音楽療法的指導

 

 

 

 

 

2月14日

 

鈴木泰子先生による

 

音楽療法的指導の日。

 

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

・・・ 発表会の舞台に

 

こどもたちがあがってくるときに

 

グロッケンを奏でて登場するのはどうかな・・・

 

なんてちょっと考えてみたりして。

 

これは また いつか。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0182.JPG

 

 

 

 

 

あ  泰子先生が奏でた その「音」

 

ぼく・・・

 

歌えるよ。

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が みっつの音を叩いて奏でると

 

耳にやってきたその音が

 

こどもの歌になって 

 

今度はわたしたちの耳に かえってくる。

 

 

ひとは いつから

 

こんなに誠実で こんなに率直で

 

素直な声を 素直な歌を

 

歌わなくなってしまったのだろう。

 

 

 

 

 

静かな夜の部屋に

 

ひとすじ伸びる月の光り。

 

街の広場にそびえる高い塔の「鐘」の音。

 

遠くからやってくる兵隊さんの軍靴の音。

 

やってくる やってくる トルコのマーチ。

 

 

そうして美しいたくさんの音楽たち。

 

わたしたちは ただ直(すなお)に聞いていればよく

 

歌うのならば 完成された曲の流れに

 

直(すなお)に声を乗せれば よい。

 

そんなことを感じる グロッケンとのセッションでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

おとなりのクラス。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こどものかわいい仕草が

 

たくさん現れる 音楽療法的指導の時間。

 

小さな音楽が流れる。

 

小さな音に 耳を傾ける。

 

ただそれができると 

 

人の仕草も 変わる。

 

人に手をあげない  傷つけない仕草。

 

お部屋に広がる 安心の空気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0161.JPG

 

 

 

 

 

 

先生が ぼくの わたしの 身体に ふれる。

 

そうそう この手の感じ この暖かさ。

 

ぼくの わたしの 先生の 手だ。

 

こころが 荒い時の こわい手の硬さ 

 

人が 苛立っている時の 

 

物を扱う あの 空気を壊す音。

 

人の気持ちは 音にも感じる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

 

 

 

 

先生の手が 暖かくて 優しいから

 

こどもも だんだん 大胆に!

 

腕から 足。

 

カバサが 音楽に乗って

 

こどもの身体にふれる。

 

 

となりのクラスのカバサを使ったセッションでは

 

おでこ とか

 

おしり・・・ のご要望もありました・・・

 

 

 

 

 

また 3月にあいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5年後

 

 

 

 

 

ちょうど1年前。

 

みなさんは久良岐保育園への入所のお知らせを受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0074.JPG

 

 

 

 

 

 

0歳児クラスのお友だちです。

 

保育園にこどもを預けるということ。

 

こどもを預けて仕事をするということ。

 

そのふたつを同時にしながら

 

食事の支度をして お洗濯をして

 

お風呂に入って 寝かせる・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

 

 

 

 

できれば育児休暇が 

 

もっと もっと続きますように。

 

と 願う気持ちは よく理解できます。

 

でも その日は確実にやってきて

 

保育園に通う日々が始まりました。

 

 

 

みなさん

 

この写真が あの日から

 

1年後の姿ですよ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0053.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

今日から5年後は どうでしょうか。

 

まだまだ先のことです。

 

5年後にたどりつくまでには

 

こどもは休日の夜に熱を出すことがあるかもしれないし

 

保育園いやだ!という日があるもかもしれない。

 

 

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

 

 

 

年長ばら組 和太鼓演奏。

 

発表会の日には

 

ぜひ大きなクラスの舞台も見て下さい。

 

一時(いっとき)の育児の悩みは

 

大きくて 深く

 

なかなか出口が見つからない。

 

でも 5年後は どんな人にも平等にやって くる。

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

空を見上げる

 

手をのばす

 

顔をあげて 前を 見る

 

大きく 息を 吸う。

 

ともだちと気持ちを合わせて

 

太鼓を たたく。

 

 

 

 

 

DSC_0051.JPG

 

 

 

 

 

 

ちょっと年下の後輩たちが

 

その演奏を 見る。

 

まっすぐ伸ばした腕に

 

前を見据える視線に

 

大きく息を吸う空気の動きに

 

ともだちと気持ちを通わせた太鼓の響きに

 

見ている方も 自然と背中がのびてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園とは

 

人 と 人の 関わりの中で

 

こどもが育っていく場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


発表会総練習 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0021.JPG

 

 

 

 

 

発表会の総練習 の 一回目。

 

新しい園舎での初めての 発表会。

 

「ステージ… どこにしよう」

 

とか

 

「正面はどこ?」

 

こどもの出入りの動線に

 

おとな(お客さん)の出入りの動線。

 

考えることは たくさん ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

 

 

 

 

総練習に至るまでだけでも

 

園という組織で

 

クラスという単位で

 

あるいはクラスリーダーさんのレベルでと

 

なんども 打合せが ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0011.JPG

 

 

 

 

 

そして 保育園の どのクラスのこどもも

 

おとなも集まって 総練習が始まるのだ。

 

 

 

 

 

DSC_0036.JPG

 

 

 

 

 

わたしたちの仕事は

 

直接こどもと関わるだけでなく

 

お世話をするということの他に

 

実に多種多様な仕事に包まれてもいる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0113.JPG

 

 

 

 

 

他のクラスの舞台を

 

こうして見て 感じているうちに

 

一緒に踊っちゃうんだ。

 

 

 

 

 

DSC_0114.JPG

 

 

 

 

 

あら 矢印の先のO先生。

 

すっごい!  飛び上がっている!!

 

 

 

 

 

DSC_0120.JPG

 

 

 

 

 

 

 

着地してポーズをとれば・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

 

 

 

見ている保育園のお友だちが

 

ほら 一緒にね。

 

踊っているでしょ。

 

 

 

 

先生方は 午後から 反省会。

 

お仕事は 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


踊れ  踊れ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0571.JPG

 

 

 

 

 

ところで みなさん

 

振り上げた「こぶし」はまっすぐ下してくださいよ!

 

 

ここが大事! 本当に頼みます。

 

 

さて、これから・・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0594.JPG

 

 

 

 

 

 

踊りますよ!

 

 

 

 

 

DSC_0600.JPG

 

 

 

 

おどれ 

 

 

おどれ〜

 

 

 

 

 

DSC_0612.JPG

 

 

 

 

 

もう 今日は踊っちゃうよ〜

 

 

 

 

 

DSC_0618.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外は 雨。

 

雨の神様

 

この踊りで どうぞ乾いた田畑が潤いますように。

 

この踊りで 病いにある人がひととき心が明るくなりますように。

 

この楽しさを 

 

このブログを見て下さる人に届けられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


踊る

 

 

 

 

 

 

今日は 水曜日。

 

いつもなら(株)ジャクパ 七釜正司先生による

 

体育指導の日なのだが

 

今日は「後期」の観劇。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

 

それなのに Mr.七釜は久良岐保育園に来て下さり

 

それは もう 大歓迎です!

 

観劇の終わった後に 

 

3階地域交流室で一緒に遊ぶことになりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0504.JPG

 

 

 

 

 

本日のテーマは「踊る」です。

 

いつものプログラムには「踊る」という表現活動は

 

少ないのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0509.JPG

 

 

 

 

 

このとおり!

 

 

 

 

DSC_0526.JPG

 

 

 

 

 

 

踊りって すごいんだ!

 

 

 

 

DSC_0535.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先生 ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はじまる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0471.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は 今年度2回目の「観劇」

 

 

 

 

 

 

DSC_0467.JPG

 

 

 

 

 

 

これから 始まります。

 

 

 

 

 

DSC_0458.JPG

 

 

 

 

 

ちょっと ドキドキもするのでしょうが・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0482.JPG

 

 

 

 

 

お友だちがいれば

 

大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


福の神

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼退治のあと・・・

 

 

 

 

 

 

節分 (310).JPG

 

 

 

 

 

 

風に乗って

 

聴こえてくる・・・

 

 

 

 

 

節分 (316).JPG

 

 

 

 

 

 

 

まだ

 

みんなは気がつかない

 

 

 

 

 

節分 (317).JPG

 

 

 

 

 

この

 

わずかな

 

音。

 

 

 

 

 

節分 (318).JPG

 

 

 

 

 

 

それは 「予感」。

 

 

春 の 予感だ。

 

 

 

 

 

 

節分 (341).JPG

 

 

 

 

 

春の予感は

 

花吹雪とともに やってきた。

 

 

 

 

 

 

節分 (349).JPG

 

 

 

 

 

ひろがる  ひろがる

 

うれしい 春の 予感。

 

 

 

 

 

 

節分 (353).JPG

 

 

 

 

 

 

そして

 

福の神(春の使者)から

 

祝福を 受ける。

 

 

 

 

 

 

節分 (361).JPG

 

 

 

 

 

どこからか 花の香りが する。

 

本当に 春だ。

 

 

 

 

 

 

節分 (368).JPG

 

 

 

 

 

 

遠く 山の方に目をやれば・・・

 

 

 

 

 

節分 (378).JPG

 

 

 

 

 

 

 

鬼も住処に 帰る。

 

 

 

 

 

 

節分 (390).JPG

 

 

 

 

 

 

 

これからも 鬼が鬼らしくあり

 

私たちも 強く 明るく 正々堂々

 

大きくなっていく。

 

 

 

また 来年。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

「正々堂々」

 

 

これが久良岐保育園の鬼に向かう

 

わたしたちの姿勢です。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (198).JPG

 

 

 

 

 

 

今年も鬼は 山からやってきました。

 

 

 

 

 

 

節分 (200).JPG

 

 

 

 

 

 

鬼をやっつけるための方法を考え

 

落とし穴を掘るだとか なんだとか

 

そういうのは 久良岐では だめ。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (201).JPG

 

 

 

 

鬼は 鬼として

 

堂々と生きているのですから

 

わたしたち人間も 堂々と立ち向かう。

 

それが 鬼と久良岐の関係というものなのです。

 

 

 

 

 

 

節分 (207).JPG

 

 

 

 

 

 

 

久良岐は こんなに広い園庭で

 

青い空のもと

 

正々堂々と鬼に立ち向かえる保育園なんだ!

 

と言っても 過言ではありません。

 

 

 

 

 

節分 (242).JPG

 

 

 

 

 

 

鬼が 先生をさらっていこうとしています。

 

 

 

 

 

 

節分 (251).JPG

 

 

 

 

 

こどもが 豆をまいて

 

おとなを助ける。

 

なんてりっぱなことでしょう。

 

 

 

 

 

節分 (266).JPG

 

 

 

 

 

しかし この鬼も堂々と渡り合って

 

ただひとり 赤い姿で久良岐に乗り込んでくるとは

 

立派なものです。

 

力強く大地を踏みしめたかと思えば

 

風の速さに反応して

 

俊敏な動きもするのです。

 

自然の中で生きるとは

 

実に力強いものです。

 

 

 

 

 

節分 (276).JPG

 

 

 

 

 

 

 

長い戦いになりましたが

 

ついに鬼も観念して

 

山に帰ります。

 

 

 

 

 

節分 (291).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて 春。

 

 

 

 

 


保育園って いいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分 (142).JPG

 

 

 

 

保育園には

 

0歳の赤ちゃんから

 

小学校に上がる前 年長のこどもたちがいる。

 

 

 

 

 

節分 (26).JPG

 

 

 

 

 

 

どの年齢で 保育園にくるにしても

 

お家の人と離れて過ごすのは

 

はじめてのことだ。

 

だから わたしたちは

 

初めて出会う 保育園の人として

 

こどもに信頼される存在でありたいと

 

努力をし

 

(身の回りの)「お世話をする人」という役割をしながら

 

それだけではない使命を担っているのだと

 

自負を する。

 

 

 

 

 

節分 (106).JPG

 

 

 

 

「先生…  あのね…  」

 

言葉で話せない 気持ちの「あのね」を

 

わたしたちは とらえようとする。

 

 

 

 

 

節分 (62).JPG

 

 

 

 

先生のそばなら ぼくは安心です。

 

と こどもが思っているのなら

 

なんて光栄なことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (67).JPG

 

 

 

 

 

さっきまで先生に抱っこされていたおともだちも

 

少しの抱っこで 

 

「(もう大丈夫)おともだちと

 やってみよう」と思ってくれたら光栄なことだ。

 

 

 

 

 

節分 (94).JPG

 

 

 

 

「わたし がんばってます!」

 

この気持ちと この姿も

 

わたしたちは覚えよう。

 

 

 

 

 

 

節分 (195).JPG

 

 

 

 

 

 

朝の不安な時・・・

 

いやいや こどもが泣いて

 

朝に不安なのは

 

実はこどもではなくて

 

「親」なんじゃないだろうか。

 

そんな時には 私たちの出番!

 

早朝からお部屋にいる「わたしたち ふたり」です。

 

 

 

 

 

 

 

節分 (187).JPG

 

 

 

 

 

 

「みなさん」と司会の先生が 呼びかける。

 

 

 

 

 

節分 (110).JPG

 

 

 

 

 

今日は 節分だ。

 

 

 

 

 

 

 

 


節分のお集まり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分 (191).JPG

 

 

 

 

広い保育室にこどもがやってきて

 

節分のお集まりが はじまる。

 

 

 

 

 

 

節分 (16).JPG

 

 

 

 

 

 

それぞれのクラスで趣向をこらしたお面。

 

 

 

 

 

 

節分 (33).JPG

 

 

 

 

 

お面  って   不思議。

 

お面をかぶるだけで

 

いつもの自分とは ちがうような気がしてくる。

 

 

 

 

 

 

節分 (149).JPG

 

 

 

 

 

今年は 2年ぶり。

 

園庭での豆まきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

節分 (161).JPG

 

「ボクは保育園の節分 初めてです」

 

 

 

 

 

 

 

節分 (96).JPG

 

 

 

 

鬼を退治して 春を呼ぼう!

 

 

 

 

 

節分 (179).JPG

 

 

 

 

 

これから 始まります。

 

 

 

 

 

 


| 1/107PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered