思い出のレンガ作り 進行中

 

 

 

 

 

7月14日 土曜日。

 

中里にお住まいの

 

彫刻家 舘山拓人さんのアトリエで

 

旧園舎の思い出を刻んだレンガを

 

額に収める作業をするので ぜひ!との連絡をいただき

 

行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

大小100枚ほどのレンガは

 

すでに 計算され四角に組まれた額に

 

一枚一枚が仮止めされておりました。

 

今日は レンガとレンガの間に石膏を流し込み

 

固定をして作品として仕上げる工程です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0819.JPG

 

 

 

 

 

舘山さんのアトリエには

 

何度か伺っていますが

 

ここに籠って作業をしている時間が

 

このアトリエの空間を大きく変化させているようです。

 

だいたい「道具」というものは

 

人間が使うものなのであ

 

道具が並べられている状態で すでに人の気配がするものなのですが

 

それではここに道具があるからと言って

 

ここが工場か と問われると

 

ここは工場ではなく やっぱりアトリエ。

 

たしかに ここはアトリエだ。

 

 

上の写真は…

 

並べたレンガに水分を含ませているところ。

 

素焼きのレンガや額の背面の木は乾いていて

 

この工程をとらずに直接石膏を流すと

 

石膏の水分をレンガや木が吸ってしまい

 

石膏の水分濃度が変わってしまって

 

思い通りの結果にならないのだそう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0823.JPG

 

 

 

 

 

 

 

石膏は水で溶く前に

 

石膏を軽く持ち上げては戻し

 

石膏のパウダーに空気を含ませておく。

 

まるでスポンジケーキの生地を作る時みたい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0848.JPG

 

 

 

水分を含んだレンガは

 

色も濃くなって 

 

まるで 雨上がりの pavement(舗道)みたい。

 

 

 

 

 

DSC_0836K.jpg

 

 

 

 

 

 

雨上がりの舗道はロマンティックですが

 

ここからは お料理に似た作業。

 

わたしの印象では

 

石膏はとても滑らかで 艶もあり

 

「マヨネーズ状」と言えます。

 

それをちょうどマヨネーズをいれて絞るのによい

 

ボトルにいれて レンガとレンガの間に

 

流し込んでいくのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0840.JPG

 

 

 

 

 

 

しかし ここが「プロ」の技。

 

ボトルの先端は

 

舘山さんによってノズルの先が

 

石膏の濃度にちょうどよい大きさに切られていて

 

うまく流れていくわけです。

 

石膏は時とともに硬化していきます。

 

一瞬でも同じ状態には留まっては いない。

 

次の瞬間には 硬化はすすんでいる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0841K.jpg

 

 

 

 

 

 

 

赤のボトルに入った石膏がなくなると

 

すかさず黄緑の石膏ボトル。

 

使う石膏の量も計算されていて

 

ちょうど石膏が使い終わると

 

レンガも固定されているというわけです。

 

 

 

すこし話が長くなることをお許しください。

わたしが中学生の時、理科Aという授業があり

「どうして洗濯物が乾くのか」と先生に質問をしたことがありました。

先生はすぐにお答え下さって「洗濯物も運動をしていて、洗濯された布に含まれた水分は干された瞬間に運動が始まり液体が気化する」のだそうだ。

今になってこの事を想うとき、先生というのは圧倒的な知識のかたまりなのだと気が付く。

 

 

 

舘山さんも知識のかたまりだな と思うことがある。

 

圧倒的な知識の「引き出し」を持っている。

 

このお話しはまた いつか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0854K.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

わたしも 石膏に トライ!

 

舘山さんの作業をお手本に

 

やってトライ!

 

 

 

 

ここで また 気が付いたことが ある。

 

先生というのは 生徒をほめておだてるのも うまい!

 

舘山さんは 先生ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0857KK.jpg

 

 

 

 

 

 

 

かなり真剣!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0866K.jpg

 

 

 

 

 

 

 

旧園舎の思い出を刻んだレンガ

 

完成まで あと少し。

 

 

 

 

 

 

 


お泊り会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日の 朝。

 

 

 

 

 

 

DSC_0742.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一人ひとりに

 

お泊り会を記録したカードが

 

担任の先生から手渡される。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0749.JPG

 

 

 

 

 

 

カード係の先生は

 

たいてい つくし組の先生が担当して下さるから

 

今年はN先生が中心となって担って下さった。

 

イラストは産休中のH先生だ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0755.JPG

 

 

 

 

 

 

 

担任の先生は 昨晩こどもが寝静まったあと

 

それぞれへのメッセージを

 

書いている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0770.JPG

 

 

 

 

 

 

今朝 園庭の築山(つきやま)の上で撮った

 

写真もすでにプリント。

 

カードに貼り付けられていた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0772.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもと一緒に初めてお泊り会を経験し

 

一晩を過ごした先生は

 

きっと大変だったことだろう。

 

でも こどもの気持ちが

 

自分も大変だったからこそ

 

わかった こともあるのかもしれない。

 

ありがとう。

 

お疲れ様。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0793.JPG

 

 

 

 

 

 

 

昨夜 お風呂に入った記念のお土産。

 

うちわ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0794.JPG

 

 

 

 

 

 

ひかりに透かしてみると

 

なにかが現れるのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0790.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

年長クラスに至るまで

 

多くの先生方が

 

子どもたちに関わってきた。

 

これまでの担任の先生方が

 

年長児になった子どもを見ることは

 

これまでの自分の仕事を想い

 

ある時には振り返ることになるのかもしれない。

 

でも 言い換えれば

 

これまでの担任の先生方のお仕事があったからこそ

 

今がある! ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0776.JPG

 

 

 

 

 

何歳だからにこだわらず

 

今朝は もう ぎゅう〜 だよ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0809.JPG

 

 

 

 

 

もうじき お家の人のお迎えだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0784.JPG

 

 

 

 

 

 

昨日 カレーを作ったことも…

 

 

 

 

 

 

DSC_0003.JPG

 

 

 

 

 

 

 

構想を練った日々も…

 

 

 

 

 

DSC_0522.JPG

 

 

 

 

 

 

 

夢の世界への扉を開けた日のことも…

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0524.JPG

 

 

 

 

 

 

いつかは忘れてしまっているかもしれないけれど

 

それらは確実に 今 ここにあり

 

これからも たしかに そこにある。

 

 

 

たしかに  ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0298.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊り会での先生方を

 

撮ってみる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0404.JPG

 

 

 

 

 

 

 

朝、出勤したら

 

翌日の朝まで24時間

 

お泊り会は 続く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0639.JPG

 

 

 

 

 

 

 

食事係り お風呂係り アトラクション係り・・・

 

 

 

 

 

DSC_0576.JPG

 

 

 

 

 

 

おおきく分ければ 係りはこの三つ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0539.jpg

 

 

アトラクション係りはおとなの目には映らない。

 

こどもの画像になっちゃった。

 

 

 

 

 

 

DSC_0450.JPG

 

 

 

 

 

産休中の先生も応援に来てくれて

 

 

 

 

 

DSC_0435.JPG

 

 

 

 

この時間は保育担当の先生も

 

こどもをつれて 年長クラスにやってくる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0319.JPG

 

 

 

 

 

 

130人の園児さん

 

みんなが久良岐のこどもたちだ。

 

何人のこどもがいても

 

わたしたちの仕事は変わらない。

 

基本はぶれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0443.JPG

 

 

 

 

 

腹ごしらえも 仕事のうち。

 

たのしく 食べる。

 

 

 

 

 

DSC_0499.JPG

 

 

 

 

 

 

お給食の先生も

 

おやすみ前のクラスにやってきた。

 

「わたしは この子どものご飯を作っています」

 

給食は作業ではなく

 

こどもの顔を想い描いて

 

そのこどものお食事をつくることだ。

 

この子が わたしの作ったご飯を食べている と

 

言い換えても いい。

 

 

 

 

 

DSC_0666.JPG

 

 

 

 

 

 

こうして わたしたちは久良岐のお泊り会を

 

作っています。

 

 

 

 

 

 

 


カラダ

 

 

 

 

 

 

さて。

 

指1本で 調理をして

 

食事をすることができるか?

 

答えは「できる」でしょうね。

 

今では。

 

 

 

 

食育 = クッキング ではありません。

 

食育はその人が持っている

 

カラダを使って食べることなんじゃないでしょうか。

 

さらに 乳幼児の時の栄養が

 

子どもの何を育て それが具体的に子どもの近い将来の

 

どこに続いているのか知って実践すること。

 

クッキングはその実現のためのひとつの方法。

 

ところで

 

指1本で 袋ごとレンジに入れて

 

ボタンを押して チンすれば

 

袋は膨張して小さく爆発して開封もできるんじゃ…

 

ないかしら。

 

久良岐はそうはいきませんが。

 

 

 

 

 

 

DSC_0021.JPG

 

 

 

 

 

 

保育園の調理でカラダを使うというのは

 

複数の身体の部位を使うということ。

 

片方の手ではなく 両手 とか

 

目と手 とか

 

鼻(匂い)と胃袋 とか

 

もちろん目と 胃袋 もね。

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

 

 

 

 

右の手が 作業しやすいように

 

左手にお願いをして

 

ピーラーの作業面を広くとれる持ち方をするなんて

 

無意識のようでいて

 

本当はジャガイモのカタチ カタさ 凹凸

 

ピーラーが削りだす幅の予測とか

 

あらゆる情報を あなたの脳は統合して判断をし

 

手に命令をしている (と 思う)

 

 

 

カラダを使う

 

複数の身体の動きを統合するというのは

 

こどもの遊びや生活に

 

たくさん たくさん ちりばめられている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0159.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先生方は

 

そのような子どものチカラが

 

最大限に発揮できるよう

 

お手伝いの方法を考える。

 

先生方のお仕事は 子どものお世話をするけれど

 

その次 も 見ている。

 

もちろん子どものお世話は

 

ただのお世話ではなくて

 

お世話を通して何を育てているのか に

 

お仕事をしての意味が ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

 

 

 

おとなが刃物を使う時

 

こどもはおとなの チカラ も見ている。

 

道具の役割を知る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0190.JPG

 

 

 

 

 

 

今日の調理の スケジュール。

 

子どもがじいっと見ていました…

 

 

でもなぁ

 

マニュアルは 経験年数で質の差がありそうな業務とか

 

徹底したい作業手順 において作成をしているけれど

 

調理は マニュアルのようには いかない。

 

 

同じ1個のじゃがいも

 

同じような大きさの大根だって

 

柔らかさは違うし

 

味のしみ方も違うあから

 

マニュアルの煮込み時間は

 

長かったり 短かったりする。

 

それを見きわめるのが「腕」ってやつです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0311.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お泊り会の調理は 「なかよし」にて。

 

この部屋にはキッチンが作ってあるから

 

クッキングスタジオにも なるはず。

 

(火力はIHかカセットコンロを置くしかないのですが)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0312.JPG

 

 

 

 

 

 

カラダの 右手と左手を存分に使ってね。

 

大きな 鍋を かき回せ。

 

 

 

 

 

DSC_0333.JPG

 

 

 

 

 

カラダの軸

 

左手で 鍋の 固定

 

その左手が 鍋の熱さと重量 質量を 

 

カラダに伝え返してくる。

 

 

それに呼応して右手が

 

おしゃもじをしっかり 握る。

 

 

おしゃもじにかかる抵抗が

 

カレーのトロミだ。

 

 

 

人は そんなことを文字では考えないが

 

調理はカラダの感覚を統合する。

 

 

そして おいしい!

 

 

 

 

クラキ クッキングスタジオ 最高!

 

 

 

 

 

 

 

 


あさごはん

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0706.JPG

 

 

 

 

 

 

 

最初の難関

 

「割りばし」

 

 

少し小さいサイズの

 

簡易な感じの割りばし。

 

「どうやんの?」

 

「かたいんだけど!」(やって の意)

 

おともだちにお手伝いを求めるひともいて

 

反応 様々。

 

人生 いろいろ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0707.JPG

 

 

 

 

コツは よく見る でしょうか。

 

よく見て

 

縦にして 横にして

 

手で触ってみれば

 

問題の出口は必ず ある!

 

 

 

 

もしくは じいっと動かず

 

時代が変わるのを 待つ 

 

… のも ありか。

 

じいっと動かず

 

台風が過ぎるのを待つのは

 

どこかのおとなにまかせて

 

縦にして 横にして

 

見て 感じて 触って

 

解決の糸口をさがそう。

 

 

縦にすれば 太さの変化がわかる。

 

割りばしは細い軸の方に

 

ふたつに割る糸口が ある。

 

 

 

 

考える って 大事!

 

 

 

 

 

 

DSC_0728.JPG

 

 

 

 

 

 

おむすびも 特別においしくなる。

 

 

 

 

 

DSC_0723.JPG

 

 

 

 

 

 

初めてのお泊り会はこどもだけでなく

 

おとなだって はじめての人がいる。

 

おとなも がんばった!

 

えらい!

 

 

 

 

 

DSC_0726.JPG

 

 

 

 

主任の先生

 

たいへんお疲れ様でした

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0695.JPG

 

 

 

 

 

 

記念すべき

 

園庭 築山

 

初のぼり。

 

 

 

 

DSC_0700.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おはようございます

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

 

DSC_0668.JPG

 

 

 

 

 

 

朝5時。

 

厨房ではすでに朝ごはんの用意が始まっています。

 

う〜ん・・・

 

ちょっと 薄い・・・ だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0670.JPG

 

 

 

 

 

 

梅干しと昆布のおむすびも。

 

子どもはひとつのおむすび

 

ごはん50グラム。

 

ふたつで まず100g  っと。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0674.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋では・・・

 

 

 

 

 

DSC_0673.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもがポツポツとお目覚め。

 

 

おとなは ついさっき

 

ちょっと横になろうかな と思ったばかり。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0679.JPG

 

 

 

 

おとな・・・

 

「・・・・・・」

 

 

 

 

DSC_0686.JPG

 

 

 

 

 

 

こども

 

すでに 元気!

 

 

 

 

 

 

DSC_0693.JPG

 

 

 

 

 

 

みんな

 

元気に朝を迎えました。

 

 

 

園長センセイ

 

朝の陽ざしがまぶしすぎて・・・

 

 

 

 

 

 

 

お迎えは8:30です。

 

 

 

 

 

 

 

 


人参 玉ねぎ  じゃがいも  ぶた肉・・・

 

 

 

 

 

 

午後7時30分

 

 

人参 玉ねぎ じゃがいも ぶた肉・・・

 

の カレーライスを食べて…

 

 

 

 

 

 

DSC_0399.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどもたちは

 

アトラクションの真最中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0370.JPG

 

 

 

 

お風呂係りさん

 

 

準備中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0455.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ

 

楽しいことがいっぱいだ。

 

 

 

 

 

 


園庭

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG、、、

 

 

 

 

 

 

 

建物が完成して

 

 

 

 

 

DSC_0004.JPG

 

 

 

 

 

 

駐車場もできて

 

最後は 園庭。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

先生方から選抜された

 

「園庭プロジェクト」のメンバーが考案した

 

「築山」。

 

周りはタイヤで囲むのが希望でした。

 

 

 

いよいよ来週から

 

この園庭から子どもの歓声が

 

聞こえてきます。

 

 

 

 

災害時に地域の皆様が入ってこられるよう

 

火災の時には消防自動車が入ってこられるよう

 

地域のお祭りでは

 

お神輿と山車がここに来て

 

休憩とお手洗いが使えるように

 

そして 秋の運動会では

 

皆様が子どもを囲み

 

応援していただけるよう

 

子どもの遊びと非常時のバランスを考えて

 

計画した園庭です。

 

 

 

 

旧園庭の 砂は 市川三郎建材さんにお願いをして

 

子どもが素足で走りやすい砂

 

子どもの砂遊びの時には

 

適度の粘土質もあって

 

ちょっと試行錯誤をするとお団子が作れる砂

 

「久良岐ブレンド」を納品してもらっていました。

 

この砂は 砂ですから強風の時には

 

飛んで風紋は作りますが おおきく飛散することはありません。

 

 

 

しかし大好きな市川三郎建材が砂の取扱いをやめてしまい

 

さぁて 「砂 どうしようかな」と考え

 

建築会社さんから市川三郎建材さんにお尋ねいただき

 

その砂の産地や 海に近いところなのだとか

 

川に近いところの砂なのだとか

 

海に近い山の砂なのだとか調べてもらって

 

旧園庭の砂に一番似ている 千葉県の砂を納品してもらいました。

 

 

 

試しに裸足で踏みしめてみると

 

足の裏にも記憶があって

 

…旧園舎のと ビミョウに 違う…気がするのですが

 

これだけ調べて サンプルを取り寄せ

 

選んだ砂です。

 

久良岐の遊びが展開でき

 

万が一の時に地域の方々がこの園庭を使う時にも

 

水はけがよく 風紋はできるけれど飛散が抑えられているはず!

 

 

 

 

建物は できた!

 

駐車場も できた!

 

園庭も できた!

 

 

今度はここに 命を吹きこみます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

今年も オレンジの季節が

 

やって きた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0015.JPG

 

 

 

 

 

 

緑の井戸端に入っていくと

 

緑色の中のオレンジを見つける。

 

そうそう

 

この色。

 

まさに 7月。

 

夏。

 

 

ヤブカンゾウの花が咲き

 

今年も 夏がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらはヒメオオギスイセン。

 

 

 

 

 

 

DSC_0013.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

種をまいて育てているトマトも大きくなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0035.JPG

 

 

 

 

 

おや トマトの赤ちゃんも見つけた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

 

 

野ぶどうの葉に蝶々。

 

季節は天気予報で感じちゃだめ!

 

 

季節は 風と雲と

 

土と 色で 感じないとね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/97PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered