積み重ねる

 

 

 

 

「積み重ねる」

 

 

これが これからの課題。

 

 

 毎月 一度。

 

 それも1クラスの指導時間は数十分。

 

 泰子先生は音楽の種をまく人。

 

 私たちがそれを受け取って

 

 次の指導日までの1か月間で

 

 芽出しをして 育てていかなければならない。

 

 

 

 

 

IMG_0378.JPG

 

 

 

だから午後の子どもの午睡タイムに

 

 先生方は その日の指導の画像を見ながら

 

 泰子先生と振り返りの時間を持つ。

 

 園長 主任 3クラスの担任が

 

 スクリーンに映し出された少し前の指導の

 

 画像を見る。

 

 

 

 仮園舎での子どもの椅子の並べ方は どう?

 

 泰子先生が保育室に入る時の

 

 子どもの心の準備は できている?

 

 今日は 特に子どもの姿勢(姿勢の保持)が

 

 気になりました と泰子先生。

 

 それならば 次の1か月ですることは

 

 座禅なのか もっと深く体幹を鍛えることなのか

 

 私たちはいつもの保育をも見直してみる。

 

 

 

 小さな取組みを「積み重ねる」。

 

 

 

☆ この日の指導の様子を順に

  HP写真館に載せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ドンッ!

 

 

 

 

9月14日 水曜日。

 

旧園舎では最後の「組体操練習」。

 

 

 

 

DSC_0715.JPG

 

 

 

 

旧園舎だろうと

 

庭だろうと

 

仮園舎だろうと・・・・

 

難しいのはこういうところ。

 

どのくらいの角度で手をあげるの?

 

手のひらの指はひらくの くっつけるの?

 

こういうのが むずかしい。

 

「これ」というお手本を子どもに示して

 

目で覚えてもらい 直してそろえていく。

 

 

 

DSC_0728.JPG

 

 

 

いちばん むずかしいのは

 

「止まっていること」

 

止まっていること 動かないことが

 

いっちばん! むずかしいの!

 

 

 

 

DSC_0738.JPG

 

 

 

 

ただ立っている

 

ただ仰向けになる

 

 とても 難関。

 

 

「ただ 立つ」には緊張感が必要だ。

 

緊張感がないと ただ立つことはできない。

 

 

 

 

DSC_0739.JPG

 

 

 

去年の練習は園庭でしたが

 

今年は室内  床の上。

 

 

 

DSC_0745.JPG

 

 

ヤーッ!

 

 

 

DSC_0753.JPG

 

 

 

 もう一度

 

 

ヤーッ!

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

          

     

 

 

 年長クラス 本日の連絡ボードには

 

 こんなメッセージが!!

 

 

 

 

 


種 を まく

 

 

 

 

9月9日 金曜日

 

中里第三公園愛護会さんと

 

南土木事務所公園愛護会コーディネータ― 荒井さんと

 

年長ばら組の子どもたちが春に咲く植物の種まきをしました。

 

 

 

 

 

DSC_0463.JPG

 

 

 

 

朝のご挨拶のあとは

 

これから蒔く植物のご紹介から。

 

 

 

 

DSC_0468.JPG

 

 

 

 

 

そしてその植物の種の特徴も学びます。

 

 粉末に近いような小さな種は

 

胡椒の入っていたビンにつめて

 

ふりかけて蒔くとよろしいようです。

 

(種と土を混ぜておきます)

 

 

 

DSC_0470.JPG

 

 

 

 

はい。

 

教えいただいたように やってみますね。

 

 

 

 

 

DSC_0475.JPG

 

 

 

中里第三小林会長も

 

「どれどれ」と

 

霧吹きで水やりをする様子を見て下さいます。

 

 

 

 

 

DSC_0478.JPG

 

 

 

 

 

この日はどうしてなのか

 

 この作業の前は 気持ちがピリピリしている

 

 子どももいました。

 

「この夏に(プール)でできるようになったこと」を

 

 発表するコーナーもありましたっけ。

 

 みなさん! プールでできるようになったことなんですよ!

 

 発表するのはねっ!

 

 

 

 

 

DSC_0486.JPG

 

 

 

 

 でも 不思議だなぁ・・・

 

 

 土にふれていると・・・・

 

 

 

 

DSC_0670.JPG

 

 

 

 

 

子どもが おだやかになってくる・・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0676.JPG

 

 

 

ほんとに。

 

土にふれて 仕事をしていると

 

 

 

 

DSC_0677.JPG

 

 

 

 

気持ちが鎮まる おだやかだ。

 

 

 

 

 

 やっぱり ね。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

水と子どもは なかよしだ。

 

 

子どもと自由もなかよしだ。

 

 

 

 

 

DSC_0617.JPG

 

 

 

 

水に触れると

 

 ココロも自由だ。

 

 

 

 

DSC_0679.JPG

 

 

 

 

 自由な心は いろんな事を考える。

 

 

 

 

DSC_0681.JPG

 

 

 

 

おとなは 逆。

 

 

 自由になると いろんな事を考えられない。

 

 

 

 

 

DSC_0685.JPG

 

 

 

 

 

おとなは 不自由な時ほどいろんな事を考えています。

 

 

 きつーい会議の時ほど 自由を求めるし

 

 ヨクアツされているほど想像力はふくらむ。

 

 自由な日曜日は 何をしようかと

 

 考えているうちに日が暮れるんだ。

 

 

 

 

 

DSC_0688.JPG

 

 

 

 

 

あー 自由になりたいな。

 

・・・って考えているのに

 

 

 

 

 

DSC_0689.JPG

 

 

 

 

 

自由になると

 

不安になっちゃったりしてさ。

 

 

 

 

 

DSC_0690.JPG

 

 

 

 

そんな時には

 

 

水のことを想うといいかも。

 

 

 

 

DSC_0697.JPG

 

 

 

 

水って 不思議。

 

 

 

 

DSC_0701.JPG

 

 

 

 

 

 人間の何十パーセントかは

 

 水でできています! って誰かが言っていました。

 

 

 

 

 水に触れると 人間は 感じるんだよ。

 

 きっと 感じているんだよ。

 

 

 

 

 

DSC_0703.JPG

 

 

 

 

 自由を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ココロのバランス

 

 

 

自分は 年長さんだから・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

自分たちの仕事の向こうで

 

小さいお友だちが プールに入っていようとも

 

 

 

 

DSC_0619.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫!

 

 

 

 

DSC_0651.JPG

 

 

大丈夫だよ・・・ね・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0631.JPG

 

 

 

 ふぅ〜ん

 

 大きくなるって 大変なことなんだぁ・・・

 

 

 

・・・ って声が聞こえてきそうな場面なのでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あこがれ

 

 

 

 

 

自分の小さい頃の あこがれのひとつに

 

 

 

 

 

DSC_0552.JPG

 

 

 

 

 

「おとなのように 庭のホースを自分で持って

 

 水やり したーい!」がありました。

 

 おとなはホースでジャカスカ水やりをしているのに

 

 子どものワタシは こども用のジョウロ。

 

 どうしても納得がいきません。

 

 

 

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

 

ほらほら いつの時代も こどもはやっぱり

 

ホースを持ってみたいのよ!!

 

 

 

 

 

DSC_0560.JPG

 

 

 

 

それなのに

 

 

どうしてか おとなって自分がやる!って

 

 

 決めている!

 

 

 どうして???

 

 

 

 

 

DSC_0563.JPG

 

 

 

 

 ボクは あきらめません。

 

 ホース 持たせてくださいっ!!

 

 

 

 

 

 

 


プール(幼児)

 

 

 

 

今年の夏の後半は

 

仮園舎にお引越しをしましたが・・・

 

 

 

 

DSC_0495.JPG

 

 

 

 

 

ビニールプールを園庭に設置しました。

 

 

 

 

 

DSC_0497.JPG

 

 

 

 

 

ミストの冷たさに・・・

 

 

 

 

DSC_0498.JPG

 

 

 

 

 

子どもたちが集まります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0518.JPG

 

 

 

 

 

「水」はいつの時代も子どもたちに

 

 興味を強く持たせます。

 

 つかもうと思ってみても つかめず

 

 手のひらから カタチを変えてこぼれていく不思議。

 

 コップにいれれば収まっているのに

 

 コップを倒して広がってゆくカタチの面白さ。

 

 自分の意のままには流れてはくれません。

 

 

 

 

 

DSC_0525.JPG

 

 

 

 

 

水は本当に姿と性質を変えますね。

 

 私は時々 水の「自由さ」がうらやましい。

 

 水を温めれば お湯。

 

 水を冷たくすれば 氷。

 

 あっ 湯気にもなるし  霧も ある。

 

 そんなに自由なくせに

 

 なにより人間の命を支えても いる。

 

 

 

 今日は こどもの おつむの上に いて。

 

 

 

 

DSC_0706.JPG

 

 

 

 

やがて この水も どこかに流れていき

 

次のカタチになる。

 

 

 

 

DSC_0645.JPG

 

 

 

水の色の水着

 

よく似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プール納め

 

 

 

9月9日

 

プール納めが・・・・

 

 

 

DSC_0454.JPG

 

 

 

 

 始まります。

 

 

 

 

DSC_0456.JPG

 

 

 

 

 

 

 今年のプールでどんなことができるようになったのかな・・・

 

 

 

 

 

DSC_0457.JPG

 

 

 

 

発表してもらいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


食欲の・・・

 

 

 

 

仮園舎のこの小窓。

 

 

 

 

DSC_0712.JPG

 

 

 

 

その向こうに集まる人々。

 

 

 

 

DSC_0716.JPG

 

 

 

 

そのお答えは 

 

週の給食で わかります。

 

 

 

 

 

 

 

 


久良岐のお地蔵様

 

 

 

 

8月24日

 

これまで旧園舎の入り口で

 

こどもを見守って下さっていた

 

久良岐のお地蔵様を・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

 

高野山真言宗 西光寺

 

曽根宥泉住職のお導きで

 

仮園舎の玄関にお迎えしました。

 

 

 

 

DSC_0748.JPG

 

 

 

 

最初にお地蔵様をお迎えする場所で

 

お経が唱えられ

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

 

次にお地蔵様を蓮の花の上に

 

お乗せしたまま

 

新しい場所にお連れします。

 

 

 

 

 

DSC_0433.JPG

 

 

 

 

 

作業はやはり中里の油科石材店さんにお願いをいたしました。

 

丁寧なお仕事ぶりに

 

私の心も落ち着きます。

 

ご住職はその間もお経をあげて下さいます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0421.JPG

 

 

 

 

 

この日は とても暑くて

 

新しい場所は仮園舎の玄関とはいえ

 

アスファルトの上ですから

 

ご住職のお頭(おつむ)にも玉の汗です。

 

あちらの岸でも

 

私たちが今生きているこちらの岸でも

 

夏の暑さに人は渇きます。

 

しかし じーっと

 

ただじーっと季節の中で

 

お経を 聞いていると気持ちが少しづつ

 

落ち着いていくように感じられます。

 

 

 

 

DSC_0409.JPG

 

 

 

 

ありがたい とはこういうことなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0440.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園は特定の宗教は持ちません。

 

しかし初代理事長 鈴木義一が病を得て

 

病床にある時

 

自分は死しても心はお地蔵になって

 

子どもたちを見守り続けると建立した

 

「久良岐地蔵」です。

 

私も強く特定の宗教を持ちませんが

 

この中里の地と 広い空 緑の木々を

 

大いなるものからお借りをして

 

今日も社会福祉事業を展開できていると思う時

 

お地蔵様のお世話をさせていただいております。

 

 

 

 

ご住職も毎朝早くに

 

中里のあるお地蔵様すべてを回り

 

お経をあげて下さいます。

 

 

お地蔵さま

 

今日も子どもたちをどうぞお見守り下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/70PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered