朝。

 

 

 

 

朝。

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

 

旅行から帰る日の朝は

 

楽しかった日程が終わってしまう寂しさと

 

お家に帰れる安堵の気持ちが

 

両方感じられて

 

そういう朝は 特別だ。

 

 

 

 

 

DSC_0408.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊り会のスケジュールは

 

いっぱいつめこんであるから

 

お泊り明けの朝は

 

おとなはちょっとホッとします。

 

 

元気で朝が迎えられることって

 

本当はとってもシアワセなことなんだ。

 

・・・時々 そんな風に思います。

 

 

 

 

 

DSC_0418.JPG

 

 

 

 

初夏の朝の空気は

 

とっても気持ちがいいし

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

 

ぴょんぴょん だわ。

 

 

 

 

DSC_0410.JPG

 

 

 

 

でも

 

どんなに楽しいことにも

 

反対に どんなに苦しいことにも

 

絶対に 終わりはやって くる。

 

つらい 苦しいことにも

 

絶対に出口があることを

 

朝は 教えてくれます。

 

 

 

どんな気持ちで朝を迎えられるかは

 

だれでも同じに与えられていて

 

今日は 子どもたちと

 

同じ朝を迎えることができました。

 

 

夜の子どもたちは

 

それは それは あちらこちらに動き

 

(押入れの壁に足を ドン! とか)

 

お家を離れるちょっと心配な気持ち

 

でも お泊り会を終えることができれば

 

お家の人にも 少し誇らしいような

 

やってみたい気持ち とか

 

 

それぞれの 気持ちと一緒にいることができました。

 

それを上手に受け止められたかは

 

わからないけれど

 

少なくとも

 

子どもたちと こうして朝を迎えられることが

 

これからも続けられる世の中であってほしいと

 

わたしは思います。

 

 

 

この日 この時の みんなを

 

写真にとる・・・・・

 

写真にとる・・・よ・・・

 

前 向いて〜

 

おねがい〜

 

 

 

DSC_0432.JPG

 

 

 

 

お泊り会の記念のカードを

 

どうぞ。

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お待ちかね はこちら!

 

 

 

 

 

先生方

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

ようやく夕食 午後9時半。

 

(交代で食べます)

 

 

 

 

 

DSC_0403.JPG

 

 

 

 

 

 

夕食は

 

 

長い夜の始まりです。

 

 

 

 

人気は「梅干し」

 

朝から始まったお泊り会で

 

汗で出た塩分を 梅干しパワーで補います。

 

 

 

いただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 


足湯

 

 

 

 

いらっしゃいませ〜

 

 

ようこそ「久良岐の湯」へ。

 

 

 


DSC_0378.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐の湯の約束は・・・・

 

これです。

 

 

 

DSC_0382.JPG

 

 

 

 

 

身体がきれいになったら

こちらへ どうぞ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0394.JPG

 

 

 

 

紫陽花の花咲く

 

足湯のコーナーです。

 

 

 

 

 

DSC_0401.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夕食は

 

 

 

 

夕食は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0305.JPG

 

 

 

 

 

たくさん食べてね。

 

 

 

 

 

DSC_0298.JPG

 

 

 

 

 

 

係りの先生 準備OK!

 

 

 

 

DSC_0308.JPG

 

 

 

 

 

食後は・・・

 

 

 

 

DSC_0323.JPG

 

 

 

 

 

 

スイカ割りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


俺の うどん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0289.JPG

 

 

 

 

俺の・・・

 

 

 

 

 

DSC_0291.JPG

 

 

 

 

うどん。

 

 

 

 

 

 

DSC_0316.JPG

 

 

 

 

かっぱ巻きも 忘れない。

 

 

 

 

 

 


土曜日のうどん

 

 

 

 

それは6月の10日

 

土曜日。

 

 

 

今日は休日のはずの先生方が

 

なぜか保育園に来ています・・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0520.JPG

 

 

 

 

なんの 相談?

 

 

 

 

DSC_0526.JPG

 

 

 

 

お泊り会の夕食「うどん」の試作

 

・・・なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

 

こねて のばして

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

足で 踏む。

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

ねかせて  切って・・・

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

 

ようやく

 

いただきます。

 

 

 

 

 

お泊り会の準備のワンシーンでした。

 

 

 

 

 

 

 


食べる

 

 

 

 

保育園の給食は

 

保育の一部です!

 

だから

 

食を考えることは

 

保育の質を問うこと・・・

 

だと 私は思います。

 

 

 

 

DSC_0128.JPG

 

 

 

さて。

 

みんなで作るよ。

 

今日の晩ご飯。

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園の

 

お泊り会は

 

すべての職員参加型。

 

 

 

晩ご飯 作りましょ。

 

 

 

 

 

DSC_0133.JPG

 

 

 

 

 

そんなふうに考えると

 

保育士さんって・・・・

 

生活の技術? がちょっとは必要。

 

いや。

 

そんなにたいしたことではないけれど

 

洗濯物をハンガーに干す とか

 

あちらこちらにある雑誌(絵本)は

 

ひとつのところに まとめて

 

ある程度は角をそろえて置く とか

 

脱いだ靴はそろえる とか

 

そういう生活の基本的な技術は

 

やっぱり必要なんじゃないだろうか と

 

お泊り会では 思います。

 

 

 

 

 

DSC_0206.JPG

 

 

 

 

子どもは 見ていないようで

 

よぉく おとなを見ていますからね。

 

座る時の姿勢や

 

おとなとおとなの会話の口調とか

 

よく見ているんだな。

 

聞いているんだな。

 

 

 

久良岐の先生方!

 

素晴らしいんじゃないですか。

 

さすがです!

 

 

 

さて。

 

子どもが包丁を持っていますからね

 

 

目を離さずに。

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

きゅうり。

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

ねぎ。

 

 

 

 

DSC_0168.JPG

 

 

 

 

 

なにか起こりそうな 予感。

 

 

 

 

 

DSC_0251.JPG

 

 

 

 

ややや・・・

 

 

 

 

 

DSC_0255.JPG

 

 

 

 

言いたいことが ある!

 

だけど 言えなくなっちゃった!

 

(相手の女子 へこたれず 強い!)

※後ろ向きの女の子 関係者ではありません。

 

 

 

 

DSC_0257.JPG

 

 

 

 

よし!

 

その気持ち

 

私が受けとめました。

 

 

 

負けずに うどんを切るよ!

 

 

 

 

 

DSC_0270.JPG

 

 

 

 

 

 

うどん

 

 

かっぱ巻き。

 

どちらも生活技術の結集!

 

 

 

 

 

DSC_0286.JPG

 

 

 

 

強い人も

 

これから強くなろうと思う人も

 

あなたも わたしも

 

みんなで作って

 

みんなで 食べる。

 

 

 

うまいっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


smile

 

 

 

 

 

ちょっと心配 その小指。

 

転んで痛くて 湿布中です。

 

だけど・・・・

 

うどん作りは両手がいいな。

 

 

 

 

 

DSC_0915.JPG

 

 

 

 

 

人間のカラダって よくできているな。

 

目も 耳も

 

カラダをはさむようにふたつ ある。

 

腕もそう。

 

カラダの左右に広げられている。

 

 

そうそう ボウルを左手で支えていると

 

右手にかける力をどのくらいにすればいいか

 

重量や可動性が わかるんだな。

 

 

 

 

DSC_0919.JPG

 

 

 

 

おとなの指示や声をかける説明が

 

できるだけ少なくなるようにね。

 

私たちはそのために環境を整備して

 

あとは子どもを 信じる!

 

いいぞ〜

 

その調子〜

 

 

 

 

 

DSC_0924.JPG

 

 

 

 

 

わぁ 手は伸びるんだった〜

 

 

 

 

DSC_0013.JPG

 

 

 

 

真剣!

 

 

 

 

 

DSC_0018.JPG

 

 

 

 

 

心配 ご無用!

 

この調子!

 

 

 

 

DSC_0921.JPG

 

 

 

 

 

  smile

 

 

 

 

 

DSC_0060.JPG

 

 

 

 

 

夕食が楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 


始まりました!

 

 

 

 

始まりました。

 

お泊り会。

 

朝、お子さんがちょっとご心配だった方のために

 

少しづつ写真館に画像をアップしていきますよ〜

 

 

 

 

DSC_0912.JPG

 

 

 

何をしているところか

 

わかりますか?

 

 

 

DSC_0944.JPG

 

 

 

 

 

 

わかります?

 

 

 

 

DSC_0037.JPG

 

 

 

 

 

わかって きました?

 

 

 

 

DSC_0007.JPG

 

 

 

 

夕食のうどん作りです。

 

 

 

DSC_0978.JPG

 

 

 

 

 

 

このあと ビニール袋に入れて

 

足で踏み

 

寝かせるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

。。。


「気」

 

 

 

 

年長。

 

和太鼓練習の日。

 

講師は「創作和太鼓集団 打鼓音」の先生方。

 

 

 

 

 

DSC_0569.JPG

 

 

 

 

 

ウォーミングアップは

 

とにかく叩く。

 

連打。

 

でも ただの連打じゃない。

 

先生のお手本を見て

 

先生の音を聴いて

 

先生がパッ!とストップしたら

 

自分も パッ!とストップしなきゃならない。

 

ところが思いきりずうっと叩いているものだから

 

簡単には「静止」できない。

 

そうなんだ・・・

 

お手本のように動けたとしても

 

子どもは「静止」することが難しい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0556.JPG

 

 

 

 

 

久良岐の和太鼓は

 

みんなで同じリズムを 叩く。

 

リズムは口伝で覚える。

 

口で言えるリズムは必ず叩けるのだけれど

 

難しいのは「静止」。

 

叩くこと と 叩くことの間の「静」。

 

 

 

 

 

DSC_0559.JPG

 

 

 

 

叩け〜!

 

 

ストップ!

 

 

 

 

 

DSC_0561.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

次は演奏の練習。

 

「バチを持って下さい」

 

 

 

 

DSC_0574.JPG

 

 

 

 

1.2.3

 

 

 

 

DSC_0575.JPG

 

 

 

 

 

次は パーランクー。

 

 

 

 

DSC_0668.JPG

 

 

 

 

 

みんなで同じ音

 

ひとつの ドン!の音は

 

「気」を合わせること。

 

 

 

 

 

DSC_0673.JPG

 

 

 

 

練習は続きます。

 

 

 

 

 

 


| 1/81PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered