私の生まれた家には

 

大正時代の関東大震災の折り

 

家も何もかも崩壊し焼け出された「先祖」が

 

煮炊きをして命をつないだ「釜」が

 

過去を忘れないようにと昭和になっても

 

大切に保管されていた。

 

釜というものは とても便利なもので

 

水が湧いていれば貯めることができ

 

食べ物の配給があれば入れ物として使い

 

火があれば お湯をわかし 

 

食べものも煮ることができる

 

何なら 子どもの行水につかうこともできるし

 

「たらい」としてもOKだ。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (369).JPG

 

 

 

 

 

 

 

それを見て育ったせいかは わからないが

 

お釜が空っぽになると

 

とても不安な気持ちになってしまう。

 

お釜が空っぽになると

 

この先のジンセイも案じなければならないのだと

 

思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (350).JPG

 

 

 

 

 

今日の新春お楽しみ会の献立を聞いた時

 

「お腹 いっぱい!

 もう食べられません!というまで

 こどもに食べさせてみよう」と

 意見も言った。

 

 

そして給食室の大釜炊飯器2台で

 

炊きこみご飯を作ってみた。

 

 

 

ふだんの給食が足りないわけではありません!から

 

みなさん あしからず。

 

年齢に応じた栄養と 旬の食べもの

 

炭水化物 蛋白質に 脂質に ビタミン

 

鉄に亜鉛に カルシウム。

 

栄養士さんが毎月 旬の食材も使いながら

 

献立をたてる。

 

この時期 年長児のごはんは100g。

 

計算された ごはんにおかず そしてお汁で

 

成長に必要な決められた栄養量の

 

おやつと昼食を考える。

 

しかし この広い園庭で遊んだ身体は

 

よく 食べる。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (351).JPG

 

 

 

 

 

 

 

... もしかして

 

  おかわりのごはん  売り切れ?…

 

 

わたしとしては 

 

さすがに食べきれなかったぁ?と言いたかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (353).JPG

 

 

 

 

 

 

鰤の照り焼きに 高野豆腐の含め煮(花人参に絹さや)

 

すまし汁に うずらの煮豆

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (344).JPG

 

 

 

 

デザートは 果物。

 

 

 

 

 

 

お楽しみ会 (367).JPG

 

 

 

 

 

 

 

子どもの食欲に 圧倒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

DSC_0530.JPG、、、

 

 

 

 

 

 

 

むかし むかし

 

学校で習いました。

 

わたしたちの祖先は

 

それまで狩猟採集をして

 

つまり 山で動物を捕ったり

 

海で貝や魚を採ったりして

 

どんぐりも食料として

 

生活をしていました。

 

やがて どこかからか

 

お米を育てるという文化が入ってきて

 

お米を育てるというのは

 

その場所に定住して土を耕し

 

半年以上にわたって作物を育てるということ。

 

今でいう「ライフスタイル」が

 

移動から定住に劇的変化をした!と

 

当時の先生はおしゃっていました。

 

肉や 野菜もそれなりに保存できたのだろうけれど

 

お米の貯蔵性は 高い!

 

お米があれば 何とかなる!という

 

安心感と心の支えは

 

実は もう遥か遠くの時代から

 

わたしたちの遺伝子に組み込まれていたんじゃないかしら。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0524.JPG

 

 

 

 

 

 

戦うこどもたちにも

 

米!

 

米 で ある。

 

今日の糧であり

 

わたしたちの命をつなぐ食べ物。

 

獲物の姿を捕らえ

 

カラダを低くして

 

息をころして 近づいて いく。

 

手を伸ばして 木の実を採る。

 

海にでて 貝をとる。

 

風の歌を 聴く。

 

波の音は 世界の広さ。

 

わたしたちの祖先の記憶が絡まった

 

わたしの遺伝子。

 

米を食べて

 

遠い記憶を呼び覚ます!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

 

 

うまい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0513.JPG

 

 

 

 

 

 

人類がうまれたときから繰り返される

 

「食べる」ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁ 午後の試合だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Outdoor Dinner

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0464.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊り会の 夜。

 

雨もあがって 園庭で夕食です。

 

 

 

 

 

DSC_0467.JPG

 

 

 

 

 

 

メニューは ネバーランドカレー。

 

そして フルーツパンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0486.JPG

 

 

 

 

日が暮れたあとは・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0505.JPG

 

 

 

 

 

夏の夜の定番

 

花火。

 

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

 

 

見るほうはいいけれど

 

仕掛けて 火をつける方は

 

そりゃ大変。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

 

熱い夏!

 

久良岐の夏!

 

 

 

 

 

DSC_0550.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フルーツパンチ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0386.JPG

 

 

 

 

 

お泊り会

 

夕食のデザートを作りましょう。

 

「フルーツ パンチ」です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0388.JPG

 

 

 

 

 

 

スイカにナイフを差し込む担任に

 

こどもも こんな視線を投げかけます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0389.JPG

 

 

 

 

 

あ  できた!

 

 

 

 

 

 

DSC_0393.JPG

 

 

 

 

 

拍手が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0395.JPG

 

 

 

 

 

 

「ちょっと みんな すごくない?」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0397.JPG

 

 

 

 

 

 

大きな拍手の渦になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハウスバーモントカレー

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園が愛用するハウスバーモントカレー。

 

お鍋で煮込んだ野菜とお肉に

 

いよいよ ルゥ投入の時がやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0401.JPG

 

 

 

 

 

 

今年は最後の過熱を給食室の設備でしたので

 

ルゥの投入も 給食室で。

 

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

 

 

仕事は 最初から最後まで

 

しっかり完結。

 

箱を渡すと 

 

こういうことは あまりしたことがないのかな

 

・・・ そうそう遠足などに行って

 

キャンディーとかお菓子の袋だけを

 

「ハイ」って渡されることがあります。

 

そういう時にも

 

仕事は 最初から最後まで

 

しっかり自分で完結ね。

 

お菓子の袋は 自分で持ち帰りましょうって言います。

 

 

ハウスバーモントカレーのパッケージも

 

自分で開けるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0418.JPG

 

 

 

 

 

 

内側のパッケージシールも

 

自分ではがすの。

 

開けたら 六つに割って下さいね。

 

わたしが言うのは ただそれだけ。

 

よく聞いていないと

 

何を言われているのかわからないよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0410.JPG

 

 

 

 

 

 

 

みんなの仕事はていねいで

 

これは おいしいカレーになること

 

まちがい なし!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

・・・ちょっと作りすぎたかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

 

夕ご飯 たのしみです!

 

 

 

 

 

 

 


たまねぎ

 

 

 

 

 

DSC_0177.JPG

 

 

 

 

ただ  むく。

 

ひたすら 皮を むく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0180.JPG

 

 

 

 

 

上手ににむけた とか

 

がんばった とか

 

そういうことじゃないのね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0185.JPG

 

 

 

 

 

 

ただ 心  直(すなお)に

 

たまねぎの皮を むく。

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

 

みんな 黙々と。

 

直(すなお)な 時間。

 

 

 

 

 

 

DSC_0171.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日の献立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の昼ごはん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

献立表には 

 

乳児中後期食「ささみの煮物」とありましたが

 

わたし…  ちょっと異議あり!

 

後期食のお友だちの食の風景をみてきましたが

 

こんな献立にするのはどうでしょうか。

 

調理の予定では ささみを後期食にふさわしい大きさに切り

 

出汁で煮て うすく味をつけ

 

片栗粉を用いて薄いとろみをまとわせる でした。

 

これで悪い!というわけではないですが

 

こんなのは いかがでしょう。

 

 

ささみをまな板の上に乗せ包丁でたたきます。

 

お魚の鯵のたたきを作る感じです。

 

そこに玉ねぎのみじん切りを混ぜ

 

少しの塩と片栗粉で粘りをだし

 

小判型に成型したら フライパンで焼く。

 

 

こどもの様子をみていると

 

歯のはえ方も違うし

 

その子の「ひとくち」の大きさと

 

「ひとくち」の量もちがう。

 

それぞれ手づかみかスプーンで

 

自分でお口にいれるのですが

 

こんなにお口に入れちゃって大丈夫ですか…と思う

 

おこさんもいますし

 

のんびりやさんのおこさんもいます。

 

 

 

それで今日のハンバーグは

 

こどものお口より大きいサイズのハンバーグにしました。

 

理論的には自分のお口より大きなものは食べにくい。

 

こどもが手づかみでも 自分で食べるということを

 

久良岐保育園では大切にしています。

 

そして こどもが自分で食べ物を「かじりとる」ことも

 

とても重要なことだと考えています。

 

こどもが自分で食べて 自分でかじりとって

 

あ〜 このくらいの量の一口が

 

とってもよく噛めるし ごっくんもできるし

 

おいしく感じるなぁ と体験し覚えてほしいのです。

 

それで今日のハンバーグは ちょっと大きめ。

 

お口の幅より大きくなっているので一口は無理です。

 

どうぞ かじりとってみてね。

 

この適度な焼き目も お味になっていますよ〜。

 

 

 

 

 

 

DSC_0295.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お食事中

 

ちょっと失礼します。

 

写真を撮らせてね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0306.JPG

 

 

 

 

カメラをむけたら

 

コップを口に大サービスでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0335.JPG

 

 

 

 

 

 

 

つくし組のお友だちも お食事中。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日もごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0343.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こども と すいか

 

 

 

 

 

 

「すいか」

 

 

 

 

DSC_0587.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ちょっと

 

   ちいさく ない? ・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0590.JPG

 

 

 

 

 

 

ちいさく切り分けられちゃったすいかだからこそ

 

食べ足りない気持ちも働いて

 

あきらめきれない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0591.JPG

 

 

 

 

 

 

もう少し食べたい気持ちが

 

すいかの皮を手放せないでいる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0598.JPG

 

 

 

 

 

 

 

食べ終わり はわかっちゃいるが

 

まだ うっすら甘いんだよな。

 

わたしも 飲み終わったヤクルトの容器に

 

ちょっとだけお水を入れて

 

余すところなくヤクルトを味わったり

 

カルピスの(今はペットボトルみたい)ビンの

 

最後のさいごに水をいれて上下に振って

 

あのうす甘い半透明の白い液を

 

大事に飲んでいた人です。

 

(カルピスは今でも!)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0600.JPG

 

 

 

 

 

 

すいかの皮。

 

お友だちと「どこまで食べられるか競争」を

 

あなたはしたことが ありますか?

 

あまりお勧めはできませんが

 

その気持ち とってもわかる!

 

 

 

 

 

 

DSC_0602.JPG

 

 

 

 

 

時々 こどもが聞くんです。

 

「せんせ〜 すいか 食べた〜

 これで いいぃ?」 ってね。

 

 

だから わたしは答えます。

 

「お好きなところまで どうぞ」ってね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0603.JPG

 

 

 

 

 

 

そうすると 

 

ちょっと安心したように皮を手放さずにいる子

 

くやしいけど 今日はこれでおしまい!って

 

皮を片付けにいく子

 

さまざまです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0616.JPG

 

 

 

 

 

いつもながらこどもはとってもかわいい存在なのですが

 

すいか と こども というテーマで

 

カメラ越しに見ていると

 

いつもとはちがう表情に出会ったりもします。

 

 

 

 

 

 

DSC_0621.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は 七夕のお集まり。

 

給食は異年齢でグループを作り

 

バイキングで食べました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0624.JPG

 

 

 

 

 

まもなく本格的な

 

すいかの季節がやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お昼ごはん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0358.JPG

 

 

 

 

 

 

12時 給食が始まります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

 

今日は パン。

 

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

 

 

年長クラスは お膳(又は座机)と座布団のお席。

 

 

 

 

 

DSC_0387.JPG

 

 

 

 

 

おかずは自分でよそってね。

 

 

 

 

 

DSC_0388.JPG

 

 

 

 

 

 

今日のおかずは 何でしょうね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0403.JPG

 

 

 

 

多少の順番を待つのも お味のうち。

 

 

 

 

DSC_0417.JPG

 

 

 

 

いただきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0439.JPG

 

 

 

5月15日に園内で撮った画像を

 

写真館に載せました。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


休憩中です

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0349.JPG

 

 

 

 

 

 

発表会の準備も ほぼ見通しがつき・・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0350.JPG

 

 

 

 

 

おむすびを食べながら

 

ちょっと ひといきです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0351.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おむすびのあとは・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0354.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

パン!

 

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちのチームワークも

 

舞台にのせる。

 

わたしのクラス とか

 

あなたのクラス とか

 

そういうのは 

 

もうどうでもよいことのようにさえ感じられる。

 

 

あしたは 発表会だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/12PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered