは

 

ここまでの1年の時間の中で結ばれた

 

子どもと先生の「信頼関係」なのではないかな。

 

 

先生がいれば大丈夫。

 

先生がいつも自分を見ていてくれて

 

少し離れていても 先生が自分のことを見ていてくれるはず。

 

ふりむけば先生のまなざしがあって

 

やっぱり先生が自分を見ていてくれた という安心感。

 

1年間の 人と人の信頼感が

 

0歳児を舞台に乗せていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (338).JPG

 

 

 

 

 

 

子どもが 泣く。

 

せっかくの日だと思っているのは おとななのであって

 

子どもにとっては 昨日も今日も

 

どれも大切な1日だ。

 

笑っている日も

 

泣いている日も

 

元気な日も

 

病気の日も

 

どれも大切な1日なんだ。

 

 

泣いている子がだめなんじゃない。

 

わたしたちは 泣いている子の1日を

 

大切に想う。

 

弱くて泣くわけじゃない。

 

その人(子ども)の気持ちを大切にしよう。

 

今度はね

 

先生がもっとそばにいるよ。

 

今度はね

 

パパやママと少し離れていたって

 

いつもすぐそこにパパやママがいて

 

「見ていてね」とこどもが思ってくれるよう

 

わたしたちががんばるよ!

 

 

 

 

舞台練習 (359).JPG

 

 

 

 

 

忍者で 忍(にん)!

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (354).JPG

 

 

 

 

 

 

おおきな かぶ。

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (402).JPG

 

 

 

 

 

うんとこしょ

 

どっこいしょ

 

 

 

 

 

舞台練習 (407).JPG

 

 

 

 

 

 

 

おおきなかぶが ぬけて

 

また ひとつプログラムが

 

前に進んで いく。

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (412).JPG

 

 

 

 

 

 

 

発表会の画像は後日 スナップスナップにて見ることができます。

 

写真館に 舞台練習の画像を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みんなの うた

 

 

 

 

 

発表会が近づき・・・

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (70).JPG

 

 

 

 

 

 

うた の 練習。

 

お部屋の手前では 他のクラスがお客さんになって

 

毎日 おやつの後は ミニ発表会が続きます。

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (39).JPG

 

 

 

 

 

 

どのクラスの うたも

 

みんなが覚えているから

 

「みんなのうた」が広がっていきます。

 

 

 

 

 

舞台練習 (46).JPG

 

 

 

 

 

 

そういう わたしも

 

朝の通勤の原チャリを走らせながら

 

・・・歌っちゃうんです

 

みんなの うたを・・・

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (198).JPG

 

 

 

 

 

 

お見せしたい画像はありますが

 

発表会の日に

 

みなさんの目と 耳と

 

心で

 

どうぞ 見て 聴いて 感じてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台練習 (216).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽療法的指導

 

 

 

 

 

2月14日

 

鈴木泰子先生による

 

音楽療法的指導の日。

 

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

・・・ 発表会の舞台に

 

こどもたちがあがってくるときに

 

グロッケンを奏でて登場するのはどうかな・・・

 

なんてちょっと考えてみたりして。

 

これは また いつか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

あ  泰子先生が奏でた その「音」

 

ぼく・・・

 

歌えるよ。

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が みっつの音を叩いて奏でると

 

耳にやってきたその音が

 

こどもの歌になって 

 

今度はわたしたちの耳に かえってくる。

 

 

ひとは いつから

 

こんなに誠実で こんなに率直で

 

素直な声を 素直な歌を

 

歌わなくなってしまったのだろう。

 

 

 

 

 

静かな夜の部屋に

 

ひとすじ伸びる月の光り。

 

街の広場にそびえる高い塔の「鐘」の音。

 

遠くからやってくる兵隊さんの軍靴の音。

 

やってくる やってくる トルコのマーチ。

 

 

そうして美しいたくさんの音楽たち。

 

わたしたちは ただ直(すなお)に聞いていればよく

 

歌うのならば 完成された曲の流れに

 

直(すなお)に声を乗せれば よい。

 

そんなことを感じる グロッケンとのセッションでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

おとなりのクラス。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどものかわいい仕草が

 

たくさん現れる 音楽療法的指導の時間。

 

小さな音楽が流れる。

 

小さな音に 耳を傾ける。

 

ただそれができると 

 

人の仕草も 変わる。

 

人に手をあげない  傷つけない仕草。

 

お部屋に広がる 安心の空気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が ぼくの わたしの 身体に ふれる。

 

そうそう この手の感じ この暖かさ。

 

ぼくの わたしの 先生の 手だ。

 

こころが 荒い時の こわい手の硬さ 

 

人が 苛立っている時の 

 

物を扱う あの 空気を壊す音。

 

人の気持ちは 音にも感じる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

 

 

先生の手が 暖かくて 優しいから

 

こどもも だんだん 大胆に!

 

腕から 足。

 

カバサが 音楽に乗って

 

こどもの身体にふれる。

 

 

となりのクラスのカバサを使ったセッションでは

 

おでこ とか

 

おしり・・・ のご要望もありました・・・

 

 

 

 

 

また 3月にあいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8月31日 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0303.JPG

 

 

 

 

 

 

年長クラス。

 

8月31日 音楽療法的指導の日。

 

手の中に 小さな球体。

 

いくつかの色のチューブが編んであり

 

いったい何色なの?と思うから

 

ついつい よくよく 見てしまう。

 

 

 

 

 

DSC_0307.JPG

 

 

 

 

年中クラスのボール(球体)よりも

 

カタくて小さい。

 

よく見ないと 手のひらに隠れて見えない。

 

人は 不思議だ。

 

小さいものを受け取る・・・と思えば

 

受け取る自分の手のカタチも小さくなる。

 

「このくらい」が これまでの体験からなのか

 

成長発達なのか

 

このくらい が わかる。

 

時々おとなは「もう これくらいでいいよ!」と言うが

 

その時の「もうこれくらい」は

 

果たして 非常に肯定的な表現なのか

 

それとも 「もうぉ〜」とちょっとイラついた感情なのか・・・

 

 

ではなく。

 

この場合は 大きさ 太さ 重さ 長短 としての

 

「このくらい」です。

 

 

 

 

 

DSC_0310.JPG

 

 

 

 

 

本日の球体。

 

いったい 何色?

 

ついつい見ちゃう。

 

 

 

 

DSC_0320.JPG

 

 

 

 

 

もっと見ていたいけれど

 

投げてくれた先生に 投げ返さなければならない〜

 

 

もっと 見たい〜

 

ココロは いろいろ。

 

 

 

 

 

 

 

 


8月31日 3

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

なに?

 

 

なに?

 

 

 

なんで 上…   見ているの?

 

 

 

 

 

DSC_0061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

泰子先生が持っている「円盤」に

 

ヒミツがありそう。

 

 

 

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

 

 

 

お答えは

 

おこさんに 聞いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一打

 

 

 

 

 

中里夏祭り。

 

 

 

 

 

 

DSC_0231.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も大勢の方に応援をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0220.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

この一打に

 

 

 

 

 

DSC_0085.JPG

 

 

 

 

 

 

身体中の「気」を集める。

 

自分の身体の真ん中に。

 

太鼓の振りは左右対称。

 

その真ん中に「気」を集めて くる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0078.JPG

 

 

 

 

 

 

 

自分の身体の真ん中を自覚できたら

 

隣りの人の気配を感じる。

 

できることなら

 

隣りの人が 自分の気配を感じているかさえ

 

感じようとしてみる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

 

 

みんなの「一打」の底には

 

そこがあるんだ!

 

たまたま 音が合ったわけじゃ ない。

 

一打にはわけが ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0236.JPG

 

 

 

 

 

 

みんなの一打がきまれば

 

こういうことだって 気が合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0260.JPG

 

 

 

 

 

この一打のために

 

0歳があり

 

1歳があり

 

 

 

今が ある。

 

 

 

 

 

 

 


伝統

 

 

 

 

 

 

 

明日は 中里夏祭り。

 

年長園児が 和太鼓の演奏を披露します。

 

又 今年は剣友会の方々の演武もあるとのこと。

 

剣友会さんでは卒園した小学生もお稽古をしているので

 

こちらも 楽しみ!

 

 

さて。

 

保育園では 明日のリハーサルが繰り広げられました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

和太鼓は年長クラスの取組みではありますが

 

小さい時から生活の場に和太鼓の音がしており

 

和太鼓の練習をするセンパイの姿をみることは

 

「時間がつながり 人がつながる」ことです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0414.JPG

 

 

 

 

 

 

 

又 広い園舎ではありますが

 

和太鼓の音は高く遠くまで広がるので

 

近隣の皆様のご理解がなければ できないことです。

 

いつも ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

来年は あなたたちの番!

 

 

と 思っていると

 

すかさず0歳児クラスのお友だちが

 

いつかは自分!とばかり前にでます。

 

いいぞぉ〜

 

その調子!

 

 

 

 

 

 

DSC_0434.JPG

 

 

 

 

 

こどもが

 

ただ

 

一所懸命 だというだけで

 

わたしは もうどうしようもないくらい

 

「こどもは かわいいな!」と思ってしまう。

 

 

 

 

 

DSC_0444.JPG

 

 

 

 

 

センパイたちの一所懸命は

 

音と動作とともに

 

ちいさなお友だちのココロも動かす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0451.JPG

 

 

 

 

 

リハーサルというより

 

これは もう演奏会。

 

 

 

 

 

DSC_0507.JPG

 

 

 

 

 

見ていてくれて

 

応援をしていてくれる人がいて

 

気持ちが合って

 

気持ちが応える。

 

 

 

 

 

DSC_0510.JPG

 

 

 

 

 

 

この 表情。

 

もう 最高!

 

 

 

 

 

DSC_0555.JPG

 

 

 

 

 

身体が伸びる

 

身体がしなる

 

太鼓の音に身を任せる

 

天に向かって振り上げられたバチが

 

一瞬 空気を支配する。

 

わたしたちの目ざす方向が示唆される。

 

 

 

 

 

DSC_0579.JPG

 

 

 

 

 

3歳児クラスが踊りだす。

 

 

 

 

 

DSC_0577.JPG

 

 

 

 

 

演奏が終わって 

 

残される 余韻。

 

 

 

 

 

 

DSC_0591.JPG

 

 

 

 

 

次を目指す まなざしを

 

見つけた!

 

 

 

 

 

DSC_0531.JPG

 

 

 

 

 

 

時間がつながり 人がつながって いく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/12PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered