DSC_0850.JPG

 

 

 

 

 

6月。

 

玄関入口の狸さんの横に

 

紫陽花を。

 

緑の井戸端で育てている花だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0846.JPG

 

 

 

 

 

 

玄関カウンターの上にも

 

紫陽花。

 

これは近隣のお家のお庭から。

 

 

 

 

 

DSC_0844.JPG

 

 

 

 

 

 

花を活けるのが 好きだ。

 

季節に花があるように

 

庭や畑で育てる。

 

 

 

 

悩みの朝に

 

忘れていた草の芽を見つける。

 

それだけで うれしくなる。

 

わたしもまた この草の芽のように

 

小さく 

 

そして季節がきたら

 

顔をあげて

 

生きてみたいと 思う。

 

 

そんなことを想いながら

 

花を育て

 

花を活ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝 の しごと

 

 

 

 

 

DSC_0586.JPG

 

 

 

 

 

春のはじまりの頃から

 

わたしには気になっていた草花がある。

 

園舎の中庭の上の斜面に

 

それは突然 現れた。

 

去年 日本の国に大きな被害をもたらした

 

ふたつの台風は

 

この斜面の木々の上にもやってきて

 

林の姿を変えていった。

 

今後の安全と

 

事業の継続も考えて

 

冬に専門業者の目と手によって

 

切り倒すことが必要な木や

 

枝を伐採した。

 

 

枝を落とせば日の光が注ぐ。

 

林や森に日が差せば

 

下草の植生が変わる。

 

この植物は

 

強い雨で流された土砂の下から

 

日の光によって目覚めさせられ

 

ここに姿を現した。

 

その名を「浦島草」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0372.JPG

 

 

 

 

上の写真は別の場所のものだが

 

ちょっと得体のしれない

 

あまり爽やかではない苞が ウラシマ太郎さん

 

そこから ピーっと伸びているのが

 

太郎さんの釣り糸だ。

 

中里にずうっと住んでいる人に聞くと

 

この近辺には昔、浦島草が群生していたそうだ。

 

ただしマムシグサと呼んで

 

ある人がコンニャク芋だろうと思って

 

根っこを掘って食べたらば

 

お腹が痛くなり救急車を呼んだのを

 

見た!という人まで現れた。

 

 

草木も自然なのであれば

 

台風もまた自然の現象なのであり

 

だれにもその発生を止めることは

 

できない。

 

浦島草は命を絶やさない使命を

 

何十年も土の下で守り

 

ある条件が整った時に

 

地上に戻って

 

遺伝子をつなぐ約束を実行した。

 

 

 

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

山から下りて

 

今度は緑の井戸端へ。

 

こどもふれあい広場「いきいき」の食材として

 

育てている野菜たちだ。

 

赤玉ねぎは すでに収穫。

 

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

 

じゃがいもは・・・

 

掘ってみなければわかりません!

 

出来 は 未だわからず

 

お楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0803.JPG

 

 

 

 

 

赤玉ねぎのあとには

 

先週の土曜日に

 

さといも 植えました!

 

まだ 何も見えないけれど

 

みなさん 踏まないで下さい。

 

掘っちゃだめ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0804.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらは昨年に続き

 

A先生にピーマンを植えてもらいました。

 

中里の土に育てた

 

「中里野菜」です。

 

 

 

 

 

DSC_0809.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げれば 「青梅」

 

ひとつだけ と思うでしょ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

鈴なり です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0567.JPG

 

 

 

 

みかんや夏みかんも

 

この間 花が咲いたと思ったら

 

 

 

 

 

DSC_0815.JPG

 

 

 

 

 

もう冬に収穫する

 

みかんの実が見えている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0826.JPG

 

 

 

 

 

 

 

テントウムシもやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0799.JPG

 

 

 

 

 

 

 

葡萄だって この通り。

 

 

 

 

 

 

DSC_0828.JPG

 

 

 

 

 

 

これで今朝の見回り 終了。

 

園舎に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 


母 と 私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0547.JPG

 

 

 

 

 

空き家となってはいますが

 

畑の作業と

 

庭の手入れは欠かさない夫の実家で

 

鳥の巣を見つけた。

 

椿の木の枝を伐採していたら

 

ふいに 現れた。

 

すでに雛の姿はなく

 

ここで 抱卵が行われていたのかは

 

わからない。

 

 

 

 

 

見上げれば また鳥の巣。

 

今度は 梅の古木に。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0545.JPG

 

 

 

 

 

こちらは 豪邸。

 

大きな巣。

 

stay homeのある日を

 

ここで過ごして作業して

 

わたしは もう クタクタだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

 

 

鳥が雛を育てるように

 

わたしは 母に育ててもらった。

 

それから 何十年。

 

母 87歳。

 

独居。

 

そして日曜日を わたしと過ごす。

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

 

春の始まりは 蕗。

 

夫の実家の畑から とってきては

 

茹でて 筋をとる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

季節は進み

 

次は スナップエンドウ。

 

今年は 豊作だ。

 

(わたしの)お母さん

 

毎週 大忙し。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0710.JPG

 

 

 

 

半袖の季節を迎えると

 

待ちにまった そら豆だ。

 

45リットル袋×5 

 

「れいこ…  お母さん…

 もう手が痛くなっちゃったよ…」

 

と 母が言う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0718.JPG

 

 

 

 

 

母の手がいたけりゃ

 

娘の私も腰がいたい・・・

 

だけど今夜は そら豆 食べ放題!

 

茹でて さらに皮をむいて

 

豆だけを冷凍する。

 

東京・京都独り暮らしの

 

今度は 私の娘に移動の自由がやってきたら

 

そら豆のスープにしてごちそうしよう。

 

 

先祖が残したあの土地で

 

作物を育て 

 

子孫の私たちがその恩恵を頂戴する。

 

土の仕事は 時間のつながり。

 

ゆっくりと  ゆっくりと。

 

 

※緊急事態宣言解除にあたり

 stay home中の

 プライベート画像を載せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Rose

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0721.JPG

 

 

 

 

 

地域の方が

 

ご自分の家の庭に咲いたRoseを

 

持ってきて下さった。

 

 

 

 

 

 

DSC_0724.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「マスク着用」の仕事の毎日に

 

やってきた Rose

 

薔薇の香りってどんな匂いだったろうか と

 

思いだそうとしていたら

 

胸に本当の薔薇の香りが広がった。

 

マスクを少しずらして

 

深呼吸だ。

 

通りかかった職員も 足をとめる。

 

本当の薔薇の匂いって

 

柔軟剤や芳香剤の匂いと違う。

 

だれかが 言う。

 

そう これが本当の薔薇の香りです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0728.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関に久良岐保育園職員の写真を掲示しました。

 

私たちは今

 

緊急事態宣言が解除されたあと

 

「新しい生活様式の中での保育の実践」を

 

考えています。

 

今日は年長の担任から

 

お泊り会で育ってほしい子どもの姿と

 

感染症予防への具体的な方法を整合させた

 

提案がありました。

 

明日はリーダー会議で

 

再度担任から提案をしてもらい

 

久良岐保育園の行事の考え方を

 

職員ひとり一人が理解し行動できるように

 

ディスカッションをします。

 

 

 

担任が言っていました。

 

お泊り会では

 

友だちと心を通わせて・仲間と協力すること

 

あきらめないで挑戦することが

 

ねらいのひとつです と。

 

具体的には フィクションとファンタジーの中で

 

想像力と発想力を高めていこう とも。

 

(5歳児は現実とフィクション・ファンタジーの世界を

 行ったり来たりすることができます)

 

お泊り会は保育園の行事です。

 

そして私たち職員も久良岐のメンバーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の朝

 

久しぶりに歩いて出勤する。

 

保育園の向こうに走る人が見える。

 

 

 

 

ENZaurZU8AIEPdX.jpg

 

 

 

 

 

近づいてくる 近づいてくる

 

カラダが縦に長い走り。

 

カラダが揺れないから 縦のシルエットが強調される。

 

だれだ?

 

その人は あっという間に そこにいて

 

曽根雅文君だとわかった時には

 

もう通り過ぎている。

 

そのくらい 速い。

 

韋駄天だ。

 

後ろ姿が もう遠ざかっていく。

 

傘をさしながら見ていると

 

その足は地面を蹴っているのに

 

足が地面に着いていない。

 

地面に足が着く その重力がない。

 

あえて言うなら 地面に足が着く力が重力になる前に

 

その力が前に進む推進力に変わっている。

 

今月は登園自粛要請期間で

 

お家にいる園児さんに向けて

 

動画を配信していて

 

先週のテーマは曽根雅文君と

 

雅文君の保育園時代の担任Y先生による

 

「走り方のレッスン1〜3」。

 

レッスンの中で雅文君は

 

「(足は)漫画の中にあるように

 くるくるくるくる くるくる くるくる 回す」

 

と言って 腕をくるくる回して教えてくれた。

 

遠ざかっていく雅文君の足は地球の重力に

 

逆らっている。

 

地面に足が着いて重力に従うのではなく

 

そのエネルギーとわずかな時間の繰り返しを

 

前に進めている。

 

推進力になっている。

 

 

さて。

 

新型コロナウィルスは

 

多くの国の人の生活を重力で支配した。

 

重力は人々を家の中に閉じ込める。

 

しかし まもなくわたし達は

 

重力というチカラを

 

新しいチカラに変えていかれそうだ。

 

果たして それは前に進むチカラなのか

 

 

「わたし」という人の 内側を今一度照らして

 

これからを見つめることなのか

 

若い人の「走る」を見ていて

 

考えてしまった。

 

 

曽根雅文君のお父さん。

 

西光寺 曽根宥泉住職の皐月の教えを見る。

 

 

「ほとけ様のみ教えは

 その悲しみを自分だけと思うな

 ということです。

 どこもいっしょ

 うちだけじゃないと思いつくことで

 心は開けてくるはずです」

 

そのようにある。

 

卯月の教えも 心にしみた。

 

ご住職の言葉通りには言えないけれど

 

春の花を見て自分の心が美しいと思ったのならば

 

花のような自分になろう・・・

 

のようなお教えだった。

 

 

おそらく緊急事態宣言が解除され

 

保育園の登園自粛も解け

 

この園庭もにぎやかになることだろう。

 

しかし、その事業と保育は

 

新しい生活様式の中で継続と実践をしていく。

 

 

そして 人のココロは 花になる。

 

雨の朝と

 

曽根雅文君の走る姿は

 

そんなことを考えさせるものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


縫う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0648.JPG

 

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園の卒園児さん。

 

新しい生活様式の中で

 

保育事業を継続していくスタートの時に

 

まずは small step として

 

登園自粛要請に応じて下さる皆様を

 

思い浮かべながら

 

動画を撮影して 配信しています。

 

先週配信した動画は

 

やはり卒園した園児さんによる

 

「走り方のlesson 1〜3」です。

 

写真の園児さんは 小学5年生。

 

自分も何かできないかな と考えた時に

 

園児さんが足を洗ったあとに使う

 

「足ふきタオル」を思いついたのだそうです。

 

そしてミシンに挑戦!

 

2枚の足ふきのマットを縫いあげ

 

持ってきてくれました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0653.JPG

 

 

 

本日は広い園庭に

 

3人の姉妹がそろいました

 

 

 

 

保育園のことを覚えていてくれて

 

「ミシン」に挑戦もして

 

縫ってくれた あなたの時間と

 

あなたのココロを

 

わたしは確かに 受け取りました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


園長の休日

 

 

 

 

 

しばらく職場と家の往復が続いていましたが

 

わたしには もうひとつ家があります。

 

それが こちら。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0450.JPG

 

 

 

 

 

 

逗子の桜山の上にある築90年になろうとしている

 

夫の実家です。

 

すでに空き家となってずい分長くなりましたが

 

ここ数年は 人様に貸しておりました。

 

それが年末に返ってきたから

 

さぁ 大変。

 

畑のある家に憧れる人は多く 

 

「やってみたい」という方もいらっしゃいます。

 

が しかし…

 

 

この写真の状態を保つこと自体が

 

それは それは 簡単なことではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.jpg

 

 

 

 

 

 

まず

 

家を囲む 「木」

 

山の上にあるので防風のため とか

 

薪で生活していた時代の燃料のためなのか

 

これを 適度なタイミングで 切る!

 

 

 

 

 

 

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

12年に一度巡ってくる 木の伐採。

 

これはもう素人には危険な作業なので

 

専門の業者さんにお願いしています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0539.JPG

 

 

 

 

 

さらには 自分の家の敷地だけでなく

 

人々が通行する「道」も

 

お隣さんとの 何気ないルールの中で

 

切ったり 刈ったり きれいにしていきます。

 

ここ 道です。

 

人が通行する立派な道。

 

脇の木々が大きくなってしまって

 

道に覆いかぶさっているので

 

鋸をもって木に登り

 

枝を落としていきます。

 

落としただけでは まだまだ道半ば。

 

作業できる場所まで

 

枝を引っ張りあげなければなりません。

 

 

喉が渇いたら 井戸の水を飲み

 

遠くに富士山をみながら

 

筋肉痛にも耐え

 

もうひとつの家もきれいになりました。

 

 

 

 

これもわたしの stay home。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしから あなたへ

 

 

 

 

 

DSC_0338.JPG

 

 

 

 

今日の出番は

 

N先生。

 

この写真を撮ったあと

 

他の先生も加わって

 

「わたしから あなたへ」の動画を撮りました。

 

 

これは もう

 

今 すぐにでもお友だちに見てもらいたいくらい

 

スゴイ!のです。

 

それでさっそくHPを管理している会社の人に

 

どうやって限定された人だけがみられるようにするのか

 

電話で説明を聞くのは N先生

 

スマホ画面をいじくるのは わたしで

 

いわれるままに トライしてみましたが・・・

 

Google photo のここを〇§÷×αして

 

あれ? こうして っと

 

と トライすること30分。

 

・・・うまく いかない・・・

 

 

 

 

 

 

 

1.png

 

 

 

 

 

 

それは こんな感じ なのです。

 

もう少し 待っていて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしから あなたへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0306.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日も いい天気。

 

 

 

 

 

DSC_0309.JPG

 

 

 

 

 

 

わたしから

 

 

 

 

 

DSC_0261.JPG

 

 

 

 

 

 

あなたへ

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日も

 

 

 

 

 

DSC_0271.JPG

 

 

 

 

メッセージを

 

 

 

 

 

DSC_0273.JPG

 

 

 

 

 

届けます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0282.JPG

 

 

 

 

 

動画も 載せられないものかと

 

 

 

 

 

DSC_0286.JPG

 

 

 

 

 

HPの会社の人に聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お休みをしているお友だちに

 

保育園を感じてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園庭のポールに

 

いつもより 小さいけれど

 

こいのぼりを飾りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしから あなたへ は

 

まだ 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしから  あなたへ

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0245.JPG

 

 

 

 

 

 

わたしから

 

 

 

 

 

DSC_0247.JPG

 

 

 

 

 

あなたへ

 

 

 

 

 

 

DSC_0250.JPG

 

 

 

 

メッセージを

 

 

 

 

 

 

DSC_0253.JPG

 

 

 

 

 

とどけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/126PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered