はじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0874.JPG

 

 

 

 

 

 

はじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0974.JPG

 

 

 

 

 

 

 

プール!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0015.JPG

 

 

 

 

 

 

今年も思いっきり

 

 

どうぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トーンチャイム

 

 

 

 

 

 

DSC_0626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

トーンチャイムは「鳴らす」んじゃない。

 

「響かせる」ように鳴らすんだ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0629.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

響かせるように鳴らすには

 

あなたのカラダをしなやかにすること。

 

力まかせに腕を振っても

 

トーンチャイムは響かない。

 

 

しなやかに

 

膝のしなりを背中や肩や腕に伝えていく。

 

音に向かって立ちはだかる壁のようなカラダではなく

 

あなたのカラダの周りに音を伝えていくような

 

イメージを身体に与えて トーンチャイムを響かせる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0638.JPG

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

ゆっくりと

 

同じ動作をくりかえす。

 

ゆっくりと しなやかな音が

 

お部屋に広がる。

 

そうそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


走る!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0567.JPG

 

 

 

 

 

 

これから かけっこ。

 

年少は 直線コース。

 

 

 

 

 

 

DSC_0564.JPG

 

 

 

 

 

こどもが 走る。

 

走ることは その子の歴史…

 

って わたしは思っています。

 

この子の生まれた時の体重は どのくらい?

 

大きな病気はしたことがあるのかな。

 

ふだん お家で歩くことは多いのかな。

 

お椅子に座る時の背中は 伸びているかな。

 

お散歩の時の歩きかたは どう?

 

両方の手は まっすぐ上に伸びる?

 

どんな遊びが好きなのかな。

 

お砂やお水の遊びは 好き?

 

ちょっと大きなお肉も かじりとれる?

 

食べるの 好き?

 

 

 

などなど 走ることに関係がないような

 

いろんなことが その子の走るを作っている

 

… と 思う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0568.JPG

 

 

 

 

 

 

走ることは だれにも替わってもらえない。

 

自分が 走るしか  ないんだ。

 

速い 遅い じゃ  ない。

 

ひとりの人として

 

ひとりの自分として

 

走る。

 

 

 

 

 

 

DSC_0574.JPG

 

 

 

 

がんばれ〜

 

 

 

 

 

 

 

 


竹馬練習中!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0428.JPG

 

 

 

 

 

 

保護者の皆さんに作ってもらった「竹馬」。

 

ただ今 園庭で練習中。

 

 

 

 

 

DSC_0376.JPG

 

 

 

 

 

先生 せんせい せんせ〜い!

 

おーい  先生〜 !!!

 

 

 

 

 

DSC_0416.JPG

 

 

 

 

 

お手伝いはするけれど

 

自分でやろう  やってみよう!が大事です!

 

 

 

 

 

DSC_0422.JPG

 

 

 

 

練習は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽療法的指導について考える(2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0490.JPG

 

 

 

 

せっせせ〜のよいよいよい

 

から始まるなつかしい遊び。

 

久良岐の音楽療法的指導では

 

ボディーパカッションの活動の一環として

 

プログラムに取り入れている。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0494.JPG

 

 

 

 

 

間奏部分では 自由にお部屋を歩いて

 

間奏が終りそうな時に出会った友だちと

 

向かい合う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0498.JPG

 

 

 

 

 

 

こういうビミョウな「間合い」が

 

ニンゲン関係に つながっていく(と 思う)

 

お部屋の中で人が自由に歩く時も

 

自由か って問われれば

 

社会にいる他の人もまた

 

同じように自由に歩くことができるように

 

人と人との距離をその時の適度な幅で

 

とっていくのだから

 

「本当の自由って何?」みたいになってきちゃう。

 

 

 

 

 

 

DSC_0514.JPG

 

 

 

 

らっぱ→パンダ→だるま→まくら の

 

しりとり玩具で 歌をうたい

 

今度は玩具がなくても

 

らっぱ パンダ だるま まくらの順を覚えて

 

クラスのメンバーのリーダーさんになって

 

歌ってもらいましょう。

 

この曲はリーダーさんが先に歌って

 

メンバーはリピートします。

 

 

 

 

 

DSC_0516.JPG

 

 

 

 

右手に持っているのは「マイク」ですが

 

マイク不要の堂々たるリーダー。

 

 

 

 

 

DSC_0521.JPG

 

 

 

 

 

 

リーダーのお役目をみごとに果たして

 

泰子先生の笑顔にハイタッチ!

 

 

 

 

 

DSC_0523.JPG

 

 

 

 

 

 

お席にもどって この笑顔。

 

だれに自慢するわけでもなく

 

自分ができた という自信を

 

自分の心の奥に 確かなものとしてしまう。

 

(おとなは ちょっと自慢したり…するかな…)

 

あ〜

 

こどもという人は

 

なんて堂々としていて 

 

立派な存在なのだろうと 思う。

 

 

 

 

 

 

DSC_0529.JPG

 

 

 

 

次は これ。

 

『不思議の国の音楽』という曲に用いられる楽器。

 

椅子の上に そっと置いてあります。

 

 

 

 

 

DSC_0532.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国を探しにいくのは

 

この人。

 

ひとりとして

 

ひとりのこどもとして

 

さがしに行くのです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0533.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生のピアノの調べにのせて

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

なんて いい音。

 

まるで 小川にかけられた木の橋を

 

渡る時のような

 

心地の良い 音。

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

 

 

 

 

DSC_0536.JPG

 

 

 

 

不思議の国の 音楽 ♬

 

フシギ ノ クニノ オンンガク ♪

 

 

 

 

 

DSC_0537.JPG

 

 

 

 

 

不思議の国がどんなところかは

 

 不思議なことだから わからない。

 

しかし 不思議の国を探しに行こうと思った人には

 

こんな「自信」が待っている。

 

この笑顔。

 

不思議の国の音楽を 見つけたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

6月13日

 

縁側(中庭)で。

 

 

 

 

 

 

DSC_0467.JPG

 

 

 

 

 

 

 

遊んでます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0462.JPG

 

 

 

 

 

 

雨が続いていたから

 

 

 

 

 

DSC_0456.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は うれしいな。

 

 

 

 

DSC_0455.JPG

 

 

 

 

 

 

あしたも 晴れ!

 

 

 

 

 

DSC_0457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽慮法的指導について考える(1)

 

 

 

 

「音楽のチカラ」ってなんだろう…

 

こうして事務所の机に向かっていて

 

あらためて 外の世界の音に耳を傾けてみる。

 

 

お迎えのおとなの声

 

向こうの机のパソコンのキーボードを叩く音

 

大きい複合機の モーター音

 

… この複合機 ちょっとうるさい…

 

ふだんは何も聞こえていないようで

 

アイドリングのようなモーターの音が静かになる時があって

 

そういう時に 自分はいつもアイドリング音にさらされていたんだ

 

って 思う。

 

それがないだけで心が ホッとする。

 

それから 玄関の床にたまった砂を掃く音。

 

この音は 幅のひろいモップのようなほうきで掃く音だ。

 

 

耳を傾ければ こんなに聞こえるわたしの周りの 音たち。

 

それが忙しくしていると聞こえていないと思っているとしたら

 

ニンゲンは自分の周りの音たちを取捨選択して

 

聞こえたり 聞こえなかったりしているということだ。

 

わぁ わたしの耳ってそんなに便利だったのか…

 

 

 

 

 

 

DSC_0393.JPG

 

 

 

 

 

 

 

音楽療法的指導の「音」は

 

どれも意図的な「音」です。

 

これは「鈴」。

 

鈴の音が みんなの心に働きかけてきます。

 

そう 音楽は人の心に働きかけを  する。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0396.JPG

 

 

 

 

 

 

青いロープに 鈴が並べてつけてある。

 

泰子先生のピアノの音にあわせて

 

ロープを持って 鈴を鳴らします。

 

小さな鈴が みんなの響きになって

 

あなたの心に 働きかけてくる。

 

ある人には 楽しく

 

ある人には クリスマスの思い出のように

 

ある人には ちょっと物足りなく

 

・・・ どんな響きにしろ

 

あなたの気持ちに働きかけをしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0342.JPG

 

 

 

 

 

泰子先生のピアノを聞きながら

 

お友だちにつながって

 

お部屋を 歩く。

 

 

ピアノの音楽には

 

お友だちの肩に触れる つながるチカラの優しさと

 

お友だちの肩から離れない自分の歩幅の広さと狭さを

 

リズムという方法を用いて知らせようと

 

働きかけてくる。

 

言葉で 人のカラダに触れる時の注意を与えるのではなく

 

言葉で運動としての歩幅を指示するのではなく

 

音楽のチカラをあなたの中に響かせて

 

人との関係を行動に届けようとしている。

 

 

 

 

 

 

DSC_0350.JPG

 

 

 

 

 

 

『不思議の国の音楽』という楽曲。

 

ちょっとだけせつなくて

 

人の心を鼓舞する音楽の反対側の曲。

 

… いいな こういうせつない音楽…

 

鼓舞する曲より ずうっと心の奥に響いてくる。

 

ぐっ ときちゃうんだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0360.JPG

 

 

 

 

泰子先生の奏でるピアノの伴奏に合わせて

 

不思議の国の音楽を・・・・

 

 

 

 

 

DSC_0363.JPG

 

 

 

 

演奏しています。

 

 

不思議の国って どこにあるんだろうって

 

思いながら

 

ぐるぐる ぐるぐる 音楽を奏でる。

 

 

 

 

ほら

 

音楽は あなたの心に働きかけてくるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お散歩 出発!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0436.JPG

 

 

 

 

 

お散歩にいきましょう!

 

お靴をはいて  っと。

 

 

 

 

 

DSC_0437.JPG

 

 

 

 

ちょっとでも段差があって

 

腰をかけると 靴を履きやすいね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0438.JPG

 

 

 

 

 

ボクの 靴っと!

 

よいこらしょ。

 

 

 

 

 

DSC_0441.JPG

 

 

 

 

 

履けました!

 

どんなもんだい!

 

 

 

 

DSC_0449.JPG

 

 

 

 

 

うれしくって

 

先生とお靴がはけた足の見せ合いです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0453.JPG

 

 

 

  よぉし!

 

みんなお靴が履けました。

 

お散歩 出発!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しりとり募集中!

 

 

 

 

 

 

しりとりの単語を募集しています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0354.JPG

 

 

 

 

 

 

久良岐保育園では月に一度

 

セシリア女子短期大学 鈴木泰子先生による

 

音楽療法的指導を幼児に行っています。

 

そのプログラムに「しりとり」があり

 

上の写真のように4つの単語をしりとりの要領で

 

つなげて 音楽にのせ

 

手作りの玩具で視覚でもわかるようにしています。

 

そろそろ新しいバージョンを用意したいと思い

 

考えてみました。

 

まぐろ→ロバ→バク→くま はどうでしょう。

 

フェルトのアップリケもできるでしょうか。

 

写真の4つの単語は

 

まくら→ラッパ→パンダ→だるま です。

 

今日のイチオシは

 

ちくわ→わに→にんじゃ→○○○ち ですが

 

最後の「ち」で終わる単語が思い浮かびません。

 

 

保育園玄関のボードで皆様のアイディア募集中!

 

ぜひいいアイディアをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


歯科検診

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0249.JPG

 

 

 

 

 

前期 歯科検診をしました。

 

画像を写真館に載せていますのでご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/112PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered