和太鼓指導 第1回

 

 

 

 

 

30年度 初めての和太鼓指導。

 

…ということは

 

この建物に和太鼓の音が

 

初めて響くということですね。

 

 

 

 

 

DSC_0329.JPG

 

 

 

 

 

今日は特別に指導の最初に先生方に演奏を

 

お願いしました。

 

先生方の音は 「一打」の迫力が 全然違う。

 

「一打」のもつチカラが わたしたちと全然 違うんだ。

 

最初に「ドンッ!」と叩くだけで

 

周りの空間に心地よい緊張が広がる。

 

たった一打が 空間を変えていく。

 

息をとめて わたしは空間の中にいて

 

緊張を味わう。

 

一打とは そういうことなんだ。

 

 

 

 

DSC_0331.JPG

 

 

 

 

 

 

そこに違う音色が入ってくると

 

一打がもたらした緊張が 軽やかに

 

拡散していく。

 

そうして やがて 朗らかな気持ちに

 

なって くる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0336.JPG

 

 

 

 

 

 

演奏されたのは「鼓響」(こきょう)

 

じつはこの曲 園長も叩けるけれど

 

先生方の演奏は もうまるで違う。

 

「先生」というのは こうあるべきとしか

 

いいようがない。

 

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

それではみなさん

 

「走楽」(らん)の練習をいたしましょう。

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

 

年長クラスは

 

夏のお祭りが初演奏の場です。

 

 

 

 

 

久良岐保育園の和太鼓は

 

創作和太鼓集団 打鼓音に

 

指導をお願いしています。

 

 

 

 

境先生

 

 

 

DSC_0369.JPG

 

 

 

 

秋本先生

 

 

DSC_0372.JPG

 

 

 

 

 

 

そして今日は先生方の演奏のために

 

もうひとり。

 

安村先生も来て下さいました。

 

 

 

 

 

DSC_0375.JPG

 

 

 

 

先生方 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


たけうま つくるよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

竹馬 (7).JPG

 

 

 

 

 

 

 

たけうま つくるよ!

 

トントン トントン

 

 

おとなの使う道具って

 

どうしてこんなに魅力的なのかしら?

 

 

 

 

 

 

 

 

竹馬 (14).JPG

 

 

 

 

 

 

作業開始にあたって

 

ただいま作戦会議中???

 

 

 

 

 

竹馬 (23).JPG

 

 

 

 

 

 

作業の方針 決まって

 

これからアクション!

 

がんばれ〜

 

おとうさん!

 

 

 

 

 

 

竹馬 (15).JPG

 

 

 

 

 

こちらは がんばるおかあさん。

 

むすこさんの「M」の文字が

 

お行儀よく並んでいます。

 

 

 

 

 

竹馬 (33).JPG

 

 

 

 

 

ご家族5人。

 

今日は2回目のたけうま作りですね。

 

 

 

 

 

 

竹馬 (36).JPG

 

 

 


トントントントン

 

やっぱり トンカチ 人気!

 

叩くと音がする器具は

 

目で見た作業 体を動かした作業が

 

耳で聞こえて達成感ありですね。

 

 

 

 

 

竹馬 (71).JPG

 

 

 

 

 

家族で力を合わせチームワークで

 

課題達成ですね。

 

がんばれ〜

 

 

 

 

 

竹馬 (80).JPG

 

 

 

 

 

おとなの軍手って

 

大きいのね・・・

 

やっぱり気になる おとなの道具。

 

 

 

 

 

 

竹馬 (97).JPG

 

 

 

 

 

みなさん

 

まもなく完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 


たけうま できた

 

 

 

 

 

 

世界にひとつの

 

わたしの たけうま。

 

 

 

できました。

 

 

 

 

 

竹馬 (268).JPG

 

 

 

 

 

 

 

練習のはじめは

 

どうしても足元を見てしまう。

 

 

でも ここは ジンセイと同じ!

 

つらくても 顔をあげる!

 

空を 見る!

 

 

この視線 やる気満々。

 

えらいぞ!

 

 

 

 

 

 

竹馬 (270).JPG

 

 

 

 

 

 

こちらも

 

お父さん これからやるよ!

 

作ってくれてありがとう

 

・・・って感じが視線にあります。

 

 

そうそう さっき

 

お父さんとお兄さんが

 

作ってくれたのね。

 

 

 

 

 

 

竹馬 (151).JPG

 

 

 

 

 

 

足を乗せる足木には

 

あらかじめお名前を書きますが

 

考えられそうで 考えられないのが

 

こういう模様。

 

ななめのストライプ。

 

これが描けるのは

 

スピード感のある証拠。

 

 

 

 

竹馬 (119).JPG

 

 

 

 

さっそく 練習

 

スピード感がいっぱい!

 

 

 

 

 

竹馬 (196).JPG

 

 

 

 

 

世界にひとつ

 

わたしの たけうま。

 

 

 

 

 

竹馬 (168).JPG

 

 

 

 

おとうさん

 

まだ まだ・・・・

 

手 放しちゃ・・・

 

 

・・・・だめ・・・

 

・・・ かな・・・

 

 

 

 

 

 

竹馬 (166).JPG

 

 

 

 

 

 

園庭が完成していないので

 

今年の竹馬作りは

 

縁側でね。

 

 

 

 

 

竹馬 (107).JPG

 

 

 

 

続々 完成

 

わたしの たけうま。

 

 

 

 

竹馬 (161).JPG

 

 

 

 

小学生も

 

乗ってみたくなる

 

世界でひとつの 武馬。

 

 

 

 

 

 

 

竹馬 (215).JPG

 

 

 

 

 

兄が弟に教える

 

世界でひとつだけの

 

ぼくの たけうま。

 

 

 

 

 

 

竹馬 (143).JPG

 

 

 

 

みなさん

 

ご参加 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


公園愛護会さんと

 

 

 

 

 

久良岐母子福祉会館。

 

まだ完成ではありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0489 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

園庭に建てた仮園舎の解体中です。

 

そして その後で園庭を復元します。

 

 

 

 

 

 

DSC_0479.JPG

 

 

 

 

 

 

正面に見えるのは

 

仮園舎の給食室だった場所。

 

回転釜と その両側に保管庫と冷蔵庫。

 

手前が仮園舎だった建物の基礎。

 

 

 

 

 

DSC_0488.JPG

 

 

 

 

 

 

 

仮園舎で過ごしていた時期も

 

そして今も 久良岐保育園園児は

 

地域の公園で外遊びをさせていただいています。

 

ありがとうございます。

 

 

又 公園を使うとか 使わないとか

 

そういうことではなく

 

こどもは地域の中で大きくなっていきます。

 

地域の方々に見守られて

 

おとなになっていきます。

 

それがどんなにありがたいことでしょう。

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

地域の大切な公園の整備に

 

職員もご一緒させて下さい。

 

 

 

 

 

DSC_0484.JPG

 

 

 

 

 

 

地域の方々と季節の風を感じ

 

公園をきれいにすること。

 

職員やおとながどんなふうに

 

朝の挨拶をし 言葉をかわし

 

生活をしているのか

 

こどものはみて覚えて

 

やがて地域のおとなになります。

 

 

地域の皆様 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Tomatoes

 

 

 

 

 

自宅の 庭。

 

3月の保育園引越しなど… でお手入れできず

 

春を迎えましたが

 

約束通り お花は咲きます。

 

 

 

 

 

DSC_0478.JPG

 

 

 

 

 

 

ここ最近は 青い花 に心ひかれて

 

ブルー系を植えています。

 

 

 

 

DSC_0451.JPG

 

 

 

 

 

 

ブルースター と呼ばれるお花。

 

こんなに美しいのに

 

うっかり茎を折ってしまうと

 

中から ドロッと 白いゴム状の液が出てきます。

 

花に似合わない このゴム状が意外…

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

さて。

 

今年度は 「Tomatoes」

 

保育園の食育係さんで トマト計画が進んでいて

 

苗を買って植えるだけではなく

 

いくつかの方法でもトマトは育つを

 

体験してみるのだそうです。

 

 

私も実行してみましょう。

 

まず 種まき。

 

 

 

 

 

5月13日 (11).JPG

 

 

 

 

「大玉」ときたら

 

次は・・・

 

 

 

 

 

5月13日 (6).JPG

 

 

 

 

「中玉」

 

中玉とくれば 次は…

 

 

 

 

 

5月13日 (13).JPG

 

 

 

 

 

「ミニトマト」でしょ。

 

まいた種の大きさも

 

大は大きく

 

中は 中くらい

 

ミニはとても小さく

 

なるほど! と思いました。

 

 

 

 

 

さて 結果はいかに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真館

 

 

 

 

 

4月28日 遠足の画像を

 

園長撮影分を写真館に載せました。

 

(少しです)

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

今日はスナップスナップのプロカメラマン2名も

 

入っておりますので

 

こちらは後日スナップスナップのサイトでご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 


遠足

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園には

 

いくつもの行事がある。

 

別にイベントが好き とか

 

お祭りが好き とか

 

わいわい楽しいのが好き というわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

 

 

 

 

むしろ行事は

 

計画をたてて 起案書を書き

 

人を動かして準備をしなければならないのだから

 

時には 大変だなぁと思うことも ある。

 

 

 

 

 

DSC_0043.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園の行事は

 

その日 その時のこどもを

 

保護者の方と職員がみて

 

その成長を喜び 確認する機会です。

 

 

 

 

 

DSC_0098.JPG

 

 

 

 

 

お兄ちゃんやお姉ちゃんがいれば

 

私たちは そのお子さんのが

 

お母さんのおなかの中にいる時から

 

知っているし

 

 

 

 

 

DSC_0109.JPG

 

 

 

 

 

 

ちいさい時からの入園なら

 

そのご家庭とのお付き合いは長くなる。

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

 

 

 

うれしいなぁ

 

わたしたちは 朝と夕方

 

保護者の方と必ず会うことができる。

 

朝の挨拶 おかえりなさいの挨拶ができる。

 

保育園のお仕事は ここもよいところだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0052.JPG

 

 

 

 

 

年長クラスのどなたかがおっしゃっていた。

 

「今年が最後の遠足なんです・・・」と。

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

いえいえ

 

そんなことはおっしゃらずに。

 

いつかある職員が言っていました。

 

仕事でくじけそうになったけれど

 

自分が久良岐からいなくなったら

 

卒園したこどもが保育園に来たときに

 

その子を知っている先生がいなくなってしまう。

 

 

 

先生方の「使命感」の強さと深さを

 

私は思い尊敬します。

 

 

 

 

 

 

DSC_0151.JPG

 

 

 

 

卒園児さんが

 

こんなにオシャレして

 

遠足に来てくれますしね。

 

 

 

 

 

DSC_0134.JPG

 

 

 

 

R先生〜

 

R先生って何歳?

 

 

・・・お話しが弾んでいます。

 

 

 

 

 

DSC_0144.JPG

 

 

 

 

おんぶしてあげるね

 

 

 

 

 

DSC_0159.JPG

 

 

 

 

今年は特に

 

46年ぶりの園舎の改築と

 

園児130名の引っ越しがあって

 

ずうっとプロジェクトが続いていたし

 

(今も続いているけれど)

 

こうして 青い空と緑色の風に吹かれていると

 

あ〜 しあわせだな と思います。

 

 

 

みなさん ご参加ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


striped pattern

 

 

 

 

 

 

5月5日はこどもの日。

 

保育園では本日「子どもの日」のお祝いをしました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0274.JPG

 

 

 

 

 

集会の場所は「縁側」

 

建物の位置では中庭ですが

 

設計段階のコンセプトで「縁側」と名付けました。

 

 

 

 

 

『縁側物語』 〜縁側がつなぐ内と外〜

 

縁側とは保育室に連続する半屋外空間のことです。

かつては家々に縁側があり、人が出会い談笑する

繋がりの場所がありました。

風が流れ光が差し込む縁側。

子どもにとっての縁側は遊びのための道具を

置くこともでき、子どもの活動が始まる場所。

外での遊びに疲れればそこで内と外の人の気配を

感じながら休むことができる場所。

又 縁側から保育室間を移動でき 子どもと

子どもの年齢を超えた繋がりができる空間です。

靴を脱ぐほどではないが ともだちや先生と

話しができる、壁がないから人とのやりとりが

できるゆったりした時を送れるみんなの居場所です。

 

久良岐保育園の縁側は

人とつながり 自然とつながり 地域とつながる

物語の始まる場所です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0289.JPG

 

 

 

 

 

 

 

久良岐全体の改築はまだ 途中ですし

 

子どもたちの後ろにある壁には

 

園舎お別れ会で作った

 

「旧園舎の思い出と刻んだレンガ」が

 

飾られます。

 

又 おもちゃの置き場も考えなければ・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0319.JPG

 

 

 

 

 

今日は子ども日のお祝いで

 

写真を撮っていましたが

 

こどもの日には ストライプのTシャツが

 

人気なの?

 

あっちにも こっちにも

 

ストライプ。

 

しかも横縞。

 

 

 

 

 

DSC_0262.JPG

 

 

 

 

みなさん 

 

今朝は 横ストライプって感じの

 

朝だったんでしょうか・・・

 

 

 

 

 

DSC_0269.JPG

 

 

 

 

ほらね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0233.JPG

 

 

 

 

 

 

明日は遠足です。

 

みなさん

 

横ストライプな朝でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0237.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ICT化

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園にはホームページや

 

ブログが ある。

 

保護者や地域の方々

 

保育園を知りたい人に向けて

 

情報を発信する。

 

 

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

 

 

 

今日は 前期の内科健診があって

 

その様子を知らせようと

 

写真を撮って

 

データは決められたように保存をして

 

縦横を直して リサイズをして

 

写真館や このブログに載せる。

 

 

 

写真を撮るのは どちらかと言うと好きなこと。

 

問題は ここから!

 

時間が かかる!

 

特に 「写真館」

 

本日の撮影

 

単純に計算して 園児さん×ひとり2枚以上。

 

数百枚をリサイズまでは一気の作業 可だから

 

サクサクっといきます。

 

これを写真館に載せるところを

 

もっと簡単にしてほしい!

 

 

いちまい いちまい 順番に選択して

 

クリックしてクリックして クリックして

 

ようやく一枚が アップできる。

 

一括で選択して 一括で載せたい!

 

業者さんに相談するとGoogle フォトは?と提案されるけれど

 

それは 許可しない人と共有されたりはしないのかな

 

 

 

 

 

DSC_0001.JPG

 

 

 

 

 

・・・と考えながら

 

本日も写真館に画像を

 

クリックしてクリックして

 

アップしています。

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

 

 

保育の世界にもICT化はやってきていて

 

これからも様々な業務が 変わっていくのだろう

 

・・・と思う。

 

 

でも 子どもの身体に触れ

 

子どもの声を聴き

 

子どもの仕草から 子どもの気持ちを受け取る。

 

 

そこは譲れない。

 

今日の Dr.星野のように

 

子どもの身体に触れ

 

そおっと 子どもの気持ちを聴く。

 

カラダの声を聴く。

 

 

 

 

だけど 写真館は

 

ICT化 したいっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


members

 

 

 

 

 

 

音楽(療法的)指導に必要なもの。

 

 

メンバー表です。

 

クラスの子どもの写真とお名前が書かれています。

 

指導の始まりには

 

音楽にのせてひとりひとり

 

順番にお名前を呼びます。

 

だからメンバー表は大切。

 

欠席のおともだちには付箋をつけます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

 

 

 

 

最初にお名前を呼ばれた人は

 

クラスの全員のお名前を呼び終わるまで

 

待つ わけです。

 

逆に終わりの方にならないと

 

自分の番がやってこない人もいて

 

これから音楽の時間が始まるこの歌は

 

とても大切です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0128.JPG

 

 

 

 

ちょっと 照れちゃいます・・・

 

 

 

 

 

DSC_0144.JPG

 

 

 

さて このクラスでも

 

グロッケンを使って。

 

ひとりづつ 順番に

 

叩きます。

 

チカラを抜いてたたくと

 

とても響きがいいのですが

 

チカラを抜くって 

 

おとなもこどもも 難しいですね。

 

 

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

 

 

グロッケン

 

楽しいね。

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

ファとシの音を抜いた ペンタグロッケンも

 

あるので どちらを使ってもいいのですが

 

志しの高い久良岐の子どもは

 

音の数の多い グロッケンが好きなようです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0160.JPG...

 

 

 

 

 

きれいな響きが 新しい園舎に広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/94PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered