群れ

 

 

 

 

 

こどもって・・・・

 

 

 

 

 

 

新春 (116).JPG

 

 

  

 

 

   群れる

 

 

 

 

 

新春 (117).JPG

 

 

 

 

集まる とか くっつくとか

 

 そういう意味とは

 

 ちょっと ちがうんだけど

 

 

 

 

 

新春 (210).JPG

 

 

 

 

 

 群れ って感じます。

 

 

 

 

 

新春 (358).JPG

 

 

 

 

 

 

クラスの年齢で 群れ方は

 

ちょっとちがうけど

 

群れる。

 

 

 

 

 

新春 (276).JPG

 

 

 

 

  おとなは

 

  なかなか こうはいかない。

 

  子どもって えらい!

 

 

 

 

 

 

 


見る

 

 

 

 

じーっと

 

   ただ じーっと 

 

 

 

 

 

新春 (344).JPG

 

 

 

 

 

  見る。

 

 

 

 

 

新春 (248).JPG

 

 

 

 

 

 

 よぉく

 

      見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

新春 (249).JPG

 

 

 

 

  ちょっと見ただけで

 

   なんとなく見ただけで

 

 「見た!」なんて 言わない。

 

 

 

 

 

 

  ここが 大事なんだね。

 

 

 

 

 

 

新春 (265).JPG

 

 

 

 

 よぉく 見たら 

 

  やってみる。

 

 

 

 

 

 

新春 (283).JPG

 

 

 

 

 簡単に

 

 うまくいくはずは

 

 

      ない。

 

 

 

 

 

新春 (388).JPG

 

 

 

 

 

そういう時に

 

「どうしてできないんだろう」

 

とか

 

「こうしてみたら どうだろう」

 

 

とか

 

「次は きっと!」

 

  …  と

 

     胸の中に言う。

 

 

そこなのよ!

 

胸の中で言えるってことが

 

大切なのね。

 

 

  2歳児クラス  すごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ribbon.

 

 

 

 

 

 

大好き ribbon.

 

 

 

 

 

新春 (79).JPG

 

 

 

 

 

ribbon って 不思議。

 

プレゼントの ribbon に

 

胸はときめき

 

ただそのモノを渡されるより

 

ribbon が結ばれていると

 

ワタシの心は ハートでいっぱいになってしまいます。

 

 

 

 

 

新春 (74).JPG

 

 

 

 

 

 

みなさんも

 

きれいな包み紙や リボンや布を

 

すてられなーい 事があったでしょ。

 

外国の箱や包み紙は

 

なぜ あんなにステキなんでしょ。

 

  

 

 

 

新春 (85).JPG

 

 

 

 

ステキな ribbon ですね。

 

よく似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新春お楽しみ会 1

 

 

 

 

1月17日 

 

久良岐保育園恒例の「新春お楽しみ会」を行いました。

 

6日におもちつき大会を終えたばかりの

 

次のお楽しみ会なので

 

先生方はちょっと大変です。

 

この記事では そういうことをご紹介します。

 

 

 

 

新しい年をお祝いしての集会ですから

 

今年の干支にちなんで「十二支のお話し」を

 

ペープサートで上演。

 

先生方 前日には子どもが帰ったあとに

 

リハーサルをしていました。

 

 

 

 

 

 

新春 (45).JPG

 

 

 

 

 

 

 

行事の時には 準備を含めたタイムスケジュールなどを

 

作成してみんなが動けるのですが

 

今回は仮園舎に引越しをしてから

 

初めての新春お楽しみ会になるので

 

タイムスケジュールを考えるのは大変だったと思います。

 

N先生 お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

新春 (141).JPG

 

 

 

 

 

十二支のお話し

 

とてもよかったですね。

 

S先生。

 

 

 

 

 

新春 (215).JPG

 

 

 

 

 

 

M先生。

 

今はけん玉の修行中ですが

 

準備はOK! お願いしますね。

 

 

 

 

 

新春 (202).JPG

 

 

 

 

 

 

 

新春 (249).JPG

 

 

 

 

 

 

写真館にも

 

職員の画像を載せています。

 

たとえば・・・

 

バイキング形式の給食の支度をしてくれる人。

 

今日はお赤飯です。

 

お釜  空っぽ。

 

 

 

 

 

 

新春 (524).JPG

 

 

 

 

 

今日は集会のENDが遅くなるので

 

小さいクラスの午睡の準備の段取りをする職員。

 

 

 

 

 

 

新春 (545).JPG

 

 

 

 

 

今日は年齢別のいつものクラスではなく

 

異年齢のグループ活動です。

 

子どももおとなも

 

なんか   新鮮  です。

 

 

 

 

 

 

 

新春 (108).JPG

 

 

 

 

 

本来は幼児3年齢の取り組みですが

 

やってきますよ。

 

近い将来の幼児さんたちが。

 

 

 

 

 

新春 (429).JPG

 

 

 

 

 

お部屋は ますますにぎやかになります。

 

 

 

 

 

 

 

新春 (256).JPG

 

 

 

 

 

とっても人気な「けん玉」

 

 

 

 

 

新春 (443).JPG

 

 

 

 

 

 

けん玉に挑戦するとは

 

「志し」が 高い!

 

 

 

 

 

新春 (280).JPG

 

 

 

 

 

乳児の先生に

 

「昔」をなつかしんで

 

甘えたりして・・・

 

 

 

 

 

新春 (355).JPG

 

 

 

 

 

小さい時に担任した子どもが

 

大きくなって成長する姿をみることは

 

自分の保育の先にあるものを みることかもしれません。

 

  Smile    Smile   Smile 

 

 

 

 

 

新春 (363).JPG

 

 

 

 

 

 

これまで6年の一番「先」のクラス担任 Y先生。

 

これまでの6年 5年・・・2年が

 

年長の1年につながってきています。

 

私たちの仕事は「託児をうけること」ではないから

 

これまでに「つながっている」時間と成長が大切。

 

 

… 年長の先生って

 

    なんか年長のセンセイって感じがしますよね…

 

 

 

 

 

新春 (631).JPG

 

 

 

 

さて。

 

これからお給食。

 

 

 

 

 

新春 (550).JPG

 

 

 

 

先生方 早く食べないと

 

なくっちゃいますよ〜

 

 

 

 

 

新春 (607).JPG

 

 

 

 

 

  先生方 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おもちつき 2

 

 

 

おもちつきの日は

 

小学校もまだ冬休みなので

 

お父さん お母さんと一緒に

 

昨年卒園したお友だちも来てくれました。

 

 

 

 

 

 

A (106).JPG

 

 

 

 

 

 

子どもって・・・・

 

おとなの使う道具とか

 

道具を使うおとなの手元とか

 

じーっと見ている時があると思います。

 

子どもはおとなの使う道具が好きですよね。

 

 

 

 

 

A (93).JPG

 

 

 

 

 

 

おとなが道具を大切にしていれば

 

子どもも道具を大事にします。

 

壊しません。

 

 

 

 

 

A (95).JPG

 

 

 

 

 

 

そして 子どもは だれかの役にたつ事が

 

とてもうれしいと感じています。

 

このことが私はとても興味深いことだと思います。

 

3歳や5歳 7歳の子どもが

 

だれかの役にたとうとすることは

 

社会の役にたつ志しと同じだからです。

 

こどもって社会性の「かたまり」なのだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

A (178).JPG

 

 

 

 

 

おとなの「実力」「経験」「技」を見て

 

自分もそうしたいと思うことは

 

人に対する尊敬の心を持つこと。

 

そうして 自分がそうなりたいと願い

 

おとなと一緒に誠実に身体を動かしている姿をみると

 

子どもってすごいなぁと 思わずにはいられません。

 

 

 

 

 

A (92).JPG

 

 

 

 

 

 

小学生のみなさん

 

お手伝い 大変に助かりました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おもちつき 1

 

 

 

 

平成29年 1月6日。

 

久良岐保育園のおもちつきです。

 

 

 

 

 

A (84).JPG

 

 

 

 

 

 

今年のおもちつきは金曜日。

 

お手伝いのお父さん お母さん方

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

A (90).JPG

 

 

 

 

 

 

小さいお友だちも

 

もちろん!!!

 

 

 

 

 

A (72).JPG

 

 

 

 

 

いただきまーす!

 

 

 

 

 

A (130).JPG

 

 

 

 

 

 

おいしいね。

 

 

 

 

 

A (135).JPG

 

 

 

 

 

このあと お雑煮も食べますよ。

 

 

 

 

 

A (136).JPG

 

 

 

 

 

お天気に恵まれて

 

30圓里發訴討 搗かれていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

1月3日の 保育園。

 

旧園舎はすでに解体が終わり

 

工事もお休みなので

 

きれいに整頓されています。

 

写真の正面が 保育園の入り口側です。

 

 

 

 

DSC_0070.JPG

 

 

 

 

 

 

この写真は 保育園の山側に登って撮っています。

 

梅の木をみるとすでにつぼみが・・・

 

 

 

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

 

 

仮園舎での保育は もう1年続きます。

 

 

 

 

 

DSC_0082.JPG

 

 

 

 

保育園にお年賀状を下さった皆様

 

ありがとうございます。

 

保育園は冬休みですが

 

毎日保育園の点検や生き物のお世話などに

 

行っていました。

 

明日から 29年の保育が始まります。

 

今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あけましておめでとうございます

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

平成29年が始まりました。

 

先日 一足早く久良岐保育園HPのトップ画像を

 

差し替えました。

 

これですね。

 

 

 

 

 

image2.jpg

 

 

 

 

 

 

そうしましたら 何人かの方から

 

このお雑煮はどこの? 

 

着物を着ているのは だれ?

 

などのご質問をいただきました。

 

ありがとうございます。

 

 

お答えいたしましょう。

 

まず 着物を着てお年玉をもらって

 

うっしっしっ! と微笑んでいるだろう人は

 

もちろん園長です。

 

 

そして 写真のお雑煮は

 

園長宅でホントウに作られたお雑煮ですよ。

 

園長は「時代劇ファン」ですからね。

 

 

こんなひとときが うれしいようです。

 

生まれ変わるなら「江戸時代」と言っているくらいです。

 

 

 

 

 

 

2.jpg

 

 

 

 

料理に使われている野菜も

 

園長(正しくは園長の旦那さん)自家製のものです。

 

 

 

 

 

DSC_0098.JPG

 

 

 

 

今年も 雑木の手入れや

 

 

 

 

 

DSC_0690.JPG

 

 

 

 

畑のシゴトも たくさんしたいものだ

 

…と思っているようですが

 

どうでしょう。

 

玉ねぎの苗は 自宅畑にも緑の井戸端にも

 

たくさん植え付けました。

 

 

 

 

 

DSC_0125.JPG

 

 

 

 

 

忘れてはいけませんでした。

 

トップ画像のお正月飾りは 園長の妹さんが作ったもの。

 

「お米粉(おしんこ)細工」といいます。

 

 

 

久良岐保育園は仮園舎での保育が続きます。

 

皆様にお配りする園便りを このHPの園便りのコーナーに

 

すでにアップしています。

 

1月の予定などお知りになりたい方は

 

どうぞご覧下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クリスマスは・・・

 

 

 

5歳児  年長クラス。

 

「わんぱく団」は今年のクラスのテーマでしたね。

 

とにかくわんぱく団な子どもたちで(本当に!)

 

そのわんぱくぶりを手がかりにしようじゃないか

 

「わんぱく団」を結成して

 

わんぱく団として様々な活動をする中で

 

ひとりひとりの成長とと わんぱく団としての

 

成長もするよ! と担任の先生の決意とともに

 

1年が始まりました。

 

 

ひとりひとりが ともすると

 

本来持っている「チカラ」を出していない。

 

チカラをちゃんと 出して 生活をしなさい!

 

と ワタシは思ったこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0641.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

11月の生活展が終わるやいなや

 

担任の先生は「次の目標 何にしようかな」とつぶやき

 

さっそく練習が始まった クリスマスの劇。

 

 

 

 

 

 

DSC_0631.JPG

 

 

 

 

 

 

なんどか練習をのぞきにいきましたが

 

そのたびストーリーが流れるようになっていて

 

さすが 年長さん!!

 

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

 

ひとりひとりが本来持っている「チカラ」を

 

周りのおとなが 最大限に引き出しているかを

 

年長を見ていると とても感じます。

 

 

 

クラスでは

 

ひとり×22名のパワーが22人分では なく

 

100倍に感じることがあります。

 

そこも すごい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0624.JPG

 

 

 

 

 

わんぱく団!

 

がんばれー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


主体的に 生きる

 

 

 

 

 

0歳クラスの おともだちは

 

はじめてのクリスマス会。

 

 

 

 

 

 

DSC_0601.JPG

 

 

 

 

 

はじめての保育園。

 

はじめての先生。

 

はじめての おともだち。

 

 

 

今年の春は

 

お家の人と離れて過ごす

 

はじめての経験でした。

 

だから先生たちは

 

お家の人がいなくても「わたし(たち)」が

 

いれば 大丈夫!なんだと 思うってもらえるよう

 

保育をしてきました。

 

「この先生(たち)がいれば寂しくないよ」

 

「この先生(たち)がいれば大丈夫!」という

 

人に対する信頼感を持ってほしいと

 

わたしたちは願っていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0608.JPG

 

 

 

 

 

 

人に(対する)信頼感は

 

自分が愛されている「核」から生まれました。

 

人が笑いかけてくれて 抱っこをしてくれて

 

泣いたらあやしてくれて おむつを替え お風呂にいれて

 

食事を食べさせてくれて 着替えをしてくれる。

 

自分がここちよく過ごせるお世話をすることは

 

子どもを愛している気持ちを生活の行為に表したものです。

 

その行為に「愛している」気持ちがともなっているかを

 

もしかしたら0歳のこどもは よくわかっています。

 

愛されている「核」が人への信頼感になり そこから

 

「何かをしてみたい!」気持ちにつながっていく過程が

 

まさに0歳クラス。

 

何かをしてみたら

 

信頼できるおとなが ほめてくれる体験は

 

愛されている核を育てさらに広げていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0784.JPG

 

 

 

 

 

 

でもね

 

何かをしてみたいといって

 

やりたい放題にしていたら

 

当然周りの人たちとは衝突をしてしまう・・・

 

意味をまちがえた「主体性」は

 

お友だちと仲よく遊べない時があるのです。

 

 

 

0歳の子どもをみていて 思うのです。

 

この子たちに この時も これからも

 

主体的に成長してほしいな と。

 

 

 

 

 

 

DSC_0848.JPG

 

 

 

 

 

 

おとなも 子どもも

 

主体的に 生きる。

 

この子たちが主体的に生きるために

 

わたしたちが 主体的な生活をする!

 

0歳の子どもを観ることは

 

学びの時になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/76PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered