音楽療法的指導

 

 

 

 

 

2月14日

 

鈴木泰子先生による

 

音楽療法的指導の日。

 

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

・・・ 発表会の舞台に

 

こどもたちがあがってくるときに

 

グロッケンを奏でて登場するのはどうかな・・・

 

なんてちょっと考えてみたりして。

 

これは また いつか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

あ  泰子先生が奏でた その「音」

 

ぼく・・・

 

歌えるよ。

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が みっつの音を叩いて奏でると

 

耳にやってきたその音が

 

こどもの歌になって 

 

今度はわたしたちの耳に かえってくる。

 

 

ひとは いつから

 

こんなに誠実で こんなに率直で

 

素直な声を 素直な歌を

 

歌わなくなってしまったのだろう。

 

 

 

 

 

静かな夜の部屋に

 

ひとすじ伸びる月の光り。

 

街の広場にそびえる高い塔の「鐘」の音。

 

遠くからやってくる兵隊さんの軍靴の音。

 

やってくる やってくる トルコのマーチ。

 

 

そうして美しいたくさんの音楽たち。

 

わたしたちは ただ直(すなお)に聞いていればよく

 

歌うのならば 完成された曲の流れに

 

直(すなお)に声を乗せれば よい。

 

そんなことを感じる グロッケンとのセッションでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

おとなりのクラス。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどものかわいい仕草が

 

たくさん現れる 音楽療法的指導の時間。

 

小さな音楽が流れる。

 

小さな音に 耳を傾ける。

 

ただそれができると 

 

人の仕草も 変わる。

 

人に手をあげない  傷つけない仕草。

 

お部屋に広がる 安心の空気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が ぼくの わたしの 身体に ふれる。

 

そうそう この手の感じ この暖かさ。

 

ぼくの わたしの 先生の 手だ。

 

こころが 荒い時の こわい手の硬さ 

 

人が 苛立っている時の 

 

物を扱う あの 空気を壊す音。

 

人の気持ちは 音にも感じる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

 

 

先生の手が 暖かくて 優しいから

 

こどもも だんだん 大胆に!

 

腕から 足。

 

カバサが 音楽に乗って

 

こどもの身体にふれる。

 

 

となりのクラスのカバサを使ったセッションでは

 

おでこ とか

 

おしり・・・ のご要望もありました・・・

 

 

 

 

 

また 3月にあいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8月31日 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0303.JPG

 

 

 

 

 

 

年長クラス。

 

8月31日 音楽療法的指導の日。

 

手の中に 小さな球体。

 

いくつかの色のチューブが編んであり

 

いったい何色なの?と思うから

 

ついつい よくよく 見てしまう。

 

 

 

 

 

DSC_0307.JPG

 

 

 

 

年中クラスのボール(球体)よりも

 

カタくて小さい。

 

よく見ないと 手のひらに隠れて見えない。

 

人は 不思議だ。

 

小さいものを受け取る・・・と思えば

 

受け取る自分の手のカタチも小さくなる。

 

「このくらい」が これまでの体験からなのか

 

成長発達なのか

 

このくらい が わかる。

 

時々おとなは「もう これくらいでいいよ!」と言うが

 

その時の「もうこれくらい」は

 

果たして 非常に肯定的な表現なのか

 

それとも 「もうぉ〜」とちょっとイラついた感情なのか・・・

 

 

ではなく。

 

この場合は 大きさ 太さ 重さ 長短 としての

 

「このくらい」です。

 

 

 

 

 

DSC_0310.JPG

 

 

 

 

 

本日の球体。

 

いったい 何色?

 

ついつい見ちゃう。

 

 

 

 

DSC_0320.JPG

 

 

 

 

 

もっと見ていたいけれど

 

投げてくれた先生に 投げ返さなければならない〜

 

 

もっと 見たい〜

 

ココロは いろいろ。

 

 

 

 

 

 

 

 


8月31日 3

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

なに?

 

 

なに?

 

 

 

なんで 上…   見ているの?

 

 

 

 

 

DSC_0061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

泰子先生が持っている「円盤」に

 

ヒミツがありそう。

 

 

 

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

 

 

 

お答えは

 

おこさんに 聞いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一打

 

 

 

 

 

中里夏祭り。

 

 

 

 

 

 

DSC_0231.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も大勢の方に応援をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0220.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

この一打に

 

 

 

 

 

DSC_0085.JPG

 

 

 

 

 

 

身体中の「気」を集める。

 

自分の身体の真ん中に。

 

太鼓の振りは左右対称。

 

その真ん中に「気」を集めて くる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0078.JPG

 

 

 

 

 

 

 

自分の身体の真ん中を自覚できたら

 

隣りの人の気配を感じる。

 

できることなら

 

隣りの人が 自分の気配を感じているかさえ

 

感じようとしてみる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

 

 

 

 

 

みんなの「一打」の底には

 

そこがあるんだ!

 

たまたま 音が合ったわけじゃ ない。

 

一打にはわけが ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0236.JPG

 

 

 

 

 

 

みんなの一打がきまれば

 

こういうことだって 気が合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0260.JPG

 

 

 

 

 

この一打のために

 

0歳があり

 

1歳があり

 

 

 

今が ある。

 

 

 

 

 

 

 


伝統

 

 

 

 

 

 

 

明日は 中里夏祭り。

 

年長園児が 和太鼓の演奏を披露します。

 

又 今年は剣友会の方々の演武もあるとのこと。

 

剣友会さんでは卒園した小学生もお稽古をしているので

 

こちらも 楽しみ!

 

 

さて。

 

保育園では 明日のリハーサルが繰り広げられました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

和太鼓は年長クラスの取組みではありますが

 

小さい時から生活の場に和太鼓の音がしており

 

和太鼓の練習をするセンパイの姿をみることは

 

「時間がつながり 人がつながる」ことです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0414.JPG

 

 

 

 

 

 

 

又 広い園舎ではありますが

 

和太鼓の音は高く遠くまで広がるので

 

近隣の皆様のご理解がなければ できないことです。

 

いつも ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

来年は あなたたちの番!

 

 

と 思っていると

 

すかさず0歳児クラスのお友だちが

 

いつかは自分!とばかり前にでます。

 

いいぞぉ〜

 

その調子!

 

 

 

 

 

 

DSC_0434.JPG

 

 

 

 

 

こどもが

 

ただ

 

一所懸命 だというだけで

 

わたしは もうどうしようもないくらい

 

「こどもは かわいいな!」と思ってしまう。

 

 

 

 

 

DSC_0444.JPG

 

 

 

 

 

センパイたちの一所懸命は

 

音と動作とともに

 

ちいさなお友だちのココロも動かす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0451.JPG

 

 

 

 

 

リハーサルというより

 

これは もう演奏会。

 

 

 

 

 

DSC_0507.JPG

 

 

 

 

 

見ていてくれて

 

応援をしていてくれる人がいて

 

気持ちが合って

 

気持ちが応える。

 

 

 

 

 

DSC_0510.JPG

 

 

 

 

 

 

この 表情。

 

もう 最高!

 

 

 

 

 

DSC_0555.JPG

 

 

 

 

 

身体が伸びる

 

身体がしなる

 

太鼓の音に身を任せる

 

天に向かって振り上げられたバチが

 

一瞬 空気を支配する。

 

わたしたちの目ざす方向が示唆される。

 

 

 

 

 

DSC_0579.JPG

 

 

 

 

 

3歳児クラスが踊りだす。

 

 

 

 

 

DSC_0577.JPG

 

 

 

 

 

演奏が終わって 

 

残される 余韻。

 

 

 

 

 

 

DSC_0591.JPG

 

 

 

 

 

次を目指す まなざしを

 

見つけた!

 

 

 

 

 

DSC_0531.JPG

 

 

 

 

 

 

時間がつながり 人がつながって いく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 すみれ組

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0883.JPG

 

 

 

 

 

 

 

鈴木泰子先生の音楽指導の日。

 

 

今日は 音楽療法的指導に関わる養成校の先生も

 

見学にいらしています。

 

 

 

 

 

DSC_0876.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生が持っていらっしゃった

 

あの「筒」には何が入っているの?

 

 

 

 

 

DSC_0889.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ひとりひとり

 

順番に回ってくるプログラムが

 

音楽療法的指導には意図的に散りばめられている。

 

 

あと 何人で・・・

 

・・・ボクの番 なのだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0895.JPG

 

 

 

 

 

〇〇君は もう少しだよ

 

待っててね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0896.JPG

 

 

 

 

 

本日ラストのプログラムは

 

「カバサ」です。

 

 

これも ひとりづつ順番にね。

 

 

 

 

 

DSC_0903.JPG

 

 

 

 

 

そのあとは 屋上へ!

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

きゃ〜

 

 

 

 

DSC_0095.JPG

 

 

 

 

 

 

夏は 水だよね〜

 

 

 

 

 

 

 

 


7月19日 ばら組

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0968.JPG、、

 

 

 

 

 

 

 

屋上。

 

山からは蝉の声。

 

 

 

 

 

DSC_0979.JPG

 

 

 

 

 

 

水しぶき。

 

 

子どもの歓声。

 

 

 

 

 

 

DSC_0983.JPG

 

 

 

 

 

 

空がまぶしい。

 

 

水が 光る。

 

 

 

 

 

DSC_0985.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

ひとやすみ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0030.JPG

 

 

 

 

 

これから 音楽指導。

 

そろそろ やるか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPG

 

 

 

 

 

 

青い空  白い雲

 

山の木々と風の音

 

掴むとなくなる水の感触

 

どれも わたしたちの大切な 夏だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ともだちと 夏の時間を 共に 過ごしている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

 

 

 

 

 

友だちと 気持ちを合わせて

 

チャイムを鳴らす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたし も 太鼓

 

 

 

 

 

 

ばら組

 

和太鼓 練習中。

 

 

 

 

 

DSC_0554.JPG、、、

 

 

 

 

 

 

そこへ もも組さんが

 

お散歩から帰ってきた。

 

 

玄関入れば

 

ばら組が 見える。

 

 

 

 

 

DSC_0559.JPG

 

 

 

 

 

自分のお部屋に帰る前に

 

和太鼓練習 鑑賞中。

 

 

 

 

DSC_0560.JPG

 

 

 

 

 

音がして

 

子どもがいて

 

子どもが 笑って

 

子どもが 飛ぶ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0561.JPG

 

 

 

 

 

 

手には赤いパーランク―

 

これが魅力的なのね。

 

 

 

 

 

DSC_0571.JPG

 

 

 

 

 

さぁ。

 

もも組さん お部屋に帰りますよ〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0576.JPG

 

 

 

 

 

… と言たって

 

 

そんな!

 

まだ 太鼓 やる〜!!

 

 

 

 

 

DSC_0578.JPG

 

 

 

 

 

こういう時には

 

実力より 対話。

 

圧力より 交渉。

 

 

 

 

 

DSC_0583.JPG

 

 

 

 

 

 

担任の先生って

 

やっぱり すごい!!

 

 

どこかの国の偉い人も

 

久良岐保育園に来て

 

オベンキョウするといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


太鼓

 

 

 

 

 

年長 ばら組の和太鼓指導。

 

 

 

 

 

DSC_0509.JPG

 

 

 

 

 

やってきました。

 

保育園でいちばん小さなクラス 

 

つくし組の皆さん。

 

 

 

 

 

DSC_0512.JPG

 

 

 

 

 

セッキョクテキにお部屋をのぞくお友だち。

 

センンセイ これはいったい? と

 

先生のお顔を見あげるお友だち。

 

いろいろな反応のようです。

 

 

だいじょうぶよ と先生が抱き上げます。

 

 

 

 

 

DSC_0519.JPG

 

 

 

 

 

 

ワタシも先生に抱っこ… ですが

 

どこか太鼓の音を聴いている様子もあります。

 

 

 

 

 

DSC_0520.JPG

 

 

 

 

 

少し慣れてくると

 

カラダが動き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

 

玄関付近探索中だったお友だちも

 

やってきた。

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

 

 

そのころ

 

つくし組のお部屋では・・・

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

午前のお昼寝中。

 

どこか遠くから

 

太鼓の音が聞こえている…かな

 

 

保育園って 

 

久良岐保育園は

 

年齢別のクラスで保育をしているけれど

 

ひとつのお家の中で

 

どこかのクラスが

 

どんなことをしているのか とか

 

人の気配を感じる場所。

 

おおきなお家で

 

人が暮らすように。

 

 

 

 

 

 

 

 


和太鼓指導 第1回

 

 

 

 

 

30年度 初めての和太鼓指導。

 

…ということは

 

この建物に和太鼓の音が

 

初めて響くということですね。

 

 

 

 

 

DSC_0329.JPG

 

 

 

 

 

今日は特別に指導の最初に先生方に演奏を

 

お願いしました。

 

先生方の音は 「一打」の迫力が 全然違う。

 

「一打」のもつチカラが わたしたちと全然 違うんだ。

 

最初に「ドンッ!」と叩くだけで

 

周りの空間に心地よい緊張が広がる。

 

たった一打が 空間を変えていく。

 

息をとめて わたしは空間の中にいて

 

緊張を味わう。

 

一打とは そういうことなんだ。

 

 

 

 

DSC_0331.JPG

 

 

 

 

 

 

そこに違う音色が入ってくると

 

一打がもたらした緊張が 軽やかに

 

拡散していく。

 

そうして やがて 朗らかな気持ちに

 

なって くる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0336.JPG

 

 

 

 

 

 

演奏されたのは「鼓響」(こきょう)

 

じつはこの曲 園長も叩けるけれど

 

先生方の演奏は もうまるで違う。

 

「先生」というのは こうあるべきとしか

 

いいようがない。

 

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

それではみなさん

 

「走楽」(らん)の練習をいたしましょう。

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

 

年長クラスは

 

夏のお祭りが初演奏の場です。

 

 

 

 

 

久良岐保育園の和太鼓は

 

創作和太鼓集団 打鼓音に

 

指導をお願いしています。

 

 

 

 

境先生

 

 

 

DSC_0369.JPG

 

 

 

 

秋本先生

 

 

DSC_0372.JPG

 

 

 

 

 

 

そして今日は先生方の演奏のために

 

もうひとり。

 

安村先生も来て下さいました。

 

 

 

 

 

DSC_0375.JPG

 

 

 

 

先生方 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered