生活展の前 の 晩

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は「生活展」

 

という前の晩。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0336.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどもが帰ったそのあとで

 

それぞれのクラスの展示を

 

先生方が周っていく「ツアー」が

 

ありました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0340.JPG

 

 

 

 

 

生活展では毎日の生活からうまれた作品を展示しています。

 

しかしそれは作品が「上手」「うまい」「下手」

 

という価値を知らせるものではなく

 

こどもがここまで育つ時間の中にある

 

発見や挑戦、完成にむかってがまん強くやり抜く力

 

失敗しても興味を持ち続けられる物事の考え方を

 

「カタチ」にして

 

自分の居場所である保育室に飾ってある

 

ということです。

 

 

わたしたちは作品の表面に見える「うまい」「がんばった」

 

などの印象でけでなく

 

こどもが「自分はできる」と思うまでの生活についても

 

保護者にお話ししようと思っています。

 

どうぞ ゆっくりご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


沈黙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

 

11月17日 日曜日。

 

来春 収穫予定の「赤たまねぎ」の苗を植えに

 

緑の井戸端にやってきました。

 

久良岐母子福祉会館には

 

種別の異なる社会福祉施設「乳児院」も

 

あるので 日曜日でも「稼働」をしていますが

 

今日は保育園はお休みなので

 

ひとりで 緑の井戸端へ。

 

わたし

 

「沈黙」って 大事だなって

 

思います。

 

ひとり 畑で沈黙し

 

畑の作業をするのは

 

ココロの使い方が 普段とはまるで違います。

 

 

 

 

 

 

DSC_0124.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

畑の仕事は 様々なお世話と手入れの連続。

 

土を耕すのはもちろん。

 

通路に流れ出た 土も畑に返し

 

開墾して時に出土した石を

 

土留めに並べていく。

 

こういう石の組合せを考えたりするのが

 

わたしは 好きです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0123.JPG

 

 

 

 

 

これは簡単

 

レンガ ブロックコース。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0125.JPG

 

 

 

 

 

朝いち

 

グリーンファームで買ってきた赤玉ねぎの苗

 

100本!

 

耕して 堆肥  玉ねぎ用の肥料を混ぜ込んで

 

いざ 植え付け!

 

 

 

 

 

 

DSC_0127.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こんな ひょろひょろした苗が

 

玉ねぎを実らせてくれるなんて

 

信じられます?

 

 

 

 

心地よい 沈黙と労働の時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


草原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (6).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

金色に光る 草原(くさはら)

 

 

 

 

 

 

遠足 (16).JPG

 

 

 

 

 

 

友だちと  歩く。

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (203).JPG

 

 

 

 

 

 

金色の草原に 立って…

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (249).JPG

 

 

 

 

 

虫を さがしてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (257).JPG

 

 

 

 

 

 

むこうの

 

友だちの姿も

 

きっと金色に包まれている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (260).JPG

 

 

 

 

 

足元にふれる

 

やさしい 草原の感触。

 

 

 

 

 

 

遠足 (284).JPG

 

 

 

 

 

 

 

草を分けて 走り出す。

 

 

 

 

 

 

遠足 (289).JPG

 

 

 

 

 

 

待って〜

 

わたしも 入るよ〜

 

 

 

 

 

 

遠足 (297).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくは やっぱり 虫さがし。

 

 

 

 

 

 

遠足 (342).JPG

 

 

 

 

 

 

金色の 草原(くさはら)で

 

こどもが 遊ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


錦秋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (188).JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐公園。

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (88).JPG

 

 

 

 

 

 

そこは  秋。

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (91).JPG

 

 

 

 

 

 

 

秋の時間を 写真に残そう。

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (94).JPG

 

 

 

 

 

 

秋と わたしたち。

 

 

 

 

 

遠足 (189).JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日は 遠足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (267).JPG、、、、

 

 

 

 

 

 

金色の野原をぬけて

 

 

 

 

 

 

遠足 (232).JPG

 

 

 

 

 

 

林の中に 立ってみる。

 

 

 

 

 

 

遠足 (231).JPG

 

 

 

 

 

 

あっ

 

 

風。

 

 

 

 

 

 

遠足 (228).JPG

 

 

 

 

風が吹くとね

 

 

 

 

 

遠足 (233).JPG

 

 

 

 

 

 

赤くて 茶色い 秋の木の葉が

 

ひらひら ひらひら 舞い落ちてくるの

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (229).JPG

 

 

 

 

 

ひらひら  ひらひら

 

 

わたしも 風に なる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋の遠足

 

 

 

 

 

 

 

遠足 (194).JPG

 

 

 

 

園長は 年長クラスと一緒に

 

徒歩で久良岐公園に行ってきました。

 

 

 

画像をアップしたいのですが

 

毎週の「遠征」で

 

いつものお仕事が滞ってしまった…

 

 

ちょっと 待っていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


defense

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0032.JPG

 

 

 

 

 

ティーボールのゲームにも

 

先攻と後攻が ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPG

 

 

 

 

守りに必要なのは・・・

 

チームワーク!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

「オーイ」と友だちを 呼ぶ。

 

 

 

 

 

DSC_0163.JPG

 

 

 

 

 

「オーイ」と友だちに応える。

 

 

 

 

 

DSC_0166.JPG

 

 

 

 

 

わたしも いるわよ!と

 

響き合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0641.JPG

 

 

 

 

 

ここは わたしに任せて!

 

と 伝え合う。

 

 

 

 

さぁ それぞれの役割りを

 

つないでいこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ねばる

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0133.JPG

 

 

 

 

 

バッターボックスに 立つ。

 

 

 

 

DSC_0134.JPG

 

 

 

 

 

ボールはティーの上に静止しているが

 

ピッチャーは本当に投げてくるような

 

モーションをしてくる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

 

 

 

 

見ていると

 

ピッチャーが投げて

 

バッターに届くタイミングで

 

みんな 打つ。

 

これが 不思議なんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0136.JPG

 

 

 

 

 

おしい  ファールだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0137.JPG

 

 

 

 

 

 

三塁では ホームベースまで

 

全速力で走りこもうとする友だちが。

 

 

 

 

 

 

DSC_0138.JPG

 

 

 

 

 

ファールが続いても

 

バットがティーを打っちゃっても

 

あせらない。

 

勝負をいそがない。

 

何度でも 打ってやれば いい。

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

 

 

 

 

そうそう

 

それでいいです。

 

打てば 打つ毎に

 

こどもは 上手になっていく。

 

回数がバッティングの「質」になる。

 

 

 

 

 

DSC_0140.JPG

 

 

 

 

 

さ  もう一度!

 

 

 

 

DSC_0142.JPG

 

 

 

 

 

目つきが 変わってきた。

 

「確信」が 生まれたな。

 

 

 

 

 

 

DSC_0143.JPG

 

 

 

 

 

確信が 現実に なった。

 

 

 

 

 

 

DSC_0144.JPG

 

 

 

 

身体が 走り出す。

 

身体が 風に 乗る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


pitcher

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0037.JPG

 

 

 

 

 

 

ピッチャーの この姿勢が

 

「play」の始まり。

 

主審が「play」を宣言して

 

ゲームが進む。

 

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

 

 

ピッチャーが投げるモーションを

 

なんと言うのか

 

野球を知らない私にはわからないが

 

ティーボールの世界では

 

ボールはティーの上で静止しているから

 

ピッチャーの投げるモーションは

 

モーションでしか  ない。

 

(この理解で合っていますか?)

 

 

 

 

 

 

DSC_0039.JPG

 

 

 

 

ちょっと ちょっと

 

すごく カッコよくないですか?

 

片足への体重の乗せかたとか

 

このおとなっぽい視線の送り方とか

 

どこで こういうのを覚えてくるかな〜

 

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

 

こども って

 

おとなのことを

 

どこかで いつも見ているんだろうな〜

 

そして 見ていた「それ」を

 

自分でも気が付かない間に

 

取り込んじゃう。

 

 

 

 

 

DSC_0041.JPG

 

 

 

 

 

 

さて もうひとりのピッチャーさん。

 

 

 

 

 

 

DSC_0371.JPG

 

 

 

 

 

セットポジション。

 

(この用語で合っていますか?)

 

口もとをかたく結んで

 

状況を読んで 決心する。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0368.JPG

 

 

 

 

こういう腕を後ろに引っ張る感じとか

 

どこで 覚えた?

 

だれが 教えた?

 

粗野でありながら

 

繊細でも  ある。

 

そういうバランスの動き方。

 

 

 

 

DSC_0369.JPG

 

 

 

 

 

手からボールが離れたら

 

あとのことは 知りませ〜ん

 

って 感じでボールをほおっておきながら

 

実は そうじゃありません的な このポーズ。

 

参ります!

 

脱帽!

 

 

 

 

 

 

DSC_0366.JPG

 

 

 

 

 

えへ やっちゃった!

 

って 感じ。

 

 

 

 

NICE PITCHINGでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見る 距離 道具

 

 

 

 

 

DSC_0542.JPG

 

 

 

 

 

 

「見る」

 

 

 

 

 

 

DSC_0543.JPG

 

 

 

 

 

 

 

自分の身体のカタチが わかる。

 

手を伸ばして 届く場所が わかる。

 

だから この位置に立つ。

 

 

人の脳は あらゆる情報を駆使して

 

かつ!

 

その情報を「統合」する。

 

 

 

 

 

DSC_0544.JPG

 

 

 

 

 

そこに「バット」という道具も 使う。

 

道具は ニンゲンの身体の能力を

 

何百倍にも増幅させる。

 

こんな(失礼)な棒が

 

人がただボールを遠投する何百倍もの

 

飛距離を生み出す。

 

 

 

 

 

 

DSC_0560.JPG

 

 

 

 

 

 

 

しかし そこに「立つ」のは

 

ただひとりの わたし で ある。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0561.JPG

 

 

 

 

 

自分の身体

 

自分の腕

 

自分のシンタイ ノウリョク

 

自分が握る バット

 

自分の 経験

 

すべてを 統合させる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0562.JPG

 

 

 

 

 

 

おしい

 

ファウルだ。

 

先生が現れて 何かを 教える。

 

先生の言葉を 自分の胸の中で繰り返して理解する。

 

 

 

 

 

 

DSC_0563.JPG

 

 

 

 

 

わたしが 立つ。

 

ボールが飛ぶ軌跡を イメージする。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0564.JPG

 

 

 

 

打つ。

 

おしい  打ったボールが

 

跳ね返って ファウル。

 

 

 

 

DSC_0565.JPG

 

 

 

 

 

 

わたし が 

 

立つ。

 

 

 

 

DSC_0566.JPG

 

 

 

 

 

当たった!

 

 

 

 

 

DSC_0568.JPG

 

 

 

 

 

 

わたし が 立つ。

 

わたしが狙うのは ここだ。

 

狙った場所までの 長さ。

 

見る  距離 道具。

 

 

 

 

 

DSC_0569.JPG

 

 

 

 

 

 

打て〜!

 

 

 

 

 

 

 


| 1/120PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered