うひゃ〜

 

 

 

 

これから

 

 

 

 

 

DSC_0403.JPG

 

 

 

 

 

何が はじまるの?

 

 

 

 

 

DSC_0404.JPG

 

 

 

 

自分を覆っていたバルーンが

 

通り過ぎていく 感じ。

 

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

 

あれ。

 

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

なくなっちゃった!

 

 

 

 

 

DSC_0409.JPG

 

 

 

ふしぎ〜

 

 

 

 

 

 

 


動かない こと。

 

 

 

 

子どもは 動くことはOKなんです。

 

 

 

 

 

DSC_0468.JPG

 

 

 

 

 

「とまって いる」こと

 

「動かない」ことが

 

とってもむずかしい。

 

とまっているように見えても

 

手をブラブラしていたり

 

視線は お隣だったり する。

 

 

 

 

 

DSC_0469.JPG

 

 

 

 

 

ふくらませたバルーンの中で

 

しばらく じぃ〜っと していることも

 

ちょっと難しくって

 

バルーンの中で「ドラマ」と言う名の

 

トラブルもあったり する。

 

 

 

 

 

DSC_0470.JPG

 

 

 

 

でも同時に これから始まる「解放の時」も

 

わかっていて

 

静止(緊張)と解放 の二極があるから

 

どちらも楽しくなる。

 

 

 

ほら でてきた  でてきた!

 

 

 

 

 

DSC_0471.JPG

 

 

 

 

でてきましたよ〜!

 

 

 

 

 

DSC_0474.JPG

 

 

 

 

うひゃ〜

 

もうカラダが伸びちゃう!

 

 

 

 

DSC_0475.JPG

 

 

 

 

のびる 伸びる!

 

 

 

 

 

DSC_0478.JPG

 

 

 

 

 

もう

 

最高っ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0480.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


開発中

 

 

 

 

開発中なんです。

 

 

 

 

 

DSC_0328.JPG

 

 

 

 

 

バルーンの布を

 

こんな風に 斜めにするのが

 

けっこう大変でしたが

 

なんとか 斜めになりました。

 

 

 

 

 

DSC_0331.JPG

 

 

 

 

 

それでボールを落していくわけなんですよ。

 

上のほうからね。

 

 

 

 

 

DSC_0334.JPG

 

 

 

 

ボールの行方に

 

子どもの視線が集まります。

 

 

 

 

 

DSC_0337.JPG

 

 

 

 

しかし

 

おとなの期待通りに

 

ボールはいかない・・・・

 

 

・・・・ みたい ・・・

 

 

 

 

 

DSC_0341.JPG

 

 

 

 

こんどこそ!

 

 

 

 

 

DSC_0344.JPG

 

 

 

 

 

 

あちゃ〜

   

 

😵

 

 

 

 


 

DSC_0346.JPG

 

 

 

 

残念なおとなとは裏腹に

 

子どもは 笑顔。

 

 

 

 

DSC_0356.JPG

 

 

 

 

開発は続きます。

 

 

 

 

・・・なんの開発か

 

  かわりましたか・・・・

 

 

 

 

 


先生も!

 

 

 

 

 

ひまわり組の 体育指導。

 

今日は ちがうクラスの先生も飛び入り参加。

 

 

 

 

DSC_0306.JPG

 

 

 

 

 

運動会で見たバルーン。

 

子どももおとなも ただいま練習中。

 

 

 

 

 

DSC_0269.JPG

 

 

 

 

 

保育士の先生も 初めの1年は

 

泣きたいくらいドキドキの連続だったはず。

 

そのくらい このお仕事は

 

どこまで頑張ればおしまいなのかわからないし

 

人と人の関係性の中で実践されるから

 

マニュアルなんて通用しないし

 

本当に 泣いちゃいました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0329.JPG

 

 

 

 

でも。

 

2年目になると

 

1年を経験したことは

 

確実に「力」になり

 

去年とはぜんぜん ちがう!

 

先生も子どもも

 

経験は必ず得るものが あるっ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0421.JPG

 

 

 

 

そうか

 

そうなんだ・・・

 

 

先生をこうして 先生らしく育ててくれるのも

 

又 先輩の先生方なんだ。

 

先輩の先生を見て

 

育っていくんだな。

 

 

 

 

DSC_0340.JPG
 

 

 

 

先輩の先生方

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

DSC_0415.JPG

 

 

 

 

今年の夏も 熱いぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 


夏の楽しみ

 

 

 

 

 

緑の井戸端で

 

じゃがいもを収穫していると

 

気になる「ツル」が伸びていました。

 

もしかして

 

もしかして

 

この葉っぱは

 

すいかぁ〜 ?

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

まさか

 

ワタシ  種も苗も植えていませんよ〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0252.JPG

 

 

 

 

 

 

と いうことは

 

土に種がマジっていたということ

 

例えば カラスがゴミの収集所でいたずらをして

 

ニンゲンの食べかすのスイカを食べて

 

畑で糞をした  とか?

 

 

 

 

こういうの

 

大歓迎。

 

でっかいスイカに期待して

 

ワラを敷いて 大事にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


緑の井戸端へどうぞ

 

 

 

 

 

緑の井戸場へ

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

ようこそ。

 

 

 

 

DSC_0034.JPG

 

 

 

 

 

昨年から緑の井戸端は

 

久良岐の建替えにともなって

 

旧園舎の木々や草花を一時的に

 

移植し育てる場所になっています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0041.JPG

 

 

 

 

 

 

スプリンクラーも設置してはみましたが

 

ねらった場所には散水できず

 

むしろ雑草が喜ぶ場所に散水してしまうので

 

ほとんど使いません。

 

そしてスプリンクラーのてっぺんの部品は

 

こどものイタズラに最適で

 

だいたい壊れてなくなります。

 

これをいじるな!と言うほうが 無理。

 

 

 

 

 

DSC_0043.JPG

 

 

 

 

 

 

今日はすみれ組が じゃがいも堀りに

 

やってきました。

 

 

 

 

 

DSC_0046.JPG

 

 

 

 

 

その様子はきっとクラスで

 

紹介されると 思います。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 


組体操

 

 

 

 

年長の からだ。

 

0歳の時から 1歳の時から

 

3歳から・・・と

 

久良岐でつくってきた からだ。

 

日々の散歩。

 

日々の給食。

 

何よりもお家の人との

 

何気ない時間の積み重ね。

 

 

そのすべてを

 

からだを使って

 

運動会で見てもらう。

 

そのカタチが 組体操だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0076.JPG

 

 

 

 

 

これは ただの「ふにゃふにゃ」な場面じゃない。

 

七釜先生が何気なく介助しているところは

 

視線の先じゃなくて

 

持ち上げている子どもの腕です。

 

みんなで力を合わせて

 

子どもを持ち上げたあとに

 

下ろす場面が危険なの。

 

 

 

 

DSC_0082.JPG

 

 

 

 

「足」から降ろさないと

 

墜落します。

 

だから持ち上げている子どもを

 

おろす時には必ず足からおろす を

 

何度も練習します。

 

墜落させない担保として

 

七釜先生の手は子どもの腕を

 

支えています。

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

さて。

 

ここでも七釜先生の腕は

 

こどもを支えているけれど

 

このカタチができるまでには・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0106.JPG

 

 

 

 

 

こんなだったりするけれど

 

(H先生の手は子どもを支えています)

 

 

 

 

DSC_0111.JPG

 

 

 

 

よし!

 

いいぞ!

 

 

 

 

 

DSC_0148.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ここ しっかり!

 

 

 

 

 

 

DSC_0151.JPG

 

 

 

 

 

 

練習は続きます。

 

 

 

 

 

 


 


始まりました。

 

 

 

 

始まりました。

 

練習が。

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

まだまだ「仮」のグループです。

 

最初は笑顔も見える練習ですが

 

 

 

 

 

DSC_0074.JPG

 

 

 

 

 

先生は 笑っておらず

 

おとなの力が随所にあって

 

なんとか子どもが持ち上がっています。

 

まだまだ だれかが10圓鮖ち上げて

 

だれかは5圈

 

だれかは3圓もしれない。

 

 

 

 

 

DSC_0081.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

次のチーム。

 

このグループも今日のグループです。

 

 

 

 

 

DSC_0091.JPG

 

 

 

 

 

 

おやおや

 

先生のお顔を見ていない人もいるし

 

・・・・ むむむ・・・

 

お話しを聞いているかな。

 

 

 

 

 

 

DSC_0113.JPG

 

 

 

 

 

ここが 大切。

 

物事の始まりは

 

まず(相手の)話しを 聞く。

 

最初に話しをした人

 

強く話した人が 尊重されるわけではありません。

 

人の話しを聞きましょう。

 

お話しをする人のお顔を見てね。

 

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

 

ここ  ここ

 

今日は ここで苦労をしたね。

 

持ち上げる人の腕を

 

どう支えるか・・・

 

自分の肩に 持ち上げる人の腕を乗せる。

 

これができると ぐっ!と安定するし

 

重たいものを肩に担ぐと

 

軽く感じるのはみなさんも経験があるでしょ。

 

肩に担ぐことと

 

相手の腕を掴む時の手のひらの方向に

 

今日は 苦労をしたんだ。

 

 

 

 

 

DSC_0092.JPG

 

 

 

 

 

よし!

 

持ち上がったけれど

 

今度は持ち上げる人の「足」。

 

足のカタチは「チョキ」です。

 

チョキにしたら もっと もっと

 

安定します!

 

 

 

DSC_0094.JPG

 

 

 

 

そうそう そうそう

 

チョキだよ!

 

もう 少しだよ!

 

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

 

 

 

 

ほら

 

あがった〜

 

やれば できる!

 

 

 

… でも よそ見は だめ… だな…

最後まで しっかりね。

持ち上げた人を下す動作も

気を抜かないことだよ。

 

 

 

 

(株) ジャクパ 七釜正司先生による体育指導

運動会まで 年長は組体操の練習をいたします。

 

 

 

 

 


わたしたちの たなばた

 

 

 

 

わたしたちの・・・

 

 

 

 

 

 

七夕 (82).JPG

 

 

 

 

 

たなばたは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

七夕 (87).JPG

 

 

 

 

 

 

ちょっと

 

忙しいのです。

 

 

 

 

 

七夕 (96).JPG

 

 

 

 

 

仮園舎の厨房は

 

狭く 

 

物の置き場所にも困ります。

 

 

 

 

でも 私たちの仕事は

 

どんな環境でも

 

変わりません。

 

 

 

 

 

七夕 (89).JPG

 

 

 

 

 

これは 今日の食材の切れ端。

 

野菜の皮や 野菜の芯。

 

「廃棄」をするものです。

 

それなのに こんなにきれい切られていて

 

こんなにきれいに捨てられている・・・

 

まるでこれから使われる食材のようです。

 

 

 

たまたま見かけた私が

 

なんだか感動してしまいました。

 

 

 

 

お空に お日さまとお月さまがあるように

 

地球に空と海があるように

 

モノゴトにも ふたつの世界があるようです。

 

七夕の日の 飾りの見えるお部屋の世界と

 

お部屋の隣で 子どもを支えるもうひとつの世界。

 

それが給食の世界です。

 

 

先生方 ありがとうございます。

 

今日もおいしくいただきます。

 

 

 

 

 

 

 


七夕 物語

 

 

 

 

 

 

七夕のお集まりが始まります。

 

 

 

 

 

 

七夕 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

係りの先生方

 

準備と・・・・

 

 

 

 

 

 

七夕 (46).JPG

 

 

 

 

 

熱演を ありがとうございます。

 

 

 

 

 

七夕 (48).JPG

 

 

 

 

 

担任の先生方が

 

季節の行事を担ってくれて

 

物語を演じてくれました。

 

 

 

 

 

 

七夕 (39).JPG

 

 

 

 

 

浮かれて 遊んでばかりいて

 

本業を忘れるといけません!という

 

ストーリーなのか

 

もっと深い愛の意味がある物語なのか

 

今でもよくわかりません。

 

 

 

 

 

 

七夕 (105).JPG

 

 

 

 

 

でも 

 

人が人を好きになることや

 

「願い」を持つことは

 

人生を豊かにしてくれます。

 

願いは 希望につながります。

 

 

 

 

 

 

 

七夕 (65).JPG

 

 

 

 

 

願いがかないますように。

 

すぐにはかなわなくても

 

信じて待つことができますように。

 

 

 

 

 

七夕 (60).JPG

 

 

 

 

今日は 七夕。

 

 

 

 

 

七夕 (63).JPG

 

 

 

 

 

小さな心に

 

小さな願い。

 

雨にぬれた人たちのうえに

 

今夜は星がありますように。

 

 

 

 

 

 

七夕 (66).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/83PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered