和太鼓と花火の会 3

 

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (215).JPG

 

 

 

 

 

 

 

いつもなら

 

年長お泊り会の打上げ花火。

 

今年は 和太鼓と花火の会で

 

思いっきり どうぞ〜

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (202).JPG

 

 

 

 

 

 

広い園庭の前三分の一に並べられた ドラゴン系花火。

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (211).JPG

 

 

 

 

 

 

 

去っていく 夏。

 

巡っていく日本の季節。

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (190).JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日はご参加 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (218).JPG

 

 

 

 

 

みんなで過ごす

 

夏の終わりの 夜。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (263).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


和太鼓と花火の会 2

 

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (271).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い太鼓が

 

並べられて いく。

 

いよいよパーランクーの演奏だ。

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (107).JPG

 

 

 

 

 

ところで

 

保育士さんの仕事を

 

皆さんは

 

どのように思っていて下さるのだろうか。

 

この間 先生方とお話しをしていて

 

思ったのだけれど

 

保育士さんはこどもの気持ちが

 

よく わかる。

 

その日 その時の

 

こどもの気持ちが わかるんだ。

 

どうしてなんだろう・・・

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (110).JPG

 

 

 

 

 

 

誤解を恐れず 言うならば

 

保育士さんは こどもと一緒に

 

生活をするからです。

 

しかし ただ共に生活をするだけでは

 

だめ。

 

保育士さんもまた こどもを同じように

 

「やってもできない」

 

「やろうと思うのに なかなかできない」

 

「どうしてできないんだ」

 

・・・という自分を

 

自分で自覚できるから

 

こどもに近い存在になれるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (117).JPG

 

 

 

 

 

 

やってみたら すぐにできました!

 

とか

 

あれと あれを使えば

 

この仕事は実に簡単!便利です!

 

とか

 

そういうのは久良岐保育園には

 

あまり  ない。

 

先生方は 見ていると

 

実によく「考える」。

 

うまくいかない事を

 

どうしてなんだろうと 実によく考える。

 

それでも なかなか物事は

 

うまくは いかない。

 

(世の中って うまくいかなことが多い

 … ような気がする)

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (160).JPG

 

 

 

 

 

 

 

うまくいかない この経験。

 

この気持ち。

 

このことが 保育士さんの

 

こどもとの関わりを

 

変えていく(と 思う)

 

こどもの視線に

 

自分が降りていくことができるようになっていく。

 

だからこどもの気持ちが

 

よくわかる。

 

そんなふうに この頃思います。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (151).JPG

 

 

 

 

 

 

赤い太鼓はパーランクー。

 

南の島の昼下がり

 

水牛がゆったり道を歩いてる。

 

芭蕉の葉を 風が揺らす。

 

そんなリズムを

 

先生の締め太鼓が叩いて

 

こどもの気持ちを

 

心地よい波の音に乗せていく。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (81).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は

 

皆さんも

 

南の島のリズムに

 

心を遊ばせて下さったら

 

うれしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (144).JPG

 

 

 

 

 

 

赤い太鼓は

 

保育園の印(しるし)

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (105).JPG

 

 

 

 

 

 

こどもの傍に

 

保育士さんは

 

いつも います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


和太鼓と花火の会 1

 

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (3).JPG

 

 

 

 

いつもなら・・・

 

中里のお祭りで叩くはずだった

 

和太鼓。

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (4).JPG

 

 

 

 

 

 

今年は保育園の広い環境を使って

 

「和太鼓と花火の会」を催しました。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (30).JPG

 

 

 

 

 

金曜日の夕方に

 

お父さんやお母さんが来て下さって

 

年長クラスの演奏を聴いて 見て

 

夏の一夜を楽しむ企画です。

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (52).JPG

 

 

 

 

 

 

6年前は自分のお兄さんが

 

太鼓を叩き

 

その次のお兄さんも

 

夏の晩に 太鼓を叩いてくれました。

 

その響きを

 

今度は妹がつなげています。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (53).JPG

 

 

 

 

 

 

 

「太鼓」は私たちの父祖の

 

遥か遠い時代から 世界にあって

 

人のココロに響きを伝えてきた。

 

2020年

 

今度は僕が 僕が持つバチの響きを

 

夏の夜に届けてみせよう!

 

僕は 世界の中でそういう存在なのであり

 

たくさんの僕や私がつながって

 

この太鼓の音は

 

夏の夜空に広がっていく。

 

今夜 この場所に来ようと思って

 

来れなかった人にも

 

きっと聴こえている。

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (75).JPG

 

 

 

 

 

 

少しの緊張。

 

思いっきり伝えたい気持ちを

 

抑えきれなくなるこの気持ちをも

 

少しの緊張が

 

自分の中に それを留めさせ

 

今度は その気持ちが

 

バチにつながって

 

音となって 人に届いていく。

 

少しの緊張は

 

人をおとなにするのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (65).JPG

 

 

 

 

 

 

本当はマスクをはずして

 

本当のおとなの気持ちを

 

表情でこどもに伝えたい。

 

今年は拍手に

 

気持ちをこめる。

 

 

 

 

 

 

 

和太鼓&花火 (79).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


和太鼓練習 1回目!

 

 

 

 

A (15).JPG

 

 

 

 

コロナウィルス感染症による登園の自粛等を

 

受けて 和太鼓指導をずうっと

 

お休みしていましたが

 

和太鼓指導 再開!

 

 

 

 

 

A (13).JPG

 

 

 

 

指導のはじまりは

 

「あいさつ」。

 

3人の講師の先生方と

 

まっすぐに立って

 

お互いに敬意を表す礼をしました。

 

 

 

 

 

 

A (35).JPG

 

 

 

 

そしてプログラムの最初は

 

和太鼓リトミック。

 

太鼓の音に合わせて身体を動かし

 

音が とまったら

 

先生の指示の色を見つけて触れる。

 

 

 

 

 

 

A (64).JPG

 

 

 

 

次には

 

太鼓の音が止まったら

 

先生が指示したポーズをとる。

 

 

 

 

 

A (69).JPG

 

 

 

 

 

 

いよいよ 太鼓の前に立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

 

 

 

 

自分の腕の延長線に

 

太鼓のバチがあるように

 

まっすぐに。

 

 

ここ だいじ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0012.JPG

 

 

 

 

 

 

 

年長のしるし

 

赤い太鼓はパーランクー。

 

秋本先生の たった一打。

 

こんなに小さな太鼓なのに

 

秋本先生の一打の響きが

 

たしかな振動になって

 

こどもたちに届いている。

 

このたしかな一打をたたくことが

 

どんなにむずかしいか。

 

太鼓は「一打」なんだと私は思います。

 

一打が たしかに叩ける人は

 

人として自律した人です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

パーランクーを手に

 

「立つ」

 

この立っている姿が「自律」。

 

 

 

 

 

 

DSC_0020.JPG

 

 

 

 

 

動いている動作では見えない 自律。

 

和太鼓は 音楽の訓練ではなく

 

自律を考える時間です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

 

 

 

 

 

この空気感がわかるから

 

音に魅かれてやってきた園児さんも

 

じぃっと 見て

 

この空気感がなんなのか知りたくなる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

 

宙にある

 

赤いパーランクー

 

 

 

 

 

DSC_0034.JPG

 

 

 

 

よしっ!

 

みんなの自律が集まった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


振動

 

 

 

 

 

 

総練習2 (7).JPG

 

 

 

 

 

練習の 初期。

 

そして出番前。

 

 

 

 

 

総練習2 (52).JPG

 

 

 

 

 

舞台袖にくると

 

ちょっと変化。

 

 

 

 

 

A (39).JPG

 

 

 

 

 

総練習3回目。

 

わたし  やりますよ〜!

 

 

 

 

 

A (47).JPG

 

 

 

 

 

むむむ…

 

なんだか すごいテクニックを持つ

 

DRUMMER みたいだよ。

 

 

 

 

 

A (62).JPG

 

 

 

 

 

 

こちらは チカラ強く

 

まわりの空気に振動を響かせる。

 

 

 

 

 

 

総練習2 (65).JPG

 

 

 

 

 

 

もも組さん

 

みごとな太鼓演奏でした!

 

 

 

 

 

 

※写真館に総練習2回目 3回目の画像を載せました。

写真館の画像で縦の写真が横向きになっているものが

あります。これは私のカメラで縦位置にとると

カメラとPCでは自動回転機能の働きで正しく

表示をされます。しかしデータは回転していないので

ウィンドウズ7のPCを使ってデータをいちいち

回転させなければこの写真館に対応できないのです。

横位置は回転させるのをわたしが見逃したものです。

しかしもこの写真館は一枚いちまい手作りのように

画像を載せなければならず とても負担です。

フォルダーごと ぐわっ!と載せられるよう

ぜひ改良してもらえないかな・・・

HP管理の方 ぜひ検討して下さーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Irish harp

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0063.JPG

 

 

 

 

 

9月5日

 

音楽療法的指導の日。

 

鈴木泰子先生がお持ち下さったのは

 

Irish harp

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

 

 

 

小さな harpist さん

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

美しい音に 耳を澄まして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「手」って 不思議。

 

その人の 気持ちが手に現れる。

 

ホントだよ。

 

 

新入園の頃の

 

わたしとあまり「知り合い」じゃない頃に

 

何かの拍子に手をつなぐことになると

 

そのこどもは わたしの手を握ることに

 

迷いが ある。

 

手と 手は 触れるんだけどね。

 

だから わたしはゆっくり ぎゅうっと握って返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0604.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁさ

 

 

音楽療法的指導のプログラム。

 

音楽のチカラを借りてね

 

お友だちと向き合って

 

 

 

 

 

DSC_0605.JPG

 

 

 

 

 

 

たった 

 

たった それだけなのに

 

楽しいの!

 

 

 

 

 

 

DSC_0608.JPG

 

 

 

 

 

 

 

次は 手をつないで

 

くるくる まわっちゃうの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0611.JPG

 

 

 

 

おともだちが

 

知らず知らずの間に

 

変わっていく(ようにできてます)

 

 

 

 

 

 

DSC_0616.JPG

 

 

 

 

 

 

こんなに シンプル。

 

電気もいらない

 

ガソリンもいらない

 

電子錠もいらない

 

アポイントもいりません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0618.JPG

 

 

 

 

 

それなのに

 

この 向かい合い

 

手を合わせる

 

人 と 人 の

 

カンケイに

 

こころが 弾む。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0622.JPG

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

 

この何小節かの

 

短い音楽の中に

 

「人とは?」という

 

問いの答えが あるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0624.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0627.JPG

 

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園 音楽療法的指導

 

次回は すぐそこ

 

9月5日です。

 

 

※久良岐保育園では 音楽療法的指導の取り組みを

 日本保育学会で発表したり

 また 皆さんの理解をいただき広めていきたいと

 学生の皆さんが見学する機会を作っています。

 聖セシリア女子短期大学 鈴木泰子先生による

 音楽療法的指導の日は HPのカレンダーで見て下さい。

 見学希望の学生は保育園まで申し込んで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽療法的指導 (よく聴く よく見る ていねいに)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0512.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園における

 

音楽療法的指導の目的は

 

「よく見る よく聴く ていねいに」です。

 

 

 

 

 

上の写真。

 

フェルト製 手作りの教材です。

 

先日 保護者の皆さんの応援も得て

 

「しりとり回文」を募集したところ

 

いくつものお返事がありました。

 

「ちくわ→わに→忍者→じゃぐち」が完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

 

 

しお → おすもう → うっちゃり → りきし

 

これも作ってみました。

 

この教材は 4つの語句をメロディーにのせて

 

くるり くるりと押し出して変えていくのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0517.JPG

 

 

 

 

 

 

 

音楽があって 目に見えて

 

それが 変わっていく。

 

こどもは よぉく見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0591.JPG

 

 

 

 

 

 

今度はね。

 

もっと よぉく見ていないと

 

うまくいきません。

 

足をそろえて

 

足の裏は床につけてね。

 

「手のひら」は こんな形にね。

 

この手のひらのカタチにはメッセージがあるよ。

 

「先生 準備はいいですよ」という気持ちです。

 

こどもが無言で「準備はいいですよ」と言っているのだから

 

先生もそれを感じてね。

 

こどもの気持ちを受け取ってね。

 

手のひらに やさしい弧を描いてボールを入れてやる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0595 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

ほぉら こどもの気持ちと

 

おとなの気持ちが

 

吐く息と 吸う息のようにひとつのなって

 

うまく手の中に納まった。

 

「準備はいいです」とこどもの心が言い

 

わかりました とおとなが応える。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0596 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

受け取ったボールは すでにボールではなく

 

人と心が通った印(しるし)になっている。

 

わたしの気持ちを受け取ってくれて

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

DSC_0599.JPG

 

 

 

 

さぁ 今度は 先生に

 

そのボールをちょうだいね。

 

 

 

 

 

DSC_0633.JPG

 

 

 

 

 

今度は これです。

 

木製の 円形の内側に棒をいれて

 

くるくるかき回すと

 

軽くてよい音がします。

 

けっして不協和音になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0636.JPG

 

 

 

 

 

ふしぎの国の音楽 ♬

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0508.JPG

 

 

 

 

 

よぉく 見て

 

よぉく 聴くこと

 

 

 

音楽療法的指導は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トーンチャイム

 

 

 

 

 

 

DSC_0626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

トーンチャイムは「鳴らす」んじゃない。

 

「響かせる」ように鳴らすんだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

響かせるように鳴らすには

 

あなたのカラダをしなやかにすること。

 

力まかせに腕を振っても

 

トーンチャイムは響かない。

 

 

しなやかに

 

膝のしなりを背中や肩や腕に伝えていく。

 

音に向かって立ちはだかる壁のようなカラダではなく

 

あなたのカラダの周りに音を伝えていくような

 

イメージを身体に与えて トーンチャイムを響かせる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0638.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

ゆっくりと

 

同じ動作をくりかえす。

 

ゆっくりと しなやかな音が

 

お部屋に広がる。

 

そうそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽療法的指導について考える(2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0490.JPG

 

 

 

 

せっせせ〜のよいよいよい

 

から始まるなつかしい遊び。

 

久良岐の音楽療法的指導では

 

ボディーパカッションの活動の一環として

 

プログラムに取り入れている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

間奏部分では 自由にお部屋を歩いて

 

間奏が終りそうな時に出会った友だちと

 

向かい合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0498.JPG

 

 

 

 

 

 

こういうビミョウな「間合い」が

 

ニンゲン関係に つながっていく(と 思う)

 

お部屋の中で人が自由に歩く時も

 

自由か って問われれば

 

社会にいる他の人もまた

 

同じように自由に歩くことができるように

 

人と人との距離をその時の適度な幅で

 

とっていくのだから

 

「本当の自由って何?」みたいになってきちゃう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0514.JPG

 

 

 

 

らっぱ→パンダ→だるま→まくら の

 

しりとり玩具で 歌をうたい

 

今度は玩具がなくても

 

らっぱ パンダ だるま まくらの順を覚えて

 

クラスのメンバーのリーダーさんになって

 

歌ってもらいましょう。

 

この曲はリーダーさんが先に歌って

 

メンバーはリピートします。

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

右手に持っているのは「マイク」ですが

 

マイク不要の堂々たるリーダー。

 

 

 

 

 

DSC_0521.JPG

 

 

 

 

 

 

リーダーのお役目をみごとに果たして

 

泰子先生の笑顔にハイタッチ!

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

 

お席にもどって この笑顔。

 

だれに自慢するわけでもなく

 

自分ができた という自信を

 

自分の心の奥に 確かなものとしてしまう。

 

(おとなは ちょっと自慢したり…するかな…)

 

あ〜

 

こどもという人は

 

なんて堂々としていて 

 

立派な存在なのだろうと 思う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

次は これ。

 

『不思議の国の音楽』という曲に用いられる楽器。

 

椅子の上に そっと置いてあります。

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国を探しにいくのは

 

この人。

 

ひとりとして

 

ひとりのこどもとして

 

さがしに行くのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生のピアノの調べにのせて

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

なんて いい音。

 

まるで 小川にかけられた木の橋を

 

渡る時のような

 

心地の良い 音。

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

不思議の国の 音楽 ♬

 

フシギ ノ クニノ オンンガク ♪

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国がどんなところかは

 

 不思議なことだから わからない。

 

しかし 不思議の国を探しに行こうと思った人には

 

こんな「自信」が待っている。

 

この笑顔。

 

不思議の国の音楽を 見つけたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/12PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered