和太鼓練習 1回目!

 

 

 

 

A (15).JPG

 

 

 

 

コロナウィルス感染症による登園の自粛等を

 

受けて 和太鼓指導をずうっと

 

お休みしていましたが

 

和太鼓指導 再開!

 

 

 

 

 

A (13).JPG

 

 

 

 

指導のはじまりは

 

「あいさつ」。

 

3人の講師の先生方と

 

まっすぐに立って

 

お互いに敬意を表す礼をしました。

 

 

 

 

 

 

A (35).JPG

 

 

 

 

そしてプログラムの最初は

 

和太鼓リトミック。

 

太鼓の音に合わせて身体を動かし

 

音が とまったら

 

先生の指示の色を見つけて触れる。

 

 

 

 

 

 

A (64).JPG

 

 

 

 

次には

 

太鼓の音が止まったら

 

先生が指示したポーズをとる。

 

 

 

 

 

A (69).JPG

 

 

 

 

 

 

いよいよ 太鼓の前に立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

 

 

 

 

自分の腕の延長線に

 

太鼓のバチがあるように

 

まっすぐに。

 

 

ここ だいじ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0012.JPG

 

 

 

 

 

 

 

年長のしるし

 

赤い太鼓はパーランクー。

 

秋本先生の たった一打。

 

こんなに小さな太鼓なのに

 

秋本先生の一打の響きが

 

たしかな振動になって

 

こどもたちに届いている。

 

このたしかな一打をたたくことが

 

どんなにむずかしいか。

 

太鼓は「一打」なんだと私は思います。

 

一打が たしかに叩ける人は

 

人として自律した人です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

パーランクーを手に

 

「立つ」

 

この立っている姿が「自律」。

 

 

 

 

 

 

DSC_0020.JPG

 

 

 

 

 

動いている動作では見えない 自律。

 

和太鼓は 音楽の訓練ではなく

 

自律を考える時間です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

 

 

 

 

 

この空気感がわかるから

 

音に魅かれてやってきた園児さんも

 

じぃっと 見て

 

この空気感がなんなのか知りたくなる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0026.JPG

 

 

 

 

 

宙にある

 

赤いパーランクー

 

 

 

 

 

DSC_0034.JPG

 

 

 

 

よしっ!

 

みんなの自律が集まった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里ふれあい広場 いきいき 再開

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0885.JPG

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症の拡大と

 

登園の自粛

 

stay home  rock down  

 

cluster  など

 

世の中には感情の入る余地のない

 

強い言葉がありました。

 

そして今は with  corona です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0876.JPG

 

 

 

 

 

6月になって

 

保育園の登園自粛期間も6月末終了であるとか

 

これからは新しい生活様式の中で

 

生きていくんだ と言われるようになって

 

感染症は いつの間にか

 

終わってしまうことじゃない 

 

終わらないと

 

気がつきます。

 

学校のチャイムが鳴って

 

授業が終わるように

 

だれかが もう大丈夫だと

 

大きなラッパを吹いて知らせてくれたら

 

どんなに楽なことでしょう

 

 

 

 

 

 

DSC_0905.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

そのような中にあっても続く毎日の朝に

 

こんなことがあります。

 

それは 4月に1年生になったこどもたちの事です。

 

許される状況と許される環境での「入学式」。

 

学校の緊急預かりと

 

学童保育

 

「してはいけない」ことが多くある子どもの遊び。

 

みんな どうしていたんだろう・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0918.JPG

 

 

 

 

 

 

中里第三で開設している

 

こどもふれあい広場 いきいき においても

 

with corona とこれからの活動について

 

幾度もの話し合いがありました。

 

時には地域ケアプラザのコーディネーターさんや

 

保健師さんが来て下さり助言をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0922.JPG

 

 

 

 

 

 

そして 7月25日 土曜日

 

雨が降ったり 晴れ間がのぞく時があったり

 

この社会を象徴するようなお天気でしたが

 

social distance と

 

参加者の体調把握

 

会場の衛生環境 などなど

 

現在の警戒レベルに合わせて

 

再開にむけた準備を終えて

 

いよいよ再開となりました。

 

わたしがお願いしたのは

 

目的はこどものストレス発散!

 

これにつきます。

 

おとなは 遊びと衛生に危険がないかぎり

 

口出ししない!

 

制限しない!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0932.JPG

 

 

 

 

そのために久良岐の環境と設備を

 

最大限に 活かす!

 

 

 

 

 

 

DSC_0937.JPG

 

 

 

 

 

 

 

再開後のプログラムは

 

「屋外」「自分で自分の食べるものを作る」をテーマに

 

園庭で水遊びとなりました。

 

水てっぽう  ご自由にどうぞ。

 

ただし 持参でお願いします。

 

小学生は保護者の参加承諾と

 

健康管理の用紙への記入をして下さい。

 

屋内には入れません。

 

お手洗いも園庭用の屋外トイレです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0942.JPG

 

 

 

 

最初は 多くのこどもが

 

持参した水てっぽうに夢中。

 

※この頃は水のタンクを背中に背負うのね。

私の畑での姿と一緒。

 

 

 

 

 

 

DSC_0943.JPG

 

 

 

 

ところが だんだん

 

水てっぽうの単純な遊びに

 

あきてくる。

 

もっと 自分のカラダを使うもの。

 

自分の身体(しんたい)を

 

自分で感じたくなってきます。

 

もっと カタチを変えていくものに

 

触れたく なる。

 

 

 

 

 

DSC_0945.JPG

 

 

 

 

水てっぽうから

 

バケツがほしくなった頃ですね。

 

久良岐には たくさんのバケツがありますよ。

 

災害がきたとしたら

 

水を汲む  物を運ぶ  お米を研ぐ

 

きれいな水をいれて人の身体を拭く

 

もっと想像力を働かせて

 

段ボールに穴をあけて

 

この上において

 

こどものトイレにだってなる

 

わたしたちはそうやって

 

どんな時にも ここで仕事をする。

 

今日は中くらいの清潔度のバケツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0948.JPG

 

 

 

 

 

バケツの水で穴を掘り

 

泥の穴に腰をおろす

 

さらに 水。

 

すでに園庭は沼地。

 

 

 

 

 

DSC_0955.JPG

 

 

 

 

 

あれ?

 

水てっぽう やめちゃったの?

 

本気のシャボン玉あそび。

 

 

 

 

 

DSC_0960.JPG

 

 

 

 

 

手首に 膝

 

人のカラダの関節って

 

連動しているんだ。

 

写真は新1年生

 

厳しい環境で1年生。

 

えらかった!

 

※かわいくて愛おしくて抱きしめたくなる。

 

いつか上級生になったら「風と速度」が

 

読めるようになる。

 

そうしたらもっと大きなシャボン玉が

 

作れるようになる。

 

机の上で得た知識を

 

自分の脳と関節に連動させて確かめる。

 

知識と身体の統合だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0964.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

君のシャボン玉は

 

きっと遠くまで 飛んで いく。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0977.JPG

 

 

 

 

 

さぁて

 

今日の遊びも これでおしまい。

 

温かく 清潔なお湯を

 

たくさん準備しておきました。

 

お湯のシャワーもありますよ。

 

何杯も 身体に浴びて

 

泥と 砂と

 

これまに溜まってしまった

 

気持ちのストレスを

 

ここで流してしまおう。

 

ココロから逃がしてしまおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の時から来てくれている

 

「お姉さん」

 

あなたのさりげないやさしさと

 

小さいお友だちへの心遣いは

 

おとなのお手本です。

 

 

 

 

 

DSC_0990.JPG

 

 

 

 

 

 

ふれあい広場「いきいき」の皆さん

 

こどもが帰って

 

これから反省会と遅いお昼ごはんです。

 

 

 

これからも「いきいき」が

 

人と人の縁を結びますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「応援メッセージ」

 

 

 

 

1.png

 

 

 

 

お泊り会で撮影した動画を

 

「応援メッセージ」に載せています。

 

保育園HPからお入り下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


危機 と 遊び

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0352.JPG

 

 

 

 

 

こどもには

 

危機 と 遊び が必要で ある。

 

危機とは ちょっと危ない感じ のことである。

 

よせばいいのに

 

わざわざ「危機」を求める。

 

まっすぐ平坦な道を歩けばいいのに

 

歩道の脇の花壇の石の上とか

 

駐車場の車止めの石とか

 

ぐらぐらしているものとか

 

そういうジンセイを自ら求める。

 

 

 

 

 

DSC_0368.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

話しは ピーラーと包丁。

 

安全を求めて

 

例えばじゃがいもの皮をピーラーでむく時

 

これまでおとながじゃがいもを半分に切って

 

底面をまな板に密着させて

 

ぐらぐらしないようにしてから

 

こどもに皮をむいてもらっていました。

 

※じゃがいもの皮

 わたしはピーラーでむいた経験はないなぁ

 

ところが 今年は違う。

 

じゃがいも1個

 

人参1本

 

皮をむいて 切ってもらおうじゃないですか。

 

そうしたら 最初はピーラーの機能を確かめるように

 

まな板の上でむいていたはずなのに

 

上の写真のようにむきはじめた。

 

これが なかなかにきれいに

 

特に人参上部の丸みのあるところを

 

すべすべにきれいにむいてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0392.JPG

 

 

 

 

おう!

 

今度は 包丁!

 

(右利きなら)左手の人差し指に注意!

 

おとながこどもの後ろにまわって

 

こどもを覆って手伝わなくても

 

この手つき。

 

すごい!

 

 

 

 

DSC_0398.JPG

 

 

 

 

 

次々と・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0400.JPG

 

 

 

 

 

堂々と包丁を持つ姿に

 

わたしは この人の「人格」を

 

感じます。

 

立派です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0432.JPG

 

 

 

 

 

 

「今日のカレーは おいしいわよ。

 料理はね

 おいしく作ろうって思えば

 だれでもできるのよ」

 

なんて声が聞こえてくる気さえします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今から後 あなたが この世のひかり

 

 

 

 

 

DSC_0576.JPG

 

 

 

 

 

お泊り会の

 

お食事の支度ができた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0592.JPG

 

 

 

 

 

 

ひとつの大きなお部屋で

 

3つのテーブルに分かれて

 

今日1日の時間を胸に

 

食卓を囲む。

 

いったい なんて幸せな時間なのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0680.JPG

 

 

 

 

 

 

 

日が沈み

 

雨の音が静かにする夜

 

皆で 食卓を共に する。

 

花火は諦めなくてはならないし

 

西の国では

 

田畑を潤す川の水が

 

今度は恐ろしい濁流に姿を変えて

 

家々を流していったという。

 

いつか本当に

 

東の太陽は

 

この国の涙にくれる人の朝に

 

やってきてくれるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0606.JPG

 

 

 

 

今日 いちにちの終わりに

 

いただく糧(かて)のおいしさは

 

小さな幸せの証拠である。

 

 

 

 

 

DSC_0692.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園でこどもを照らす

 

不思議なひかりの球(たま)。

 

 

 

 

 

DSC_0696.JPG

 

 

 

 

 

先の見えない病いの時に

 

良い結果の与えられない医者の告知。

 

あるいは

 

苦痛のある人を前にして

 

無力な自分。

 

しかし 今日の終わりに

 

こどもに触れよう。

 

こどもを見つめよう。

 

 

 

今から後(のち)

 

あなた(こども)が この世の光りになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


たまねぎ

 

 

 

 

 

DSC_0346.JPG

 

 

 

自分の 夕ご飯は

 

自分で 作る。

 

たまねぎの 皮を むく。

 

 

 

 

DSC_0365.JPG

 

 

 

 

 

皮をむき終わったら

 

切る。

 

 

 

 

 

DSC_0408.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁ そろそろ・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

たまねぎが

 

目に

 

しみてきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0413.JPG

 

 

 

 

 

昭和・・・

 

たしか52年。

 

わたしが実習で久良岐に来た時

 

年長クラスの担任だった高橋先生が

 

こどもに絵本を読んでいた。

 

福音館 かがくのとも『たまねぎ』だ。

 

高橋先生は絵本を読み終わると

 

食いしん坊ぶりを発揮して

 

たまねぎ料理のおいしさに触れていらっしゃった。

 

オニオンスライスのおいしさについて

 

語り それはまるで

 

絵本に出てきたたまねぎが

 

お料理になってこどもたちの

 

おなかに収まっていくようだった。

 

 

 

 

 

DSC_0414.JPG

 

 

 

 

それから何年かして

 

わたしも(別の法人に勤務しましたが)

 

こどもたちに『たまねぎ』の絵本を読む機会があって

 

高橋先生の実践を真似てみたけれど

 

こどもたちは興味を持たなかった。

 

それで どこかで聞いたことがある

 

「たまねぎ」が目にしみない方法を

 

こどもたちに話した。

 

それは たまねぎを切る時には

 

楊枝(ようじ)を2本

 

口にくわえるというもの。

 

そうして翌日 ある保護者から

 

「昨夜、楊枝をくわえてたまねぎを切ったら

 

本当に目にしみませんでした」と言われて

 

大変に恐縮したことがある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

たまねぎは

 

時代がかわっても目にしみる。

 

こうしてこどもが涙の粒をがこぼすたび

 

わたしは高橋先生のことを思い出し

 

あたたかい気持ちに包まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はじまり

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPG

 

 

 

始まりは    雨。

 

雨でも 晴れでも

 

Aの時も   Bの時も

 

わたしたちは

 

与えられた環境を最大にいかし

 

その環境は「理念」の下に作られている。

 

だから

 

わたしたちの保育は ブレない。

 

 

 

 

 

DSC_0110.JPG

 

 

 

 

久良岐保育園の環境は

 

とても「大きい」。

 

 

 

 

 

 

DSC_0124.JPG

 

 

 

 

 

 

考えることも「大きい」

 

 

 

 

 

DSC_0159.JPG

 

 

 

 

 

 

並行して

 

いつもの保育も進めている。

 

このこどもたちが

 

今日 この時の「今」を

 

ココロに カラダに取り込んで

 

やがての 年長に なる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0171.JPG

 

 

 

 

 

 

今日 この時

 

久良岐保育園にいるすべての人が

 

お泊り会の参加者だ。

 

通りがかりのこの人も

 

こどもに魔法をかけられたら

 

「固まってしまう」

 

 

 

 

 

DSC_0174.JPG

 

 

 

 

 

 

今日のお昼は

 

保育園すべての人の空腹を満たし

 

その栄養は「脳」に及ぶ。

 

脳は とってもエネルギーを望んでいる。

 

考えるチカラ

 

悩むチカラ

 

元気になるチカラ

 

チカラの素は 唐揚げです

(今日はね)

 

 

 

 

DSC_0178.JPG

 

 

 

 

 

さて。

 

マジックアドベンチャー展開中。

 

 

 

 

 

DSC_0204.JPG

 

 

 

 

 

隣のお部屋で

 

眠る こども。

 

眠って 起きて

 

食べて 眠り

 

あなたの体験は

 

確実に記憶されていく。

 

人に眠りは必要だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0210.JPG

 

 

 

 

「遊ぶ」

 

遊びは おとなにこそ必要だ。

 

みなさんは遊んでいるだろうか。

 

hard work は

 

遊んでいるから できる。

 

 

 

 

 

 

DSC_0220.JPG

 

 

 

 

みんなのチカラを合わせないと

 

魔法のチカラはうまれない。

 

 

 

 

DSC_0270.JPG

 

 

 

 

チカラを合わせるって

 

同じ行動をとることとは

 

少し 違う・・・

 

・・・時も ある・・・

 

 

 

 

 

DSC_0283.JPG

 

 

 

 

 

ぼくは ここで

 

「チカラを合わせないとって思って

 一生懸命 バリアをだしてる」

 


DSC_0290.JPG

 

 

 

 

 

マジックアドベンチャーが終わって

 

お部屋でその続きを楽しむ。

 

 

 

 

 

DSC_0326.JPG

 

 

 

 

 

年長の担任だけじゃ ない。

 

今日は 久良岐保育園の職員の

 

「チーム力」で

 

この行事が進んでいく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0329.JPG

 

 

 

 

 

 

これまでの担任の先生は

 

本日記録係りも兼任。

 

小さい頃を知っているからこそ

 

撮れる写真が ある。

 

久良岐保育園のこどもは

 

だれのものでもない。

 

わたしたちの保育園で育つ

 

こどもたちだ。

 

 

 

お泊り会は 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしたちのしごと

 

 

 

 

 

 

 

 

P1018455.JPG

 

 

 

 

 

 

お泊りの会の前の日に

 

年長の担任の先生方から

 

職員にmessageが配られた。

 

「みなさんにお願いがあります」と

 

したためられ さらに

 

「毎日 お泊り会の準備 ありがとう」と

 

むすばれている。

 

年長クラスの担任は

 

年中クラスの担任からバトンタッチされた。

 

年中クラスの担任だった人は

 

年少クラスの担任からバトンタッチされた。

 

そうやってこれまでのこどもの育ちを

 

辿って来る時

 

いちばん初めは0歳児クラスの先生に

 

いきつく。

 

0歳児の 1歳児の 2歳児の先生方が

 

いてくれたからこそ

 

ここに来ることが できた。

 

明日が楽しみ!と思っているこどもがいれば

 

その子は 今 突然大きくなったわけではなく

 

顔中 涙と鼻水だらけになって慣らし保育をした

 

あの日があったからだ。

 

自分も年長になったら

 

保育園に泊まるんだと思うこどもがいれば

 

お父さんやお母さん

 

お家の人たちが

 

この子を抱きあげ 名前をつけ

 

お世話をして 一緒に笑い

 

病気の夜には心配をして

 

なかなか飲まない薬を飲ませ

 

なかなか寝付かない夜には

 

家中 真っ暗にして

 

こどもと一緒に寝たふりをして

 

そして本当に親まで眠ってしまい

 

残された洗い物に愕然として 

 

流した午前1時の涙。

 

そういう毎日の重なりとつながりが

 

「保育園に泊まりたい」という気持ちを

 

育てた。

 

 

 

 

 


P1018456.JPG

 

 

 

 

 

 

わたしたちは

 

これまでのこどもの「人生」をうけとめて

 

「チーム」のひとりとして仕事をする。

 

0歳の時の あの子

 

1歳の頃の あの子

 

だれもが年長のひとりひとりに

 

関わって 仕事をしてきた。

 

すでにタイムスケジュールはできていて

 

職員28名の名前が入っている。

 

いや 違う。

 

3人目のこどもの出産で病院にいるO先生は

 

29人目のお泊り会メンバーだ。

 

わたしたちのしごととは

 

そういうことなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


内科健診

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期健診 (206).JPG

 

 

 

 

 

 

登園自粛期間に予定していた内科健診を

 

7月に延期していました。

 

 

 

 

 

 

 

前期健診 (207).JPG

 

 

 

 

 

嘱託医 Dr.星野が丁寧に

 

健診をして下さいます。

 

大岡医院がかかりつけ医だという

 

家庭も多くいます。

 

後期は 12月10日(木)です。

 

 

※写真館に画像を載せますので

ご覧下さい

 

 

 

 


七夕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は

 

七夕のお集り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は

 

クラス毎に すずらん(ランチルーム)に

 

来て下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全 5公演。

 

おり姫様も彦星様も

 

クラスの数だけ

 

5回 やってきて下さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を苦しめる 強い雨

 

人の暮らしを白く覆ってしまう 雪。

 

そして 部屋の中に差し込む

 

月の光り。

 

寒い冬の夜に光る 星。

 

どれも 天からやってくる。

 

織姫様 彦星様

 

今 人にしばらくの平和を。

 

おだやかに眠れる星の夜を。

 

涙にくれる人の足元を照らす

 

ひとすじの月の明かりを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕に集まった この子どもたちが

 

世界の光りになるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子どもたちの笑顔が

 

星の光りとともにあり

 

夜の空に広がっていきますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は 七夕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/127PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered