7月19日 ひまわり組

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0020.JPG

 

 

 

 

 

毎月一度の音楽(療法的)指導。

 

 

 

 

 

そのころ 給食室では・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0056.JPG

 

 

 

 

 

 

 

揚げワンタンの調理真っ最中!

 

こちらは乳児クラスの 揚げワンタン。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0177.JPG

 

 

 

 

 

 

ひまわり組は 自分でごはんもおかずもよそう。

 

まったく同じ大きさのワンタンの皮だったが

 

わずか数グラムはワンタンの具にも多い少ないがあり

 

なおかつ揚げた時のふくらみで

 

それぞれ微妙に違う三角形にできあがる。

 

だから子どもは 選ぶんです!

 

ワンタンを!

 

そりゃ 当然ですよ!

 

 

お目当てのワンタンがあるんでしょうな。

 

それぞれに。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あら さっきまで給食室のサポートで

 

ワンタンを作っていたK主任。

 

ひまわり組の給食準備を見ています。

 

この写真

 

ずいぶん遠くからズームで撮っているので

 

主任の意図までは わからない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0203.JPG

 

 

 

 

 

 

なんだか 座り込んじゃった・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0206.JPG

 

 

 

 

 

 

 

揚げワンタン  おいしかったです。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

※7月19日撮影の画像を後日写真館にアップしていきます。

 

    写真館に画像を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カラダ

 

 

 

 

 

 

さて。

 

指1本で 調理をして

 

食事をすることができるか?

 

答えは「できる」でしょうね。

 

今では。

 

 

 

 

食育 = クッキング ではありません。

 

食育はその人が持っている

 

カラダを使って食べることなんじゃないでしょうか。

 

さらに 乳幼児の時の栄養が

 

子どもの何を育て それが具体的に子どもの近い将来の

 

どこに続いているのか知って実践すること。

 

クッキングはその実現のためのひとつの方法。

 

ところで

 

指1本で 袋ごとレンジに入れて

 

ボタンを押して チンすれば

 

袋は膨張して小さく爆発して開封もできるんじゃ…

 

ないかしら。

 

久良岐はそうはいきませんが。

 

 

 

 

 

 

DSC_0021.JPG

 

 

 

 

 

 

保育園の調理でカラダを使うというのは

 

複数の身体の部位を使うということ。

 

片方の手ではなく 両手 とか

 

目と手 とか

 

鼻(匂い)と胃袋 とか

 

もちろん目と 胃袋 もね。

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

 

 

 

 

右の手が 作業しやすいように

 

左手にお願いをして

 

ピーラーの作業面を広くとれる持ち方をするなんて

 

無意識のようでいて

 

本当はジャガイモのカタチ カタさ 凹凸

 

ピーラーが削りだす幅の予測とか

 

あらゆる情報を あなたの脳は統合して判断をし

 

手に命令をしている (と 思う)

 

 

 

カラダを使う

 

複数の身体の動きを統合するというのは

 

こどもの遊びや生活に

 

たくさん たくさん ちりばめられている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0159.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先生方は

 

そのような子どものチカラが

 

最大限に発揮できるよう

 

お手伝いの方法を考える。

 

先生方のお仕事は 子どものお世話をするけれど

 

その次 も 見ている。

 

もちろん子どものお世話は

 

ただのお世話ではなくて

 

お世話を通して何を育てているのか に

 

お仕事をしての意味が ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

 

 

 

おとなが刃物を使う時

 

こどもはおとなの チカラ も見ている。

 

道具の役割を知る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0190.JPG

 

 

 

 

 

 

今日の調理の スケジュール。

 

子どもがじいっと見ていました…

 

 

でもなぁ

 

マニュアルは 経験年数で質の差がありそうな業務とか

 

徹底したい作業手順 において作成をしているけれど

 

調理は マニュアルのようには いかない。

 

 

同じ1個のじゃがいも

 

同じような大きさの大根だって

 

柔らかさは違うし

 

味のしみ方も違うあから

 

マニュアルの煮込み時間は

 

長かったり 短かったりする。

 

それを見きわめるのが「腕」ってやつです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0311.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お泊り会の調理は 「なかよし」にて。

 

この部屋にはキッチンが作ってあるから

 

クッキングスタジオにも なるはず。

 

(火力はIHかカセットコンロを置くしかないのですが)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0312.JPG

 

 

 

 

 

 

カラダの 右手と左手を存分に使ってね。

 

大きな 鍋を かき回せ。

 

 

 

 

 

DSC_0333.JPG

 

 

 

 

 

カラダの軸

 

左手で 鍋の 固定

 

その左手が 鍋の熱さと重量 質量を 

 

カラダに伝え返してくる。

 

 

それに呼応して右手が

 

おしゃもじをしっかり 握る。

 

 

おしゃもじにかかる抵抗が

 

カレーのトロミだ。

 

 

 

人は そんなことを文字では考えないが

 

調理はカラダの感覚を統合する。

 

 

そして おいしい!

 

 

 

 

クラキ クッキングスタジオ 最高!

 

 

 

 

 

 

 

 


あさごはん

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0706.JPG

 

 

 

 

 

 

 

最初の難関

 

「割りばし」

 

 

少し小さいサイズの

 

簡易な感じの割りばし。

 

「どうやんの?」

 

「かたいんだけど!」(やって の意)

 

おともだちにお手伝いを求めるひともいて

 

反応 様々。

 

人生 いろいろ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0707.JPG

 

 

 

 

コツは よく見る でしょうか。

 

よく見て

 

縦にして 横にして

 

手で触ってみれば

 

問題の出口は必ず ある!

 

 

 

 

もしくは じいっと動かず

 

時代が変わるのを 待つ 

 

… のも ありか。

 

じいっと動かず

 

台風が過ぎるのを待つのは

 

どこかのおとなにまかせて

 

縦にして 横にして

 

見て 感じて 触って

 

解決の糸口をさがそう。

 

 

縦にすれば 太さの変化がわかる。

 

割りばしは細い軸の方に

 

ふたつに割る糸口が ある。

 

 

 

 

考える って 大事!

 

 

 

 

 

 

DSC_0728.JPG

 

 

 

 

 

 

おむすびも 特別においしくなる。

 

 

 

 

 

DSC_0723.JPG

 

 

 

 

 

 

初めてのお泊り会はこどもだけでなく

 

おとなだって はじめての人がいる。

 

おとなも がんばった!

 

えらい!

 

 

 

 

 

DSC_0726.JPG

 

 

 

 

主任の先生

 

たいへんお疲れ様でした

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人参 玉ねぎ  じゃがいも  ぶた肉・・・

 

 

 

 

 

 

午後7時30分

 

 

人参 玉ねぎ じゃがいも ぶた肉・・・

 

の カレーライスを食べて…

 

 

 

 

 

 

DSC_0399.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどもたちは

 

アトラクションの真最中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0370.JPG

 

 

 

 

お風呂係りさん

 

 

準備中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0455.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ

 

楽しいことがいっぱいだ。

 

 

 

 

 

 


すいか

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

 

 

 

 

 

七夕の日の お給食。

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日のデザート なんだろう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0156.JPG

 

 

 

 

 

 

それは すいか です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0174.JPG

 

 

 

 

 

 

「いちばん大きいやつを選ぶんだよ!」と

 

すいかの近くでカメラを向けて言いましたら・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0177.JPG

 

 

 

 

 

みんな 本気で大きいやつを

 

探していました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0181.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さて 食べるぞ!

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

おとこは すいか かぶりつき!

 

… ちょっと時流に合わない発言ですが

 

今日のすいかは大きく切ってあるので

 

がっぷりと食べてほしいな。

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

さて。

 

すいか。

 

どこまでかぶりつくか・・・

 

は ご家庭の価値観だとは思いますが

 

食べたいところまでは 食べましょ!

 

 

わたしは赤が白に変わることろまでは食べますね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0224.JPG

 

 

 

 

 

すいか 好きなんだ!

 

今日はおかわりもたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0209.JPG

 

 

 

 

 

今日の すいかが

 

夏がやってきたことを知らせています。

 

 

 

 

 

DSC_0236.JPG

 

 

 

 

 

 

これが すいかの食べ方という価値観。

 

・・・まだ おいしいところが

   残っているのにな・・・

 

 

 

 

 

 

 

今日も久良岐保育園 ブログSmile を読んで下さり

ありがとうございます。このブログはお子さんが眠ったあと

午後10時以降の訪問者が多いと思います。

ほっとするわずかな時間に見て下さることをうれしく思っています。

今日は週末なのでわたしも夜更かし。

よい休日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Tomatoes

 

 

 

 

 

自宅の 庭。

 

3月の保育園引越しなど… でお手入れできず

 

春を迎えましたが

 

約束通り お花は咲きます。

 

 

 

 

 

DSC_0478.JPG

 

 

 

 

 

 

ここ最近は 青い花 に心ひかれて

 

ブルー系を植えています。

 

 

 

 

DSC_0451.JPG

 

 

 

 

 

 

ブルースター と呼ばれるお花。

 

こんなに美しいのに

 

うっかり茎を折ってしまうと

 

中から ドロッと 白いゴム状の液が出てきます。

 

花に似合わない このゴム状が意外…

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

さて。

 

今年度は 「Tomatoes」

 

保育園の食育係さんで トマト計画が進んでいて

 

苗を買って植えるだけではなく

 

いくつかの方法でもトマトは育つを

 

体験してみるのだそうです。

 

 

私も実行してみましょう。

 

まず 種まき。

 

 

 

 

 

5月13日 (11).JPG

 

 

 

 

「大玉」ときたら

 

次は・・・

 

 

 

 

 

5月13日 (6).JPG

 

 

 

 

「中玉」

 

中玉とくれば 次は…

 

 

 

 

 

5月13日 (13).JPG

 

 

 

 

 

「ミニトマト」でしょ。

 

まいた種の大きさも

 

大は大きく

 

中は 中くらい

 

ミニはとても小さく

 

なるほど! と思いました。

 

 

 

 

 

さて 結果はいかに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


誰にでも 昼はやってくる

 

 

 

 

3月25日(日曜日)

 

 

 

 

 

DSC_0400.JPG

 

 

 

 

 

 

今日も荷物が運ばれてきた。

 

 

 

 

DSC_0394.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先週末に続いて

 

今日も引越しをしますっ!

 

 

 

 

 

DSC_0393.JPG

 

 

 

 

 

わたしたちの 仕事の「結果」が

 

荷物を運び出したあとに

 

置かれていた。

 

この電話で いろいろな声が

 

運ばれてきたな。

 

うれしいお知らせ

 

びっくりするようなニュース

 

・・・落ち込む結果発表とかも・・・

 

この電話機のおかげで

 

わたしたちは仕事をすることができました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0436.JPG

 

 

 

 

 

 

 

あたらしい仕事場にやってはきましたが

 

おびただしい荷物と

 

広い園舎の中で

 

途方に暮れてしまう。

 

 

 

 

 

それでも

 

だれにでも昼はやってくる!

 

 

 

 

久良岐恒例

 

引越しには 引越しそばでしょ!

 

 

 

 

 

第1チーム。

 

 

 

DSC_0901.JPG

 

 

 

 

 

 

第2チーム

 

 

 

20180325_115914_Film4.jpg

 

 

 

 

 

第3チーム。

 

 

 

IMG_4316.JPG

 

 

 

 

 

 

園長センセイ。

 

事務所で電話番。

 

やっぱりわたしの仕事に電話は欠かせないか。

 

 

 

 

 

IMG_4314.JPG

 

 

 

 

さぁ

 

午後の部もがんばるよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いただきます

 

 

 

 

 

新春お楽しみ会の楽しみのひとつが

 

幼児クラス 皆での会食です。

 

 

 

日本のお正月をテーマに遊びを繰り広げた後

 

同じように日本のお正月を意識した給食を

 

大勢でいただくのです。

 

だから! 給食室は大忙し。

 

 

今年は特に こだわりの献立。

 

 

 

すまし汁の 出汁は 煮干しでとりました。

 

(すまし汁やお味噌汁を「スープ」という

 おとなやこどもが ますます多くなり おつ

 ゆとか お味噌汁と呼んでほしい私は少数

 派になりつつあります)

 

 

 

 

 

2 (201).JPG

 

 

 

 

 

ちらし寿司を飾る錦糸たまごが焼き上がりました。

 

 

 

 

 

2 (193).JPG

 

 

 

 

 

 

紅白なますは

 

おとなの予想に反して

 

こどもは好きです。

 

 

 

 

2 (200).JPG

 

 

 

 

 

鰤の照り焼き。

 

この日は 最高の美味!

 

 

 

 

 

2 (214).JPG

 

 

 

 

 

もちろん ちらし寿司の具も

 

手作りでした。

 

ごぼうのササガキが いい役割をしてくれるんです。

 

 

 

 

 

2 (196).JPG

 

 

 

 

さきほどの錦糸たまごやでんぶ

 

緑のインゲンも飾ってね。

 

 

 

 

 

 

 

2 (212).JPG

 

 

 

 

 

 

K主任も応援に入ります。

 

 

 

 

 

 

2 (205).JPG

 

 

 

 

さて。

 

こちらは会食のお部屋。

 

子どもは食べ始めていますが

 

先生方・・・・

 

・・・ 今年は座って子どもと食べるが

 

小さな目標です。

 

 

 

 

 

2 (245).JPG

 

 

 

 

給食室では

 

子どもの午睡時間がお昼ご飯になる

 

乳児クラス職員の給食が作られています。

 

 

 

 

2 (255).JPG

 

 

 

 

 

煮豆(今回はうずら豆)も

 

コトコト給食室で煮ましたよ。

 

 

給食室の先生方も大奮闘の

 

新春お楽しみ会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ピーマン

 

 

 

こどもは「ピーマン」が嫌いだなんて

 

決めつけないでほしいな。

 

嫌いな子どもは もちろんいるけれど

 

スイカが苦手な子どももいるし

 

ケーキはいや!な子どももいるかもしれない。

 

 

 

 

 

DSC_0152 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

こどもは けっこう薫り高い野菜も OK!

 

給食メニューのごぼうの柳川煮は

 

おかわり!の声も高い。

 

 

 

今日は年中クラスでピーマンクッキング。

 

 

 

 

 

DSC_0155 - コピー.JPG

 

 

 

 

切って 炒めて

 

しょうゆ味と ツナと炒め合わせたもの。

 

 

 

 

 

DSC_0156 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

まっとうに

 

素材に正直に

 

ていねいにお料理すれば

 

おいしいの!

 

 

 

 

DSC_0157 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

ほら!

 

 

 

 

 


食べる。

 

 

 

 

スイカ割りの あとは・・・

 

 

 

 

DSC_0651.JPG

 

 

 

 

食べるしか ないでしょ!

 

 

 

 

 

DSC_0656.JPG

 

 

 

 

 

甘いっ!

 

この前 わたしが買った尾花沢すいかより

 

甘い!

 

 

 

DSC_0674.JPG

 

 

 

 

こりゃ

 

うまいわ〜

 

 

 

 

DSC_0681.JPG

 

 

 

 

そうだった

 

スイカを食べると

 

おつゆが たれて

 

口のまわりや

 

胸のあたりが びしょびしょになっちゃうのね。

 

だから 少し首を前にだすと

 

うまく いく。

 

 

小さい頃 お母さんによく言われたな。

 

 

 

 

 

DSC_0682.JPG

 

 

 

 

 

思いっきり 食べたいから

 

外で 食べよう!

 

 

 

 

DSC_0683.JPG

 

 

 

 

 

おかわり 自由!

 

 

 

 

DSC_0693.JPG

 

 

 

夏は

 

みんなで競って食べるから

 

特に おいしい気がする。

 

 

 

 

 


| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered