わたしたち の しごと 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A (11).JPG

 

 

 

 

 

 

 

保育園は 担任だけでなく

 

たくさんの人のチカラで

 

毎日が続いている。

 

 

 

 

 

B (135).JPG

 

 

 

 

 

 

朝の 保育をお手伝いして下さる人。

 

仕事は終っても

 

こどもたちが気になってしかたがない。

 

練習を見て下さった。

 

 

 

 

 

 

B (154).JPG

 

 

 

 

 

 

クラスの出し物の間に

 

大道具の出し入れの打合せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラスから出された配置図はこんな感じ。

 

書いた人にはわかっても

 

読んだだけでは わからない。

 

それに・・・

 

運びこむ物が 大きくて たくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

 

大道具を出すタイミングまで加わって

 

これは これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

B (42).JPG

 

 

 

 

 

 

スタンバイして

 

道具を出す準備中。

 

 

 

 

 

B (70).JPG

 

 

 

 

 

 

こうして こどもと おとなの

 

練習が続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の しごと 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0258.JPG

 

 

 

 

 

もちろん

 

こどもたちと一緒に

 

発表会の練習をします。

 

さぁ これから 出番ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0449.JPG

 

 

 

 

 

 

こどものチカラを

 

いつものようにステージにのせられるように

 

自分も楽しんで

 

クラス全体を包んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0473.JPG

 

 

 

 

 

 

ステージの配置図を見ながら

 

非常勤の先生方とも打ち合わせ。

 

大道具ひとつひとつにも

 

役割があってそこにあり

 

それを運ぶ人にもそのことがわかり

 

「黒子」のように運びます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0456.JPG

 

 

 

 

 

 

この配置は ちょっと大仕事。

 

プログラム3番の後です。

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

おとながきれいに太鼓を並べれば

 

こどもも自分の位置に 迷わない。

 

隣の人とぶつかることもないから

 

大きく腕を動かして 思いっきり

 

太鼓の演奏ができる。

 

おとなの仕事って そういうことだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

 

でも それも これも

 

あれも これも

 

こどもが生まれたときからの

 

小さな ちいさな 人との関わりの

 

積み重ねだ。 だいじなのは。

 

 

 

 

 

 

DSC_0517.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもが言葉にできなくても

 

「わかる」

 

こどもからすれば

 

「わかってもらえる」

 

そのやり取りのくり返し。

 

その向こうに 発表会は ある。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

 

 

春に始まった新しい一年。

 

早春におわるこれまでの一年。

 

 

 

 

 

 

DSC_0712.JPG

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちの しごとは

 

こどもと ともに ある。

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたち の しごと 1

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0813.JPG

 

 

 

 

 

 

園庭では

 

葉が落ち 冬を迎えている山の木々を

 

大きく伐採しました。

 

この作業をするなら

 

春に向けて養分を自分の中に蓄えている今なんです。

 

久良岐は自然に囲まれているので

 

人と自然が調和して生活できるようにするには

 

こうした作業が欠かせません。

 

今回は伐採する枝を吊るための

 

重機も入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0814.JPG

 

 

 

 

 

 

お部屋の中。

 

子どもの午睡時間には

 

午前に行われた発表会の練習の反省会と

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0816.JPG

 

 

 

 

 

 

プログラム順を最終決定して

 

印刷して

 

折りあげる作業。

 

時はすでに3時。

 

本日発行に間に合うでしょうか・・・

 

何気ない印刷物ですが

 

こうして手作りされています。

 

 

 

 

 

 

 

 


福の神(春の使者)

 

 

 

 

 

 

 

節分 (291).JPG

 

 

 

 

 

 

山の向こうに 去っていった 鬼。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (296).JPG

 

 

 

 

 

 

春の予感は

 

花の香り

 

 

 

 

 

節分 (303).JPG

 

 

 

 

 

 

明日は 立春

 

 

 

 

 

節分 (305).JPG

 

 

 

 

 

福の神様

 

おまめ あげる

 

 

 

 

 

 

節分 (315).JPG

 

 

 

 

 

福の神様は

 

うれしいお土産も持ってきて下さいました。

 

 

 

 

 

 

節分 (318).JPG

 

 

 

 

 

鬼を退治したごほうびですよ。

 

そして もうじき春の風。

 

 

 

 

 

 

節分 (320).JPG

 

 

 

 

 

 

これからの1年が平安で

 

健やかに成長できるよう

 

皆で 願う。

 

 

 

 

 

 

節分 (340).JPG

 

 

 

 

その願いが 成就するよう

 

祝福を受ける。

 

 

 

明日は 立春大吉。

 

 

 

 


節分 3

 

 

 

 

 

 

節分 (179).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も来ました。

 

赤鬼 青鬼。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (183).JPG

 

 

 

 

広い園庭を

 

鬼も走る

 

 

 

 

 

 

 

節分 (186).JPG

 

 

 

 

 

RUN  RUN  RUN

 

 

 

 

 

節分 (196).JPG

 

 

 

 

 

CATCH  Catch  Catch

 

 

 

 

 

 

節分 (224).JPG

 

 

 

 

 

そして 再び  走る。

 

 

 

 

 

 

節分 (246).JPG

 

 

 

 

 

それ 鬼退治だ!

 

 

 

 

 

 

 


節分 2

 

 

 

 

お部屋でお集まりのあとは・・・

 

 

 

 

 

節分 (113).JPG

 

 

 

 

 

 

お外で ダンス

 

 

 

 

節分 (116).JPG

 

 

 

 

 

 

dance  dance  dance

 

 

 

 

 

 

節分 (120).JPG

 

 

 

 

 

dance  dance  dance

 

 

 

 

 

 

節分 (131).JPG

 

 

 

 

 

dance  dance  dance

 

 

 

 

 

 

節分 (156).JPG

 

 

 

 

 

カラダがうごくと

 

キモチも うごく

 

 

 

 

 

 

節分 (161).JPG

 

 

 

 

さぁ

 

 

 

 

 

 

節分 (166).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼退治だよ!

 

 

 

 

 

 

 

 


節分 1

 

 

 

 

 

 

 

節分 (22).JPG

 

 

 

 

あぁ  どうしよう・・・

 

節分の朝がやってきた

 

 

 

 

 

 

節分 (41).JPG

 

 

 

 

 

みんなでお集まりをしているうちは

 

いいんだけど・・・

 

 

 

 

 

 

節分 (60).JPG

 

 

 

 

 

本当は

 

昨日から ドキドキさ

 

 

 

 

 

 

節分 (69).JPG

 

 

 

 

 

 

鬼は 外    福は 内 を

 

歌ったり ダンスをしたりするけれど

 

 

 

 

 

節分 (88).JPG

 

 

 

 

はりきってもみるものの

 

できれば 鬼さん こないでね。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (89).JPG

 

 

 

 

 

みんなでお集まりにも慣れた わたし。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (100).JPG

 

 

 

 

 

 

 

さぁ これから節分の豆まきが

 

始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


令和2年4月入所 内定者の方へ

 

 

 

 

 

 

image100.jpg

 

 

 

 

 

令和2年4月1日入所内定者の方に

 

2月7日までにあらかじめ必要な書類一式を送付します。

 

またこれらの書類のうち

 

児童票・緊急カード・健康台帳は

 

HPからもダウンロードできますのでご利用下さい。

 

説明会は2月12日(水)午後1時30分から実施します。

 

そこで個人面談の日程について調整をします。

 

尚 久良岐保育園にすべての行事や委員会などでは

 

駐車場は使えません。

 

自転車 ベビーカー 徒歩でいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こま回し大会 はじまりました!

 

 

 

 

 

 

DSC_0329.JPG

 

 

 

 

 

 

お部屋の真ん中に こまを回す板を敷き

 

みんなが そのまわりを

 

ぐるりと囲んで

 

いよいよ大会の始まりです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0332.JPG

 

 

 

 

 

 

長い大会になりそうです。

 

それ以上に 熱い大会になりそう!

 

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

 

回したこまが 床の上だった・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0471.JPG

 

 

 

 

 

 

まわりに まわって

 

こどもたちの足元まで。

 

 

 

 

 

DSC_0386.JPG

 

 

 

 

 

 

こま大会は続きます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0524.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝練!

 

 

 

 

 

DSC_0258.JPG

 

 

 

 

 

今日は こま回し大会。

 

 

 

 

 

DSC_0259.JPG

 

 

 

 

 

優勝を目ざす皆さんは

 

朝の練習に余念がありません。

 

 

 

 

 

DSC_0264.JPG

 

 

 

 

 

ところで このブログを読んで下さっている

 

あなた。

 

 

 

 

 

DSC_0274.JPG

 

 

 

 

 

 

こま は

 

回せますか?

 

 

 

 

 

 

DSC_0281.JPG

 

 

 

 

 

 

保育園というところは

 

友だちと一緒に練習をする 

 

と いうところに

 

保育園の役割がある といっても

 

過言ではありません。

 

練習をしなくちゃけない 

 

ということではないんですが。

 

 

 

 

 

DSC_0282.JPG

 

 

 

 

 

こま回しに失敗をして

 

手から離れたこまが垂直に立って回転しなくても

 

カラカラ カラカラと床を転がっていったとしても

 

「失敗できる場所」であるということ。

 

失敗しても友だちとの関係はかわらないし

 

まず失敗をおそれるこどもにしないということ。

 

なんでも あり!

 

条件 なし!

 

そういうこと。

 

 

 

 

 

 

DSC_0284.JPG

 

 

 

 

 

わたしは見ていました。

 

何度 挑戦しても うまく回らない わたしのこま。

 

回っている友だちの紐の巻き方を思い出し

 

こうやってみたらどうだろうかと考え

 

やってはみるのに

 

何度も 何度も 回らない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0323.JPG

 

 

 

 

だけど 何度もまわらないのに

 

あきらめない

 

まだ やるぞ!と思うことができる

 

そのこども「ちから」を。

 

担任の先生も 見逃さない。

 

なんども 紐をまく

 

なんども 投げ

 

回らないこまを取りにいき

 

また 紐を巻こうとする

 

その「ちから」を。

 

そして その「ちから」が

 

きっと おとなになったあなたを支える。

 

 

 

こま回しは 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/124PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered