「オレ」 の 仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0235.JPG

 

 

 

 

 

 

毎月 一度。

 

こどもふれあい広場いきいきの朝。

 

オレ の 仕事の日がやってきた。

 

ずうっとこの日を待っていて

 

それがいつなのか園長先生に聞いても

 

よくわからない。

 

でも 今日は その日がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0239.JPG

 

 

 

 

 

 

オレの相棒は「ピンクの台車」。

 

コイツとオレは 仲よしさ。

 

今日も一緒に働くよ。

 

 

 

 

 

DSC_0251.JPG

 

 

 

 

 

 

座布団運ぶにゃ コツが ある。

 

荷物の下には大きい座布団

 

上の方に小さい座布団。

 

さらにできるだけ きれいに重ねる。

 

これが仕事がうまくいくコツってやつ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

 

ピンクの台車は回転自由。

 

狭いエレベータの中でも方向転換。

 

広い廊下は見通し上々!

 

今日の仕事も気持ちがいい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0255.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もオレの運んだ座布団に

 

だれかが座って 役にたつ。

 

座った人に オレの顔は見えないが

 

オレは それで いい。

 

この仕事がオレに任された!

 

それで充分さ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0260.JPG

 

 

 

 

 

 

時には 座布団を落っことすこともあるけれど

 

なぁに そんな時には拾えばいいこと。

 

仕事は 腐らず いじけず あきらめない。

 

そういうことだ。

 

おとなにも教えてあげたいよ!

 

 

 

さぁて 今日の仕事もおしまいだ。

 

ピンクの台車もがんばった。

 

園長先生  又 来月!

 

 

 

 

※ 編集の都合上「オレ」という表現を用いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


種 を まく

 

 

 

 

 

もう何年前に なるかしら・・・

 

中里のあの角のお家に住んでいたKさん。

 

この方は大変な種まき上手で

 

私などが苗を買ってきて植える植物も

 

種をまいて 上手に育てていらした。

 

ある時は お米も種であるから

 

「まいてみたのよ〜」を楽しそうにおっしゃる。

 

 

 

 

 

DSC_0115.JPG

 

 

 

 

 

さて 今日は

 

緑色の風にこいのぼりが泳ぐ

 

久良岐保育園の園庭で

 

中里第三公園愛護会のみなさんと

 

年長 ばら組が

 

春の種まきをしました。

 

 

種をまき

 

育った苗を 中里第一公園の花壇に植えようという

 

取組みです。

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

 

 

 

久良岐保育園はこれほど広い園庭を有しながらも

 

地域の公園にもお散歩にいきます。

 

 

それは この園庭で育ってほしい子どもの姿と

 

公園という社会に期待する目的とは違う と思うからです。

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

 

 

 

 

お花の種は どれも小さく

 

愛護会の皆さんの手から

 

こどもの手へと 渡されていきます。

 

 

 

 

 

DSC_0143.JPG

 

 

 

 

 

 

 

指導は 南土木事務所の荒井さん。

 

種まきで こんなに大勢の地域の人が集まるところは

 

ないですよ・・・ とのことです。

 

 

久良岐の園庭は 久良岐のこどもの遊び場ですが

 

同時に中里地域の社会資源でもあります。

 

 

 

 

 

DSC_0167.JPG

 

 

 

 

苗を育てるポットに

 

まいたのは 何のお花かな。

 

 

 

 

 

DSC_0202.JPG

 

 

 

 

 

作業のあとは

 

地域の方と 子どもたちの握手。

 

 

 

 

 

 

DSC_0214.JPG

 

 

 

 

今日は ありがとうございました。

 

種をまいたポットは 久良岐で育てておきますね。

 

 

 

 

 

※6月4日 公園に定植予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 


強く 正しく 明るく

 

 

 

 

 

 

園庭の

 

山桜も 緑の葉が広がってこようとしています。

 

それでも 名残の花びらが

 

今日もひらひらと 舞い落ちてきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0186.JPG

 

 

 

 

 

風にふかれて ひらひらの桜色を

 

追いかけて 手のひらに 乗せる。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0187.JPG

 

 

 

 

 

ほらほら 次の風にのって

 

また ひらひらが・・・

 

 

 

 

 

DSC_0188.JPG

 

 

 

 

 

春の名残を 追いかける。

 

 

 

 

 

DSC_0192.JPG

 

 

 

 

 

風と

 

わたしと

 

桜の 花びら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


胡蝶蘭

 

 

 

 

 

 

新しい久良岐母子福祉会館が完成した時に

 

お祝いの胡蝶蘭をたくさんいただきました。

 

さて。

 

胡蝶蘭って 来年も咲くのかな…

 

蘭は温かく乾燥気味に育てるらしいけど

 

どうしたら いいのかな…

 

と ずうっと思いながら

 

時折 水やりをしながら枯れないように

 

「Keep」だけはしていた… つもり…

 

ですが

 

「蘭」という植物はわけがわからず

 

困った状態が続いていました。

 

 

そうしましたら ある日 突然!

 

園児さんの祖父母の方が

 

胡蝶蘭の「これから」についてお声をかけて下さった。

 

神様とは このことだ!

 

あのたくさんの胡蝶蘭はどうしましたか?

 

よろしければ植え替えをしましょうか?

 

と 言って下さるのです。

 

 

 

 

 

そうしてお話しを進めていく中で

 

わたしも胡蝶蘭の植え替えを

 

ぜひコーチしてもらい覚えてみたいなと

 

思うようになり

 

ある土曜日に その方のお仕事場まで押しかけて

 

植替えを教えていただきました。

 

 

 

 

 

DSC_0042.JPG

 

 

 

 

 

植木鉢や苗ポットから胡蝶蘭を抜いて

 

根っこをきれいにしている工程が上の写真です

 

オフィスの机の上に何気なく必要な資材が

 

置かれているように見えますが

 

そうではありません。

 

素人の私が作業できるように

 

必要な物がすべて準備されているけれども

 

実に無駄なく 機能的なのです。

 

さらに

 

素人の私が「私にもできた!」と思えるような

 

教え方をして下さるのです。

 

これは もう園児さんの祖父母の方を超え

 

何かの「ワークショップ」の先生のようです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0039.JPG

 

 

 

 

その証拠に

 

この根っこの並べ方をご覧ください。

 

ただ 並んでいるのではないのです。

 

同じように きれいな

 

まるで女王様のような見事なお花が

 

それぞれの苗の上に咲いていたのですが

 

その根っこを取り出してみると

 

その健康状態はこれほどに違っています。

 

 

そのことが比較できるように

 

あらかじめ並べられていました。

 

これは もう

 

植替えをするから見にきてみなさいよ

 

というレベルを超え

 

まさに「ワークショップ」。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0055.JPG

 

 

 

 

 

 

蘭は通気性のよい素焼きの鉢を用いるとのことですが

 

鉢が足りなくなってしまい

 

素敵な植木鉢も活用。

 

この場合の水やりの方法も教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0062.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「先生」のお仕事のお部屋に咲いている蘭です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こちらは植替えを終えて

 

久良岐に戻ってきた蘭。

 

カーテン越しの窓辺で

 

これから育てていきます。

 

 

 

 

 

 

 

今日は ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月3日 

 

 

 

 

 

 

 

4月3日

 

朝が 来た。

 

 

 

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

 

 

 

 

おはよう みんな!

 

 

 

 

 

DSC_0072.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日も 1日が始まるよ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0101.JPG

 

 

 

 

 

I先生。

 

学生の時には久良岐保育園の実習生でしたが

 

4月1日からは久良岐保育園の本当の先生になりました。

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

 

 

 

はじめて保育園に来たり

 

新年度の新しい環境にとまどう

 

こどもの気持ちを

 

I先生がいちばん身近に感じて

 

こどもが泣きたい気持ちを

 

いちばんわかるかもしれないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0342.JPG

 

 

 

 

 

 

 

眠ったこどもの目じりに

 

ひかる涙のあとを見つけた。

 

 

 

 

 

DSC_0163.JPG

 

 

 

 

 

 

しかし その足をよぉく見てみれば

 

これから歩む道が

 

しっかりと見えている!

 

大丈夫!

 

 

 

 

 

DSC_0263.JPG

 

 

 

 

 

先生に抱かれて

 

うとうと・・・

 

 

 

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

 

 

 

 

あたしも 抱っこ・・・

 

そして視線の先にはお友だちへの興味。

 

これから広がる世界がある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0166.JPG

 

 

 

 

あっ!

 

この目の先に明るい未来!

 

 

 

 

 

DSC_0169.JPG

 

 

 

 

 

 

でも やっぱり

 

泣きたい・・・。

 

泣きたい気持ちと

 

遊ぼうかな…をいったりきたり。

 

それが4月の慣らし保育だ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0197.JPG

 

 

 

 

 

このおもちゃ

 

おうちには ない。

 

なんだろう・・・

 

 

 

 

 

 

DSC_0209.JPG

 

 

 

 

 

わたし 少し調子がでてきた…かも…

 

 

 

 

 

DSC_0217.JPG

 

 

 

 

 

先生が いくつかのおもちゃを渡してくれました。

 

 

 

 

DSC_0226.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと 先生から離れて見ようかな…

 

どきどき

 

 

 

 

 

DSC_0254.JPG

 

 

 

 

 

つくし組のお友だちですが

 

5年後 ばら組になった時は

 

きっと すごい!

 

いまからしっかり者でしょう と予感します。

 

 

 

 

 

DSC_0264.JPG

 

 

 

 

背を伸ばす。

 

周りの世界には何があるだろうと 見る。

 

その興味が知識の始まりだ!

 

 

 

 

 

 

DSC_0280.JPG

 

 

 

 

 

先生が一緒にいてくれたら

 

わたしは少しだけ 大丈夫…かもしれない…

 

…気がしてきました…

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0283.JPG

 

 

 

 

 

 

 

縁側(中庭)で 抱っこ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0311.JPG

 

 

 

 

 

 

 

すこし 眠くなってきました…

 

 

 

 

 

 

DSC_0337.JPG

 

 

 

 

 

両方のおひざにひとりづつ。

 

 

 

 

DSC_0351.JPG

 

 

 

 

 

先生のおひざ 気持ちいいね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0353.JPG

 

 

 

 

 

抱っこもすきだよ。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0401.JPG

 

 

 

 

 

わたしも縁側で抱っこ。

 

 

 

 

DSC_0405.JPG

 

 

 

 

 

わたしは先生のおひざで読書中。

 

 

 

 

 

 

DSC_0411.JPG

 

 

 

 

 

涙と遊びをくりかえし

 

だんだん保育園に慣れていく。

 

わたしたちが見ているからね。

 

泣いてもいいの。

 

笑ってもいいの。

 

一緒に遊びましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0419.JPG

 

 

 

 

 

 

新しいお友だち。

 

入園の前にオリエンテーションをして

 

面談をして お家の様子を知ってはいるけれど

 

小さいおともだちは自分ではお話しできません。

 

 

こどもをみて

 

こどもにさわって

 

こどもと生活して

 

こどもの気持ちがわかるようになって いく。

 

 

 

 

 

 

DSC_0450.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

お迎えの時間が やってきた。

 

 

 

 

 

 

DSC_0460.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「おかえりなさい」

 

 

朝の「おはようございます」

 

でかける時には「いってらっしゃい」

 

 

夕方帰ってきたら「おかえりなさい」

 

これが 保育園でくりかえされるあいさつだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0464.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お母さんに抱っこされて

 

先生のお顔を見る。

 

先生… あしたも泣いちゃうかもしれないけれど

 

また 来るね。

 

(待ってます!)

 

 

 

 

 

DSC_0472.JPG

 

 

 

 

今日の

 

さっき抱っこしていて感じた事

 

見ていたことを お家の人にお話しする。

 

 

 

 

 

 

DSC_0474.JPG

 

 

 

 

 

 

さようなら

 

また 明日ね。

 

 

 

 

 

DSC_0475.JPG

 

 

 

 

 

 

4月3日

 

今日も いい天気。

 

 

 

 

※ これらの画像を写真館にアップしましたのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月3日 

 

 

 

 

新年度は

 

在園していたおともだちにも

 

新しい環境がやってくる。

 

だから卒園式が終わると

 

お部屋を移動して

 

慣れた先生と過ごしたりして

 

心の準備をする。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0200.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもを見ていると

 

いろんな事を考えている。

 

… と思う。

 

 

 

「進級」なんてとっくに知っていました!

 

ずうっと進級したいと思っていたのよね と

 

言葉で言いはしないが

 

思っていたかのような誇らしげな態度をしたりする。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0296.JPG

 

 

 

 

 

そうかと思えば

 

新しいお友だちが入ってきて

 

先生方がその子を抱っこしていると

 

ちょっと…  ヤキモチですかぁ と

 

思える行動も ある。

 

 

 

 

 

 

DSC_0305.JPG

 

 

 

 

 

また ある時には

 

泣いているおともだちに…

 

泣かないでいいよ…というように

 

自分の持っているおもちゃを

 

差し出してくれたりする。

 

 

 

 

 

DSC_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

こどもって

 

おとなが思うよりも

 

周りのことをよく見ているし

 

いろんな事を考えている。

 

 

わたしたち自身(おとな)も また

 

こどもにとっては「環境」そのものなんだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_0129.JPG

 

 

 

 

 

同じおもちゃをもって

 

あたしたちには「共通」の気持ちがありますよ!

 

と 言っている。

 

そしてそのことが とても楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0233.JPG

 

 

 

 

 

 

ひとりで立つのもいいけれど

 

ふたりで立つのも 楽しいね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0344.JPG

 

 

 

 

 

遊びが楽しくなってきた頃

 

今日の慣らし保育も そろそろおしまい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0425.JPG

 

 

 

 

 

明日も 一緒に遊ぼうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月3日 

 

 

 

 

今年は4月1日が月曜日。

 

久良岐保育園では「慣らし保育」の必要性をお話しし

 

こどもの立場になって短い時間からの保育を

 

お願いしています。

 

今日は4月3日。

 

乳児では約1時間30分を保育園で過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0235.JPG

 

 

 

 

 

 

ここは0歳児と1歳児のお部屋。

 

ひとりめの女の子がこんなポーズをとっていると…

 

ふたりめの女の子が加わって

 

同じポーズをとっていきます。

 

こどもは「破壊」することも好きだけれど

 

(いろんなものを壊してみては

 その物の感覚や構造を知ろうとしているみたい)

 

「まねっこ」も大好きです。

 

ふたりめが加わっていきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0239.JPG

 

 

 

 

 

 

さて。

 

さんにんめ・・・は というと

 

ほら やってきましたよ。

 

新入園のおともだちです。

 

 

 

 

 

DSC_0241.JPG

 

 

 

 

 

 

そして 真ん中に入ろうと

 

高い志しのお友だちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0242.JPG

 

 

 

 

よし お尻から

 

入ってみようかな っと!

 

グリグリ グリグリ・・・っと!

 

 

 

 

DSC_0243.JPG

 

 

 

 

 

 

初志貫徹!

 

ボクは仲間に入ります!

 

 

 

 

 

DSC_0246.JPG

 

 

 

 

 

まだまだ まだまだ

 

お家の人と離れるのはさみしいけれど

 

心のどこかに

 

おともだちと一緒に遊んでみたい気持ちも

 

すでに感じられる 4月3日なのでした。

 

 

 

がんばれ〜

 

 

 

 

 

 

※ これらの画像は写真館にアップしてあります。ご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中里第三お花見会

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0268.JPG

 

 

 

 

 

 

 

中里第一公園の桜も まもなく満開。

 

先週 卒園した皆さんの入学式には

 

この蕾も開くのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0484.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

今日は中里第三お花見会です。

 

昨夜は夜遅くまで

 

新年度の準備をしましたが

 

一夜開けて 

 

先生方も公園でお手伝い!

 

人が集まる場所には

 

必ず「湯気」がある というのは私の考え。

 

 

 

 

 

 

DSC_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

中里第三お花見会には

 

「野点(のだて)」のお席があり

 

お釜にお湯が沸いています。

 

心静かに お湯の沸く音を 聴く。

 

ただこれだけの事が

 

今日一日を迎える心を整えてくれます。

 

お湯とは ありがたいもの。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0249.JPG

 

 

 

 

 

 

 

もう少しダイナミックな湯気が好き!

 

という あなたには こちら。

 

トン汁の 湯気。

 

お釜の湯気も

 

トン汁の湯気も

 

どちらも これから人を迎えようとする気持ちを

 

あらわしていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0289.JPG

 

 

 

 

 

 

さぁて。

 

仕事の前に 一服のお茶で

 

心と身体の支度をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0296.JPG

 

 

 

 

 

 

お茶のお席に

 

たくさんの人が 座って下さる。

 

ペットボトルのお茶もいいけれど

 

だれかが あなたのお茶碗を選び

 

あなたのために 点ててくれるお茶。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0503.JPG

 

 

 

 

 

 

 

心を鎮めて

 

風の音 鳥の声 

 

桜の花の色を想う。

 

そんな時間を

 

自分の中に取り込んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0434.JPG

 

 

 

 

 

 

 

人と人の 語らい。

 

湯気があり 

 

手の中に茶碗を抱く。

 

 

 

 

 

 

DSC_0437.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて公園は人々の花が 咲く。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0415.JPG

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ 始めますか。

 

ビンゴのゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0371.JPG

 

 

 

 

 

 

もう少しで「ビンゴ!」なのに

 

ずうっと続く「リーチ」のわたし。

 

ここが 人のココロをつかんじゃうんだろうな。

 

 

 

 

 

 

DSC_0406.JPG

 

 

 

 

 

「あと少し」に希望を見つける。

 

 

 

 

 

 

DSC_0381.JPG

 

 

 

 

 

 

おとなも こどもも

 

かなりの夢中。

 

「桜 咲く」まで

 

あとちょっと。

 

 

 

 

 

DSC_0422.JPG

 

 

 

 

 

 

 

チーム焼きそばのみなさん。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0515.JPG

 

 

 

 

 

 

焼きそば女子チームの皆さま。

 

 

 

 

 

 

DSC_0511.JPG

 

 

 

 

お花見は 続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


KAPLA

 

 

 

 

 

KAPLA の作品作りに挑戦!

 

 

 

 

 

 

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

KAPLA は一枚の板状の積み木。

それを 積んで 重ねて 構造物を作る。

地面の2mmが高い塔に至った時の1僂離坤譴砲覆蠧世…

は 考えすぎかな。

ランドマークタワーなんて基礎で1cmずれていたら

屋上では30僂らい傾いちゃうんじゃないかと

素人の私は思う。

 

建物も 仕事も 人生も

基礎が 大事な気がするが。

 

どこかの野球選手が言っていた。

基本練習の積重ねでしか 自信は得られないって。

 

 

基本の練習を繰り返し

もう(基本)はできた!とそこで思うか

 

基本の練習を繰り返し

まだまだできていないな… とそこで思うかで

 

そのあとの結果は違ってくる。

 

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

 

 

 

 

だいたい こどものみんなは

「志し」が高い!

 

土台が広くて 高層にいくほど小さくなる

ピラミッド型が 建物も組織も安定型なんじゃ…

ないでしょうか。

 

人生はピラミッド型がいいのか

逆ピラミッド型がいいのかは

わかりません。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0072.JPG

 

 

 

 

 

 

こどものみなさんの構想では

Aタワーと Bタワーと Cタワーを接続するらしい。

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

 

 

 

こんなに出入り口近くの

構造物の建設。

わたしはこどもに失敗させたくなくって

ドキドキしちゃうが

 

担任の先生はさすがである。

ここまでくるのに何度か崩れているのに

再チャレンジをしよう!という方向性を示している。

 

 

 

 

 

 

DSC_0086.JPG

 

 

 

 

 

 

土台が細くて

高層になればなるほど

広く大きく

これって 地球の何かの法則に挑戦しているんじゃ…

ないでしょうか。

 

どきどき。

 

 

 

 

 

 

DSC_0089.JPG

 

 

 

 

 

人の生き方はね。

こうして 一枚の積み木を

積んで 重ねて

崩れたら また積んで 重ねる。

 

おとなも ただ一緒に 積んで重ねる姿を

100回でも200回でも見せてやる。

 

そういうことなんじゃないかと思える

カプラの時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

DSC_0702.JPG

 

 

 

 

 

 

3月23日

 

第68回 卒園式。

 

 

 

 

 

DSC_0685.JPG

 

 

 

 

 

 

担任の先生方は 袴姿。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0905.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夜には 職員の歓送迎会もありました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0991.JPG

 

 

 

 

 

平成31年3月23日。

 

この日 この時

 

記念の撮影だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/110PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered